« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

 スペイン語翻訳者になろう vol.540


おはようございます。ピーチです。
関東ではこの1週間ほど、真夏以外の季節をフルコースで味わえて
しまうような気温変動の激しい日々でした(今朝はキーを打つ指が
かじかんでます)が、みなさまのお住いの地域ではいかがでしたか?
さて、本題ですが、今週から久しぶりにアート記事を取り上げます。
今週は冒頭部分ですし、一見かんたんそうなので、「サクッと済まそう」と
思いきや、まさかの難物・・。練り訳例2、制限時間いっぱいまで粘り
ましたが、キリがないので諦めました。
訳例に挙げているものよりも良い訳し方が沢山あるはずですので、
お時間とやる気のある方は、ご自分なりの名訳を考えてみて
くださいね〜(自信作ができましたら、ぜひわたしたちにも教えて
ください)。

それではここらで、NYの美術館へと滑り込んでまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【NYメトロポリタン美術館(1)】

◇本日の課題
El Museo Metropolitano de Nueva York (Met) ha querido zambullirse
en la mente del iconico artista espanol Francisco de Goya, a quien
dedican una detallada exposicion de dibujos y grabados que produjo
durante mas de seis decadas de su carrera y que revelan sus
ideologias y sus preocupaciones personales.
(El Universal, 8 de febrero)


【語注】
zambullirse:(enに)没頭する
iconico :象徴的な
detallada :詳細な
grabados :版画
revelan<revelar:明かす、明らかにする


【直訳例】
ニューヨーク・メトロポリタン美術館(Met)は、スペインの象徴的な芸術家
のフランシスコ・デ・ゴヤの精神に没頭することを望んだ。彼が60年以上の
キャリアの間に製作し、彼のイデオロギーと彼の個人的な心配事を明らかにす
る、絵画と版画の詳細な展示を彼に捧げている。


◇本日の課題(再掲)
El Museo Metropolitano de Nueva York (Met) ha querido zambullirse
en la mente del iconico artista espanol Francisco de Goya, a quien
dedican una detallada exposicion de dibujos y grabados que produjo
durante mas de seis decadas de su carrera y que revelan sus
ideologias y sus preocupaciones personales.


【練り訳例1】
ニューヨーク・メトロポリタン美術館(Met)では、スペインを象徴する画家
フランシスコ・デ・ゴヤの精神に深く分け入るべく、60年余に及ぶ画家人生を
通じて製作された絵画や版画作品の詳細な展示を企画した。これらの作品から
は、ゴヤの価値観や、彼の抱いていた不安が明らかに見て取れる。

【練り訳例2】
スペインを代表する画家、フランシスコ・デ・ゴヤ。その精神の最奥部に迫る
べく、ニューヨーク・メトロポリタン美術館(Met)は展覧会を開催する。会
場に並ぶのは、ゴヤが60年を超える画家人生の中で製作した絵画や版画で、彼
の思想や心に抱えていた悩みを詳らかにするラインナップとなっている。


◆編集後記◆
アースです。
NASAの探査車「パーシビアランス」が火星に着陸したから、
今週は絶対その課題だと思ったでしょ。
へっへ〜ん。
そうは問屋がすっとんとんなのだ。
たまにはゲージツ方面にも手を伸ばすのだ。
って何を言ってんでしょうか。
というわけで、パーちゃんが火星に着陸しました。
これから2年くらいかけて、「や、地球人類のみなさまこんにちは」
と言ってくれる火星人さん、あるいは火星人さんのなれの果てを
探すべく、がんばるのです。
それにしても、今や着陸直後から、めっちゃ高画質な映像と、しかも
音まで!送ってくれるんだから、すごい世の中になったものです。
地球から火星まで、電波が到着するのに約14分かかりますが、まあ
お隣の太陽(ケンタウルス座α星)までは4年ちょいかかるわけだから、
ごくごく近い方ですわね。
は〜それにしても、いままで何回言ったか分かりませんが、着陸時に
赤い砂ぼこりが舞い上がる映像など見ていると、なぜにわたしはまだ
地球にへばりついて、メルマガなんか出しておるのだろう・・と
思わずにはいられません(そこ?)。
今後、小型のドローンみたいなのを飛ばすようなので、その過程で何か


新しい発見でもあれば、メルマガでも取り上げてみたいと思いま〜す。
うっすい大気で、十分な浮力が得られるんかな?と疑問ですが。
しかしそれにしても、Perseverance号なんて、もうちょっと
言いやすい名前にしてくれないかな・・。
だいたい、日本語にすると「忍耐」なんて変な名前。
いや、「忍耐」より「不屈の努力」の方が探査車名としては
かっこいいか?
「根気号」じゃ20世紀っぽいし。
「不撓不屈さん」・・う〜ん。
「がまんちゃん」とか。
「辛抱くん」。
以下略。

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.539


おはようございます。
アースです。おひさしです。
うーむ。本メルマガ。
昨年末にサヨナラしてから、
年が明けて
ちょっと寒くなり(小寒)
めっちゃ寒くなり(大寒)
春がすくっと立って(立春)
わ〜明後日には雪が雨になって積もった雪が溶け出す(雨水)
時期になってしまった!(いま外は猛吹雪だけど)
怠惰なアース&ピーチとしては、眠っていた虫たちが目覚めて
活動しだす啓蟄の頃まで、お布団の中でぬくぬくしていたかった
のですが、あまりお休みが続くと、まぐまぐ!にメルマガ登録が
消されるという噂もあって、モゾモゾと動き出しました。

ってことで年明け第一回。あいもかわらず例の内容が続きますが、
日本語ネイティブの目に耐える訳文にしようとすると、ことのほか
難しく、なかなかに苦労しました。原文と全然違うじゃん!という
ところも、考慮を重ねた結果ですので、まあ可能性の一つとして
受け取っていただければ幸いです。それでは始めましょう〜

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 最新のテーマを急いで読もう!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※今回の課題文は「COVAXファシリティー(COVID-19 Vaccine Global Access
Facility)」についての記事の一部を使用しています。COVAXファシリ
ティーとは、記事の中でも触れられている通り、世界の国々が共同で新型
コロナウイルスのワクチンを確保・購入する枠組みのことで、具体的には、
参加国が資金を拠出して自国用にワクチンを購入する枠組みと、国や財団
などの拠出金で途上国にワクチン供給を行う枠組みとを組み合わせたもの
です。この点を理解した上で課題文をお読みいただくと、わかりやすいか
と思います。

◇Buena parte de America Latina esta' pendiente del avance de COVAX,
una alianza internacional formada por mas de 170 paises.
大半のラテンアメリカ諸国は、「COVAX(コバックス)ファシリティー」の
取り組みが前進することに期待を寄せている。COVAXファシリティーは170ヶ
国以上が参加している国際的な枠組みだ。

◇El objetivo de esta iniciativa es construir una cartera
diversificada de inversion en proyectos de vacuna y garantizar un
acceso justo y equitativo a las naciones con menos recursos.
この枠組みの目的は、様々な国・団体がワクチン計画に出資することにより
ワクチンポートフォリオを構築し、資金力が乏しい国々に対しても公正・公
平にワクチンを分配することである。

◇Seth Berkley, director ejecutivo de la mayor alianza global de
vacunas (GAVI), estimo' que unos 280 millones de dosis llegara'n a
la region este an~o a traves de ese programa.
途上国へのワクチン普及を進める国際組織「GAVIワクチンアライアンス」の
セス・バークリー最高経営責任者(CEO)によると、COVAXファシリティーを
通じて今年、ラテンアメリカ地域に対し、約2億8,000万回分のワクチンが
供給される見通しだ。

◇El buen funcionamiento del mecanismo internacional sera' crucial
para la cobertura de la poblacion latinoamericana en la
inmunizacion frente al coronavirus.
ラテンアメリカの人々に広く新型コロナウイルスのワクチン接種を行うため
には、COVAXファシリティーという国際的枠組みを円滑に機能させることが
肝要となる。
(El Pais, 3 de febrero)


◆編集後記◆
お久しぶりです。ピーチです。
再登場が遅すぎて、もうこのメルマガのことをお忘れになっていた方も
沢山いらっしゃるかと思います。
「年始年末休暇」(という名のサボり期間)のあいだも、わたしたちは毎日
密に「連絡」(という名の駄弁)を交わし合ってはいたものの、先週まで
2人の間に「メルマガ」の4文字が出ることはありませんでした。ですから、
皆さまに忘れ去られていたとしても文句は言えません。
そんなこんなで、時すでに梅咲き誇る2月中旬。皆様はいかがお過ごしで
しょうか?生きていれば良いことも良くないこともありますよね。そして
さらに妙味なのが、その両面がセットで訪れることもあるという点です。
ごく最近自分に起きた良くないこと、それは、学生の頃から長く楽しみに
聞いていたラジオ番組の終焉。
番組の講師が、お元気とは言え、もう後期高齢者なので、「番組もあと
2〜3年かなあ」と思っていた矢先に飛び込んできた、まさかの「今年3月
放送終了」の報。そのときの自分のショックと言ったら、「ちびまる子の
額の縦線」レベルではありませんでした。
しかしその数日後、同じ講師が、ラジオから某専門学校へと場所を移し、
オンラインで類似の講義を続けてくださる・・という情報を得まして、
さっそく受講を申し込みました。
それ自体はもちろん嬉しいですし、「良いこと」に違いないのです。
・・が、ラジオならワンコイン(テキスト代)しかかからなかった
授業料が、専門学校を通すといきなり幾十倍になってしまうということ
でして・・。
ほぼ無料のラジオ講座というのは本当にありがたい場だったのだなあと、
それを失わんとしている今、文字どおり痛感しています(イタタ)。
翻って、この無料メルマガ、配信が終わる(または有料コンテンツに
なる?)ときが来たら、同じように「ああ、なんとありがたい場であった
ことか!」と思ってくださる方が果たして存在するのでしょうか。
そんな感慨を体内に宿らせつつ、今週から通常運転を再開致しました。
たまに運休するかもしれませんが(いや、多分しますが)、無理なき
範囲でご併走のほど、よろしくお願い致しま〜す。

 

|

« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »