«  スペイン語翻訳者になろう vol.536 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.539 »

 スペイン語翻訳者になろう vol.538

おはようございます。ピーチです。
明後日はクリスマスですね。そしてすぐに大晦日、正月・・と怒涛の
日々が待っていて、皆さま、「翻訳の勉強などというまどろっこしい
ことはしていられない!」状態かと思います。というか、正直やりたく
ないですよね?わたしたちも同じです。
そこで今号では、通常とはガラリと趣向を変えて、「年忘れ企画」を
お送りします。勉強ではありませんので、ひたすらラク〜な気持ちで
お読みいただければ、と思います。
なお、この号が年内最後の配信となります。大変な一年となって
しまいましたが、わたしたち皆、よく頑張りましたよね。自分たちに
おっきな花まるをあげましょう!
年末年始、自分は大人しく「ステイホーム」の予定です。
皆さまも、お元気で好いお年を迎えられますように。
来年、またこの場所でお会いしましょう!(それがいつになるかは、
ちょっと未定・・)

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 年忘れ企画:スペイン語ハンター・ピーチが往く!(監修:アース)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで、今回は、いつもの翻訳レッスンを離れて、スペイン語
ハンター(?)こと、わたくしピーチが集めたスペイン語の口語表現の
中から、いくつか取り出して、紹介してみます。

とは言うものの、集まった表現の8割は、「有象無象ともいうべき
しょーもないもの」もしくは「背景説明がないとどうにも意味が
通じないもの」で占められておりまして・・(^^;)。

残りの2割の「まあ、セーフ?」というものたちの中から、苦心して
20あまりを抽出しました。さらには、監修者アースが「メルマガに
のせてもまあいいか」というものを13個選んでくれました(ついでに
日本語のヘンテコなところも直してもらいました)。

誤解を避けるため申し上げますと、日本語、スペイン語 の順番で
並べてはありますが、「この日本語に対応するスペイン語がこれ!」
と言う「対訳」では決してありません。スペイン語の表現法は他に
いくらでもあると思われ、ここに挙げるのは数多ある表現の中の1つ
にすぎない、と言うことです。その点をじゅうぶんお含みの上、
「こんな言い方もあるのだね〜」と気楽に読んでいただければ嬉しい
です(ついでに「ひと言」としてちょっと呟いてみましたが、そこは
無視してくださって構いません)。


★自分のこと、イケメンが好きなんだとばかり思ってた。
Pense' que solo me gustaban los tipos apuestos.

(ひと言)
「イケメン」「二枚目」をこのように表現できるんですなあ〜。


★世の中は持ちつ持たれつだ。
Ayudarse entre la gente hace girar al mundo.

(ひと言)
コロナの世界を生きるわたしたちには染みる言葉です・・。


★マジで。
Fuera de broma.

(ひと言)
「こんなに食べられない」と言いながら5分で完食している自分が
マジで怖い。


★それ、よく言われるんだよね。
La gente a menudo me dice eso.

(ひと言)
「もっと真面目な人かと思った」とよく言われます。


★高望みしなけりゃ、働き口はいくらだってあるんだよ。
Hay muchos trabajos si tienes expectativas realistas.

(ひと言)
職業に貴賎なし!


★美味しそうに食べますね。
Se me hace agua la boca.

(ひと言)
ギャル曽根に捧げたいひと言です。曽根嬢は、如何にしたら美味しそう、
かつ綺麗な食べ方に見えるか、常に研究しているそうです。プロですね。


★約束が違うんだけど。
No es lo que acordamos.

(ひと言)
こんな風に思うこともままありますが、面倒なので、大抵はやり
過ごします。


★ツイてる自分が怖い。
Me asusta mucho mi gran suerte.

(ひと言)
一度は言ってみた〜い。宝くじを買われる方、来年こう言えると
いいですね。


★これも何かの縁ですから。
Debe ser cosa del destino.

(ひと言)
2021年以降は「縁」を大切にする人が伸びていく時代になると、
高名な占い師が言っていました。


★老後のこと考えると気が滅入るなあ。
Me deprimo al pensar co'mo sera' mi vida de jubilado.

(ひと言)
これは男性版ですが、女性なら最後がjubiladaになりますね。


★母はNYで羽を伸ばしています。
Mi madre esta' desplegando sus alas en Nueva York.

(ひと言)
コロナ時代にこれをすれば命取りですな。別の羽が生えちゃうかも。


★やってみなきゃわからないよ。
No se sabe hasta que lo intentas.

(ひと言)
やってみてとんでもないことになったら、どう責任を取ってくれる?


★自信ないくせにプライドだけは高いんだね。
Eres la clase de hombre que es orgulloso, pero inseguro.

(ひと言)
どきっ。自分のことを言われているかと思った・・。これも、女性なら
orgullosa, inseguraとなります。


◆編集後記◆
アースです。
いやあ、今回は楽をしました。
2回に1回はこの企画でいってくれないかなぁ〜ピーチちゃん!
さて、たいへんな年となってしまった2020年の本メルマガも、年内最終号
です。このメルマガの創刊は、なななんと2007年4月ですから、13年目。
ようまあ続いておるもんです。
これもひとえに、我々の不断の努力のおかげでしょう。
え?読者がくだらない前書きと後書きに耐えて、登録を解除しないで
いてくれるおかげ?う〜む、そうか・・
普段ピーチとは、メールとSNSメッセージのみでやり取りしてメルマガを
仕上げており、実際に会うことは皆無に近い状態です。電話も皆無なので、
声も長いこと聞いていませんでした。
ところがつい先日、ピーチがZOOM会議があるというので、テストに
つきあってあげよっか〜?といって気楽につなぎ、すったもんだの末、
終了したのですが、あとで、「あれ。顔を見たの、何年ぶり?声を聞いた
の、何年ぶり?」と考え込んでしまいました。
何年ぶりにせよ、「久しぶりっすね〜」と手をふったあとは、あっと
いうまに実務モード。ZOOM会議で何度も顔を合わせている翻訳会社の方
とも、実は一度も直接お会いしたことがないし、これからは、オンライン
でのみの知り合いが大多数、という時代がやってくるのかな〜。
生まれた時からそうなら、むしろそちらが自然、という人々が増えて
いくのかも。
さてさて、本年の無駄話はこれくらいにいたしましょう。
2021年こそは、「コロナ禍完全収束」の年となることを心より
祈りつつ。みなさま、よいお年を!

 

|

«  スペイン語翻訳者になろう vol.536 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.539 »