« 2020年8月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

 スペイン語翻訳者になろう vol.534

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
 ★ スペイン語翻訳者になろう〜プロが教える実践翻訳術 vol.534 ★
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2020/11/25 ━━━━◇

おはようございます。ピーチです。
もうすぐ12月・・COVID-19のせいで、今いるのがどの季節なのかすら
よくわからないうちに一年が終わってしまいそうです。
今年もいくつかの出会いとたくさんの別れがありました。別れ・・それは
多いと週に3~4回、少ない時でも月に1~2回は訪れます。サヨナラも
グッバイも Hasta luego も言わず、急に去っていくので、残された
こちらは、ただただ途方にくれるばかり。特に思い入れが深かった
相手には、
「今あなたはどこにいるのっ?わたしのどこがいけなかったのっ?」
とひとり愁嘆場を演じることも。
先週も、いつも一緒にいた可愛い子が置き手紙一つせずにどこかへ
行ってしまいました。クゥ~。
2021年は非情の別れを減らせるよう、気をつけたいと思います
(それにしても、本当にどこにいったの?今年失くした沢山のもの
たちよ!)

それでは気を取り直して、今週の学習に入って参りましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【コロナ時代の家族分断(3)】

◇本日の課題
Cornella asegura que su organizacion, que asesora legalmente a
jubilados de toda Espana, atiende desde marzo una media de 220
llamadas al mes por esta causa, cifra que multiplica por cinco las
que tenia el an~o pasado.


【語注】
asesorar :助言する、相談にのる
jubilados:退職者、年金生活者
atiende<atender:応対する
una media de :平均〜の
llamada :(電話の)通話
multiplica por<multiplicar por:(〜倍に)増やす

※ Cornella は前段落の Marcelo Cornella, presidente de la Asociacion
Cultural de Mayores de Fuenlabrada(フエンラブラダ高齢者文化協会の
マルセロ・コルネジャ会長)のことです。


【直訳例】
コルネジャ会長は、全スペインの退職者に法的に助言している彼の組織は、3
月以降、この理由で月に平均220の通話に応対している、と断言する。その組
織が昨年持っていた通話を5倍にする数字である。


◇本日の課題(再掲)
Cornella asegura que su organizacion, que asesora legalmente a
jubilados de toda Espana, atiende desde marzo una media de 220
llamadas al mes por esta causa, cifra que multiplica por cinco las
que tenia el an~o pasado.


【練り訳例1】
フエンラブラダ高齢者文化協会ではスペイン全土の退職者に対して法的助言を
行っているが、コルネジャ会長によると、今年3月以降、こうした理由での電
話が月に平均して220本もかかってくるようになった。実に昨年の5倍であ
る。

【練り訳例2】
この協会は、国内全域の年金生活者から寄せられる相談に法律的な助言を行っ
ています。コルネジャ会長によれば、「親族への遺産相続をしたくない」とい
う電話相談が、今年の3月以降急増し、その数は月平均で220本と、昨年の5
倍に上っているとのことです。

※練りポイント
esta causa は、具体的には、先週の課題文中に言及のあった「親族に財産分
与をしたくないという理由」を指しています。継続した文章として読むならば
「この理由で」としても通じますが、より文意を明確にするには、練り訳例2
のように、理由の内容を明記すると、読者にとって、よりわかりやすくなりま
す。


◆編集後記◆
アースです。
ついに。ついにホームベーカリーが壊れました。
このメルマガを始めて2年後くらいに買って、メルマガが終わるより
先に壊れるとは。根性のない。
3日か4日に一度、食パンを焼くことが日課になっているので、
やはり、ベーカリーなしの生活は考えられない。となれば・・ついに
米粉パンにチャレーンジすべく、最新型を購入だっ!
といっても、前に使っていた機械の後継機でも米粉パンが焼ける
ようになっていたので、ほとんど同じなんですけれど(ちょっと
前まで、米粉パンが焼けます!と鳴り物入りで出ていた某社の某機種は
どこへ行ってしまったんだろう?)。
で、早く焼きたいので、すぐ近くのスーパーでさっそく米粉を購入。
何も考えず、レシピ通り製作したところ・・・。
はいっ。
お決まりの〜〜〜〜
ぺっちゃんこ!
になりました。だって、グルテン配合してないやつ買っちゃったん
だもん。すっかり忘れていて。ひたすら早く焼きたくて。
まあ、まったく食えないわけでもなかったので、いいんですけどね。
普通の食パンの半分くらいのサイズしかないが、粉の量は一緒なので
ずっしり重く。これはこれで、なかなかおもしろい。
このままおじやとかにできんかな?
とアホなことを考えつつ、うわ〜来週はもう12月の配信になるん
ですね! えらいこっちゃ・・

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.533


おはようございます。ピーチです。
自分たちが「アース」「ピーチ」と名乗るのは、このメルマガ上だけ
ですが、どちらも苗字に由来した英単語を充てています(スペイン語
単語でもよかったのですが、簡潔さと呼びやすさの観点からすると
「英語の圧勝」だったので、こうなりました)。
皆さまは、日本におよそ幾つの苗字があるか、ご存知ですか?
苗字研究家の方によれば、約13万だそうです。13万ですよ!!
びっくりではありませんか?ちなみに中国は4~5千、韓国は4~5百
だそうで、日本の苗字数の多さは際立っています。中国や韓国の苗字は
漢字一文字が基本だそうですから、バリエーションが少なくて当たり前
といえば当たり前なんですけれども・・。
とにかく13万という数のインパクトもさることながら、その先生の
「日本人の苗字研究を始めて約半世紀」という途方もない年月に
対しても、いきおい昏倒しそうな、アキッポ人間代表のPです
(絶対、研究者にはなれません)
おっと、ムダな話が長くなってしまいましたが、そろそろ本筋に
入りたいと思います。
ここのところ、長い(先週号に至っては「超」長い)課題文の回が
続いていましたね。それは前にも書きました通り、一部の方からの
リクエストにお応えしてのことだったのですが、実はアンケート
回答者の中には「課題文の量がちょうど良い(少な目なのが良い)」
というお声もちらほらあったのです。
そこで、「少な目支持者」の方々のために、今回と次回は、前回と
比べてかなり少ない分量の課題文を読んで行くことにします。文章は
前回の続きですので、「先週号の内容なんて、もう忘れたよ~」という
方は、前号にささっと目を通してからお読みくださいね。
それでは本題に入ってまいりましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【コロナ時代の家族分断(2)】

◇本日の課題
El caso de Carmen es uno entre muchos. Segun Marcelo Cornella,
presidente de la Asociacion Cultural de Mayores de Fuenlabrada desde
la irrupcion del coronavirus se han disparado las consultas de
ancianos que desean desheredar a familiares.


【語注】
irrupcion :乱入、急襲
se han disparado<dispararse : 過度に上昇(増加)する
desheredar:〜から相続権を奪う
familiar :親戚、家族、身内


【直訳例】
カルメンのケースは多くの中の一つである。フエンラブラダ高齢者文化協会の
会長であるマルセロ・コルネジャによれば、コロナウイルスの乱入以来、家族
から相続権を奪うことを希望する高齢者の相談が過度に増加した。


◇本日の課題(再掲)
El caso de Carmen es uno entre muchos. Segun Marcelo Cornella,
presidente de la Asociacion Cultural de Mayores de Fuenlabrada desde
la irrupcion del coronavirus se han disparado las consultas de
ancianos que desean desheredar a familiares.


【練り訳例1】
カルメンのようなケースは数多ある事例の一つにすぎない。フエンラブラダ
高齢者文化協会のマルセロ・コルネジャ会長によれば、新型コロナウイルス
感染症が急激に広がり始めて以降、親族への財産分与を嫌がる高齢者からの
相談が激増しているという。

【練り訳例2】
カルメンさんのような例は、枚挙に暇がありません。
「コロナウイルスが蔓延してからというもの、『身内に遺産を相続させたく
ないのですが』と相談をしてこられる高齢者の数が急激に増えました」
と語るのは、フエンラブラダ高齢者文化協会のマルセロ・コルネジャ会長で
す。


◆編集後記◆
アースです。
クマの次はキツネ。
ほかの話題ないんかい、って感じですが。まあ聞いておくんなまし。
全然後記ではない長さになってしまったので、ごゆっくりどうぞ。

最近は、大都会でもタヌキが結構いるとの話ですが、さすがにキツネは
あまり聞きません。以前住んでいたド・田舎(能登半島先端)でも、
タヌキやイタチはよく目にしましたが、キツネは一年に一回、会えるか
どうか、というところ。
だから、よもや金沢市内にはおるまい、と思い込んでいたのです。
ところが。
先日の夜、いつもの通り幹線道路沿いの歩道をウォーキングしていた
時のことです。
目の前を左から右へ、明らかに大きな動物と分かる影がものすごい
スピードで横切りました。あまりに速すぎて、印象に残ったのは
長くふさふさのシッポのみ。
ネコか?タヌキか?いや違う。あのピョーンピョーンという独特の
走り方は、キツネさんしかいない。能登でしっかりと目に焼き付けた
走り方。
車が途切れた一瞬を狙ったのか、全4車線の道路をあっという間に
駆け抜け、わたしの目の前を通って草むらに消えて行きました。
キツネさん!
こんなところで再会できるとは。感無量。

この話をしたら、大都会人ピーチから、
「キツネはかわいい目をしているのに、なぜキツネっぽくない人の
目を“キツネ目の人”などと表現するのだろう」
という疑問が。
確かに、写真でよく見るキツネの目は、同じ高さから撮影することが多い
せいか、わりとくりくりっとしています。しかし実際にキツネと出会う
時は上から見下ろす形になるので、わりと細目に見えるのです。
・・という理由もあるのですが、それより「イメージ」によるところが
大きいのかも、と思います。非常に身軽で動きが素早く、なかなか
しっかりと対峙させてもらえない。止まってくれたとしても、飼い
馴らされた犬などと異なり、体全体でなく、首だけをこちらに向けて、
ある種、傲岸な感じさえする。こちらの目線の方が明らかに高いのに、
上から見下ろされているような、すごく不思議な感覚。そして金色に
近い目の色。
あと・・暗闇の中で出会うことが多いのも、理由のひとつかもしれ
ません。真っ昼間、動物園で囲いに入ったキツネをどれだけにらんで
いても、あの不思議な感覚に捉えられることはないだろう、と思います。
人口の光が一切ない時代、暗闇の中でキツネと向き合った昔の人が
わたしと同じ感覚を持ったかどうかは分かりませんが、おそらくは
「キツネ目」という表現で、目をすがめてこちらの正体を何もかも
見透かしてしまうような、そんな雰囲気を表現したかったのじゃない
かなあ。
と、勝手な推測。
いまの「キツネ目」は、単に「細くつり上がった目」を表現する言葉
になってしまっていますが、そのうち「クリクリのまあるいおめめ」
みたいな意味になるのかしらん。
そんなの、やだ。

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.532


おはようございます。ピーチです。
今回の課題文は、これまでの当メルマガ史上で、おそらく最も長いです。
だからと言って「今週はパス!」と一蹴せずに、ちょろっと目を通して
みて下さい。難易度は、初級から中級に移行したばかりの方々でも十分
対応できるレベルですし、日常的な会話文が多いので、どなたにも比較的
なじみやすいものと思います。
それにしても、新型コロナウィルスによる影響を、こういう角度で切り
取った記事は結構珍しいのではないでしょうか?
「分断」が世界のキーワードとなり、アメリカや欧州をはじめとした
世界の各地で「分断」が引き起こす政情不安が顕著になっている現在、
国家よりはるかに小さな構成単位である家庭の中にも「分断」は確実に
起きているのですね。「家族べったり」感のあったスペインにも
それが及んでいるのが意外ではありました(次号で、この続きを扱い
ますので、詳しいことはそちらで)
某大国の新大統領が訴えているように「分断から結束へ」とシフトして
いけるのでしょうか?(国も、家庭も)
コロナがこれ以上の分断を助長しないことを願うばかりです。

ところで、今回のメルマガでは、文章が長いために、レイアウトを
少し変えてあります。なにぶん課題文が長いので、少しでも見やすく
なるよう、工夫をはかりました。

それでは今週のメルマガに入ってまいりましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【コロナ時代の家族分断(1)】

◇本日の課題
(1)Desde que murio' su marido, hace 10 an~os, Carmen apenas tiene
noticias de sus hijas. "Se enfadaron conmigo porque me negue' a
malvender un terreno y, a partir de ahi, nuestra relacion se
enfrio'", cuenta.
(2)Sin embargo, ha sido durante la pandemia cuando ha sufrido con
mas intensidad los efectos del desapego y la soledad. "Ni ellas ni
mis nietos me han llamado ni una sola vez para saber co'mo estoy o
si necesito algo. Como si no existiera".
(3)Ante esta situacion, la mujer de 81 an~os, que prefiere no dar
su apellido, ha optado por legar todos sus bienes a una ONG. "Si no
quieren saber nada de mi, tampoco deberian disfrutar mi dinero cuando
me muera", afirma no sin cierto pesar.
(El Pais, 7 de noviembre)


【語注】
(1)
me negue'<negarse a...:〜を拒否する
malvender:投げ売りする
terreno :土地、地所
se enfrio<enfriarse :冷める、冷える
(2)
sufrido<sufrir:(よくないことを)経験する、耐え忍ぶ、我慢する
intensidad :強度
desapego :冷淡、無関心
(3)
legar :遺贈する
optado por<optar por:選択する、志望する
bienes:資産、財産
ONG :NGO、非政府組織
pesar :悲しみ、苦悩、後悔


【原文/直訳例(1)】
Desde que murio' su marido, hace 10 an~os, Carmen apenas tiene
noticias de sus hijas. "Se enfadaron conmigo porque me negue' a
malvender un terreno y, a partir de ahi, nuestra relacion se
enfrio'", cuenta.
10年前に彼女の夫が死んでから、カルメンは自分の娘達からの知らせをほとん
ど持たない。「土地を投げ売りするのを私が拒否したので、彼女たちは私に怒
りました。その時以来、私たちの関係は冷えました」と語る。

【原文/直訳例(2)】
Sin embargo, ha sido durante la pandemia cuando ha sufrido con
mas intensidad los efectos del desapego y la soledad. "Ni ellas ni
mis nietos me han llamado ni una sola vez para saber co'mo estoy o
si necesito algo. Como si no existiera".
しかしながら、無関心と孤独の効果を、より大きな強度で経験したのは、パン
デミックの間であった。「彼女たちも私の孫たちも、私がどうしているのか、
そして何かを必要としているかを知るために、一度も電話してきていません。
あたかも(私が)存在していないかのように」

【原文/直訳例(3)】
Ante esta situacion, la mujer de 81 an~os, que prefiere no dar
su apellido, ha optado por legar todos sus bienes a una ONG. "Si no
quieren saber nada de mi, tampoco deberian disfrutar mi dinero cuando
me muera", afirma no sin cierto pesar.
この状況を前に、名字を与えないことを好む81歳のその女性は、あるNGOに全
ての自分の資産を遺贈することを選択した。「私のことを何も知りたくないな
ら、私が死んだ時に私のお金を享受するべきではないでしょう」と幾らかの後
悔がないこともなく述べる。


【原文/練り訳例(1)】
Desde que murio' su marido, hace 10 an~os, Carmen apenas tiene
noticias de sus hijas. "Se enfadaron conmigo porque me negue' a
malvender un terreno y, a partir de ahi, nuestra relacion se
enfrio'", cuenta.
◎カルメンは、10年前に夫と死に別れて以来、娘たちから連絡をもらったため
しがない。「土地を安く売るのを私が嫌がったものから、娘たちが怒ってし
まってね。それ以来だね。関係が悪くなったのは」。
◎10年前に夫を亡くして以来、カルメンさんは娘たちと音信不通になりまし
た。「あの子たち、私に腹を立てたんですよ。バカみたいに安い値段で土地を
売りたくないと、私が拒んだものだから。それがきっかけで、親子関係が一気
に冷え込んだんです」

【原文/練り訳例(2)】
Sin embargo, ha sido durante la pandemia cuando ha sufrido con
mas intensidad los efectos del desapego y la soledad. "Ni ellas ni
mis nietos me han llamado ni una sola vez para saber co'mo estoy o
si necesito algo. Como si no existiera".
◎だが、娘たちの無関心と自分自身の孤独が前にも増して堪えるようになった
のは、新型コロナウイルスの流行が始まってからだ。「娘だけじゃなくて、孫
たちも電話の一本も寄越さない。おかあさん調子はどう?とか、何かほしい物
ない?とか、聞いてくれるもんだろ。まるで私なんかいないみたいだよ」
◎しかし、新型コロナウィルスが蔓延してからというもの、娘たちの冷淡さに
対してカルメンさんが感じる孤独がぐっと深まりました。「こんな時、母親に
対して、元気でいるか、不足はないか、尋ねてくるものでしょう?それなの
に、娘たちからも孫たちからも、なしのつぶてです。私のことなどすっかり忘
れてしまったんじゃないでしょうか」

【原文/練り訳例(3)】
Ante esta situacion, la mujer de 81 an~os, que prefiere no dar
su apellido, ha optado por legar todos sus bienes a una ONG. "Si no
quieren saber nada de mi, tampoco deberian disfrutar mi dinero cuando
me muera", afirma no sin cierto pesar.
◎名字を出すのは勘弁してくれ、というカルメンは、現在81歳。こうした事態
に、財産をすべて非政府組織(NGO)に遺贈することを決心した。「私のこと
なんかどうだっていいんだろ。だったら私が死んだって、お金を受け取る権利
はないよ」と語るカルメンだが、その顔には、いささか後悔の色がにじむ。
◎苗字は伏せることを条件にインタビューに応じてくれた81歳のカルメンさん
は、今回の一件を機に、全財産をNGOに寄付することに決めました。一抹の寂
しさを湛えながら、カルメンさんはこう話します。「私がどうなったって関係
ないのなら、死んだ時だけ遺産を受け取ろうというのは虫の良すぎる話です
よ」


◆編集後記◆
アースです。
いやあ、一般ピーポーのセリフを訳したのは、ほんと久しぶりでした。
専門の関係で、いつも企業CEOだの政治家だのの言ってることばかり訳して
いるので、自由度の高さが素晴らしい〜。(今回の練り訳は、どっちかが
アースでどっちかがピーチです。お互い、ほとんど手は入れていません)
CEOだの政治家だのの発言は、原文がどんなに稚拙であろうと、それっぽく、
かくちょ〜高く訳さないと、翻訳そのものの力量を疑われてしまいます
から、「大企業のCEOでこれかい。全部ひらがなにしたろか」とか思いつつ、
熟語を多用したり、美しい大和言葉をちりばめたりして、それらしく
するんですけどね。フェイクニュースの片棒を担いでいるようで、
ときどき、なんだかなな気分になります。
特に「場や身分にあった」表現を尊重する(強制する)日本社会なので、
仕方ないといえば仕方ないのでしょうが、例えば漫画や翻訳小説で、
女性といえば「〜ですわ」にしたり、おじいさんなら「〜なんじゃ」に
したり、現実的にあり得ない、というか誰もそんな表現使っておりません
わよ!な言い回しをいつまでも使い続けるのってどうなんだろう、と
思います。
でも・・
たぶんおそらくきっと saliente の某国大統領さんの場合、最初テレビで
あの方のツイートの訳を聞いたときに、「いや、もうちょっと大統領
らしく訳してあげれば?」と感じたものでしたが、実際の英語を見たら
まあモゴモゴモゴモゴ・・。

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.531


おはようございます。ピーチです。
今回は本題が分厚いですので、「前」での寄り道は回避して、
早速入ってまいりましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
A menos de tres dias de una campana dominada por la pandemia,
el presidente Donald Trump sigue haciendo declaraciones sin
fundamento sobre la pandemia, incluida la afirmacion politicamente
peligrosa de que los medicos estadounidenses se benefician de las
muertes por covid-19 durante una visita a la critica region
electoral del Medio Oeste, donde el exvicepresidente Biden ofrecio'
un mensaje contrastante sobre la unidad y prometio' una respuesta
mas contundente para derrotar al virus.
(CNN, 31 de Octubre)


【語注】
campana :(政治的・社会的な)運動、キャンペーン
※ここでは campana electoral のことなので
「選挙運動、選挙戦、選挙キャンペーン」の意味。
pandemia :流行病、パンデミック
fundamento : 根拠、理由
se benefician de...<beneficiarse de...: 〜の恩恵に浴する
critico : 決定的な、重大な
unidad :一体感、連帯
contundente:確信を与える、明白な
derrotar :打ち負かす


【直訳例】
パンデミックによって占拠された選挙戦まで三日未満で、大統領のドナルド・
トランプは、中西部の重大な選挙地域への訪問の間、アメリカ人の医師たちが
新型コロナウイルスによる死の恩恵に浴しているという政治的に危険な言明を
含めた、パンデミックに関する根拠のない宣言をし続けている。その中西部で
前副大統領のバイデンは、一体感に関して対照的なメッセージを提供し、また
そのウイルスを打ち負かすためのより確信的な応答を約束した。


◇本日の課題(再掲)
A menos de tres dias de una campana dominada por la pandemia,
el presidente Donald Trump sigue haciendo declaraciones sin
fundamento sobre la pandemia, incluida la afirmacion politicamente
peligrosa de que los medicos estadounidenses se benefician de las
muertes por covid-19 durante una visita a la critica region
electoral del Medio Oeste, donde el exvicepresidente Biden ofrecio'
un mensaje contrastante sobre la unidad y prometio' una respuesta
mas contundente para derrotar al virus.


【練り訳例1】
パンデミックの影響を強く受けた選挙戦も残すところ3日となったが、トラン
プ大統領は相変わらず根拠のない主張を繰り返している。中西部の激戦州を訪
問した際には、「我が国の医師は新型コロナによる死から利益を得ている」な
どと政治的にリスキーな主張もあった。同じく中西部を訪れた対立候補のバイ
デン元副大統領は、トランプ氏とは対照的に、医療従事者への連帯を示すメッ
セージを送り、ウイルスの撲滅に向けて明確な対応をとっていくと約束した。

【練り訳例2】
米大統領の選挙戦は、新型コロナウイルスの蔓延に翻弄されながらも、投票日
まで残り3日を切った。トランプ大統領は、パンデミックに関する根拠のない
見解を声高に発信し続けており、なかでも、中西部の決戦州を訪れた際の「ア
メリカの医者は、患者がコロナで死ぬことで儲けている」という発言は政治家
として非常に危険なものである。他方、同じく中西部での支持者集会に現れた
元副大統領のバイデン氏は、トランプ大統領とは対照的に「連帯」を前面に出
したメッセージを送り、コロナに打ち克つために確固たる措置を講じることを
約束した。


※練りポイント1
一段落全てがたった一文(とても長い!)という構成ですが、後ろから
全て訳し上げずに、文章を適当なところで分けて訳すと伝わりやすく
なります。直訳の段階で、donde の前後で2つに分けて、それぞれ訳す
練習をしておく(直訳例をご参照下さい)と、練りの時にさらに細分化
しやすくなるかと思います。

文の分け方は「これが正解」という法則はありませんので、上の2つの
練り訳を参考にしながら、読みやすく伝わりやすい訳文を考えてみて
ください。ただし、細分化したり練ったりに熱中しているうちに、訳文が
課題文の意味するところと微妙に変わってしまう・・ということが往々に
して起こりますので、そこはご注意下さいね。


◇本日の課題(再々掲)
A menos de tres dias de una campana dominada por la pandemia,
el presidente Donald Trump sigue haciendo declaraciones sin
fundamento sobre la pandemia, incluida la afirmacion politicamente
peligrosa de que los medicos estadounidenses se benefician de las
muertes por covid-19 durante una visita a la critica region
electoral del Medio Oeste, donde el exvicepresidente Biden ofrecio'
un mensaje contrastante sobre la unidad y prometio' una respuesta
mas contundente para derrotar al virus.


※練りポイント2
unidad の解釈のしかたについては、E&P間でかなり濃い意見交換が
あったのですが、最終的には、語注にある通り「一体感、連帯」の意味で
とりました。ただ、「誰との一体感や連帯なのか」を見極めることが大切
です。

「T氏は医師に対して途方もない非難をしたが、B氏はそれとは対照的
(contrastante)なメッセージを発信した」ということですから、ここ
での「連帯」の相手は「国民全体」ではなく、「医師(をはじめとする
医療従事者)」であろうと解釈するのがもっとも自然です。


◆編集後記◆
アースです。
先々週、わたしの暮らす地域は今年、クマ・クマ・クマで一色の秋に
なっている、と書きました。そしていつものウォーキングコースで
クマ鈴を持っている人とすれ違った、とも書きました。
実際、我が家は金沢市の外側を囲む「環状道路」に程近い場所にあり、
少し足を伸ばせばタケノコがたくさん採れるお山が広がっています。
しかーし。
あくまでも我が家は片側二車線の環状道路の内側。幹線道路なので
交通量もかなりのもの。よって、これまでのクマ情報は、環状道路の
外側の地域が普通でした。
なので、なんとなく内側には入ってこないものと甘く見ていたのです。
ところが!!!
快晴の空が広がった一昨日、大雨警報でもなければ鳴らない防災
スピーカーが鳴ったので、なんじゃなんじゃと窓から首を出したら、
「○○3丁目○○交差点付近でクマの目撃情報がありました。
どなたさまもなんちゃらかんちゃら・・」
と言っているではありませんか!!!
○○交差点付近て・・うちがよくいくスーパーのすぐ近くじゃん!
どひーーー!!!
ついに、ついに道路をわたってしまったか・・クマちゃん。
スーパーの近くで、いったい何をしていたの。あまりにドングリが
不作なので、冬に備えてお買い物? 捕獲されないうちに、早く
おうちに帰りなさい。
結局、2日経っても捕獲情報がありませんので、クマちゃんは無事に
お山に戻ったものと思われます。
しかしあの道路・・人間でも頃合いを見計らって渡るのが難しい
くらいの交通量。やっぱり信号が青になったところで手を上げて
渡ったとしか思えない。クマならやりかねない(ウソ)。

蛇足。防災スピーカーが鳴って大騒ぎしているところへ翻訳会社さん
からの電話があり、息せききって出たところ、「だ、だいじょうぶ
ですか?」と言われたので事情を話したら、「いままで大勢の翻訳者
さんとやり取りしていますが、クマが出たという話は初めてです」
と言われました。フン。

 

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.530


おはようございます。ピーチです。
今回の本題は、元ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏についてです。

目下、世の中は「鬼滅の刃」一色になっている模様ですが、実は
「ムヒカ~世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」も上映中です
(アルゼンチン等が製作した2018年の映画「世界でいちばん貧しい
大統領~愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」とは別ものですので、お間違え
なく)。

先日たまたまラジオをつけたところ、この映画の監督を務めたフジ
テレビのディレクターが、ムヒカさんとの思い出を語っていました。
「2012年の国連での演説に感銘を受けてぜひ会いたいと思い、合計5回
ウルグアイに訪ねて行ったこと」
「ムヒカ氏はいつも笑顔というわけではなく、厳しい表情をしている時も
あったけれど、行けば自ら椅子とクッションを出してくれて『さて今日
は何から話そうか』と言ってくれたこと」
「話がのってくると夫人が家にいないことを確かめて皆にウヰスキーを
振る舞うが、夫人が帰ってくると慌てて隠したこと(実は恐妻家?)」
「ダメモトで日本へ招待したら本当に来てくれたこと」
「日本では『どうしても広島にだけは行きたい。それは日本への敬意だ』
と言っていたこと」
などなど、様々なエピソードがありました(細部は忘れてしまった
ので、上記内容は部分的に間違いがあるかもしれません。その点は
ご容赦下さい)。
ムヒカさんと親交を深める中で、監督が一番印象的だったのは、「誰の
話でも、分け隔てなく熱心に耳を傾ける」ことだったそうです。いわゆる
「傾聴」ですね。簡単そうで、実はとても難しい、それだけに本当に
大切な行為です(日本の政治家の中に、これができそうな人が思い
当たらないのは非常に残念です)。

前置きが長くなりましたが、映画の公開と時を同じくして、ムヒカ氏の
「事実上の政界引退」の報が入りましたので、今回はこのテーマを扱い
ます。
まだもう少し活動して欲しいような気もしましたが、辞職の理由を見ると
「むべなるかな」であります。農場で花や植物を育てながら、ちょっと
怖い(?)夫人とともに、ゆっくり生活を楽しんでいただきたいな、と
思います。

すっかり前書きが長くなりましたが、本題に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
Durante su presidencia, Mujica dono' 90 % de su salario y se nego' a
vivir en la Residencia Presidencial y la usaba unicamente para actos
oficiales. "Yo no soy pobre. Pobres son los que precisan mucho para
vivir, esos son los verdaderos pobres, yo tengo lo suficiente",
afirmo' en mayo de 2013.
La pandemia de Covid-19 ha forzado a Mujica a retirarse de la vida
politica, ya que padece una enfermedad inmunologica cronica y tiene
85 an~os, lo que lo pone su salud en riesgo.
(El Universal, Mexico, 20 de octubre)


【語注】
Presidencia :大統領の職
dono<donar :寄付する
negarse a...:〜を拒否する
Residencia Presidencial:大統領公邸
precisan<precisar :必要とする
Covid-19 :新型コロナウイルス
retirarse de… :〜から引退する、手を引く
padece<padecer:〜を患う、〜に苦しむ
inmunologico :免疫学の
cronico :慢性的な


【直訳例】
大統領職の間、ムヒカは自分の給料の90%を寄付し、大統領公邸に住むことを
拒否し、それを公式行事のためだけに使用していた。「私は貧しくはない。貧
しい人たちとは、生きるのに多くを必要とする人たちで、それらが本当の貧者
である。私は十分なものを持っている」と、2013年5月に言明した。
新型コロナウイルスのパンデミックがムヒカを政治生活から引退させた。とい
うのは慢性的な免疫の病気を患い、85歳であるためで、そのことが彼の健康を
危険に置く。

※事実関係およびムヒカ氏自身が「政治を捨てるわけではないが、第一線から
は去る」と述べていることなどから、retirarse de la vida politica は
「政界からの引退」ではなく「上院議員の辞職」だと考えるべきでしょう。
ただし、ムヒカ氏の年齢や健康状態から考えると「事実上の引退」と捉える
向きも多いようです。


◇本日の課題(再掲)
Durante su presidencia, Mujica dono' 90 % de su salario y se nego' a
vivir en la Residencia Presidencial y la usaba unicamente para actos
oficiales. "Yo no soy pobre. Pobres son los que precisan mucho para
vivir, esos son los verdaderos pobres, yo tengo lo suficiente",
afirmo' en mayo de 2013.
La pandemia de Covid-19 ha forzado a Mujica a retirarse de la vida
politica, ya que padece una enfermedad inmunologica cronica y tiene
85 an~os, lo que lo pone su salud en riesgo.


【練り訳例1】
かつて大統領職にあった時、ムヒカ氏はその報酬の9割を寄付に充てていた。
大統領公邸で暮らすことも拒否し、公式行事以外で公邸を使用することはな
かった。2013年5月には、「私は貧しくはない。貧しい人とは、生きるために
多くを必要とする人々のことだ。彼らこそが本当の貧者と言える。私はすでに
十分なものを持っている」と語った。
新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)を受けて、ムヒカ
氏は議員辞職を余儀なくされた。慢性的な免疫疾患を患っているうえ、85歳と
いう年齢もあって、健康面でリスクが高いためである。

【練り訳例2】
大統領在職中、ムヒカ氏は給与の90%を寄付に充て、大統領公邸は公式行事に
使用するだけで、そこに住むことを固辞しました。2013年5月には、「私は貧
しくはありません。真の貧者とは生きるのに多くを必要とする人たちのことで
す。私は十分満たされています」との見解を示しています。
ムヒカ氏が上院議員を辞職するのは、新型コロナウイルス感染症の蔓延が原因
です。コロナ禍の中で、85歳という高齢に加え慢性的免疫疾患があることで健
康の維持が難しいとして、ムヒカ氏は辞任を決めました。

※練りポイント
Pobres son los que precisan mucho para vivir, esos son los verdaderos
pobres の部分は情報が重複しているようにも見えますが、ムヒカ氏の発言を尊
重して、練り訳例1ではなるべく原文に沿った訳としました。気になる方は、
練り訳例2のように、思い切って一文にまとめてしまう策もあります。


◆編集後記◆
アースです。
(また天文寝たじゃなくて天文ネタなので、「またかよ」という方は
ここでお別れしましょう〜また来週〜!)
メルマガをお休みしていた間に、何とかムーンだのかんとかムーンだの、
月と土星がひっつくだの、火星がまた地球にめっちゃ近付くだの、いろいろ
な情報が流れていたようですが。
先週水曜(21日)には、「オリオン座流星群が極大だから皆さん流れ星を
見ましょ〜!」みたいな話がテレビで取り上げられていました。
確かにね。
飛べば明るいし、他のちまちました流星群に比べれば、ちょっとは多いかも
しれないけれど。ペルセウス座流星群ほどの規模はとても望めない。
よっっっっっっっっぽど空が暗くて、しかも夜中ずっと快晴で、
しかも眠気に耐えて夜明けまでがんばる根性がある人でない限り、なかなか
出会えるものではありませんのです。
しかもしかも。
それが「オリオン座流星群」なのか、それともその他大勢のぜんぜん関係
ない流星なのか(「散在流星」と言います)、見極めるのは、慣れた
人でないとなかなか難しい。っていうか、単に飛ぶ方向が違うだけで、
色とか明るさとかが違うわけでもない。
それなのに、あたかも「見なきゃ損ソン!」みたいに喧伝するマスコミに、
皆さん、だまされないでください。
だいたい。
野っ原のど真ん中で寝ころんで、全天を一気に観察できない限り、一晩に
二回は悲しい思いをすることになります。
なんでかって?
飛ばないかな〜飛ばないかな〜とふとあっちの方向を見た瞬間に、
こっちの方向で「おおお〜〜〜〜すげ〜〜〜〜!」という声が飛ぶ。
こっちの方向を見ていると、あっちの方向で「きれい〜〜〜〜〜」
という声が飛ぶ。
そんな風にして、いままで何度、火球級の流れ星を逃したことか。
うっうっ。
そういうわけで、我が家では全天360度が録画できるドライブレコーダー
の設置を検討中です(んなわけあるか!)。

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.529


おはようございます。ピーチです。
お待たせしました!
「長めの夏休み」と「アンケート実施・分析・発表」期間を経て、ついに
本編が再開します。
皆さまからのアンケート結果を踏まえ、今回は以下の点に配慮して作って
みました。

1)「本文をもう少し長くしてほしい」の声に応え、扱う記事の分量を
長めにしました。
2)「出典を教えてほしい」の声に応え、課題文の下に載せました。
3)「練るポイントを教えてほしい」の声に応え、訳しにくい箇所の練り
ポイントを一点挙げました。

ただ、上記の対応は毎回あるとは限りません(時間がない時もあれば、
わたしたち自身が配慮をころっと忘れている時もあるでしょうし~^^;)
ので、その点は予めお含みおき下さいませ。
なお、今回は「練り訳進化形」のおまけつきです!
よろしければそれも参考に、独自の訳をねりねりっと造形してみて
下さいね。

それでは今回の課題に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
Joe Biden ha dedicado un dia entero a hablar de la gestion de Donald
Trump sobre el coronavirus. El candidato democrata ha visitado este
martes el Estado de Florida, una region decisiva para ganar las
elecciones del proximo 3 de noviembre, y en dos reuniones en el
condado de Broward ha insistido en que el Gobierno no ha evitado que
la covid-19 siga avanzando a grandes pasos por Estados Unidos. "Este
presidente supo en enero, cuando las agencias de inteligencia le
informaron en detalle, que se trataba de una enfermedad extremadamente
peligrosa y transmisible", dijo.
(El Pais, 14 de Octubre)


【語注】
gestion :手続き、管理、職務
coronavirus :コロナウィルス(=covid-19)
candidato democrata:民主党候補(者)
decisiva :決定的な、決め手となる
condado de Broward :(フロリダ州の)ブロワード郡
a grandes pasos :急速に
agencias de inteligencia:情報機関、諜報機関
transmisible:感染し得る


【直訳例】
ジョー・バイデンは、コロナウィルスに関するドナルド・トランプの管理につ
いて語るのに丸一日をかけた。その民主党候補は今週火曜、来たる11月3日の
選挙に勝利するための決定的な地方であるフロリダ州を訪れ、そしてブロワー
ド郡での2つの集会で、コロナウィルスがアメリカ合衆国中を急速に前進し続
けるのを現政権は回避しなかったと力説した。「この大統領は、情報機関が
1月に彼に情報を詳細に報告した時、非常に危険で感染性のある病気であると
知った」と述べた。


◇本日の課題(再掲)
Joe Biden ha dedicado un dia entero a hablar de la gestion de Donald
Trump sobre el coronavirus. El candidato democrata ha visitado este
martes el Estado de Florida, una region decisiva para ganar las
elecciones del proximo 3 de noviembre, y en dos reuniones en el
condado de Broward ha insistido en que el Gobierno no ha evitado que
la covid-19 siga avanzando a grandes pasos por Estados Unidos. "Este
presidente supo en enero, cuando las agencias de inteligencia le
informaron en detalle, que se trataba de una enfermedad extremadamente
peligrosa y transmisible", dijo.


【練り訳例】
民主党の大統領候補であるバイデン氏はこの日、トランプ大統領の新型コロナ
ウイルス対策について語るのに終始した。バイデン氏は、11月3日に迫った大
統領選の決戦州とされるフロリダ州を13日に訪問。ブロワード郡で開催された
2つの集会に出席し、現政権は新型コロナウイルスが全国的に急速に蔓延する
事態を回避し得なかった、と力説した。「今年1月に我が国の情報機関が大統
領に詳細を報告した。その段階で大統領は、この病気が極めて危険性の高い感
染性の病気であることを知っていた」と指摘したのである。

【練り訳進化形】
民主党のジョー・バイデン候補は、10月13日火曜日、フロリダ州を訪れ、同州
ブロワード郡で開かれた2つの選挙集会にて登壇した。フロリダ州はアメリカ
大統領選(11月3日)の勝敗の鍵を握る激戦州と目されている。バイデン氏
は、この日の演説の中で、トランプ大統領による新型コロナウイルス対策の拙
劣さを一貫してあげつらい、新型コロナウイルスが全米中に猛烈なスピードで
拡大した理由はトランプ政権の失策にあるとした。さらに「大統領は1月の時
点で、新型コロナウイルスに関する詳細を、情報機関から知らされていまし
た。つまり、このウイルスがいかに危険で、感染度の高いものであるか、既に
知っていたのです」とたたみかけた。

※「練り訳進化形」は、練り訳を一歩(数歩?)進化させた訳例です。

※練りポイント
dedicado un dia entero a hablar を自然な日本語にするのは難しいですね。
un dia entero はあくまで比喩であって、要は「(その日の演説では)
そのことばかり話していた」と言いたいのでしょうから、それが伝わるので
あればどのような表現でもOKだと思います。上記2つの練り訳はあくまで
「例」に過ぎませんので、ご自分なりの訳語を考えてみてください。


◆編集後記◆
アースです。
おひさしーです。
皆様にはどうでもいいことですが、わたくし、石川県に住んでおりまして、
今年はクマ・クマ・クマ、クマで一色の秋になっています。一昨日など、
とあるショッピングセンターにクマさんが侵入しまして、大騒ぎでした。
何やらお行儀悪く食い散らかしたようで、お店側も損害賠償するわけには
いかず、お気の毒でございます(と、思ったら、これはネット上でまこと
しやかに流れていた「フェイク」ニュースでした。食べ物が山積みの
バックヤードで、13時間もじっとしていたそうです。クマ、すまん)。
テレビの情報番組でも、「クマに出会ったらどうするか」の特集が多数。
よほどの中心街でない限り、出会う可能性はゼロではない。となれば、
夜、ウォーキングする際に出会わないとも限らない。
昨日など、いつものコース上にある山腹の公園に足を踏み入れたところが、
人っ子一人おらず、クマの集団がサバトでも開いてそうな雰囲気だったので
(ちょっと楽しそう?)、早々に公園を出ようとしたところ・・
犬のお散歩をしている人が入ってくるのとすれ違いました! え〜犬を
連れてるから平気なのかなぁと思ったら、なななんとその方、「クマ鈴」を
ぶらさげているではありませんか!
ちりん。ちりん。
ま、まじかー。
まじなんだろうな。
お互いの接触機会を減らすためにも、わたしも鈴をつけて歩こうか
どうしようか、思案中です。(早く冬眠してー!)

 

|

« 2020年8月 | トップページ | 2020年12月 »