«  スペイン語翻訳者になろう vol.519 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.521 »

 スペイン語翻訳者になろう vol.520


おはようございます。ピーチです。
「なついあつがきた」などと言い間違えそうなほど、厳しい熱波に
包まれていますが、マスクを装着しての夏、皆様はご無事でしょうか?
さて、先日の安田記念で、絶対女王の「アーモンドアイ」を抑えて見事
優勝した4歳牝馬の名前に、思わず感涙してしまったスペイン語関係者も
多いのではないでしょうか?
Gran Alegria・・・!
「命名者、グッジョブ!」と称えたくなると同時に、由来があれば
知りたいなあと思い、JRAのHPを見ましたところ、
「馬名意味:大歓声(西)」
とありました。
「大歓声」?
alegria に「歓声」の意味、ありましたっけ?
手持ちの西日辞典と西西辞典を全て調べましたが、どこにも「歓声」
らしき語義は見当たりません。
「歓喜や喜びが横溢するあまり、つい声になって出る」ことは多々ある
でしょうけれども、だからと言って、alegria を「歓声」と訳して
いいのかなあ・・。悩むところです。
「馬名意味:大歓喜(西)」ではダメだったんでしょうかねえ?
それはそうと、グランアレグリアちゃんのことを
「3歳時には天才少女と呼ばれた才能あふれる4歳牝馬」
と書いた記事がありました。
お馬さんでも女の子だから「天才少女」と呼ばれることもある
んですねえ。
競馬に特に関心はありませんが、ゴール目指して疾走するお馬さん
たちの姿を見ると、その健気さに胸がキュッとなることがあります。
「なついあつ」は馬にとっても人間にとっても大変ですが、グラン
まではいかなくても小さなアレグリアを目の前に人参のように
ぶら下げて、快走したいものです。
さて、今回も「クルードラゴン」の続きです。
(少なくともピーチは)訳出に少々苦労しました・・ので、皆さんも、
課題分(&直訳例)を見て、ご自分なりの練り訳を作ってみて頂ければ、
アレグリーア para nosotras です。
では、競馬場から宇宙へと、舞台を大胆に移してまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【民間有人宇宙船(2)】

◇本日の課題
Lanzada desde una base en el estado de Florida, la Crew Dragon se
libero' del cohete Falcon 9 a los 12 minutos del despegue. Desde
entonces se esta' valiendo de su propio motor para, si se cumplen
los plazos, llegar el domingo a la Estacion Espacial Internacional a
una altitud de 400 kilometros.


【語注】
lanzada<lanzar :打ち上げる
se libero'<liberarse:〜から自由になる、(自身を)解放する
cohete :ロケット
despegue:離陸
se...valiendo de...<valerse de...:〜を利用する、うまく使う


【直訳】
フロリダ州の基地から打ち上げられて、クルードラゴンは、離陸後12分でロ
ケット「ファルコン9」から自由になった。それ以降、もし期限が守られたな
らば、日曜日に高さ400kmの国際宇宙ステーションに到達するために、自分自
身のエンジンを利用している。


【練り訳例1】
フロリダ州の基地から打ち上げられた宇宙船クルードラゴンは、離陸12分後に
ロケット「ファルコン9」から切り離された。その後は自船のエンジンを用い
て飛行し、予定通りであれば日曜日に400km上空を周回する国際宇宙ステー
ションに到達する。

【練り訳例2】
クルードラゴンは、フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられ、そ
の12分後、ファルコン9ロケットを分離しました。そして現在、自らのエンジ
ンで飛行中ですが、計画通り進めば、5月31日の日曜日には、高度400キロを
回っている国際宇宙ステーションに到着する予定です。


◆編集後記◆
アースです。
6月も中旬に入ろうかという先日、我が家にようやく例のマスクが届き
ました。しかし…わたしの住む金沢市では、各世帯100枚までマスクを
購入できる券が早々に配られたこともあり、我が家のマスク在庫は充分。
そのため、開封することもなく遠巻きに布マスクを眺める家人たち。
「ウワサのゴミはない模様ですね」
「でもやっぱこれ、小さくない?」
「そうかなぁ。厚みがあるからそう見えるだけなんじゃ?」
「いやいや。仮に、机に平らに置いた時の面積が不織布マスクと
変わりなくてもさ。顔に実際に当てるとさ。顔は立体だから、ほら。
不織布は蛇腹部分があるから顔の下半分を覆えるけど、布マスクは
投影面積が小さくなる一方だから」
「投影面積じゃなくて射影面積じゃなかったかな」
「ええ〜そうかなぁ〜。ほらほら投影面積の方が検索ヒット数が圧倒的」
って話がずれてますから!!
というわけで、算数と数学をしっかり勉強しておくと、将来、布マスク
のパックを開けずとも、その実際の大きさを推測できるようになるのである。
小中学生の諸君、しっかり勉強しておきたまえ。

※投影/射影面積=物体を水平面に投影したときの面積。

 

|

«  スペイン語翻訳者になろう vol.519 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.521 »