«  スペイン語翻訳者になろう vol.511 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.513 »

 スペイン語翻訳者になろう vol.512


おはようございます。ピーチです。
先日、友人からオレンジロザミニという薔薇の鉢植えをいただきました。
この薔薇、あえていえば、テラコッタ色ともいうべき、とても珍しい色。
深紅やピンクの定番カラーの薔薇とは一線を画す滋味深さで、いくら
見ていても飽きません。
いただいた時に花開いていたのは一つだけでしたが、ボ〜ッと
見とれているうちに、2つ目も開花し、今3つ目が、緑の蕾の隙間から
テラコッタ色を垣間見せ始めています。
この薔薇を眺めながらミルクティを飲むひと時が、今の自分にとって
至福です。
これをくれた友人、ロザミニ以外に2つの至極綺麗なフラワー
アレンジメントまでプレゼントしてくれました。
わたしの誕生日でもないのに・・つーか、その日は彼女自身の
お誕生日だったんです。
「自分のお誕生日に、誕生日じゃない友人に沢山のお花を贈ってくれる
奇特な人」に初めて会いました。
おかげで、たくさんの花たちに囲まれ、心満たされるここ数日です。
ウィルス騒ぎで疲れていらっしゃる(かもしれない)皆さまにも、
小さくて大きな幸せを感じられる瞬間が1日に1つでもありますように。
それでは、今週の本題に入って参りましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【隕石(3)】

◇本日の課題
Un fenomeno similar se reporto' el mes pasado en Puerto Rico,
mientras en Cuba un meteorito cayo' sobre la region occidental de
Vinales a inicios de 2019.
?Que diferencia a un meteoro de un meteorito?
Segun explica la NASA, cientos de particulas y objetos celestes
cruzan cada dia la atmosfera de la Tierra: son los llamados
meteoroides.


【語注】
fenomeno :現象
meteorito :隕石
meteoro :流星
particula :粒子、小片
celeste :天の、天空の
meteoroide:メテオロイド、流星物質


【直訳例】
類似の現象は先月プエルトリコで報告された。一方キューバでは、2019年年初
に西部ビニャーレス地方に隕石が落ちた。
流星と隕石の違いは何だろうか。
アメリカ航空宇宙局(NASA)が説明するところによると、何百もの天の粒子と
物体が毎日、地球の大気を横切っている。それらはメテオロイド(流星物質)
と呼ばれる。


◇本日の課題(再掲)
Un fenomeno similar se reporto' el mes pasado en Puerto Rico,
mientras en Cuba un meteorito cayo' sobre la region occidental de
Vinales a inicios de 2019.
?Que diferencia a un meteoro de un meteorito?
Segun explica la NASA, cientos de particulas y objetos celestes
cruzan cada dia la atmosfera de la Tierra: son los llamados
meteoroides.


【練り訳例】
似たような現象は、先月プエルトリコでも報告されている。またキューバでは
2019年はじめに西部のビニャーレス地方に隕石が落下した。
流星と隕石は何が違うのだろうか。
アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、宇宙からやってきた数百もの粒子や物
体が日々地球の大気を横切っており、それらは「メテオロイド(流星物質)」
と呼ばれている。


◆編集後記◆
アースです。
ぐわわ〜ん。
我が家の電子レンジがぶっこわれたため、しばらくの昭和生活と
相成りました。普段から大したことに使っているわけではないのに、
いざなくなってみると、うげげげ〜〜なんつー面倒な。
朝。
わたしは必ずインスタントコーヒーでカフェオレを作るのですが、
レンジがないとなれば、鍋で作るしかない。すぐに沸騰してしまうので、
鍋の前から離れられない。ずっと混ぜていなきゃならない。牛乳の膜が
どうしてもふちについてしまうので、洗うのがめんどーくさい。
昼。
「ごはんあったっけ」
「冷凍してあるよ。あっ」
「そうかっ」
だ、だめだ。冷ご飯ならともかく、冷凍ごはんをふかふかになるまで
戻すのは至難の業だ。そういえば昔は、鍋の底に水を張って、冷ご飯を
入れたどんぶりを入れて、フタをして蒸してたっけ・・。その方法で
冷凍ご飯を元に戻すとしたら、いったい何分かかるのだっ。
冷ご飯にしても、電子レンジが出始めた頃は、鍋で蒸した方が
はるかにおいしかったものですが、いまや・・。
夜。
「豚肉あったよね」
「ブロックしかないよ」
ぐわわわ〜ん。
昼飯の後すぐに冷蔵庫に移動しておくべきだった・・。
ってなわけで、いかにいかにレンジに頼り切った生活を送っていたかが
よくわかりました。今回のことで、これまでの電気に頼り切った生活を
見直す……ような殊勝な性格ではないので、直すなり買うなり、はやく
なんとかしよっと。

 

|

«  スペイン語翻訳者になろう vol.511 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.513 »