«  スペイン語翻訳者になろう vol.512 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.513 »

 スペイン語翻訳者になろう vol.513


おはようございます。ピーチです。
先週の本欄に
「テラコッタ色の薔薇を眺めながらミルクティーを飲むのが
至福のひととき」
のようなことを書きましたところ、悪しき・・もとい率直な友から、
「ミルクティー?酒の間違いじゃないの?それとも誤植?」
という謂れなきクレーム・・もとい疑問を投げかけられました。
誤植でもなんでもありませんよ〜。本当に「ミルクティー」ですよお。
「ミルクティー」が「酒」に見えた方には、早期の眼科受診をお勧め
します(ついでに、Pに対する誤った認識も改めてくださいませ・・爆)。
それでは「隕石」の記事の最終回を読んでまいりましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【隕石(4)】

◇本日の課題
Estos cuerpos, al impactar contra nuestra atmosfera entran en
combustion y crean los destellos que vemos generalmente de noche en
el firmamento: son conocidos entonces como meteoros y popularmente
los lamamos "estrellas fugaces". Si no se desintegran del todo y
chocan con la tierra, entonces se les llama meteoritos.


【語注】
cuerpo :物質、物体
※先週の meteoroide(メテオロイド、流星物質)を受けています。
impactar :当たる
combustion:燃焼
destello :輝き、閃光
firmamento:夜空、天空
meteoro :流星
estrella fugaz:流れ星
desintegran<desintegrar:分裂する、ばらばらになる
meteorito :隕石


【直訳例】
これらの物質は、我々の大気とぶつかって燃焼しつつ入り、我々が夜、天空で
通常見る輝きを作り出す。そうすると、それらは流星として知られ、一般に我
々はそれらを「流れ星」と呼ぶ。すべてが分裂せず、地面と衝突した場合、そ
の時それらは隕石と呼ばれる。


◇本日の課題(再掲)
Estos cuerpos, al impactar contra nuestra atmosfera entran en
combustion y crean los destellos que vemos generalmente de noche en
el firmamento: son conocidos entonces como meteoros y popularmente
los lamamos "estrellas fugaces". Si no se desintegran del todo y
chocan con la tierra, entonces se les llama meteoritos.


【練り訳例】
これらの物質が地球大気とぶつかって燃焼すると、通常、我々が夜空で目にす
る輝き、すなわち流星となる。一般に「流れ星」と呼ばれる現象だ。完全にば
らばらにならず地表面に衝突した場合、それらは「隕石」と呼ばれることにな
る。


◆編集後記◆
アースです。
先週、電子レンジがぶっこわれた話をしましたが…
今度はホームベーカリーが怪しい動きをし始めました。
家電て、なぜかまとめて壊れるんですよね。あれ、勘弁してほしい。
さてベーカリーの話。
「えーすごい。わーすごい。うちでちゃんと作ってるの〜」
とよく言われるのですが、手の込んだパンを作ろうとしない限り、
強力粉、薄力粉、砂糖、塩、イーストその他もろもろをぶちこんで
スイッチを押すだけなので、外に買い物に行く回数が極端に少ない
我が家にしてみれば、むしろ楽なのです。
購入から、はや11年。時に怪しい動きをしながらもなんとか
持ち堪えてきたベーカリーちゃんですが…
昨日焼いた食パンを口に入れた途端、むにゅっ。
あら。ちゃんと焼いたのに、なんだか柔らかいわねえ。
分量間違えたかな?
(ベーカリーでパンを焼くときは、スケールを使って慎重に材料を
積み上げねばならんのですが、話に夢中になってしまって、間違える
こともしばしば。そうすると、妙に柔らかいパン、硬いパンが
できあがります。当たり前です)
しかしきょうのは…
塩気が少ない感じもするなあ。
次のひとくち。ついでにカフェオーレも。
ぷぎゃ!!!!!
し、し、し、し、しおから〜〜〜〜〜〜い!!
どう考えても塩がかたまっている。
そして他の部分は、塩気がまったくない。
こ、これは〜〜〜〜〜〜。分量の間違いではない。明らかにちゃんと
混ざっていない。
はあ。
いや。まだわからない。ベーカリーちゃん、一時の気の迷いかもしれない。
そうであってくれ。
なんでもいいですが、食パンと塩とコーヒーを一緒に口に入れない
ことをお勧めします。恐ろしくマズイです(誰がんなことするか)。

※メルマガではコロナをガン無視している我々ですが、もちろん事の重大性を
分かっていないわけではありません。最近、非常に示唆に富む文章に出会い
ましたので、この場を借りて「拡散」します(アースの案です)。時間のある
方はぜひ一読いただければと思います。
https://note.com/kyoshimine/n/n6bf078a369f9
たいへん長い文章ですので、
(3)一般市民として ー 3条件を守って経済を回そう
の部分だけでも。

 

|

«  スペイン語翻訳者になろう vol.512 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.513 »