«  スペイン語翻訳者になろう vol.509 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.511 »

 スペイン語翻訳者になろう vol.510


おはようございます。アースです。
まあねえ。米はね。より多くの人間がより多くの時間、家で過ごす
となれば、より多く必要だし、そういう意味ではトイレの紙も
同じっちゃ同じっすけどね。
製造工場がつぶれたわけでも、物流が寸断されたわけでもないのに、
かいもく意味がわっかりませ〜ん。

ってことで今週も、C報道に食傷気味の方々向けに、浮世離れした
話題をお送りいたします。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【隕石(1)】

◇本日の課題
Diversas fuentes reportaron una "inmensa bola de fuego" recorrer el
cielo en varios estados del pais, mientras los videos y testimonios
comenzaban a circular en las redes sociales.
La Coordinacion Nacional de Proteccion Civil en Mexico publico' en
Twitter que se trato' de un "meteorito que seguramente se destruyo'
en el aire y que es poco probable que haya impactado en el
territorio".


【語注】
fuente :(情報の)出所、源
bola de fuego:火球
testimonio :証言、証拠
Coordinacion Nacional de Proteccion Civil:国民保護総合調整局
seguramente:おそらく、きっと
meteorito :隕石
se destruyo'<destruirse:破壊される


【直訳例】
幾つかの情報源が、国の様々な州で、「巨大な火球」が空を走ったことを報告
した一方、ビデオと証言が、ソーシャルネットワークで流布し始めた。
メキシコの国民保護総合調整局はツイッターで、「恐らくは空中で破壊され
た、地域に影響した可能性は低い隕石」のことだ、と発表した。


◇本日の課題(再掲)
Diversas fuentes reportaron una "inmensa bola de fuego" recorrer el
cielo en varios estados del pais, mientras los videos y testimonios
comenzaban a circular en las redes sociales.
La Coordinacion Nacional de Proteccion Civil en Mexico publico' en
Twitter que se trato' de un "meteorito que seguramente se destruyo'
en el aire y que es poco probable que haya impactado en el
territorio".


【練り訳例】
複数の情報筋が、メキシコ各州の空を横切った「巨大な火球」について報じた
一方、SNS上では様々な映像や証言が出回り始めた。
メキシコの国民保護総合調整局はツイッターで、この火球の正体は隕石であっ
たとし、「恐らくは大気中で崩壊したと考えられるため、メキシコ国内に影響
が及ぶ可能性はほぼない」と発表した。


◆編集後記◆
ピーチです。
先日、某所で「生足」になる機会がありました(「まだ春になったばかり
なのに、なぜ生足?」と突っ込まれそうですが、それは本筋とは関係が
ないので、ここでは触れないことにします)。
その時、居合わせた人が、唐突に、
「足の指でグーチョキパーできますか?」
というので、やってみたところ、思いのほか上手にできたようで、
「Pさん、すごい!こんなに器用にできる人、なかなかいませんよ〜!」
と褒めていただきました。
「褒められる」ことに慣れていない too shy shy girl(古!)のPは、
ちょっと照れはしましたが、内心満更でもありません。
「そ、そんなにうまいですか?」
「うまいですよ!人に自慢できますよ〜。今後、特技を聞かれたら、
これ、言えますね。」
「はい〜、そうですね」
確かに、自分にはこれといった特技はないです。
だから、たとえ「足指ジャンケン」という地味すぎる分野であっても、
「得意です!」と言えることがあるのはうれしいことです。
すると、その人は、こう畳みかけてきました。
「良かったですね〜、いいところが見つかって!!」
うん、確かに自分にはいいところ、なかったです。
「見つけてくれて、ミル・グラシアス!!ケ・アマブレ・エレス!!」
・・な〜んて純粋に感謝できるほど素直な性格をしていないPは、
「いや、足指ジャンケン以外にも、ひとつくらい秀でたところ、
あるはず、あるはず・・」
と探し続けています。・・いますが、どれだけ探しても、とんと見つかり
ません。
そんなわけで、Pのいいところ、見つけてくれた方はご一報ください。
謝礼は出ませんけど、衷心からの謝意は表します(shy だけに・・お粗末)。

 

|

«  スペイン語翻訳者になろう vol.509 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.511 »