«  スペイン語翻訳者になろう vol.501 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.503 »

 スペイン語翻訳者になろう vol.502


おはようございます。ピーチです。
わたしが muy aficionada de Ogura Hyakunin Isshu であることは、
近しい友人でも知らない人が多いようです(隠しているわけではない
のですが)。
6年前、Pが hospitalizacion していた時、見舞いに来た知人が、
operacion 直後でヨレヨレのはずのPが cama に半身起き上がり、
一心不乱に短歌をノートに書きつけている姿を目撃して、たいそう
たまげたそうです(見たな〜)。
そんな偏愛する小倉百人一首、そのスペイン語版が存在する・・という
都市伝説(?)はキャッチしていたのですが、なぜか最近まで
「検索→購入ボタンポチッ」行動には至っておりませんでした。
・・が、つい先日のこと、「汝、直ちに取り寄せよ」という
藤原定家様の天命を聞いた気がして、慌てて行動に出ましたよ。
そして、届いた現物を一読して、
「ああ、何故もっと早くポチッしなかったんだろう?」
と悔やむことしきり。
自分の大好きな和歌の世界が、美しいスペイン語になっている〜〜!
(当たり前ですが)
しかも、作者と作品に関する丁寧な「注」までもが、日本語と
スペイン語の対訳形式で入っているのです!(贅沢〜)
発売されたのは丁度3年前です。この3年間、この本を知らずして、
muy aficionada de Ogura Hyakunin Isshu を名乗っていた自分が
ザンネンやら、恥ずかしいやら・・。
伊藤昌輝大使とエレナ・ガジェゴ・アンドラーダ先生、
本当に素晴らしいご本を著して下さり、ありがとうございます!
(著者のお二方はこのメルマガを絶対にご存知でないとは思いますが、
一方通行とは知りつつも、この場を借りて最大級の謝辞を述べさせて
頂きます)
気になった方は、是非お手に取ってみて下さいね。
「スペイン語で詠う小倉百人一首」というタイトルです。
長くなりましたが(そしてもっと長くなりますが)、小倉百人一首の中で
一番有名な歌(多分)のスペイン語訳を、紹介させて頂きます(スペイン語
メルマガなので、たまにはスペイン語も載せないと・・・爆)
以下、どの歌なのかはすぐにお分かりになります・・・よね?

Una vida en vano.
Mi apariencia y encanto se desvanecieron,
como estas flores de cerezo
que palidecen en las lluvias interminables,
mientras las contemplo, a solas.

さて、日本の芸術作品を取り上げたところで、今回の本題は
「スペインの至宝」に関する記事です。
単純なスペイン語文に見えながら、実際の訳出にはちょっくら
手こずらされました(おぬし、なかなかのワルよのう)。
前置きが長くなりすぎましたが、いーかげん本題に入って
参りましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【プラド美術館200周年(1)】

◇本日の課題
Hoy martes 19 de noviembre el Museo del Prado, una de las joyas
artisticas mas importantes de Espan~a, cumple 200 an~os. En 1819 el
museo solamente albergaba un total de 311 obras, todas ellas de
prestigiosos pintores espanoles como Goya o Murillo.


【語注】
joya :貴重な物、至宝
artistico :芸術的な
albergaba<albergar:収容する
obra :作品
prestigioso:名声のある


【直訳例】
きょう11月19日火曜日、スペインの最も重要な芸術的至宝の一つであるプラド
美術館が満200歳になった。1819年、その美術館は、合計311の作品のみを収容
しており、それらすべてがゴヤやムリーリョのようなスペインの名声のある画
家のものだった。


◇本日の課題(再掲)
Hoy martes 19 de noviembre el Museo del Prado, una de las joyas
artisticas mas importantes de Espan~a, cumple 200 an~os. En 1819 el
museo solamente albergaba un total de 311 obras, todas ellas de
prestigiosos pintores espanoles como Goya o Murillo.


【練り訳例1】
本日11月19日、スペインでも一二を争う珠玉の美術館「プラド美術館」が、開
館から200周年を迎える。1819年の開館当時の収蔵数はわずか311作品。しかし
いずれも、ゴヤやムリーリョなど高名なスペイン人画家たちの作品であった。

【練り訳例2】
今日11月19日、スペイン屈指の至宝である「国立プラド美術館」が創立200周
年を迎えます。1819年の開館時には、絵画311点と、収蔵点数こそ少なかった
ものの、そのすべてが、ゴヤ、ムリーリョをはじめとするスペイン絵画の巨匠
たちの作品でした。


◆編集後記◆
アースです。
わたしはド近眼なので、寝るときとお風呂に入るとき以外は必ずメガネ
をしています。逆に言うと、お風呂場ではメガネなしで過ごさねばなり
ません。
でもま、自宅のお風呂場なら、足ひっかけポイントや、すってんころりん
ポイントがよく分かっているので、どうということはありません。むしろ
相当に黒カビが生えようとピンクカビがのさばろうと、ほとんど見えない
ので、便利ってなもんです(そういう問題?)。
ところが先日、湯船に入って溶けかかりそうになりながら、ふと天井を
見ると、昨日までは絶対なかった黒っぽいシミがあります。ぼけていて
よくわかりませんが、長さ数センチ、横幅はせまい。となれば・・・
G!のつく昆虫がまず考えられます。
Gのつく昆虫さん自体は、実はめちゃ清潔で、毒を持っているわけでなし、
触ったって何の問題もないらしいのですが(食べる地域だってありますし)
なにしろ大きくて素早いのでびっくりする。だから、特にお風呂場では
出会いたくない。
しかし・・・あ。
Gじゃない。
ていうか昆虫じゃない。んじゃなに。一晩で成長するカビ?
でも手足があるような・・・
わーーー! わっ!わっ!
なんと。
「ニホンヤモリ」さんでした。
いったいどこから入ったのアナタ。
昔はよく自宅周辺で見たことがあるけれど、なんとも久しぶりの再会。
イモリは弱毒がありますが、ヤモリはだいじょうぶ。それに、おめめ
ぱっちりでめっちゃかわいいですやんか!
あまりにかわいいので、素人が飼うことはできないかと調べてみた
ところ、非常に神経質で臆病で、冬眠させると死んでしまうことが
多いそう。
下手に飼って死なせてしまうのも可哀想だし、ということで、牛乳
パックに入れたままベランダに出しておいたところ、翌朝にはいなく
なっていました。
元気に春を迎えるのじゃよ。
しっかし田舎やなぁ・・・

 

|

«  スペイン語翻訳者になろう vol.501 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.503 »