« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

 スペイン語翻訳者になろう vol.502


おはようございます。ピーチです。
わたしが muy aficionada de Ogura Hyakunin Isshu であることは、
近しい友人でも知らない人が多いようです(隠しているわけではない
のですが)。
6年前、Pが hospitalizacion していた時、見舞いに来た知人が、
operacion 直後でヨレヨレのはずのPが cama に半身起き上がり、
一心不乱に短歌をノートに書きつけている姿を目撃して、たいそう
たまげたそうです(見たな〜)。
そんな偏愛する小倉百人一首、そのスペイン語版が存在する・・という
都市伝説(?)はキャッチしていたのですが、なぜか最近まで
「検索→購入ボタンポチッ」行動には至っておりませんでした。
・・が、つい先日のこと、「汝、直ちに取り寄せよ」という
藤原定家様の天命を聞いた気がして、慌てて行動に出ましたよ。
そして、届いた現物を一読して、
「ああ、何故もっと早くポチッしなかったんだろう?」
と悔やむことしきり。
自分の大好きな和歌の世界が、美しいスペイン語になっている〜〜!
(当たり前ですが)
しかも、作者と作品に関する丁寧な「注」までもが、日本語と
スペイン語の対訳形式で入っているのです!(贅沢〜)
発売されたのは丁度3年前です。この3年間、この本を知らずして、
muy aficionada de Ogura Hyakunin Isshu を名乗っていた自分が
ザンネンやら、恥ずかしいやら・・。
伊藤昌輝大使とエレナ・ガジェゴ・アンドラーダ先生、
本当に素晴らしいご本を著して下さり、ありがとうございます!
(著者のお二方はこのメルマガを絶対にご存知でないとは思いますが、
一方通行とは知りつつも、この場を借りて最大級の謝辞を述べさせて
頂きます)
気になった方は、是非お手に取ってみて下さいね。
「スペイン語で詠う小倉百人一首」というタイトルです。
長くなりましたが(そしてもっと長くなりますが)、小倉百人一首の中で
一番有名な歌(多分)のスペイン語訳を、紹介させて頂きます(スペイン語
メルマガなので、たまにはスペイン語も載せないと・・・爆)
以下、どの歌なのかはすぐにお分かりになります・・・よね?

Una vida en vano.
Mi apariencia y encanto se desvanecieron,
como estas flores de cerezo
que palidecen en las lluvias interminables,
mientras las contemplo, a solas.

さて、日本の芸術作品を取り上げたところで、今回の本題は
「スペインの至宝」に関する記事です。
単純なスペイン語文に見えながら、実際の訳出にはちょっくら
手こずらされました(おぬし、なかなかのワルよのう)。
前置きが長くなりすぎましたが、いーかげん本題に入って
参りましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【プラド美術館200周年(1)】

◇本日の課題
Hoy martes 19 de noviembre el Museo del Prado, una de las joyas
artisticas mas importantes de Espan~a, cumple 200 an~os. En 1819 el
museo solamente albergaba un total de 311 obras, todas ellas de
prestigiosos pintores espanoles como Goya o Murillo.


【語注】
joya :貴重な物、至宝
artistico :芸術的な
albergaba<albergar:収容する
obra :作品
prestigioso:名声のある


【直訳例】
きょう11月19日火曜日、スペインの最も重要な芸術的至宝の一つであるプラド
美術館が満200歳になった。1819年、その美術館は、合計311の作品のみを収容
しており、それらすべてがゴヤやムリーリョのようなスペインの名声のある画
家のものだった。


◇本日の課題(再掲)
Hoy martes 19 de noviembre el Museo del Prado, una de las joyas
artisticas mas importantes de Espan~a, cumple 200 an~os. En 1819 el
museo solamente albergaba un total de 311 obras, todas ellas de
prestigiosos pintores espanoles como Goya o Murillo.


【練り訳例1】
本日11月19日、スペインでも一二を争う珠玉の美術館「プラド美術館」が、開
館から200周年を迎える。1819年の開館当時の収蔵数はわずか311作品。しかし
いずれも、ゴヤやムリーリョなど高名なスペイン人画家たちの作品であった。

【練り訳例2】
今日11月19日、スペイン屈指の至宝である「国立プラド美術館」が創立200周
年を迎えます。1819年の開館時には、絵画311点と、収蔵点数こそ少なかった
ものの、そのすべてが、ゴヤ、ムリーリョをはじめとするスペイン絵画の巨匠
たちの作品でした。


◆編集後記◆
アースです。
わたしはド近眼なので、寝るときとお風呂に入るとき以外は必ずメガネ
をしています。逆に言うと、お風呂場ではメガネなしで過ごさねばなり
ません。
でもま、自宅のお風呂場なら、足ひっかけポイントや、すってんころりん
ポイントがよく分かっているので、どうということはありません。むしろ
相当に黒カビが生えようとピンクカビがのさばろうと、ほとんど見えない
ので、便利ってなもんです(そういう問題?)。
ところが先日、湯船に入って溶けかかりそうになりながら、ふと天井を
見ると、昨日までは絶対なかった黒っぽいシミがあります。ぼけていて
よくわかりませんが、長さ数センチ、横幅はせまい。となれば・・・
G!のつく昆虫がまず考えられます。
Gのつく昆虫さん自体は、実はめちゃ清潔で、毒を持っているわけでなし、
触ったって何の問題もないらしいのですが(食べる地域だってありますし)
なにしろ大きくて素早いのでびっくりする。だから、特にお風呂場では
出会いたくない。
しかし・・・あ。
Gじゃない。
ていうか昆虫じゃない。んじゃなに。一晩で成長するカビ?
でも手足があるような・・・
わーーー! わっ!わっ!
なんと。
「ニホンヤモリ」さんでした。
いったいどこから入ったのアナタ。
昔はよく自宅周辺で見たことがあるけれど、なんとも久しぶりの再会。
イモリは弱毒がありますが、ヤモリはだいじょうぶ。それに、おめめ
ぱっちりでめっちゃかわいいですやんか!
あまりにかわいいので、素人が飼うことはできないかと調べてみた
ところ、非常に神経質で臆病で、冬眠させると死んでしまうことが
多いそう。
下手に飼って死なせてしまうのも可哀想だし、ということで、牛乳
パックに入れたままベランダに出しておいたところ、翌朝にはいなく
なっていました。
元気に春を迎えるのじゃよ。
しっかし田舎やなぁ・・・

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.501


おはようございます。ピーチです。
本欄に書きたいことは色々思いつくのですが、
なんせ今週は時間がない!!!
とはいえ、ここで本題に入ってしまうのも味気ない(?)ので、
「実にくだらん話でもいいよ」ということなら、短いエピを
1つだけ。
先日、某所で化粧室に入ったときのことです。
入り口から見ると、正面に個室が5つズラリと並んでいる
作りだったのですが、5つとも「使用中」でした。
しかし、数秒後、5つのドアが一斉にパッと開いたのです。
一糸乱れず、といった体で、完璧に同じタイミングで・・。
個室内で5人が「せーの!」と掛け声をかけあって
出てきたわけでもないでしょうに・・。こんなことって
あるんですね。
・・・ほら、レベルの低い話でしょ。
こんな前書きなら、ないほうがマシでしょ。
・・・来週、顔を洗って出直します。
それでは、打って変わって、文字通り「高等」な方のお話に
入って参りましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【緒方貞子氏逝去(3)】

◇本日の課題
Poco despues de asumir la jefatura de ACNUR, a un millon 400 mil
kurdos desplazados en el norte de Irak se les nego' entrar a Turquia.
En vista de esta situacion, implemento' por primera vez un cambio
politico en esta agencia de la ONU, anadiendo a su gestion la gente
desplazada internamente a causa de los conflictos.


【語注】
asumir :引き受ける、とる
jefatura:長、長であること、その職務
ACNUR=Alto Comisionado de las Naciones Unidas para los Refugiados:
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
jefatura de ACNUR:国連難民高等弁務官
kurdo :クルド人
desplazados<desplazar :移動させる ※desplazado(名詞)は「難民」
nego'<negar :断わる、拒絶する
En vista de...:〜に照らして、鑑みて
implemento'<implementar:実行する
gestion :管理、運営
internamente :内部において
agencia :機構、機関


【直訳例】
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の長を引き受けてから少し後、イラク北
部において、移動させられた140万人のクルド人難民がトルコに入ることを拒
否された。この状況に鑑みて、彼女は初めて、紛争を原因として内部において
移動させられた人々を、国連のその機関の管理に追加しつつ、この国連の機関
における政治改革を実行した。


◇本日の課題(再掲)
Poco despues de asumir la jefatura de ACNUR, a un millon 400 mil
kurdos desplazados en el norte de Irak se les nego' entrar a Turquia.
En vista de esta situacion, implemento' por primera vez un cambio
politico en esta agencia de la ONU, anadiendo a su gestion la gente
desplazada internamente a causa de los conflictos.


【練り訳例1】
緒方氏が国連難民高等弁務官に就任してまもなく、イラク北部地帯で、140万
人に及ぶクルド人の国内避難民がトルコから受け入れを拒否されるという事態
が起こった。これを受けて緒方氏は、初めてUNHCRの方針転換に踏み切り、国
境を越えた難民だけでなく、紛争によって国内で難民となった人々をも支援の
対象とすることとした。

【練り訳例2】
緒方さんの国連難民高等弁務官着任後、程なくして、イラク北部にいた140万
人ものクルド人がトルコに避難しようとしましたが、トルコ側から受け入れを
拒否されてしまいました。この状況を重大視した緒方さんは、UNHCRの従来の
政策を転換し、「紛争によって発生した国内避難民をもUNHCRが保護する」と
いう新たな支援策を打ち出したのです。


◆編集後記◆
アースです。
昨日来たジャンクメールのタイトル。「しますのお知らせ」。
間違いじゃありません。「しますのお知らせ」というタイトルです。
メール本文には何やら怪しげなアドレスだけ。
そして怪しげな圧縮ファイルの添付。
うう、ううう。開きたい。
何を「します」なのか。
何を「してくれる」のか。
ううう、開きたい。
こういうのってネットで調べると、だいたい「ウィルス付きなので
開けるとヤバイで〜っす」みたいな情報があるんですが、今回は、ない。
それだけに、ますます開きたくなる。誰が送ってきたのかしらないが、
わたしの性格をよ〜く分かっているじゃあないか!
クソ不愉快な(失礼)思いをして、しかも3万円も出して買ったは
いいが、ぜんぜんまったくただの一度も役に立たなかった中古PC
(第365号後記参照)を実験台にしてみたい気もしますが、通信環境が
打撃を受けても困るので、やっぱりやめときます。
と言ってる間に来たメールのタイトルがこれまた。
「あなたの心の安らぎの問題」
なんともはや。ひ、開きたい・・

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.500


おはようございます。ピーチです。
記念すべき500回目です・・が、ほとんど感慨というものがありません。
また、先週号で、
「こんなことをしてくれ というご要望があれば、可能な限りで応えます」
と申し出たところ、リクエストがゼロでした(・∀・)ので、余計なことは
何もせずに、通常運行致します(某中央線と違ってダイヤ乱れなし)。
さて、最近(11月ですから当然ですが)南関東では朝晩の冷え込みが厳しく
なってきています。そんな中、Pは挑んでいます。
「いつまで薄い夏布団で我慢できるか」に。
これが単なる我慢比べでないことは、Pの就寝スタイルが日に日にどんどん
着膨れてきている点に言及すればお分かり頂けるでしょう(つまり、
P、明らかに寒さに負けています)。
ではなぜ、いつまでも夏布団に(文字通り)しがみついているのか?
それはですね〜、あ〜、ほんとはあまり言いたくないんですが、
500号だし、言っちゃいますね。
「押入れから冬用布団を取り出すのが面倒だから!」
そんな理由で、毎日着られるだけの衣類を重ね着して、
「さむさむ・・でもまだ大丈夫」
などと言いながら、夏布団を体に巻きつけて眠るP・・(tonta と
いうか loca というか)。
そろそろ重ね着にも物理的に限界がきました(あとはオーバーコート
くらいしか着られるものがありません)ので、そろそろ面倒虫さんに
ご退散頂かないといけないのですが、それにしても、冬用布団を出すのが
億劫で・・。
(ここまで読んで、「毎日そんなにたくさん着込むことの方がずっと
面倒なのでは?」と思われた方、賢明です。日に日に着膨れていく
自分の姿のあまりのシュールさに、「そこなおまいさん、何をやって
おる?」とやっと自問し始めたところです・・遅!)
次号では
「無事、冬布団デビューできましたあ」
と報告できるよう、自分の中の面倒虫および不条理虫を、1週間かけて
撃退しておくことにします。
500号という記念すべき数字と緒方貞子様に大変失礼な前書きとなって
しまいましたが、アース氏が味わい深い後記を書いてくれていますので、
プラマイゼロということで許してください〜(あれ?ゼロになっちゃって
いいの?)
なお、メルマガというツール自体が近い将来なくなりそう・・という点
などから、本メルマガ、1000号に到達することは十中八九ないだろうと
思われます。もし777号までもったら、その時は何か派手なことを
ぶちかましたい!と思っておりますので、引き続きリクエストお待ち
しております(懲りないな)。
それでは、後れ馳せながら今週の本題に入って参りましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【緒方貞子氏逝去(2)】

◇本日の課題
Durante ese tumultuoso periodo presencio' la desintegracion de
Yugoslavia y de la Union Sovietica, lo cual dio pie a conflictos
regionales. Tambien fue contemporanea al genocidio en Ruanda. Ogata
asumio' la postura de visitar personalmente los lugares problematicos
para conocer de primera mano la situacion de numerosos.


【語注】
tumultuoso :暴動の、騒々しい、混乱した
presencio'<presenciar:目撃する、居合わせる、参加する
desintegracion :崩壊
dio pie a...<dar pie a...:〜にきっかけを与える、口実を与える
contemporaneo :同時代の
genocidio :大虐殺、ジェノサイド
asumio'<asumir:引き受ける、とる
postura :姿勢、態度、スタンス
problematico :問題のある
de primera mano:直接
numeroso :多数からなる、沢山の


【直訳例】
その混乱した時期の間、ユーゴスラビアとソビエト連邦の崩壊を目撃したが、
それらの崩壊が地域紛争のきっかけとなった。また、ルアンダの大虐殺と同時
代でもあった。緒方は、沢山の状況を直接知るために問題のある場所を自ら訪
問するという姿勢をとった。


◇本日の課題(再掲)
Durante ese tumultuoso periodo presencio' la desintegracion de
Yugoslavia y de la Union Sovietica, lo cual dio pie a conflictos
regionales. Tambien fue contemporanea al genocidio en Ruanda. Ogata
asumio' la postura de visitar personalmente los lugares problematicos
para conocer de primera mano la situacion de numerosos.


【練り訳例1】
この世界の混乱期、緒方氏は、ユーゴスラビアとソ連が崩壊し、それらをきっ
かけに地域紛争が勃発するのを目の当たりにした。ルアンダ大虐殺が起きた時
期でもある。緒方氏は多くの紛争地域に自ら足を運び、自分の目で状況を把握
するという姿勢を貫いた。

【練り訳例2】
緒方さんが難民高等弁務官を務めたのは、ユーゴスラビアとソビエト連邦の崩
壊に端を発する地域紛争が世界中で勃発した混乱期で、ルアンダ虐殺が起きた
のもこの時期のことです。在任中、緒方さんは、数多くの紛争地域を自ら訪
れ、現地の状況を直接知ることに努めました。


◆編集後記◆
アースです。
2006年に血と汗と涙の結晶『スペイン語経済ビジネス用語辞典』を
脱稿した直後、少しはほっとし、少しは「ああ、やっと完成したな、
うれしいな」とは思ったものの、驚くほど感動の薄かったアース&
ピーチ。このメルマガが恐ろしいことに500回を迎えた今回も、
これまでの努力と忍耐をことさら讃え合うこともなく、ショート
メッセージで「ま〜た中央線が止まったよ」とブウたれたり、
スーパーの鮮魚コーナーにずらっと並んだタグ付きカニの写真を
送ったり(カニ漁解禁しました!)、いつもと変わらぬやり取りを
しています。
何が変わったかといえば、辞書関連で最後の怒濤のやり取りがあった
2006年のアース・ピーチ間のメール数が5473件と異常な数に上った
のに対し、今年は・・・ほええっ。たったの192件ですと。それでも
個人間のやり取りとしては多い方でしょうか。ほとんどはメルマガ
関係ですが。
あれもこれも、ショートメッセージの進化のおかげ。
2006年当時もショートメッセージの類いはあったはずだけれど、
確かリアルタイムでしか話せなかったんですよね。そうそう
「チャット」と言ってましたっけ。
いまやメールを使うのは、メルマガ原稿を作るためにWordファイル
をやり取りするためか、よほど込み入った話のときだけ。
マッチが擦れない、ダイヤル式の電話がかけられない、レコードが
かけられない、缶切りが使えない、CDやDVDをどうやって聞い
たら/見たらいいかわからない、と来て、いまはショートメッセージ
とメールの違いが分からない(あるいはメールを知らない)若人が
いるとかいないとか。
PCが使えない人の割合もどんどん増えているそうで、翻訳という
仕事がこのあと数十年は残るとしても、インターフェース自体が
変わってしまったら、新しいもの好きのわたしもさすがに廃業か
なあ・・と、いま思いました。
あれ、話がとっちらかっちゃった。ま、いいか。
というわけで、今後500号も本メルマガをよろしくお願いいたします。
(まじ!?)

※2016年4月以降、このメルマガではまともに宣伝していなかったので、
500回記念ぴ〜あ〜る。

   日本初の本格的なスペイン語経済辞典!
     『スペイン語経済ビジネス用語辞典』 三修社
      (カシオ電子辞書 XD-SR7500 搭載、書籍版はありません)
    詳細はこちら→https://casio.jp/exword/products/XD-SR7500/

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.499


おはようございます。ピーチです。
前号で、アースが「読者さんたちからの反応が少ない」とボヤいた(?)
ところ、Sさまがお心のこもった感想を送って下さいました!
Sさま、ありがとうございます!
「前」と「後」のみならず、本題もしっかり読んでくださっている方が
一人でもいらっしゃることがわかり、たいへん励みになりました。
Sさまや、前号で触れたNさまのような読者さまがいらっしゃる限り、
これからも粛々と続けて参る所存です。
さて、ナンバリングを見て頂けばお分かりの通り、次号は記念すべき
500号です。
自発的には何もしないと思いますが、「こんなことをしてくれ」
というご要望があれば、可能な限りで応えたい(「可能域」が狭い
かもしれませんけど・・)と思っていますので、何かありましたら
お寄せ下さい。
さて、今回から、つい最近逝去された、偉大なるお方の記事を読んで
参ります。
世間的には日本人初のUNHCR高等弁務官としてご活躍されたことが大きく
クローズアップされがちですが、自分にとっては母校の名誉教授で
あられる点も大切なプロフィールです。

それではこの辺で本題に入って参りましょう。

※先週号は497号になっていましたが、498号の間違いでした。こっそり
訂正いたします。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【緒方貞子氏逝去(1)】

◇本日の課題
En 1976, Ogata fue la primera japonesa que ocupo' el cargo de
ministra de la Mision Permanente de Japon ante las Naciones Unidas.
Su mandato como la primera japonesa en la jefatura del Alto
Comisionado de la ONU para los Refugiados duro' entre 1991 y 2000.


【語注】
cargo :任務、地位
ministra de la Mision Permanente de Japon ante las Naciones Unidas.
:国際連合日本政府代表部公使
mandato :任期、委託、委任
jefatura:長、長であること、その職務
Alto Comisionado de la ONU para los Refugiados:国連難民高等弁務官


【直訳例】
1976年に緒方は国際連合日本政府代表部公使の任務に就いた最初の日本人女性
であった。国連難民高等弁務官のトップにおける初の日本人としての彼女の任
期は、1991年から2000年の間続いた。

※「国連日本代表部公使」は「日本人女性として初」でしたが、国連難民高等
弁務官の方は男女含めて「日本人初」であったため、上記のように訳しまし
た。


◇本日の課題(再掲)
En 1976, Ogata fue la primera japonesa que ocupo' el cargo de
ministra de la Mision Permanente de Japon ante las Naciones Unidas.
Su mandato como la primera japonesa en la jefatura del Alto
Comisionado de la ONU para los Refugiados duro' entre 1991 y 2000.


【練り訳例1】
1976年に緒方貞子氏は、女性として初めて国連日本代表部公使に就任した。ま
た、1991年から2000年までの10年間、日本人初の国連難民高等弁務官を務め
た。

【練り訳例2】
緒方さんは、1976年に国連の日本政府代表部公使の地位に昇り詰めた初の女性
となりました。また1991年には、日本人として初めて国連難民高等弁務官に就
任し、2000年までその職を務めました。


◆編集後記◆
アースです。
最近亡くなったといえば、某作家さん。
わたしの考え方全般、そして日本語に多大な影響を及ぼした方で、一時は
本屋に行けば必ずと言っていいほどその人の作品を買っていたくらい、
好きな作家さんでした。
いや、いまでも数年に一度は読み返す作品がありますから、現在進行形です。
最初に購入したころは学生だったので大人買いができず、一冊ずつ購入して
いました。それもまた楽しい日々でした。
いま読んでも、誤植を含め(ふふふ)必ず新しい発見があります。
こんなメルマガを500号も続けられるのだから、一応読んでくださっている
読者さんもたくさんいるのだから、今のわたしの感覚が世間とずれまくり、
ってことはないと思うのですが、第二の人格形成期にその作家さんの本を
文字通り擦り切れるほど繰り返し読んだせいか、わたしは世間様よりも
少々ぶっとんだモノの見方をするようになりました。インサイダーであり
ながら、常にアウトサイダー的視点を持つ、とでも言いますか(「斜に
構える」ってことですかね。ちょっと違う気もするのですが)。
なので、この作家さん、自分よりかなり上の世代だとは知っていたものの、
このたびの訃報報道で親より年上の方だったのだと知って、最後の最後に
ぶっとばされました。
ご冥福は祈らず、どこかの並行宇宙で生まれ変わって、また新しい作品を
どんどん世に送り出してくださるようお祈りします。
(考え方はともかく、「日本語に多大な影響を及ぼした」とか言いながら、
「あんたの日本語にはその片鱗も感じられない。おこがましいっ」
と言われそうなので、その作家さんの具体的なお名前は控えさせて
いただきまする。インサイダー云々のくだりで、どの作家さんか分かった
あなたは、立派なファンと言えましょう)

 

|

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »