« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

 スペイン語翻訳者になろう vol.480


おはようございます。ピーチです。
前号で「せき(席)」について言及しましたが、きょうは別の
「せき」の話。
皆さんのお住いの地域ではわかりませんが、自分の住む南関東では
「咳に対する許容度」が年々低くなって来ている気がします。
例えば車内で不意に咳き込んだ時に、マスクを着用していなかったり
すると、咎めるような視線を受けたり、露骨に背中を向けられたりする
ことがあり、所在なさを感じざるを得ません。以来、わたしは風邪を
ひいていなくても、いざという時に備えて、マスクを持ち歩くように
なりました(今日日、いろんなマスクケースが出ていて、清潔な状態で
持ち運びが可能)。
最近、風邪をひき、熱と咳とのど痛と倦怠感で寝込んだのですが
(鬼の霍乱)、一番最後まで治らなかった(というか、まだ継続中)
のが咳です。
あまりに酷いので、人に会う約束は悉くキャンセルを余儀なくされ
ましたが、かと言って、家でなら安心して咳ができたか・・というと、
そうでもなく。
うちの最年少の家族から、わたしが咳き込むと「うつるからあっちで
して」だの「外したマスクは一瞬でもテーブルに置かないで」だの言われ、
鯔のつまりは「風邪ひいているなら近付かないで!」なので、家で咳を
するにも気を遣います。
てめえが熱出した時に看病してやってるのは誰だと思っているんだ、
「大丈夫?」の一言くらいあってしかるべきじゃないのか?・・・とは
思うものの、気が弱くて(もとい、風邪で気が弱っていて)言い返せない
Pです(キィ〜)。
さて、超大型連休を前に「風邪なんてひいている場合じゃないっす。
楽しい予定入ってるっす」という方も多いかと思います。いきおい、
メルマガを配信してもリアルタイムで読まれる方はこの期間激減すると
思いますので、世間にあわせてこのメルマガもGW休暇をいただきます。
次回の配信時には「令和元年」ですね。
皆さま、平成最後のGWそして令和最初のGWを楽しまれますように・・
(「休めない」というサービス業等の方々は本当にお疲れ様です!
自分はとりあえず、咳を治します)。それでは平成最後の本題に入って
まいりましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女性閣僚(5)】

◇本日の課題
"Incumbe a los hombres y las mujeres la responsabilidad compartida de
cambiar esto, asi como velar por la igualdad de genero en todos los
niveles politicos”, ha sostenido, llamando a “identificar los
principales obstaculos que restringen el acceso de las mujeres a los
puestos de toma de decisiones".


【語注】
Incumbe>imcumbir :〜に関わりがある、〜に属する
compartida>compartir :分ける、共有する
velar por...:〜に留意する、目を光らせる
genero :性、性別
obstaculo :障害、困難
restringen>restringir:制限する、抑制する


【直訳例】
(ガブリエラ・クエバス列国会議同盟(UIP)代表は)「決定の地位への女性
のアクセスを制限する主要な障害を特定する」よう呼びかけながら、「これを
変え、同時にすべての政治的レベルで性の平等に目を光らせるという共有した
責任は、男性と女性に属する」と主張した。


◇本日の課題(再掲)
"Incumbe a los hombres y las mujeres la responsabilidad compartida de
cambiar esto, asi como velar por la igualdad de genero en todos los
niveles politicos”, ha sostenido, llamando a “identificar los
principales obstaculos que restringen el acceso de las mujeres a los
puestos de toma de decisiones".


【練り訳例1】
「こうした状況に変化をもたらし、すべての政治的地位でジェンダーの平等に
留意する責任は、男性と女性が共に分かち合うべきである」とガブリエラ・ク
エバス列国会議同盟(UIP)代表は語り、「女性が意思決定に関わる地位に就
けない状況を生み出している主な障害を特定しよう」と呼びかけた。

【練り訳例2】
UIP代表のガブリエラ・クエバスは、「男性優位の現状を変えることや、すべ
ての政治ポストでジェンダーの平等が実現するよう目を配ること、そうした責
任を男女がともに担う必要があります。政治の意思決定ポストへの女性の就任
を阻害する要因が何であるのか、突き止めましょう」と訴えた。


◆編集後記◆
アースです。
最近、金沢港に豪華客船が寄港するようになりました。
幼児のように、おっきいくるま、おっきいきょうりゅう、おっきいひこうき、
おっきいうちゅうせんに目のないわたしは、おっきいおふね(なぜ船だけ
「お」がつくのかナゾ)と聞いて、居ても立っても居られず、埠頭へと
向かいました。
きょうはなんと、かの有名な「クイーンエリザベス号」の入港です。
すでに三代目のこの船は、総トン数90,901トン、全長294メートル、
定員2,081名の超巨大船。
下々の者にもハイソな(死語?)皆様のゴージャスな旅の一端が感じられる
よう、港では「一般公開」が行われています。もちろん船の中はダメで、
埠頭からお船を見上げることしかできません。時間も二時間のみ。
それでもまあ、来るわ来るわ。自分もその1人なんですが、臨時駐車場が
設置された埠頭には、物見高い人々がどんどん集まってきます。
いまどきは当然の対応と言えましょうが、身分証明書を見せ、名前と
連絡先を書いて、埠頭に入場。
しかしまあ.....途方もなくでかいな。町一つ分だねこりゃ。
本来星を見る用の双眼鏡がこういう時は役に立つ。
エントツの細部。真っ黒け。
きょきょ巨大な汽笛! なんつーでかさ! 出港時に聞くのが楽しみだ。
(港から出て行くとき、必ずタグボートと最後の挨拶をし合います)
あれ。救命艇がいくつもあるけれど、番号以外に名前もついてる。
Hamilton 1、Hamilton 2、Hamilton 3.....へええ。
ありゃ。錨おろしてないよ。(後で調べたら、しっかりした埠頭に接岸
する時はロープでつなぐだけで、錨は使わないそう)。
といった具合で、興味は尽きません。
ともあれ、やはりおかしーのは、高いお船の上から埠頭と金沢、遠く
白山連峰に至るまでを優雅に見下ろす人々と、その船の周りにわやわや
集まって、羨ましそうに船を見上げる人々との対比です。
下々の者のために警察官まで大勢動員されて。なんと見学者用の
トイレまで用意されてありますわ。
「乗る方になれればねえ.....嘆息」の声があちこちから漏れ聞こえます。
上の方の方々は、我々を見てどう思っているのだろうか.....。それを
考えるとちょっと恥ずかしい。
そこ! そんなに前のめりになって物珍しそうに見ない!
ま、どこの港でも同じ光景が繰り広げられるのでしょうが。
クイーンエリザベスのグランドスイートともなると、10日間の行程で
約150万円。
戦闘機ミグ29に乗って成層圏(つまりぎりぎり宇宙)を飛行する40分の
フライトが200万。
ううううむどちらを選ぶか究極の選択・・ではなく、お金とヒマが
できたらとっとと宇宙に行くつもりのアースでした。

それではまた次回お会いしましょう〜

※先週号の練り訳1「メキシコのガブリエラ・クエバス議員」は
「ガブリエラ・クエバス列国会議同盟(UIP)代表」の間違いでした。
おわびして訂正いたしまする。

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.479


おはようございます。ピーチです。
もうすぐ平成も終わりますが、平成の最後の年は、初っ端から辛いことや
苦しいことがあり過ぎて、活字がほとんど読めない時期、ぜんぜん眠れない
時期、ストレスのあまり過食に走る時期・・などを経て、今は「どこでも
爆睡する時期」を疾走中。
電車の中では、立っていても1〜2駅を寝過ごすのは当たり前、座ったり
したら、5駅くらい軽く通過してしまうので、極力座らないように
心掛けています。
電車といえば、座席は「端っこ」が根強い人気のようで、端っこが空くと、
そこへ平行移動する人をよく見かけますが、自分はさほどの「端っこ党」
ではありません。
端とか真ん中とかの位置よりもはるかに気になるのは、隣に座る人の
「圧」。細身のひと2人に挟まれると圧が少なくてのびのびとして
いられるのですが、「関取〜!」と呼びたくなるような体格の人が隣に
来ると、あまりの圧の大きさに苦しくなり「早く降りた〜い」と思うから
寝過ごさずに済む・・かというと、実はそうでもなく、両サイドを
「関取」に挟まれると体が揺れることもなく、ものすごい安定感なので、
ついつい深い眠りに入ってしまうのです。
結局、電車で座るのはどんな環境であっても危険な、いまのPで
ありました。「どこでも爆睡期」は平成の終焉とともに終了するような
気がしていますが、令和になったら、一体「なに期」が始まるので
しょうか?
何かが始まったら、この欄で報告しますね(maybe)。

それでは、さらっと訳しているようで実は結構苦心した、今回の本題に
入ってまいりましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女性閣僚(4)】

◇本日の課題
"La representacion equitativa en los puestos de Gobierno es
fundamental para que una democracia sea verdaderamente representativa
y eficaz. A pesar de alguna tendencia positiva, la gran mayoria de
los jefes de Gobierno esta constituida por hombres", ha lamentado en
un comunicado la presidenta de la UIP, la diputada mexicana Gabriela
Cuevas.


【語注】
equitativo :公平な、公正な
representativo:代表的な、代表する
constituida>constituir:構成する、〜の要素を成す
lamentado>lamentar :嘆く、残念に思う
UIP=Union Interparlamentaria:列国議会同盟


【直訳】
「政府のポストにおける公平な代表が、民主主義が本当に代表的で効率的とな
るために重要である。幾らかのポジティブな傾向にも関わらず、政府の首長の
大部分は、男性によって構成されている」、列国会議同盟(UIP)代表、ガブ
リエラ・クエバスは嘆いた。


◇本日の課題(再掲)
"La representacion equitativa en los puestos de Gobierno es
fundamental para que una democracia sea verdaderamente representativa
y eficaz. A pesar de alguna tendencia positiva, la gran mayoria de
los jefes de Gobierno esta constituida por hombres", ha lamentado en
un comunicado la presidenta de la UIP, la diputada mexicana Gabriela
Cuevas.


【練り訳例1】
メキシコのガブリエラ・クエバス議員はこう嘆く。「民主主義が本当の意味で
代表性・効率性という機能を発揮するには、政府代表の選出が公平に行われる
ことが重要だ。幾らか前向きの動きはあるものの、未だ首相の多くは男性で占
められている」。

【練り訳例2】
「民主主義が真の意味で代表性と効率性を持つためには、男女が政府の要職に
公平に就くことが欠かせない。その点で改善の兆しは見られるものの、依然と
して政府のトップの大部分は男性が占めている」と、ガブリエラ・クエバス列
国会議同盟(UIP)代表は現状を憂いた。


◆編集後記◆
アースです。
最近では毎日まいにち、まー懲りもせずジャンクメールが届くわけですが、
抱腹絶倒な日本語が現れることがあるので、ときどきチェックしています。
先日のジャンクメールの場合、最初は
「○○をご利用いただきありがとうございます」
うむ、かんぺき。
「お客様のID情報の一部分は不足、あるいは正しくないです、お客様の
アカウント情報を保護するために、検証する必要があります」
うへえ、下手な翻訳かい。ってたぶん下手な翻訳なんだろうな。
機械翻訳ならもう少しマシなはずだし。
「24時間以内にお客様からのお返事がない場合にはアカウントはロック
されます」
おお〜微妙。言ってることは分かるし、日本語としてもおかしくはない
けれど、企業から顧客に送る文章としては、もう三段階ほど磨く必要あり。
「なぜこのメールを受け取ったのだろうか?」
ぶぶっ。
「ですます」と「である」調は、同じ文章内で統一しましょう。
作文の基本です。
「当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続き
サービスを継続的にこ利用いただくためにアカウントを更新する必要が
あります」
これ、「完全には満足しておらず」と言いたいのかもなあ。
いまの状態だと、「情報にぜんっぜん満足していない」の意味に
なるが。副詞、難しいね。
「今後ともよろしくお願い致します」
最後はかんぺき!・・じゃないな。会社間のビジネスメールじゃない
んだから。顧客宛なんだから。
とまあ、最近のジャンクメール、なかなかに良い日本語教材ですので、
ヒマでヒマで仕方ない方はぜひ赤ペン入れてみてください。
設定としては企業から顧客に送るメッセージですので、本来ならば
カクチョー高く仕上げる必要があります。なぜ格調高くないのか精査して
いると、決して格調高いとはいえない自分の翻訳が頭をよぎりますが、
めげずにがんばりましょう。格調高い翻訳をすでになさっている方は、
どうぞ上から目線で。

 

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.478


おはようございます。ピーチです。
後記でE氏が語ってくれていることについてですが、わたしの場合は
「オチ」がないこともしょっちゅうで、しかも(大概は時間切れで)推敲も
しないまま載せてしまうため、他人様の「前」や「後」にツッコミを
入れられる資格はないのですが、それでもちょいちょいツッコんでしまう
のは、性格に問題があるせいでしょうか?
性格以外にも喫緊直したいことがありまして、それは、「いつでもどこでも
目を閉じてしまうこと」。
人に会っているときには「今寝てた?」と聞かれますし(寝てません!)、
道を歩いていて生垣や電信柱、ガードレールなどに激突してしまうことも
たびたび。人には失礼だし身も危険なのでどーにかしたいのですが、
「閉じるな閉じるな」と念じた次の瞬間に閉じているので、もはや手に
負えません(まだ人様に危害を加えていないのが不思議なくらいです)。
この癖(クセなんだろうか?病?)で恥ずかしいのは、列に並んだとき。
銀行ATMや店のレジなどで、気がつくと自分の前の人がはるか前方に行って
しまっていて、慌てて前に移動する、ということが週に数回はあります。
わたしの後ろの人はさぞかしイラっとされているのではと思うのですが、
たま〜に「前、空いてますよ」と声をかけられる以外は、静観して(いや、
じっと耐えて)くれており、一度も「おりゃあ、まえ進まんかい!」
などと凄まれたことはなく、そんなとき性善説を信じたくなる自分です
(余談ですが、「人は良きもの」を作品を通じて伝え続けてきてくれた
大好きなセオさん、H大賞おめでとうございます)。
とはいえ、そんな寛容な皆さまに思い切り打つかるなど危害を加える
可能性を回避する為にも、早くこの困った癖を直さないと、とブラインド
タッチ(この場合、本来の意味ではなく、目を閉じて打つこと・・・)
しながら誓う、Pであります(オスピタルオフタルミコに行った方が
良いんでしょうか)。
それでは本題に入ってまいりましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女性閣僚(3)】

◇本日の課題
Por otra parte, entre los 193 jefes de Gobierno solo figuran diez
mujeres, es decir, un 5,2 por ciento del total -frente al 5,7 por
ciento de 2017-. Entre ellas figuran la canciller alemana, Angela
Merkel, la primera ministra britanica, Theresa May, o la
neozelandesa, Jadinda Andern.
En lo que se refiere al numero de mujeres ministras, segun el
estudio se ha alcanzado “un nivel sin precedentes”, ya que estas
suponen el 20,7 por ciento del total -812 de los 3.922 ministros a
nivel mundial-, 2,4 puntos mas que en 2017.


【語注】
jefe de Gobierno:首相
figuran>figurar:(entre)〜の間に現れる
es decir :すなわち、つまり
canciller:(ドイツなどの)首相
sin precedentes :類のない、異例の、前代未聞の


【直訳】
一方、193人の首相のうち、10人の女性しか現れない、すなわち、全体の5.2%
であるー2017年の5.7%に対してー。彼女らの中には、ドイツ首相アンゲラ・
メルケル、英国首相テリーザ・メイ、あるいはニュージーランドのジャシンダ
・アーダーンが現れる。
女性の閣僚に関しては、その調査によると、「類のないレベル」が達成され
た。なぜなら、これらは全体の20.7%を意味しー世界レベルで3,922人のうち
812人ー、2017年を2.4ポイント上回るからだ。


◇本日の課題(再掲)
Por otra parte, entre los 193 jefes de Gobierno solo figuran diez
mujeres, es decir, un 5,2 por ciento del total -frente al 5,7 por
ciento de 2017-. Entre ellas figuran la canciller alemana, Angela
Merkel, la primera ministra britanica, Theresa May, o la
neozelandesa, Jadinda Andern.
En lo que se refiere al numero de mujeres ministras, segun el
estudio se ha alcanzado “un nivel sin precedentes”, ya que estas
suponen el 20,7 por ciento del total -812 de los 3.922 ministros a
nivel mundial-, 2,4 puntos mas que en 2017.


【練り訳例1】
一方、首相に関しては、193名のうち女性は10名に過ぎず、割合としては2017
年の5.7%から5.2%に低下した。女性首相としては、ドイツのアンゲラ・メル
ケル氏、英国のテリーザ・メイ氏、ニュージーランドのジャシンダ・アーダー
ン氏などが挙げられる。
女性閣僚は全体の20.7%と、「前例のない水準」に達したことが調査から明ら
かとなった(世界の閣僚3,922名のうち812名)。2017年を2.4%上回る。

【練り訳例2】
他方、2018年現在、193名いる首相のうち、女性首相の数は、全体の5.2%にあ
たる10名に過ぎない(2017年は5.7%)。その中には、ドイツのアンゲラ・メ
ルケル首相、英国のテリーザ・メイ首相、ニュージーランドのジャシンダ・
アーダーン首相らがいる。
また、全閣僚に占める女性の割合は、2018年には世界全体で2017年を2.4%上
回る20.7%(3,922名中812名)となり、「前代未聞の高さ」を記録したこと
が、この調査で明らかになった。


◆編集後記◆
アースです。
春だというのに、いえ、春だからか、気温の乱高下が激しいですね。
せっかく満開になった桜も、今朝の冷え込みに驚いて、逆に散ってしまう
のではないかと心配です。
最近のお散歩コース兼六園では、梅はほとんど散ってしまいましたが、
桜はちょうど満開、広葉樹もわずかながら新芽を出して、まさに
春うららという感じでした。
・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・。
ふう。
我々はふだんから、それぞれに読んでいる他人様のメルマガの前記や
後記を送り合っては、
「オチがないオチが」だの
「あと2回校正しろよ」だの
「ネタはおもしろいのに、展開が悪くて損している」だの
あんたたち何様?・・・と言いたくなるよな意見を日々交換しています。
中でも最も多い感想が、
「ふつーすぎてつまらん!!」
というもの。
メルマガの前記・後記が普通ではなぜいけないのだろう・・・この
「ふつーの前記・後記はつまらない」という思い込みのせいで、
本メルマガ創刊からの12年間、毎週毎週どれだけ苦しめられてきたか。
うっうっ。
ということで、超ふつーの前書きを書こうとしたのが失敗でした。
そもそもネタが浮かばないわ、浮かんでも筆がまったく進まないわ
(死語?)、何度書いても普通ではないアサッテの方向に話が進むわ、
無理。無理でした。
ふつーの文章を書くのがこんなに困難だとは思いもよりませんでした。
いままでコケにしてきたメルマガ前記・後記の筆者の皆様、申し訳
ございませんでした。我々はこれからも、普通ではない前記・後記道を
ばく進して参りたいと存じます。

 

| | コメント (0)

 スペイン語翻訳者になろう vol.477


おはようございます。アースです。
昨日起きてカーテンを開けたら、家の前の畑が真っ白(゚ロ゚)。
今冬はなんともヌルイ寒さで、「冬だかどうだか分かりゃしない」との
わたしの発言を聞いていたかのごとく、ここ2、3日は暴風雨、落雷、
あられ、そして雪。
すみません、わたしが悪うございました。(ようやく桜の芽がふくらみ
始めてたのに、これでまた開花が延びるじゃんかブツブツ)

ところで先週の後記で、翻訳者のとるべきスタンスについてエラソーな
ことをいろいろ申しましたが、きょうの後記でピーチが書いています通り、
当然ながら、すんばらしー!!!!翻訳者さんも多数おられます。そう
いった方々が大いに報われる世の中になりますように。

さて、日本の女性首相誕生はいつのことやら、「女性閣僚」第2回に
入ってまいりましょう。


  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【女性閣僚(2)】

◇本日の課題
De acuerdo con el mapa de las mujeres en politica, presentado en
Nueva York con motivo de la Comision de la Condicion Juridica y
Social de la Mujer, solo 10 de los 153 jefes de Estado electos en el
mundo son mujeres, lo que supone el 6,6 por ciento, frente al 7,2 por
ciento de un an~o antes. Entre los paises que cuentan con jefa de
Estado figuran Croacia, Estonia, Etiopia, Georgia, Malta o Nepal.


【語注】
mapa de las mujeres en politica:「女性政治参加マップ」
Comision de la Condicion Juridica y Social de la Mujer:「国連女性の
地位委員会」
jefe de Estado:国家元首、国の長

※mapa de las mujeres en politica は「女性議員比率に関する地図」
「女性閣僚の割合ランキング」と訳される場合もあるようです。
※Comision de la Condicion Juridica y Social de la Mujer の英語は
Commission on the Status of Women(CSW)


【直訳】
国連女性の地位委員会の目的でニューヨークにて公表された政治における女性
の地図によると、世界で選ばれた153人の国家元首のうち10人のみが女性であ
る、それは、昨年の7.2%に対して6.6%を意味する。女性の国家元首を持つ
国々の中には、クロアチア、エストニア、エチオピア、ジョージア、マルタ、
ネパールがある。


◇本日の課題(再掲)
De acuerdo con el mapa de las mujeres en politica, presentado en
Nueva York con motivo de la Comision de la Condicion Juridica y
Social de la Mujer, solo 10 de los 153 jefes de Estado electos en el
mundo son mujeres, lo que supone el 6,6 por ciento, frente al 7,2 por
ciento de un an~o antes. Entre los paises que cuentan con jefa de
Estado figuran Croacia, Estonia, Etiopia, Georgia, Malta o Nepal.


【練り訳例】
ニューヨークで開催された国連女性の地位委員会(CSW)で、「女性政治参加
マップ」が発表された。それによると、世界で選出された国家元首153名のう
ち、女性元首はわずか10名で、割合としては昨年の7.2%を下回る6.6%であっ
た。女性元首を擁する国としては、クロアチア、エストニア、エチオピア、
ジョージア、マルタ、ネパールが挙げられる。


◆編集後記◆
久しぶりに後記に登場・・のピーチです。
今回は(今回も)非常に長く、もはや後記とは言い難い状況となっていますの
で、お時間のあるときにどうぞ。(あれ、先週も似たような文言があったよう
な?デジャブかしら・・?)
         ☆         ☆
前書きでアースも触れていますが、巷には本当にプロフェッショナルで、感動
を呼ぶ仕事をする「ツワモノ翻訳家」もたくさんいらっしゃいます。

フィクションとノンフィクションを同じ俎上に載せることは難しいので、まず
前者を取り上げると、ラ米の小説でいえば、例えばアジェンデの「Paula」を
訳したS・K次郎氏、ホルヘ・フランコの「Rosario Tijeras」を訳したT村S子
氏などは、豊穣たる訳文の海の中で読者を泳がせ、スリリングで至福の数時間
を過ごさせてくれる手練手管をお持ちです(お2人ともわたしが憧れる「詩
人」でもあられます。やはり、「詩人最強説」は本物か?)。

後者では、最近読んで「訳、上手いなあ」と唸ったのが、スイス出身でホスピ
ス運動を世界に広めた精神科医エリザベス・キューブラー・ロス氏の「永遠の
別れー悲しみを癒す知恵の書ー」を訳したU・K氏(注:10年以上前に出版され
た本です)。

前号でアースが挙げた「X氏」の最新作を必死に堪えて読み、80ページまで
行ったところで力尽きて放擲した、丁度そのあとに読んだから・・というアド
バンテージは差し引いたとしても、この訳書の読みやすさといい、淀みない流
れといい、洗練された文体といい、おそらく原文ではかなり難解であると思わ
れる箇所の華麗なさばき方といい、巷に転がる駄訳(失礼・・)とは全く異次
元の領域に到達していると言っていいと思います。

推測ですが、U氏は、翻訳にあたり、全文を自分の頭で完璧に理解した上で、
決して原文から離れないように全体に統一感を持たせつつも、各文各語に最適
な日本語を入念に吟味した上で一つ一つ入れていくという、地道で時間のかか
る作業をコツコツ積み重ねられたのではないでしょうか。
「そんなの、翻訳家ならやってて当たり前じゃない?」
と言われそうですが、出版翻訳、実務翻訳問わず、その「当たり前」のことが
できていない訳者が世間にどれだけ多いかは、巷に出回る訳文の質の低さを見
ればお分りいただけるでしょう(そういった訳文を「酷い」と感じるセンサー
が壊れているらしい翻訳会社や出版社もあるようで、事態はさらに深刻かつ複
雑になってくるのですが、その話はアースが先週していますし、ここではやめ
ておきます)。流麗な文章を書く実力を備えた訳者は、自分の文体に酔って、
原文の世界観を損ねてしまう例も偶さかありますが、この本については、その
ような浮ついた箇所は(わたしの見る限り)皆無で、職人気質の堅実な仕事ぶ
りに、見習うべき点ばかりでした。

しかし、この作品、訳文が上手いだけでなく、内容も深くて示唆に富んでいま
す。一読して思わずメモを取りたくなったくだりも多々ありました。ここで
は、思わずハッとさせられた箇所を一つだけご紹介します。大切な人を失い、
悲嘆のあまり抑うつ状態になっている人への対処法について述べた部分です。

「悲しんでいる人に対するほとんどの人の最初の反応は、その人を元気づけ、
ものごとの暗い面ばかりをみずに人生のあかるい面に目を向けるように忠告
することだろう。「励まし反応」ともいうべきこの反応は、じつは励ます人
自身の必要から生じた表現であることが多く、いつまでも悲しんでいる人を
寛容に扱うことのできない、いわば励ます人自身の能力の限界の反映でもあ
る。」

うう、確かにその通りです。大切な人と「永遠の別れ」をした相手に対してで
はなくとも、何かに行き詰まって苦しんでいる人、辛いことがあって嘆き悲し
んでいる人などに対し、わたしたちの多くは「励まし反応」をしてしまってい
るのではないでしょうか。それが良いとか悪いとか言いたいのではなく、その
反応の理由が、励ます側の「寛容であることの限界」によるものだという説
に、著者の洞察眼や分析能力の非凡さを感知し、痺れるような衝撃を受けたの
です。

キューブラー・ロス氏は書いています。
「悲嘆のさなかにある人には自己の悲嘆を味わい尽くすことが許されるべきで
あり、黙ってその人のそばに寄り添う人こそが、そんなときに歓迎される人
である。」

残りの人生、そういう人を目指して生きたいものだ、と心から思いました。オ
リンピックの金メダルよりも、ノーベル賞よりも、本屋大賞よりも、遥かに困
難で尊い偉業かもしれません。(なぜ本屋大賞・・?いえ、単に「本」つなが
りからの連想でして、深い意味はないです)

この後にもキューブラー・ロス氏の滋味深い言葉が続くのですが、引用し続け
るときりがないので、関心を持たれた方は是非本書をお読み下さい。この本が
キューブラー・ロス氏の最後の著作です(正確には、彼女の弟子であるデー
ヴィッド・ケスラー氏との共著)。

 

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »