« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

2018年12月

 スペイン語翻訳者になろう vol.469

  おはようございます。ピーチです。
  つい先ほど、悲劇がわたしを襲いました。
  早起きして(→いつもですが)書いた後記が、アースへの送信中に
  失われてしまったのです・・。
  たまたまメールソフトが御機嫌斜めだったようでフリーズを起こした
  結果・・の悲劇だったのですが、わたしの貴重な朝の時間と
  (くだらない)原稿が泡と消えて、かなりがっくり。こうなったら
  K市のEでも関東に呼び出してくだを巻かないとやってられない!
  「出てこい、E!」 とすごんでみせたら本当にやってきてくれる・・
  らしいです。おお、わが心の友よ!(ジャイアン風に)。こなかったら
  ギッタギタのメタメタにしてやるから覚えておけよ!(これまた
  ジャイアン風に)。
  そんなトンテリーアスを言いつつ、今年も終わろうとしています。
  このメルマガも、年内の配信は今日が最後です。
  この一年、ご愛読いただき(「愛」はないよと言われるやも
  しれませぬが)、心より御礼申し上げます。
  来年は、日本では元号が変わったり消費税が上がったりしますし、
  世界情勢もますます不穏度を増しそうですし、波乱の一年になるかも
  しれませんが、せめてこのメルマガ(の本題以外の部分)では、
  憂き世をわすれて(?)和んでいただけるように努めてまいります
  (本来のメルマガの意味は今朝の Mac のフリーズとともに何処かに
  飛んで行ってしまいました)。
  来年もどうぞ宜しくお願い致します。
  それでは2018年最後の本題に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ちびまる子ちゃん(4)】

◇本日の課題
"Chibi Maruko chan" es uno de los estandartes de la estrategia de
promocion cultural que viene impulsando el Ministerio japones de
Economia, Comercio e Industria desde 2010 bajo el lema de "Cool
Japan". Las autoridades niponas consideran que el anime y el manga
son elementos claves en dicho campo.

【語注】
estandarte :軍旗、団体旗、旗印、象徴
estrategia :戦略
impulsando<impulsar:押し進める、推進する
Ministerio de Economia, Comercio e Industria:経済産業省
lema       :標語、モットー、スローガン
clave      :鍵(となる)、手がかり(となる)

【直訳例】
「ちびまる子ちゃん」は、「クールジャパン」のスローガンのもと、経済産業
省が2010年か押し進めてきている文化推進戦略の旗印の一つである。日本当局
は、アニメと漫画が前記の分野において鍵となる要素であると考えている。

◇本日の課題(再掲)
"Chibi Maruko chan" es uno de los estandartes de la estrategia de
promocion cultural que viene impulsando el Ministerio japones de
Economia, Comercio e Industria desde 2010 bajo el lema de "Cool
Japan". Las autoridades niponas consideran que el anime y el manga
son elementos claves en dicho campo.

【練り訳例】
「ちびまる子ちゃん」は、「クールジャパン」の掛け声のもと、2010年から経
済産業省が推進している「日本文化産業戦略」の一角を担う作品です。経産省
は日本のアニメや漫画を、同文化産業戦略の鍵となる存在として捉えています。

※スペイン語は estrategia de promocion cultural ですが、クールジャパン
  関連で該当する言葉は「日本文化産業戦略」と思われます。

◆編集後記◆
Kanazawa 市の Earth です。
いや、すでに新幹線が発車して10分ほど、すでに富山県に入って
いるものと思われます。
このまえ上京したはずなのに、またぁ?と言われそうですが、ま、
いろいろとやむを得ない事情がありまして、けっしてPに
「出てこい!」とすごまれたせいではございませぬ。
だいたい、朝6時になるかならないかという時間に、こちとら
準備して家を出てバスに乗って駅に着いて朝ご飯を食べて新幹線の
切符を買ってジャイアンPへのおみやげまで仕入れて忙しい最中だと
いうのに、フリーズしたメールソフトの復旧の仕方や駅で食った
朝ご飯の内容や、なんだかんだ教えてあげているとゆーのに、
なんたる態度か。
ってことで、新幹線に乗っております。東海道・山陽新幹線の
「のぞみ」にあたる北陸新幹線「かがやき」号は全車指定席なので、
おそるおそる3人掛けの窓側をとりましたが、きょうはいまのところ
一人で平和に過ごしています。
あ!虹がみえる〜!!!
旅はいいですなあ・・
と言いつつ、東京までの2時間半がもったいないとばかり、日帰り
なのにPCを持ち歩くわたしは、立派な貧乏性。ネットが通じにくい
ので、むしろ落ち着いて(ネット不要の)仕事ができたりするのです。
さて、前記でジャイアンPが申し上げました通り、本日にて
「スペイン語翻訳者になろう〜プロが教える実践翻訳術」は
年末年始のお休みに入らせていただきます。課題のキリもいい
ですし、誰もこんなときに読まねーだろと勝手に判断しました。
しかし改めてタイトルを眺め、前記と後記を読むと、本当に
「プロ」が「実践翻訳術」を教えているのか、疑問が噴出しかね
ない。よって来年こそは、内容の充実はもちろんのこと、高尚で
タメになる前記と後記が書けるよう、前向きに善処するつもりに
なるよう、なるべく努力してみます。
あ、日本海だあ〜!

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.468

  おはようございます。ピーチです。
  あのですね〜、視力が悪くてもですね〜、なぜかふしぎなものや
  興味深きものが飛び込んでくるのがピーチの目のようでして・・。
  信号待ちしながら楽しそうに会話している女性2人組。気が合うのか、
  同じような形状の、色違いのコットンバッグを肩からかけています。
  しかしよく見ると、一人のバッグには「RELAXING」、
  もう一人のバッグには「STRESS!」の文字がでかでかと・・。
  うーむ、この2人、実は気が合うんだか合わないんだか、わたしには
  ようわかりません。
  珍妙な目撃談は他にも色々あるのですが、前回の轍を踏む(きりんの
  首のようになる)わけにはゆきませんので、残念ではござりますが、
  本題へと移行してまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ちびまる子ちゃん(3)】

◇本日の課題
Momoko Sakura fallecio' el 15 de agosto. Cuando dias despues la
noticia se dio a conocer, hubo medios de comunicacion de Asia y
Oriente Proximo que informaron en el acto. Mucha gente le dedico'
mensajes de condolencia en diversas plataformas virtuales.

【語注】
fallecio'<fallecer:亡くなる
dio a conocer<dar a conocer:知らせる、公表する
en el acto      :即座に
dedico'<dedicar:捧げる
condolencia     :弔意、悔やみ

【直訳例】
さくらももこは、8月15日に亡くなった。数日後にその知らせが公表された
時、即座に知らせたアジアと近東のメディアがあった。多くの人が、様々な仮
想のプラットフォームで、弔意のメッセージを彼女に捧げた。

◇本日の課題(再掲)
Momoko Sakura fallecio' el 15 de agosto. Cuando dias despues la
noticia se dio a conocer, hubo medios de comunicacion de Asia y
Oriente Proximo que informaron en el acto. Mucha gente le dedico'
mensajes de condolencia en diversas plataformas virtuales.

【練り訳例1】
さくらさんは8月15日に死去した。数日後に死亡が公表されると、アジアや近
東のメディアが直ちにこれを報道。多くの人がネット上の様々な手段を用いて
さくらさんへの弔意を示した。

【練り訳例2】
さくらももこさんが亡くなったのは8月15日のことでした。その数日後、逝去
が公式に発表されるや否や、アジアと近東の各国メディアがこぞってこの
ニュースを報じました。またネット上では、多くの人々が様々な媒体を用い
て、彼女の死を悼むメッセージを送リました。

◆編集後記◆
アースです。
70〜80年代の洋楽に叩きのめされた世代にはたまらない、
映画「ボヘミアン・ラプソディー」を見て(聴いて)きました。
まだ見て(聴いて)いない人もおられると思いますので、映画
そのものの感想は控えますが、おもしろかったのは観客層。
若年層にも受けているという報道がされていたので、ほんとかよ、
と思って映画館に入ったら、ほ〜らやっぱり。
あからさまに、40歳以上ばっかじゃん!
FMラジオで「エアチェック」するために、生放送に合わせて
カセットテープを準備し、
「そ〜れでは次の曲をお送りしまぁ〜す。
  スターシップでぇ〜シスコはぁ〜ロ〜ックシティ!」
なんてディスクジョッキーの声に合わせて、バチン!と録音
ボタンオン!(本当にバチンという音でしたなあ・・)
なーんてことばかりして時間を吸い取られていた我々は、いま、
スマホに時間を吸い取られている若者と、どこも変わりない
のであった。

※「エアチェック」が分からないそこの若者は検索するように。
※ Starship の We Built This City はわたしの大好きな曲ですが、
  この曲がなぜ「シスコはロックシティ」なんつーしょうもない邦題に
  なったかは、ひたすら謎です。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.467

  おはようございます。ピーチです。
  今回の本題は「ちびまる子ちゃんのグローバル化(?)」ですが、日本に
  いてもあまりの外国人観光客の多さから、
  「グローバル〜」
  と思ってしまう瞬間があります(街ですれ違う面々が、でかいリュックを
  背負ったでかい白人系の人たちだったり、自国語を叫ぶように話しながら
  ゴロゴロとスーツケースを引っ張ってゆくアジア系の人たちばかりだったり
  するときなどは、とくに)。
  日本を訪れる観光客の間でよく話題となるのが「日本のトイレの清潔さと
  多機能性」だと聞きます。
  確かに「平成」に入って以降の日本のトイレの進化は刮目に値しますね。
  ここまでくると、「平成」以後のトイレの行く末が気になって仕方あり
  ません。
  かくも移りゆくトイレ事情ですが、昔も今もわたしが抱き続けている謎が
  あります。それは、トイレットペーパーを何十回転もさせて紙を使っている
  人たちの存在です。
  隣の「個室」でガラガラガラガラガラガラと1分近くに及ぶのではないかと
  思うほど長くペーパーを回している音がするたび、
  「彼女は一体、何をしているのだろう?
    何のためにそんなに紙が必要なの?」
  と、なぜかこちらがハラハラドキドキしてきます。そのハラドキは段々と
  「そんなに資源を無駄使いするなんて〜!」
  とイライラカリカリに変化してきます。こういう場面に出くわすのは
  わたしだけではないはず・・と思い、たまに人に聞いてみると、結構な
  割合で
  「実は私もそう思ってた〜〜!あれ、許せないよね!」
  という反応が返ってきます。しかし
  「実は、私もやっているの」
  とカミングアウトする人には会ったことがないので、「紙の用途」の
  真相はいまだ闇の中、です。
  よく公共のトイレには「トイレットペーパーを持ち出さないで下さい」と
  貼紙がしてありますが、「ガラガラさんたち」は芯ごと持ち出す代わりに、
  紙の部分だけ頂戴しているのでしょうか?
  日本以外の国でもペーパーのガラガラ使いをする人が多いのかはわかり
  ませんが、これだけ外国からの観光客が多くなった現在、
  「日本のトイレは綺麗だけど、日本人は紙を無駄にし過ぎている」
  などと、海外のガイドブックに載らないように、各トイレには
  「トイレットペーパーは節度を持って使いましょう」
  という貼紙をしてほしいものです(そうしなくてはならないほど民度が
  低いのは情けないですが)。
  あ、これは女子トイレの話です。男子トイレはどうなんでしょうねえ。
  おーっと、前置きが後記以上に(?)長くなり、またアースに叱られそう
  ですが、駄文を剪定する時間がないので(今回配信が遅れたのはわたしの
  せいです・・!)、このまま本題に突入して参りましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ちびまる子ちゃん(2)】

◇本日の課題
En 1994, el manga se tradujo al chino. La serie de animacion ha
pasado por las pantallas de Taiwan, en primera instancia, China,
Hong Kong, Vietnam, Tailandia, Corea del Sur e Indonesia. Despues
tuvo mucho exito en Oriente Proximo y, a la postre, ha terminado
viendose en unos 60 paises y territorios.

【語注】
se tradujo>traducir:翻訳する
en primera instancia:第一に
Oriente Proximo:近東
a la postre    :最終的には

【直訳例】
1994年、その漫画は中国語に翻訳された。アニメーションのシリーズは、第一
に台湾、中国、香港、ベトナム、タイ、韓国、そしてインドネシアのスクリー
ンを通った。近東で大変成功し、最終的には、約60の国と地域で見られる状態
となった。

◇本日の課題(再掲)
En 1994, el manga se tradujo al chino. La serie de animacion ha
pasado por las pantallas de Taiwan, en primera instancia, China,
Hong Kong, Vietnam, Tailandia, Corea del Sur e Indonesia. Despues
tuvo mucho exito en Oriente Proximo y, a la postre, ha terminado
viendose en unos 60 paises y territorios.

【練り訳例】
漫画「ちびまる子ちゃん」は、1994年に中国語に翻訳されました。アニメシ
リーズは、まずは台湾、次いで中国、香港、ベトナム、タイ、韓国、インドネ
シアで放送されました。さらに近東地域でも大成功を収め、「ちびまる子ちゃ
ん」は最終的に世界60の国と地域のテレビで放送されることとなりました。

◆編集後記◆
アースです。
両親が「金沢でカニが食いたい」と言うので、温泉旅館を予約して、
連れて行きました。
その前に「道の駅に行きたいなっ」と言うので、連れて行きました。
1日で結局なんと6ヵ所。そんなに立て続けに行く方も行く方だが、
そもそも一定の範囲内に6つも道の駅があるの、おかしくね?
と思いつつ、どこに行ってもたくさんの人が楽しそうに野菜や
お土産を物色しているので、やはり存在価値はあるのだろうかと
思った次第です。世の中、道の駅が大好きな人々が大勢いるらしい
ですね。ま、うちの親もそうなのですが。
「兼六園のライトアップが見たい」とも言うので、連れて行きました。
遠慮がないな、もう。
わたしはもう何度も行っているし、雪吊りも毎年冬じゅう見ているので、
特に感動もなく、所々アップダウンのある兼六園でどの経路を通ると
最も平らだろうかなどと下を向いて地図ばかり見ていると、金沢市街の
夜景を見ていた親が、
「あれ。あれって.....大仏さん?」
(その方向だと、金沢駅の真ん前に巨大大仏が鎮座ましましている
  ことになるぞ)
「ほらあれ!大仏さんていうか、お坊さんみたい」
(大仏さんがお坊さんでもそれはない。ウン)
「ほらほらあ〜」
(だからないって)
と、心の中でぶつぶつ言いつつ顔を上げると、ワオ!
本当に巨大な坊さま、しかも位の高い坊さまが、例の高いぼうし?
をかぶり、まるで合掌しているような形が!
と一瞬思ったのですが、よく見るとシルエットがゴツゴツやんけ。
ってことで、即座に結論。
「何かの建物が重なってるかなんかで、後ろからちょうどライトが
  当たってああ見えてるんでしょ」
とにべもない答えをして、地図に目を戻す現実主義者のわたし。
「いや〜。それでも拝みたくなるわぁ」
ってほんとに拝むな親!
写真を撮って、帰ってから大きく拡大してみたら、やっぱりただの
マンションの上に、大きな看板があっただけでした。
一瞬でも本気でマンションに向かって合掌したうちの親って
いったい。

|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »