« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

 スペイン語翻訳者になろう vol.462

  おはようございます。ピーチです。
  今日はハロウィーンですが、カボチャの祭りには針の先ほどの
  関心もないモモであります。
  関心といえば、最近(といってもちょっと前)のNK新聞に興味深い
  記事がありました。
  このメルマガの読者様で、「五十嵐」という姓の方はいらっしゃい
  ますか?
  はい、手を挙げたそこのあなた、おめでとうございます!
  「憧れの名字ナンバーワン」に「五十嵐」が選ばれました!
  (・・とその記事にありました)
  大手ブライダルサロンWが、20〜40代の未婚と既婚の男女を対象に
  アンケート調査を行なった結果だそうです。
  確かにかっこいいですよね、イガラシ。
  ちなみに2位は「佐藤」、3位「伊集院」「田中」、4位「橘」、
  5位「山田」「西園寺」「藤原」なんだそうです。2位の「佐藤」と
  3位の「田中」が結構意外・・というか、堅実な日本人の魂(?)を
  見た気がしました。
  一方、わたしが惹かれる名字にはなぜか「神」がつくものが多く、
  例えば、神楽坂、神宮寺、神無月など・・・漢字3文字の並びは
  やはりかっこいいですね。
  3文字でなくても、神庭、龍神、神道、風神、神泉などの
  「チーム2文字」も捨てがたいです。
  神のつく名字には「神戸牛」というのもあるらしく(本当かどうかは、
  その名字の方にあったことがないので判然としませんが。あ、もちろん
  「こうべぎゅう」と読ませます)、もしその名字が上に来ていたら、
  いかなる珍奇なキラキラネームが下についていても、「名前負け」しない
  気がします。
  だって「神戸ビーフ」ですよ!日本のブランド牛ランキングの上位の
  常連牛ですよ!
  嗚呼、神戸牛!・・・今すぐ食べたい・・。

  さて、神戸牛もいいけど、それに負けないくらい美味しいもののお話を
  アース氏が後記でしてくれています。
  その前に、「本題」をチャチャっと済ませてしまいましょう(そんな
  スタンスでいいのか?・・・いいわけない。
  本題部分はいちおう毎回真面目に作っている本メルマガですので、
  神対応で受け止めてくださいね)。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【移民集団の北上(2)】

※このシリーズはまだ1回しかお届けしていませんが、事態は刻々と変化
  しておりますので、今週は前回の記事の続きではなく、より新しい記事に
  切り替えることとしました。そのため、先週の内容と直接つながっては
  いませんが、あらかじめご了承下さい。

◇本日の課題
Una caravana de migrantes centroamericanos continua avanzando por
Mexico en direccion a Estados Unidos. Mientras tanto, el presidente
de este ultimo pais ha dejado entrever que podria enviar el
Ejercito a la frontera para impedir su entrada en territorio
estadounidense.

【語注】
caravana de migrantes:移民集団(キャラバン)
entrever  :垣間見る
Ejercito  :軍隊
impedir   :妨げる
territorio:領土

【直訳例】
中米の移民キャラバンは、米国の方向に向けてメキシコを進み続けている。一
方、この最後の国の大統領は、米国領土へのその侵入を防ぐために、国境に軍
隊を送る可能性がある、と垣間見させた。

◇本日の課題(再掲)
Una caravana de migrantes centroamericanos continua avanzando por
Mexico en direccion a Estados Unidos. Mientras tanto, el presidente
de este ultimo pais ha dejado entrever que podria enviar el
Ejercito a la frontera para impedir su entrada en territorio
estadounidense.

【練り訳例】
中米からの移民キャラバンは、米国に向けてメキシコ国内を北上し続けてい
る。これを受けて米国のトランプ大統領は、米領土への侵入を阻止するため、
メキシコとの国境に軍隊を派遣する可能性があることをにおわせた。

◆編集後記◆
アースです。
明日から11月・・11月といえば・・カニ漁解禁です!!
え、そんなん日本海側だけ?
まーたまにはそんなんがあってもいいでしょう。
解禁前の時期でも、カニを出す店はもちろん多数ありますが、
日本では獲ってはいけないわけなので、輸入物か、はたまた冷凍か・・
市場(いちば)で解凍ガニを売っているお店は少ないかもしれませんが、
飲食店で出てくるのはどうなんかなぁ、と疑いを禁じ得ません。
今年は11月6日が漁解禁日ですので、市場に出回るのは7日から。
その前に北陸・山陰で高価なカニを食べる方は、食う前に
「冷凍なのっ?」
「輸入物なのっ?」
と、店の人に詰め寄ってください。
さて、カニと言えば立派な脚をニョキニョキ動かすでっかい身体が
思い浮かびますが、あれはオス。
石川県では加能ガニ(残念ながら知名度低し)、鳥取県では松葉ガニ、
福井県では越前ガニ、と呼ばれますが、どれも同じズワイガニの
オスです。
見てくれが立派なせいか、関東・関西にどんどこ売られてゆき、
地元でもなかなか安くは買えません。くやしー!
しかーし。
オスのカニの半分以下の大きさのメス。これが実はめちゃうまい。
お味噌汁とか鍋に入れるだけで、涙が出るくらいうまい出汁が
出ます。当然ながらオスにはない卵(内子)もあります。
安ければ一杯200円、高くても800円くらい。まあオトク。
しかし資源保護のため、オスの漁が翌年3月20日まで許されている
のに対し、メスは12月29日まで!(オトコも悲しいわね)
そのため今のところ、地元以外ではほとんど出回らない・・はず
なのですが、最近では関東のお店でも扱うところが増えているとか。
あっ、こんなところで宣伝しちゃいけないんだった!
みなさん、きょうの後記はいますぐに忘れてください。
カニはオスだけで増える奇特な生き物です。


|
|

 スペイン語翻訳者になろう vol.461

  おはようございます。ピーチです。
  前号ではつまらないことを長々と書き流してしまい、アースからも、
  「過去最長の前書き。いい加減にしろ」と言われた(後半は嘘)ので、
  今週はなるべくサクッと本題に入ります。
  365日中360日くらいは、日に十数回(数十回?)交信し合っている
  アースとピーチですが(こいびとかっ?ひまじんかっ?)、何がそんなに
  楽しいのか、自分たちもよくわかりません。
  しかし時々は抱腹することもあります。
  例えば、先日は
  「今週土曜、ガッ詳細なんだ」
  「?」
  「あ、『合唱祭』の間違いだ!」
  「大笑いです!」
  「おもろい変換ミス大賞ノミネートだなっ」
  「ギャハハ」
  などというやり取りがありました。
  こうして文字にして振り返るとそんなに可笑しくもないのですが(爆)、
  その時はほんと〜に笑えました。
  そんな馬鹿話をするついでに、このメルマガの本題部分を作っています
  (あれ?これ冗談のつもりだったのに、結構真実に近かったりして・・
  やばっ。退散〜)。
  ということで、結局「サクッ」とはなりませんでしたが「サクサクッ」
  くらいにはおさめましたのでご寛恕を・・。
  それでは、一番重要な「本題」に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【移民集団の北上(1)】

◇本日の課題
Un grupo de unos 160 migrantes partio' el sabado de una ciudad en
el noroeste de Honduras. Posteriormente, mas gente, insatisfecha con
el desempleo y la inseguridad en su pais, se sumo' al grupo. Para
cuando este cruzo' la frontera con Guatemala el lunes, el
contingente estaba conformado por mas de 2.000 personas.

【語注】
migrante   :移民
insatisfecho con...:〜に不満足な
inseguridad:(治安の)不安定
se sumo'<sumarse  :(aに)加わる、参加する
contingente:集団

【直訳例】
土曜日、約160人の移民グループがホンジュラス北西のある都市を出発した。
その後、その国の失業と不安定に不満足なより多くの人々が、そのグループに
加わった。月曜日、これがグアテマラとの国境を横断した時までに、その集団
は2000人以上の人々から構成されていた。

◇本日の課題(再掲)
Un grupo de unos 160 migrantes partio' el sabado de una ciudad en
el noroeste de Honduras. Posteriormente, mas gente, insatisfecha con
el desempleo y la inseguridad en su pais, se sumo' al grupo. Para
cuando este cruzo' la frontera con Guatemala el lunes, el
contingente estaba conformado por mas de 2.000 personas.

【練り訳例】
土曜日、160人前後の移民の集団がホンジュラス北西の町を出発した。その
後、この国の失業率の高さと治安の悪さに不満を持つ人々が次々と集団に加わ
り、月曜日にグアテマラ国境を通過するころには、この移民集団は2000人を超
えるまでに膨れ上がっていた。

◆編集後記◆
アースです。
そういうわけで、アース&ピーチ間では朝から晩まで(といっても時に
数時間の間をおいて)メッセージをやり取りしておるわけですが、その
内容といったら、まーくだらねーのなんのってもう。。それを見たら
本メルマガの読者が半減すること間違いなし!(断言)。
半分は食い物の話。
これから食うもの食ったもの。
時には写真付き。
あるいはハラがヘッタはなし。
いまカレー食ったばっかなのにもう腹が減った、とか。
おまえら中学生か。
昨日の寝る前30分ほどは、えんえん焼きそばの話で盛り上がりました。
朝もヘタすると5時ごろからやり取りしてるし。と、ピーチに確認
したら、余裕で4時台もあったそうです。
いや、合間にはちゃんとメルマガの原稿もやり取りしてるんですよ
ちゃんと。合間にはね.....


|
|

 スペイン語翻訳者になろう vol.460

  おはようございます。ピーチです。
  先日、目上の人と話をしていて、
  「火傷したわけでもないのに、上顎がなぜか痛むんですよ」
  と言いましたら、
  「ああ、うわごね。」
  とおっしゃるので、
  「いえ、うわあご・・」
  と、口を軽く開け、前歯の裏あたりを指差して見せたところ、
  相手  「だから、うわごでしょ」
  ピーチ「え?うわあご、じゃないんですか?」
  相手  「違うわよ。そこはうわごっていうのよ」
  ピーチ「(半信半疑ながら)はぁ〜、そうなんですか」
  その方と別れた後、ピーチにしては珍しく速攻でスマホを取り出し
  ましたよ。
  ・・・・・・(しばし調査)・・・・
  やっぱ「うわあご」じゃ〜〜ん。
  「うわご」なんて言葉ないじゃ〜〜ん。
  その方がどこかでそのパラブラを口にして恥をかかないように訂正して
  さしあげたい・・という気持ちはありつつも、武骨なピーチには
  「優雅でさりげなくて、相手の尊厳を傷つけない訂正」
  なんて洒脱な真似はできそうもないし、そもそも「上顎」が話題に
  のぼること自体、日常生活でそうはないでしょうから、無粋な行為は
  やめておくことにしました。

  振り返ってみれば、自分も「ああ勘違い」なパラブラを口にしていたことが
  多々有りましたっけ。
  今でも忘れられないのが、高校時代、当時東京外大のスペイン語学科に
  在籍していた学生さんと話していた時、
  「ういろうの紳士が・・」
  のように「ういろう」を連呼していた自分の姿・・。鋭い方はもう
  お分かりですね。「ういろう」とは、小田原発祥のあの有名なお菓子の
  ことではありません。
  「老人に入りかけた年頃」のこと、つまり「初老(しょろう)」を、
  蒙昧なわたしは「ういろう」と読むと頑なに信じ込んでいたのです。
  小学生ならともかく、高校生のときに、ですよ。
  阿呆ですね〜。無知ですね〜。食い意地はってますね〜(?)。
  あの時、外大生の頭の中は、
  「この子のとんでもない思い違い、直してあげるべきか否か・・」
  と逡巡フル回転だったろうと思うのですが、結局「おバカな高校生に
  恥をかかせても可哀想」という辺りで落ち着いたのでしょう。何も
  言われませんでした。
  おかげで、その後もおバカな高校生は「ういろう」と言い続けたまま
  (なぜそんなに言う?)大学生になってしまったのです。
  そして、実は「しょろう」と読むのだと気づいた時の衝撃ときたら・・!
  その一件で「ういろう」のことをちょっと恨みはしましたが(それを
  世間では「逆恨み」と呼ぶ?)、食い意地が張っていたおかげなのか、
  その菓子自体を嫌いになることはなく、「ういろうを見れば一気喰い」が
  できる健啖家へと成長しました。

  さて、「うわご」と「ういろう」、どちらの間違いがより恥ずかしい
  でしょうか?やっぱり後者ですよね。どう考えても後者ですよね。
  ケ・ベルグエンサ。

  ・・と、またまたくだらない雑談が長くなってしまいましたが、ようやく
  本題です。ピーチも非常に行ってみたい場所の記事です(読者さんで早速
  行かれた方はいらっしゃるのかな〜)。ささっと、いえ、本題こそ
  じっくり読んで参りましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  時事ネタをささっと読んでみよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇El sabado, el nuevo mercado mayorista de Tokio abrio' sus puertas
  al publico por primera vez. Los visitantes al mercado de Toyosu
  pueden ver a los pescaderos y subastadores en accion.
  去る11日土曜日、東京の新しい卸売市場「豊洲市場」が初めて一般公開され
  た。市場の見学者は、漁業者や卸売業者が働く様子を見学することができ
  る。

◇El publico puede caminar por pasillos con cristales en la
  construccion que remplazo'al famoso mercado de Tsukiji. Las
  personas posaron para fotos junto a los pequenos coches que se
  usan para trasladar mercancias en el mercado. Los visitantes
  tambien hicieron largas filas para entrar a tiendas de sushi y
  tortillas de huevo al estilo japones.
  高名な築地市場の代替市場として設置されたこの市場で、見学者はガラス張
  りの見学者通路を歩くこともできる。この日、市場内で商品を運ぶのに用い
  られる小型の運搬車(ターレー)とともに記念写真を撮る人々の姿が見られ
  た。また、寿司や卵焼きの店には、入店を待つ長い行列ができていた。

◇El mercado de Toyosu esta' abierto al publico de las 5 de la manana
  a las 5 de la tarde, de lunes a sabado, excepto dias festivos y
  otros descansos ocasionales.
  豊洲市場の一般公開時間は、祝日と休市日を除く、月曜から土曜の午前5時
  から午後5時までとなっている。

◇Las subastas de atun, una de las grandes atracciones en Tsukiji,
  podra'n disfrutarse desde los pasillos especiales a partir del 15
  de octubre. Los visitantes podra'n observar las pujas desde el
  piso de subastas a partir del 15 de enero del proximo an~o.
  築地市場での最大の呼び物の一つであったマグロの競りは、10月15日より見
  学者用コースから観覧可能となるが、競り見学専用デッキでの見学は来年の
  1月15日開始である。

◇El mercado mayorista de Tsukiji ha cerrado por completo, pero los
  comercios que lo rodeaban siguen en operaciones.
  築地卸売市場は完全に閉鎖されたが、築地の場外市場は営業を継続してい
  る。

◆編集後記◆
アースです。
先日、愛知県小牧市のとあるお宅に隕石が激突!というニュースを
ご覧になった方も多いかと思います。
我が家では、テレビの前で、なんで〜なんで〜なんで〜我が家には
落っこちてこないの〜・・の大合唱。
空から落下してくる隕石を映像に収めるため、車につけるドライブ
レコーダーを前だけでなく、前後だけでもなく、360度にしようかと
いう話もあるくらいで。でもま、そーゆーことをすると、落ちて
こないんですよね。
ところで、その小牧市の隕石落下を伝える映像の中で、隕石のカケラに
磁石をくっつけている場面が映った瞬間、我が家の天文担当は悲鳴を
上げました。
隕石は鉄でできている場合が多いので、確かに隕石かどうかを探るには
磁石がもってこいなのですが、しかし磁石をくっつけた途端、太陽系の
起源を語る貴重な資料としての価値は急低下し、ただの鉄のかたまりと
なり果て・・というのは言い過ぎか。
しかし。
わざわざ、小惑星探査機はやぶさ2号を飛ばしたのは、原始太陽系の
原材料物質を採取するため。隕石は小惑星のお友達でもあり、地球に
落ちることで劣化はしますが、それでも学術的価値は非常に高い
のです。
そこで。
隕石と思われるモノを発見したら、どうすれば良いか。天文担当に
聞いてみました。
1)まず、絶対に素手で触らない。(落ちたての隕石はほわほわと
    温かいらしい。触りたいっ)
2)水分を含め、地球の物質の付着を避けるべく、すぐに
    ラップで包む。
3)磁石や電気などを近づけない。
4)人に見せびらかさない(遠巻きなら許可)。
5)好事家などに売らない。
6)国立科学博物館に連絡する。すると、大きな隕石の場合、
    日本のどこであろうと担当者がすっ飛んでくる(本当です)。
7)「できれば貸してほしいのですが」と言われるので、快く貸す。
隕石は、落ちた敷地の所有者に所有権があるので、研究が終われば
返してもらえるはずです。
その後は売るなりなんなり、自由にしてよし。いや、アース宅に
寄贈するのが lo mejor。あ、小さいのはうちにもありますので。
直径10センチ以上をモトム。



|
|

 スペイン語翻訳者になろう vol.459

  おはようございます。
  おひさしーのアースです。
  いやあ。
  久しぶりの前書き、「今年の夏はほんと暑かったすよねえ・・・」で
  始めようかと思っていたのに、台風25号のせいで北陸は一瞬真夏並み!!
  の暑さに。
  フェーン現象、おそるべし。
  スーパーに入って、おお、さすがに冷房ガンガンだのう、と思いながら
  買い物をして、外が暑いことなどすっかり忘れてスーパーから一歩出たら、
  むわっ!!!と熱風が吹きつけ、一瞬、火事かっ!?と疑ってしまった
  ほどでした。あるいは焼き芋屋か(ちがった、ザンネン)。
  やっぱり夏の間って、無意識に暑いと覚悟しながら、建物から出てる
  んだなあ、と変なことに感心した次第です。
  その夜は風が台風並みというか台風そのものだったので、窓を開ける
  ことができず、仕方なく冷房を入れて眠りました。
  しかししかし。
  次の日は午前中から、みるみるうちに気温が低下。
  フェーン現象、おそるべし。
  それにしても本日10月10日は晴天特異日なのに、雨じゃないのよ!!
  体育の日を移動したりするから、いけないのよ。(特異日は地域で
  異なります)
  ってそんなことはどうでもよくて。(さらにどうでもいいのが、体育の
  日が10月10日から10月の第2月曜に移動してから18年も経っていると
  聞いてショックだったこと・・)

  さてさて本メルマガ。一ヵ月ほど休むはずが、なんやかんやで2ヵ月
  近くになってしまい、失礼いたしました。年末に向けて、またテキトーに
  がんばりますので、よろしくお願いしま〜す。

  それでは早速、本題に入りましょう。できれば耳を塞ぎたい話題です。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  時事ネタをささっと読んでみよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇El Gobierno de Japon planea aumentar el impuesto al consumo en
  exactamente un an~o el 1 de octubre de 2019. Sin embargo, muchas
  empresas pequenas dicen que no esta'n preparadas para el aumento.
  日本政府は、ちょうど一年後の2019年10月1日をもって消費税率の引き上げ
  を行う方針である。しかし中小企業の多くは、消費税増税への準備が整って
  いないという。

◇Esta' previsto que la tasa aumente del 8 al 10 por ciento. Los
  alimentos y bebidas, con la excepcion del alcohol y las comidas en
  los restaurantes estaran exentos del cambio.
  税率は現行の8%から10%に引き上げられる予定である。ただし、酒類と外
  食を除く飲食料品については据え置かれる。

◇Los establecimientos tendra'n que realizar cambios en sus cajas
  registradoras y procedimientos contables para adaptarse al sistema
  de impuesto variable. Sin embargo, una encuesta de un grupo
  industrial ha descubierto que mas del 80 por ciento de los pequenos
  negocios todavia no se han preparado. Algunos dicen que no saben si
  necesitan estar listos para las diferentes tasas impositivas.
  各事業者は、商品によって税率が変わるこの制度に合わせて、レジの設定や
  会計処理の方法を変更する必要がある。だが、ある業界団体の調査により、
  未だ準備のできていない中小事業者が8割を超えることが明らかになった。
  中には、複数税率(軽減税率制度)への対応への対応が必要か否かすら分
  かっていない事業者もいる。

◇El Gobierno ha pospuesto el aumento dos veces. El primer ministro
  Shinzo Abe indico' el mes pasado que el incremento se implantara'
  esta vez.
  政府は消費税率引き上げを二度にわたって延期してきたが、安倍首相は先
  月、今回こそ増税に踏み切るとの意向を示した。

◆編集後記◆
お久しぶりのピーチです。
この2ヶ月は、自分にとりそれなりに激動の日々・・だったはずなのですが、
ショートスリーパーでもないのに連日3〜4時間しか眠れず、起きている間
じゅう頭がぼーっとしていた(これはいつものことですが)せいか、何が
そんなに大変だったのかほとんど思い出せません。自分のあまりのピーマン
頭ぶりに不安がいやまし、「記憶力を維持するガム」なるものを噛んでは
みるのですが、「維持」されている感じが一向に致しませず、困ったもの
です。

さて、久々の後記なので、最近わたしが遭遇した刮目エピソードの中から厳選
(というとかなり大げさですが)した一話をお届けすることにします。ちょっ
と長いので、暇な方だけお付き合い下さい(読後に「失った時間を返せ」と
言われても責任は負えませんので)。

9月某日、某私鉄に乗って、いつもの如くぼーっとしていたときのことです。
T駅でおじいさんと小さな女の子が乗ってきました。幼稚園バッグのような
ものを肩から掛けた女の子は4歳か5歳くらいでしょうか、涙に濡れた目を
こすりながら、ヒックヒックとしゃくりあげていました。おじいさんが
「エリちゃん、よく泣くねえ」
と半ば感心したように語りかけていたので、その「エリちゃん」は乗車の
かなり前から泣き続けていたのでしょう。しかし、気分の切り替えが早いのが
子どもという生き物で、エリちゃんはじきに泣き止み、何事もなかったかの
ように携帯をいじり始めました(現代っ子だなあ)。
おじいさんはあれこれとエリちゃんに話しかけますが、エリちゃんは聞いて
いるのかいないのか、生返事で必死に携帯を操作しています。しばらくして、
おじいさんはこんなことを言い出しました。
じいじ「そういえば、さっきT駅の前におっきな水たまりができてたなあ。
        じいじ、なめてみたんだけど、どうだったと思う?」
エリちゃん「・・・・(携帯をいじり続けている)」
じいじ「水たまり、しょっぱかったんだよ」
(ピーチの心の声:え〜〜〜〜、何それ?水たまりをなめるって、一体
どーゆこと?まさか現実と戦時中の体験の記憶とが錯綜しているとか・・?)
そのときです。エリちゃんがつと携帯から顔をあげ、こう言い放ちました。
「じいじ、うそつき。それ、エリちゃんの涙だっていうんでしょっ」
ディオスミーオ!そうきたか!その年にして、かくもエッジの効いた返答が
とっさにできるだなんて、エリちゃん、きみはなんて利発で慧眼でエスプリに
溢れた子なんだ!エリちゃんの衝撃の一言がわたしのピーマン頭にガンガン
木霊するあまり、その時じいじさんがどう反応したのか聞きそびれてしまった
ことだけがつくづく悔やまれるのですが、にしても、じいじさんの意図して
いたところは、エリちゃんの応酬通りの皮肉なジョークだったのでしょう
(「爺さまの渾身の婉曲揶揄、幼稚園児に看破される」の巻〜)。
エリだかエリカだかエリナだかエリコだかエリザベスだか、本名は存じ上げ
ませんが、エリちゃん(いえ、「エリ様」とお呼びしたい)、ピーチおば
ちゃんはあなたの将来がとても楽しみです。「天才児(異端児?)、成長
すればただの人」となりませんように…。

・・と、またしてもスペイン語とも翻訳とも全然関係のない話になって
しまいましたが、「もはや本題がどこにあるのかわからないのが売り(?)の
メルマガ」は、通常運転を再開致しました。これからも緩〜く暖か〜い目線で
お付き合いいただければ、アース&ピーチのみならず、エリ様とじいじさんも
喜びます(tal vez…)。

|
|

« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »