« 2018年7月11日 | トップページ | 2018年7月25日 »

2018年7月18日

 スペイン語翻訳者になろう vol.455

  おはようございます。ピーチです。
  何を隠そう、今わたしは、混んだ通勤電車の中でこれを書いております。
  周りの人たちに迷惑にならないように、精いっぱい身を縮めて、コソコソ
  書いています。今週号の配信が微妙に遅いのは、全てピーチの責任です。
  アースが後記に書いているように、バスの中もおかしな事が次々起こり
  ますが、電車の中もなかなか負けてはいません。今日も、
  …と書きかけたところで、どうやら隣のおじさんに覗かれているよう
  なので(こう書いて牽制しているわけです。おじさん、これ読んだら
  覗き見やめてね)、中途半端ですが、これにて失礼して、本題に入り
  ましょう(あれ、おじさん、目を離したぞ。やはり盗み読みして
  いたのかっ)。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【働かせ方改革(2)】

◇本日の課題
La ley limita las horas extras y penaliza a los empleadores que
superen ese numero. Tambien establece un nuevo sistema de trabajo
para los profesionales altamente cualificados y de elevados ingresos.
Estos estara'n exentos de ese limite y percibira'n un sueldo segun
sus logros, independientemente de las horas que trabajen.

【語注】
penaliza<penalizar:罰する
cualificado :熟練した
exento de...:〜から免れた、免除された
percibira'n<percibir   :受け取る
logro       :成果
independientemente de...:〜と無関係に

【直訳例】
同法は、残業を制限し、その数字を超える従業員を罰する。また、高度に熟練
した、高収入のプロフェッショナルのための新しい労働制度を設定している。
これらは、その制限から免除され、働く時間とは無関係に、その成果に従って
給料を受け取るであろう。

◇本日の課題(再掲)
La ley limita las horas extras y penaliza a los empleadores que
superen ese numero. Tambien establece un nuevo sistema de trabajo
para los profesionales altamente cualificados y de elevados ingresos.
Estos estara'n exentos de ese limite y percibira'n un sueldo segun
sus logros, independientemente de las horas que trabajen.

【練り訳例】
同法は、時間外労働に制限を設け、その上限を超えた労働者に罰則を課す内容
となっている。また高収入の高度プロフェッショナル(高プロ)を対象とする
新たな労働制度も設定している。高プロは上限規制の対象とならず、その労働
時間とは関係なく、成果に応じた報酬を受け取ることになる。

◆編集後記◆
アースです。
先週、金沢市内を走るバスの運転手さんが、本来、バスに乗った人用の
傘を、通りすがりの人に頼まれて貸してしまった件をお話しました。
じつはあのバスで、もう一つ、運転手さんの人の良さ(良過ぎさ?)を
示す事件がありました。
20代後半と見えるおねーさんが、あるバス停で降るときに、運転手さんに
ごにょごにょ言っています。小さい声だったのでよく聞こえませんでしたが、
どうも定期を忘れてしまった、ということのようです。
それ自体はよくあることですが、その次がすごい。
これまた言葉を忘れてしまったけれども、要は「きょうは払わなくても
オッケーにしてちょーだい」という内容でした。
ええっ!いや、中高生じゃあるまいし、200〜300円くらい持っとる
じゃろあんた!
と、わたしが心の中で叫んだころ、運転手さんは
「う〜ん。んじゃまあ今回はいいです」
どひー。
ま、財布をどこかに忘れて、その中に定期券が入っていたということ
かもしれませんが・・・しかしそれならそれで、もう少しすまなさそう
にしてはどうじゃ。
っていうか、いまは通勤の定期券もICカードなんじゃん?
ということは、乗る時にもピッとする必要があるはず・・・
ということは、乗る時にすでに気がついていたはず・・・
財布まで忘れたとは思わなかったのかなあ〜。
それにしても強気だなぁ〜。
おねーさんもすごいけど、運転手さん、あんた人が良過ぎ!!

|
|

« 2018年7月11日 | トップページ | 2018年7月25日 »