« アースの皆既日食旅行記(12) | トップページ | アースの皆既日食旅行記(14) »

アースの皆既日食旅行記(13)

2017年8月21日午前9時過ぎ。太陽高度約30度。

待ちに待った第一接触の時間である。天気はほぼ快晴。山火事の煙が若干気になるが、影響するほどではなさそうだ。

第一接触とは、皆既・部分日食で、太陽の縁と月の縁が最初に触れる瞬間のことをいう。これ以降、太陽と月の重なっている部分がどんどん大きくなって行く。

月が太陽に触れるといっても、当然ながら「そう見える」だけである。実際には地球から38万km離れている月が、1億5,000万km離れている太陽と重なって見えるわけだが、これは奇跡的な位置関係だと言われている。

例えば、太陽が今より近かったり、月が今より遠ければ、見かけ上、太陽が月からはみ出してしまう。逆に太陽が遠かったり、月が近ければ、月は太陽全体を隠すことはできるが、いわゆる「ダイヤモンドリング」(皆既前後に見られる現象。いずれ説明する)は見られない。

しかし現実には、何年かに一回、地球から見て、月と太陽が見かけ上まったく同じ大きさで重なる瞬間があるのだ。これが奇跡でなくてなんだろう。

※3つの天体が直線上に並ぶ瞬間は月に一度はあるはずなのに、なぜ毎月、皆既日食にならないかという疑問が出るかもしれない。「上から見れば直線上に並んでも、横から見るとずれている」でお分かりいただけるだろうか。地球の影に月が入る月食も、同じ理由でなかなか起こらない。

※ちなみに各天体の直径は以下の通り。
      月  :約3,500 km
      地球:約1万2,500 km
      太陽:約140万 km
  すなわち、太陽の直径に地球が109個並ぶ計算である。

しっかりした観測機材を持ち、データを重要視する人々(例えば日本人の集団や、大学の観測チーム、専門家が監修・同行している日食ツアーなど)と一緒に観察すると、必ず「第一接触まであと10秒。太陽の右下から欠け始めます」などと誰かがコールしてくれるが、テキトーな人々だけの集まりでは、だいたい

「そろそろ時間だよ」
「あ、右下がちょっと欠けてない?」
「ええ〜。むしろ左下のほうだと思うけど」
「いや上だろ」

と、かなりテキトーである。人間の観察眼などいい加減なものだ。月がどちらから太陽に重なっていくかは、ちょっと考えれば分かるはずなのだが。だがそのうち、

「ほらほら、もうはっきり分かるよ!」
「あほんとだ。右下だった。えへへへ」

てな感じになる。

この時間のわくわく感は、ほんとうに説明し難い。初めての人はもちろん、わたしのように6回目のベテランでも、10回以上などという猛者でも、いや回数を重ねていればいるほど、「あの」瞬間が近づいているのだと考えるだけで、身体が震える。

さあ、これから約2時間。何年ものあいだ待ち焦がれた時間の始まりだ。

※今後、皆既でなくとも日食を観察される方は多いと思われるので、ここで天文普及委員会から注意事項をお伝えする。

1)日食グラスは、手製のものではなく、専用に販売されているものを使いましょう。当然ながら、どれだけ濃くてもサングラスなどは絶対にNG。1秒でもダメです。専用グラスは、「太陽以外のものはまったく何も見えない」くらいの濃さになっています。

2)専用グラスでも、皆既(太陽が完全に隠れている)時間以外、長時間の使用はやめましょう。

3)グラスで目を覆ってから、太陽の方を向きましょう。

以上のことを怠ると、失明したり網膜に障害が残るなど、取り返しのつかないことになります。よって厳重注意です。

|

« アースの皆既日食旅行記(12) | トップページ | アースの皆既日食旅行記(14) »

日食旅行記」カテゴリの記事