«  スペイン語翻訳者になろう vol.439 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.441 »

 スペイン語翻訳者になろう vol.440

  おはようございます。ピーチです。
  最近前書きがダラダラ長くなっていたと、またまた反省したので、
  今回はサクッと本題に入ろうと思います。
  「プーチン再選」は、いま世界で起きているロシア外交官国外追放
  事件のインパクトの前には、もはやセピア色に染まってしまった感も
  ありますが、来週で最終回なので、しばしお付き合いください。
  そして、アースの旅行記は、ついに最大の山場!お楽しみに〜!
  それでは本題に入って参りましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【プーチン再選(2)】

◇本日の課題
Vladimir Putin, de 65 an~os, se convirtio' en presidente de Rusia
por primera vez en el an~o 2000. Comenzara' su cuarto mandato,
que finalizara' en 2024.
Muchos rusos han publicado videos en internet que afirman que se
han manipulado las elecciones.
La comision electoral de distrito de Moscu declaro' invalidos
algunos votos a causa de una manipulacion llevada a cabo por
gente a cargo de los puestos electorales.

【語注】
mandato      :任期
manipulado<manipular:操作する、操る
comision electoral   :選挙管理委員会
distrito     :地区
invalido     :無効の
a cargo de...:〜担当の
puesto       :場所、持ち場

【直訳例】
65歳のウラジーミル・プーチンは、2000年に初めてロシア大統領となった。彼
は、2024年に終了するだろう4回目の任期を開始するだろう。
多くのロシア人が、インターネットで、選挙が操作されていると主張するビデ
オを公開した。
モスクワ州の選挙管理委員会は、選挙所の担当の人々によって実行された操作
が原因で、幾つかの票を無効と宣言した。

◇本日の課題(再掲)
Vladimir Putin, de 65 an~os, se convirtio' en presidente de Rusia
por primera vez en el an~o 2000. Comenzara' su cuarto mandato,
que finalizara' en 2024.
Muchos rusos han publicado videos en internet que afirman que se
han manipulado las elecciones.
La comision electoral de distrito de Moscu declaro' invalidos
algunos votos a causa de una manipulacion llevada a cabo por
gente a cargo de los puestos electorales.

【練り訳例】
2000年に初めてロシア大統領となったウラジーミル・プーチン氏(65)は、4
期目に突入する。今回の任期は2024年まで。
多くのロシア人が、選挙が不正に操作されたことを示す動画をインターネット
上に投稿した。
モスクワ州の選挙管理委員会は、投票所の責任者らによる不正操作を理由に、
一部の投票用紙を無効にした。

※declaro' invalidos algunos votosについて、「一部の投票用紙を無効にし
  た」と訳しましたが、背景を調査すると、「モスクワ州の一部の町で不正発
  覚により投票箱に入った全ての票が無効になった」という事実があったよう
  なので、「一部投票所の投票を無効にした」のように訳すことも可能と思わ
  れます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ アースの皆既日食旅行記(17)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついに皆既。月と太陽が完全に重なった。

光量は最低まで下がり、地平線にごく近い部分だけが明るい状態となる。
太陽の周囲、かなり幅広い範囲で、絹のベールのような淡い光(コロナ)が
美しく広がっている。

今回はiPadを地面に置き、周囲の明るさの変化をラプス映像(早回し)で
録画してみたのだが、やはり皆既となった瞬間に、光度がぐっと下がるのが
よく分かった。だがその数十秒後に、なんとガソリンスタンドの照明が
自動的に点灯。その後の映像はいまひとつになってしまったが、明かりが
つくほど暗くなるという証明にはなった。

誰も彼もが興奮していて、実感はなかったものの、気温も急激に下がった
ようだ。日食を意識していなければ、かなり肌寒かったのではないかと
思う。

さて。

太陽が完全に隠されると、驚くなかれ、空に星々が見え始める。

今回の場合は、オリオン座など冬の夜に見える星座があったはずだ。
ただし完全に真っ暗ではないので、実際に見えたのは1等星以上の明るい
星のみである。太陽に近過ぎて、通常、地球からは早朝と夕方しか見る
ことのできない金星も見える。

理屈では理解できても、真っ昼間に空が暗くなり星が見えるという状況に、
見てはいけないものを見ているような、本当に不思議な感覚に襲われる。
見るのは6回目だというのに、心の片隅に恐怖すら感じる。

空に黒い太陽。まさに「原初の恐怖」と言えるかもしれない。

古代・中世の人間たちが、天変地異が起こる前触れとして皆既日食を
恐れた気持ちがよく分かる。予備知識なしでこの暗闇に襲われたら、
この世が終わると感じてもおかしくはない。周囲が急に暗くなり、
雲かと思って空を見上げると、それまで明るく輝いていた太陽が
真っ黒になっているのだから、その驚きは想像に難くない。

人類が人類になって何十万年も経ったいまでも、「日食を見てはいけない」
という言い伝えをかたくなに守り、日食の日は家から一歩も出ない地域が
あると聞く。

一方で、国際宇宙ステーションが地球を回るこの時代に日食を予測する
のは当たり前としても、すでにギリシャ時代にはかなりの精度で日食が
起こる日時を予想していたらしい。

人類とはいやはや。矛盾だらけの存在だ。

◆編集後記◆
(日食旅行記連載中につきお休みとさせていただき。アース)

|

«  スペイン語翻訳者になろう vol.439 | トップページ |  スペイン語翻訳者になろう vol.441 »