« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

 スペイン語翻訳者になろう vol.391

  おはようございます。ピーチです。
  職業柄言葉に敏感なせいか、活字を読んでいて脳みそを
  掻き回されるような衝撃を受けることがときどきあります。
  例えば、哲学者・言語学者の三浦つとむ氏が生前よく強調
  されていたという、
  「いわゆる『学歴』なるものは『学校歴』であって『学問歴』ではない」
  というお言葉。
  「そんなものは学者の本質的能力とは何の関係もない」
  のだそうです。
  ほわわ〜〜まさにその通り。
  「学歴」ときいて我々が思い浮かべるのはほぼ「学校歴」であって、
  「学問歴」を気にかける人は皆無に等しいのではないでしょうか?
  でも人間の素養としてはるかに重要なのは「学問歴」ですよね。
  三浦氏のご主張を知ってから、「学歴」という言葉を見聞きしたり
  使ったりする際に、少し注意を配るようになりました。
  また、「学校歴」がさほどなくとも豊かな「学問歴」を有する在野
  研究者が思いの外沢山いると知ったことも、わたしにとっては
  新鮮な驚きでした。
  関心をもたれた方は、気鋭の在野研究者・荒木優太氏の著作
  を御一覧いただければと思います。

  さて、今号では今夏開催の大イベントに関する重要な事件を扱い
  たかったのですが、着手してみたら予想外に厄介で、Tenemos la
  agenda muy apretada な現況では訳文をきれいに着地させるまでの
  余裕がありませんでした。従いまして Jack Amano としては少々不本意
  ではありますが、世界を席巻中の BREXIT 関連の記事をさらっとお送り
  いたします。
  かの国では BREXIT がはや REGREXIT と呼ばれだしているとの噂も
  聞きますが、なんだろ、当事者でもないのにこの圧倒的な「そう
  でしょうよ」感は・・。
  BREXIT にせよ REGREXIT にせよ、今後の動向から目が離せませんね。
  それでは本題に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 最新のテーマを急いで読もう!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇El sucesor del primer ministro britanico, David Cameron, se
  enfrentara' a la dificil tarea de negociar las condiciones para la
  separacion del Reino Unido de la Union Europea.
  英国のデイビッド・キャメロン首相の後継者は、欧州連合(EU)からの離脱
  条件を巡る交渉という難しい課題に直面することになりそうだ。

◇Cameron dio a conocer el viernes su intencion de dimitir despues de
  que los partidarios de la separacion ganaran el referendum del
  jueves sobre el futuro del Reino Unido en el bloque europeo.
  キャメロン首相は、欧州地域における英国の将来を問うた木曜日の国民投票
  で、離脱派が勝利したことを受けて、その翌日に辞任の意思を示した。

◇El Reino Unido negociara' las condiciones para abandonar la Union
  Europea y nuevos acuerdos comerciales. Cameron indico' que
  continuara' al mando de la nacion tres meses ma's, pero que las
  negociaciones mas importantes se las va a encargar a su sucesor.
  Al carecer de una politica especifica, el Reino Unido corre el
  riesgo de sumirse en un caos economico.
  英国は今後、EUからの離脱条件を巡る交渉に加え、EUとの新たな貿易協定に
  ついても交渉を行うことになる。キャメロン首相は、3ヵ月間は首相職に留
  まるが、極めて重要なEUとの交渉は後継者に委ねると語った。明確な政策を
  打ち出せなかった場合、英国は経済的混乱に陥る危険性がある。

◆編集後記◆
アースです。
先日、我が家を訪れていた友人が、「せっかく金沢に来たから海鮮丼が
食べたい」と言うので、冬と比べるとイマイチなんだけどなぁと思いながら、
そこそこのものを食べさせてくれるお店に連れて行きました。
「わあ〜〜〜豪華〜〜おいしそ〜〜」と友人、大コーフン。
わたしは(あれ〜前に来た時よりネタが少ないなぁ。まあ時期が悪いか。
しかし金箔なんかどーでもいいから青魚のひとつくらい乗せてぇな)
心の中でブツブツ。
ネタは決して古くなくて、イクラだのウニだの、見てくれは豪華絢爛、
おいしいはおいしかったのですが、わたしにしてみれば大層不満。大した
量じゃないのに高いし。ブヒ。
でもまあ、せっかく喜んでくれた料理をくさすのもなんなので、黙って
その店を出たところ、すぐそばの店に「アジづくし!!」の看板。
いまはまさにアジの旬なのでして、ウニだのイクラだのなんかより、
ずっとずっとアジが大好きなわたしは、心の奥底で熱くリベンジを
誓い、翌日さっそく友人を連れて行きました(はやすぎ?)。
結果、念願の「アジづくし定食」は、もう涙がこぼれるくらい、
おいしゅうございました(海鮮丼の半額以下だし)。
つい、お店のおねえさんに、親指をびしっと立てつつ、
「アジ、サイッコー。も、ウニなんかよりイクラなんかより、
絶対アジ!!」
と言ったら、おねーさん、とてもうれしそうに、お茶をなみなみと
ついでくれました(^^)。
あ〜でもまだ食べたりない・・・

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.390

  おはようございます。ピーチです。
  80はゆうに超えているとお見受けするおばあちゃんが
  「ドン引きしたわ〜」
  と言っているのを、わたしのこの敏い耳が captar しました。
  「ドン引き」ということばが実に幅広い年齢層に浸透している
  のを知り、言葉は生きているのだなあというたりめーなことを
  再確認。
  (しかし、あのおばあちゃんが一体何にドン引きしたのか、
  そちらのほうがはるかに気になります)
  さて、今号では、先日行われたペルー大統領選に関する記事を
  ざざっと読んでみます。
  「最新のテーマ」と呼ぶには無理のある、鮮度の落ちたネタに
  なってしまいましたが、今回は最新情報を得るためというより、
  訳読の練習材料としてお役立て頂ければと思います。
  なお、ここに出している訳例が「正解」とか「最良」とかいうわけ
  では決してなく、他にいかようにも訳せますので、志のある方
  はぜひ挑戦してみてください。

  今週は何といっても23日金曜日の大イベントの行方に世界中の
  熱視線が注がれていますね。
  来週の本メルマガでも当然そのテーマを扱う・・かと思いきや、
  右向け右を好まない、別名 Jack Amano なわたしたちのこと、わざと
  はずしていくかもしれません。どうするかは23日以降に考えたい
  と思います。

  それでは今週の勉強に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 最新のテーマを急いで読もう!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇La conservadora Keiko Fujimori reconocio' el viernes su derrota en
  las elecciones presidenciales de Peru mas cerradas en cinco decadas
  y dijo que sera' una firme opositora del futuro gobierno del
  economista de centroderecha Pedro Pablo Kuczynski.
  保守派のケイコ・フジモリ氏は金曜日、この50年で最も接戦となったペルー
  の大統領選での敗北を認め、エコノミストのペドロ・パブロ・クチンスキー
  氏(中道右派)の新政権では、野党としてきっちり役目を果たしていく、と
  語った。

◇El organismo electoral de Peru dio el jueves como ganador de la
  contienda al ex ministro de Economia de 77 anos con una diferencia
  de apenas 0,24 puntos porcentuales sobre Fujimori, despues de
  cuatro dias de conteo.
  ペルーの選挙管理委員会は木曜日、4日間に及ぶ開票作業の結果、77歳の元
  経済大臣クチンスキー氏がケイコ・フジモリ氏に0.24ポイントの差をつけて
  勝利したことを宣言した。

◇Fujimori fue blanco de ataques en la campana electoral por parte de
  un sector de la poblacion que tiene malos recuerdos de su padre,
  que goberno' con mano dura por dos mandatos consecutivos entre 1990
  y el 2000 y que hoy cumple una condena de 25 an~os por abusos a los
  derechos humanos y corrupcion.
  ケイコ・フジモリ氏は選挙期間中、氏の父親であり、元大統領のアルベルト
  ・フジモリ氏に対して不愉快な記憶をもつ一部の市民の攻撃の的となってい
  た。アルベルト・フジモリ氏は1990〜2000年、2期にわたって強権的な統治
  を行い、現在は人権侵害と汚職の罪で25年間の禁固刑に服している。

◆編集後記◆
アースです。
日々ピーチとは、Line ではないが Line 風のアプリを通じて、くだらね〜
ことをバカスカしゃべっているわけですが、先日は、都会の暑さ、いや
暑苦しさの話題に。
「数字魔」を自認するわたくし、すぐに調べました。
暑苦しさ、すなわち人口密度ということで・・(?)。
東京23区は、1平方kmあたり約15,000人。
多いのか少ないのかよくわからんので、これを10平方メートルあたり
にすると、1.5人。わー、やっぱり多いんですねえ。縦に広がらなければ、
到底収容できない人数ってわけですね。
そのほか、
大阪市:1.2人
北海道:0.01人
と出ました。さすが北海道!!
ちなみに、北海道内のクマちゃんの数は1万頭前後とのことで、人間の
数(540万)には及びませんでした。オーストラリアの羊とは違うか。
ところで、いまわたしが住む金沢市についても調べてみました。
10平方メートルあたり0.1人。つまり1人あたり32×32メートル?
それにしちゃ、いまの我が家の面積、狭過ぎるぞ。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.389

  おはようございます。アースです。
  最近、近くの保育園から
  「おお〜きなのっぽのふるどけいぃ〜」
  の歌が聞こえてきます。リズム感は、さすがに最近の子らしく、
  ばっちり。しか〜し。
  音程が、ない。外れてるんじゃなくて、ない。中にはまともに歌って
  いる子もいるのでしょうが、絶叫系ボーイズ&ガールズにかき消されて
  しまいます。とはいえ、確か去年の例からすると、2週間も経つと
  なかなかな仕上がりに。
  でも季節を常に追っているらしい近所のF保育園は、おそらく
  そろそろ七夕の歌にチェンジするはず。
  そしてまた、音程皆無・情緒皆無の
  「さーさーのーはーさーらさらーあああぁっ!!!」
  となってしまうのでした。ま、それはそれでいいのですけどね(^^;)。

  さて、世間の耳目はM都知事にばかり集まっていて(都民以外、関係
  ない話なんですけど・・)、パナマ文書はどこへやら、ですが、
  本メルマガはしつこく追っております。今回が最終回です。
  それでは始めましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【パナマ文書(7)】

◇本日の課題
Tambien dijo que el diario habia cotejado miles de documentos con
informacion que habia recibido previamente y que eso elimino'
cualquier duda sobre la autenticidad de los "Papeles de Panama".

【語注】
cotejado<cotejar:対照する、照合する
miles de         :数千の、数限りない
previamente      :あらかじめ、事前に
elimino<eliminar:除去する、排除する
autenticidad     :本物であること、真実性

※ dijoの主語は、前回の課題文で出てきた、「南ドイツ新聞のウォルフガン
  グ・クラッハ共同編集主任」です

【直訳例】また、その日刊紙は何千もの書類を、前に入手していた情報と照合
し、それが「パナマ文書」の真実性に関するいかなる疑惑も排除したと言っ
た。

◇本日の課題(再掲)
Tambien dijo que el diario habia cotejado miles de documentos con
informacion que habia recibido previamente y que eso elimino'
cualquier duda sobre la autenticidad de los "Papeles de Panama".

【練り訳例1】
またクラッハ共同編集主任によると、南ドイツ新聞は膨大な量の文書と、事前
に入手していた情報との照合作業を行い、その結果「パナマ文書」の信憑性に
関する疑念は一掃されたとのことである。

【練り訳例2】
南ドイツ新聞のクラッハ主任は、「本紙で、これまでに入手していた情報とそ
の膨大な量の文書の内容を照らし合わせたところ、“パナマ文書”の真偽に関
する一切の疑問はなくなった」と語った。

◆編集後記◆
ピーチです。
最近 arroz を買うたび切ないのです。
なぜかといいますと、dos bolsas 分 aumentar de peso したからなんです。
bolsas de arroz を抱えるたび
「この peso 分の grasa が我が身に・・!?」
と思い、軽い目眩を覚えます(musculo も含まれてはいるでしょうが)。
それはまあともかくとして、これまたどうでもいい話ですが、前にこの欄で、
「帽子や手袋などの小物をしょっちゅう失くす」と書きました(よね)。
その後注意深い気質に大変身した・・・わけもなく、相変わらず失くし
続けていますが、未遂で終わることもちょくちょくあります。
先日は混んだ電車の中で帽子を落とし、たまたま乗っていた小学生軍団
に踏みしだかれ、どうしようと思っていたら、その近くに座っていた青年が
小学生の脚・脚・脚・・・の間に腕を突っ込み、ひょいと拾い上げてくれた
ばかりか、わたしに向かって莞爾として笑いながら帽子を手渡してくれた
のです。
大都会の混んだ電車で sonrisa を添えて人助けのできる心の余裕・・
素晴らしくないですか?小学生の靴跡が沢山ついた帽子を握りしめ、
わたくし、しばし感動に身を投じました。
同じ日、自転車に乗っていたら、前を歩いている女性のリュックに
マタニティマークがついているのを見とめました。心のなかで「お気を
つけてー」と思いながら追い抜いて少し行ったら、後ろから
「すみませーん」という声がします。
振り向くとマタニティマークの女性がわたしの帽子を持ってニコニコ
微笑んでいました。懲りないわたしはまたもや帽子を落とし、
気づかなかったようです。
御礼を言って帽子を受け取ると、大きなお腹のその女性が
「どうぞお気をつけて〜」
と言ってくれました。図らずも先ほどの自分の心の声と同じセリフを
いただいてしまったわけです(シンクロ!)。優しい妊婦さんに
感謝しつつ、
「落とし癖もちょっといいものかも」
と都合よく思ってみた、ある日の夕刻でした。
しかし、あの妊婦さんの大きなお腹の内容物を超える peso をあっと
いう間に身につけてしまったことを考えると、わたしが落としていいのは
帽子ではなく、もっと別のものなのかもしれません(「かもじゃなくて
それだよ!」と突っ込んでくださって一向に構わないです・・・爆)

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.388

  おはようございます。ピーチです。
  日曜日にペルー大統領選の決選投票が行われましたね。
  開票率91%の段階では、ペドロ・クチンスキ氏の得票率が
  50.32%と、ケイコ・フジモリ氏の49.68%をわずかに
  リードしている模様です。
  スペイン語記事では
  Los dos candidatos de la segunda vuelta de las elecciones
  peruanas continuan igualados en el recuento.
  とありました。
  最終的な結果が出ていれば今号でこのテーマを取り上げたかった
  のですが、残念ながら間に合いませんでしたので、今週は予定通り
  パナマ文書の続きをお送りします。
  それでは本題に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【パナマ文書(6)】

◇本日の課題
"No sabemos si esta fuente obtuvo acceso legal o ilegalmente,
simplemente no sabemos", sostuvo Krach, pero afirmo' que el origen
de la informacion es menos importante que la credibilidad de los
documentos y el interes publico.
"La pregunta decisiva primero que todo: ?es creible la informacion
que nos llego' desde la fuente? Ese es el punto mas importante.
Y el segundo punto: ?es tan relevante para que lo publiquemos'",
explico'.

【語注】
afirmo'<afirmar:断言する、言明する
credibilidad    :信頼性、信憑性
interes publico :公共の利益
primero que todo:何よりも
decisivo        :決定的な、断固とした
relevante       :傑出した、重要な、意義のある
publiquemos<publicar:公表する、発表する

※ Krach は、前回までに出てきた「南ドイツ新聞のウォルフガング・クラッ
   ハ共同編集主任」のことです。

【直訳】
「この情報源が合法的にまたは非合法的にアクセスを得たのかどうか私達は知
りません。単に知りません」とクラッハは主張した。しかし、情報源は文書の
信憑性および公共の利益よりも重要ではないと断言した。
「何よりもまず決定的な疑問は、情報源から私達のところに到達した情報が信
用できるか?それが最も重要な点です。そして2番目の点は、私達がそれを公
表するために、そんなに意義があるか?」と説明した。

◇本日の課題(再掲)
"No sabemos si esta fuente obtuvo acceso legal o ilegalmente,
simplemente no sabemos", sostuvo Krach, pero afirmo' que el origen
de la informacion es menos importante que la credibilidad de los
documentos y el interes publico.
"La pregunta decisiva primero que todo: ?es creible la informacion
que nos llego' desde la fuente? Ese es el punto mas importante.
Y el segundo punto: ?es tan relevante para que lo publiquemos'",
explico'.

【練り訳例】
南ドイツ新聞のクラッハ共同編集主任は、「この人物が合法的に情報を入手し
たのか、あるいは非合法の手段を利用したのかは知らない。とにかく分からな
い。情報の出所よりも、文書の信憑性や公共の利益の方が重要だ。何よりも肝
心な疑問は、その情報源から入手した情報は信頼できるものなのか、という点
だ。これが最も重要で、次に大事なのは公表するだけの意味があるのかという
点だ」と語った。


◆編集後記◆
アースです。
仕事中、周り(家の中でも外でも)がざわざわしているときは、BGMが
欠かせません。これまで、手持ちの音楽はもちろん、インターネット
ラジオで、ありとあらゆる音楽を試しました。
しかし、好きな音楽は無視できなくてダメ、嫌いな音楽は当然ダメ、言語の
仕事をするのに、言葉が聞こえてくる(歌詞がある)ものは日英西を筆頭に、
ほぼダメ。
要するに集中できない自分が悪いのですが、ついには、非常に微妙な
日本語のさじ加減を考えている時、難しい原文の内容や論理展開を捉えよう
としている時などは、曲自体のニュアンスの変化(起承転結とでもいい
ましょうか)までもが邪魔になってきました。
そういうわけで、最近では、音量はそこそこあるが、高低や強弱のない
音源を利用するようになりました。
荒波が海岸に打ち寄せる音。ざざ〜〜〜〜〜ん。
これはむしろ、寝入る時にいい感じです。
水琴窟の音。ぽたっ。ぽたっ。
ZZZZZZ....
飛行機が上空を飛んでいるときの機内の音。ゴーーーー。
これは案外、集中できることがわかりました。
ラジオのホワイトノイズ。ザーーーー。
これはどうも、映画「ポルターガイスト」を思い出してしまって
ダメでした。
で、最近のお気に入りは、「国鉄」時代の在来線の走行音です。
例のカタンカタン、カタンカタン、という音がリズミカルに延々と
続きますので、たいへん調子がよろしい。
80年代の音源らしく、いまの電車よりも重々しい音がいい感じです。
電車の中って、本を読んだりするのに案外集中できますから、
それと同じ効果なのかもしれません。
そういうわけで、日によっては、ほとんど夜行列車と同じくらいの
時間、走行音を流していることがあります。
部屋から一歩も出ずに、心は爽快トワイライト・エクスプレス!
といけばいいのですが、実際には訳語が思い浮かばず、遅々として
進まない鈍行苦行列車なのでした。

※どの音源も、youtube に多数あります。「作業用」「不眠」「集中」
などのキーワードでたくさん引っかかりますので、興味のある方は
どうぞ。最長10時間くらいのものもあります。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.387

  おはようございます。ピーチです。
  きょうから6月!信じられない・・。まさに烏飛兎走ですね。
  さて、今号では「パナマ文書(6)」をお送りするはずでしたが、
  先週「オバマ大統領の広島訪問」という大ニュースが
  ありましたので、パナマ文書を一回お休みして、この
  ニュースの関連記事をささっと読んでみることにします。
  ちょっと分量が多めですが、難易度は高くありませんので、
  初級・中級の学習者の方々も是非挑戦してみてください。

  それではさっそく本題に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 最新のテーマを急いで読もう!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇La gente se dio cita en la ciudad Hiroshima para presenciar la
  llegada de Obama. Habia personas de todas las edades y
  nacionalidades que conversaban mutuamente y parecian tranquilas a
  pesar de que habia un fuerte dispositivo policial en vigor. Se
  podria decir que la atmosfera era cordial.
  オバマ大統領の到着の瞬間に立ち会おうと、幅広い年齢層の、国籍も様々な
  人々が広島市に集まった。警察が厳重な警備体制を敷いていたにもかかわら
  ず、彼らは互いに会話を交わし、穏やかな雰囲気だった。言うなれば、現地
  は温かな歓迎ムードに包まれていた。

  ※最初の2文は、訳しやすく理解しやすいように組み換えてみました。原文
    通りに訳すことももちろん可能ですが、上記の方が流れが良くなるように
    思います。

◇Durante su visita, Obama estrecho' las manos de dos supervivientes.
  El presidente incluso abrazo' a uno de ellos, que quedo' conmovido
  hasta las lagrimas. Sunao Tsuboi tomo' las manos de Obama y mas
  tarde dijo que habia sido una lastima que la visita hubiera sido
  tan corta, pero aseguro' que para e'l habia sido muy significativa.
  訪問の中で、オバマ大統領は2人の被爆者と握手した。そのうちの一人は大
  統領から抱擁まで受け、感極まって涙を流した。大統領と握手を交わした坪
  井直氏はその後、「大統領の訪問があまりに短かったのは残念でしたが、私
  にとっては確かに大変有意義な時間となりました」と語った。

◇Segun Tsuboi, le habia dicho al presidente Obama que el uso de la
  bomba atomica habia sido equivocado desde el punto de vista humano
  y que era necesario que todos hicieran su maximo esfuerzo conjunto
  para prohibir las armas nucleares. Insto' a pensar en el futuro y
  dijo que el presidente Obama habia estrechado su mano y que le
  habia sonreido.
  さらに坪井氏は、「オバマ大統領には、核兵器の使用が人道的観点から間
  違っていたこと、そして核兵器廃絶に向けて全ての人間が力を合わせて最大
  限の努力をしなければならないということをお伝えしました。未来について
  考えましょうと促すと、大統領は私の手を握って微笑みかけてくれました
  よ」とも述べた。

◇Una vez concluida la visita de Obama, nuestro reportero hablo' con
  una mujer de 68 an~os de edad cuyo padre fue superviviente de la
  bomba. Dijo que la gente no deberia tratar de evaluar si Obama se
  habia disculpado o no. En opinion de la mujer, lo mas importante
  era que el presidente habia visitado Hiroshima.
  オバマ大統領の訪問が終わった時、当放送局のリポーターが、父親が被爆者
  であるという68歳の女性と言葉を交わした。彼女は「オバマ大統領が謝罪し
  たかどうかで評価を下そうとすべきではありません。最も重要なのは大統領
  が広島を訪問したことなのですから」と話した。

◆編集後記◆
アースです。
例によってまたマスコミが突然「スーパーマーズ」などとおかしな
ことを言い始めました。いや、これを機に火星に注目してもらうのは、
自称・天文普及委員会委員としては喜ばしいことなのですけど。
「5月31日、火星が地球に大接近!」
ま、ある意味そうなんですけど、う〜〜〜ん。
ある日突然、火星がぐいーーーんと地球に近づき、次の日に
なったらまったく見えなくなる・・というわけではないのでして。
昨日ときょう、きょうと明日を比べても、違いの分かる人はたぶん
いないと思います。見える時間も同じ。
なにより、今回は「中接近」なのでして、火星までの距離は7,500万km。
火星と地球は2年と2ヵ月で必ず大きく接近しますが、その「大接近」は
2018年7月。距離も5,800万kmと、今回よりかなり近いです。
今回が「スーパーマーズ」なら、次はどうするんじゃ!!
やっぱり「ウルトラスーパーマーズ」かしらん。
とまあ、そんな名称はどうでもよくて、これを機に、ウン年後には
必ずこのわたくしアースが降り立っているであろう(まじ?)火星さん
を見てあげてください。
最近の「火星の出」はだいたい18時頃。それは地平線から出る時間です
ので、ちゃんと見ようと思ったら、数時間後の21時頃に南東の空を
見上げるのが良さそうです。
他のどの星とも違う、まさに軍神 Marte というに相応しい赤い色の
星がきらきら輝いているはずです。

|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »