« 2016年2月17日 | トップページ | 2016年3月2日 »

2016年2月24日

 スペイン語翻訳者になろう vol.373

  おはようございます。アースです。
  いまや、コンピュータは翻訳者にとって「消耗品」。購入してから
  それほど経ったとも思えないのに、キーボードの左半分がいまいち
  反応しなくなったため(ソフト面の故障ではなく明らかに摩耗)、
  しばらくは外部キーボードで対応していましたが、それも様々な意味で
  リスクが高いため、止むなく新しいコンピュータを購入。嘆息。
  加えて。2年ほど前に買ったマウスが、今朝から怪しい動きを始め
  ました。で、転ばぬ先の杖ってことで、さきほど熱帯雨林書店にて購入。
  機能性を追求し、最上位機種を使っているため、出費はかなり痛い。
  嘆息再び。
  その製品のページに、「動作中のモスキート音が気になる!」との
  レビューが幾つかありました(モスキート音=若い者にしか聞こえない
  という超高音)。それでほんの一瞬悩んだのですが・・・
  関係ないわね、きっと。嘆息×3。
  そういえばプリンタも、なぜかいちいち電源をオンオフしないと
  反応しなくなったため、転ばぬ先の杖で新機種を購入。嘆息×4。
  どうして一気に来るかなぁ。
  まあでも、翻訳者の経費なんて知れてるわけで、個人事業主でも
  仕入れや大型の設備投資が必要な業種の皆さんは大変なのだろうなあ・・
  と、確定申告のこの時期、自分を慰めるアースでした。

  さて、「新ベルリンの壁」の課題は先週で終わりまして、今回からは
  新たな脅威となりつつあるジカ熱についての話題です。それでは
  始めましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ジカ熱とリオ五輪(1)】

◇本日の課題
El ministro de Deportes de Brasil afirmo' el jueves que "no se
discute" la cancelacion de los Juegos Olimpicos de Rio de Janeiro
debido a la epidemia de zika.
"Lamento las publicaciones de articulos y opiniones en la prensa",
conjeturando que la primera olimpiada en Sudamerica deberia
cancelarse, dijo el ministro George Hilton en una declaracion
escrita.

【語注】
discute<discutir:論じる、議論する
epidemia         :流行、疫病
lamento<lamentar:残念に思う、嘆く
articulo         :記事
conjeturando<conjeturar:推測する
declaracion      :声明

【直訳】
ブラジルのスポーツ大臣は木曜日、ジカの流行を原因とするリオデジャネイロ
オリンピックの中止は「議論されていない」と断言した。
南米最初のオリンピックが中止されるに違いないことを推測している「新聞の
記事と意見の公表を私は嘆く」と、書面の声明でジョージ・ヒルトン大臣は
語った。

◇本日の課題(再掲)
El ministro de Deportes de Brasil afirmo' el jueves que "no se
discute" la cancelacion de los Juegos Olimpicos de Rio de Janeiro
debido a la epidemia de zika.
"Lamento las publicaciones de articulos y opiniones en la prensa",
conjeturando que la primera olimpiada en Sudamerica deberia
cancelarse, dijo el ministro George Hilton en una declaracion
escrita.

【練り訳例1】
ブラジルのスポーツ大臣ジョルジ・イルトンは木曜日、ジカ熱の流行によるリ
オ五輪の中止は「議論されていない」と断言した。
同大臣は書簡を通じ、新聞には南米で初めての五輪が中止を余儀なくされると
の憶測を掲載した「記事や社説が掲載されており、嘆かわしい」と述べた。

【練り訳例2】
去る木曜、ブラジルのスポーツ相ジョルジ・イルトン氏は、ジカ熱の拡大によ
りリオデジャネイロオリンピックの開催を見合わせる可能性は「検討していな
い」ことを明らかにした。同相は手記を通じ、「ブラジルが南米で初となるリ
オ五輪の開催を諦めるらしいとの推測記事や社説を報道機関が流していること
を遺憾に思う」と述べた。


◆編集後記◆
ピーチです。
自覚症状はないのですが、ときどき「ほめ上手」だと言われます。
そう言うと、しょっちゅう人を褒めているかに聞こえるかもしれませんが、
回数・頻度的には決して多くありません。
なぜなら、心の奥底から認められないと褒められない(リップサービスや
追従が言えない)タイプだからです。
(ですので、わたしに褒められたことのある人は100%本心だと思って
下さいまし〜)
また、
「あのときこんなこと言ってくれたね。あれ、嬉しかったわ〜」
のように過去の褒め言葉を回顧していただくこともありますが、自分自身は
そんなことを言ったかな?というケースがほとんどです。衷心から出た言葉
でも、忘れるスピードの方が遥かに速いのはなかなか切ないものですね。
それで思い出したのが、昨年ある映画の上映後に行われた、出演者による
サイン会でのエピソード。
作品も演技もあまりに素晴らしかったので、その感動をどう伝えたら
いいのか、サインの順番を待っているあいだ考え続けていましたが、適当な
言葉が全く浮かばないまま自分の番が来てしまいました(きゃー)。
「どうする自分?」と思っても、後ろが詰まっていますので、役者さん
たちの前へと歩を進めざるを得ず、真っ白になった頭のまま、気がついたら
なにやら滔滔と捲し立てていたようです。
レ・ティミダなわたしには日ごろありえないことでしたが、そのときの
一瞬だけシネマの神がわたしに憑依したかのようでした。
しゃべり終わって呆然としていると、主演の方が、
「ほんとですか!?ありがとうございます!」
と言って、ぴかぴかの笑顔で、握手した手を強く握り返してくださいました。
そこまで喜んでくださったということは、多分わたし、何かとてもいいことを
言ったのでしょうけれど、あまりに緊張しすぎていたせいか、その一片すら
記憶に残っていないのがとても悔やまれます。
自分の記憶のビデオを再生できるならば、どんな褒め言葉を伝えていたのか、
後学のためにも知りたいものです(・・がもちろん無理ですね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年2月17日 | トップページ | 2016年3月2日 »