« 2015年9月30日 | トップページ | 2015年10月14日 »

2015年10月7日

 スペイン語翻訳者になろう vol.358

  おはようございます。ピーチです。
  前書きが長すぎて本文に入るまでに疲れる〜という投書が
  殺到しています!!
  ・・というのは冗談ですが、「毎回長すぎるんでは」と自分たちでも
  ときどき思うので、 たまには、与太話は抜きにして、
  即、本題に入ることにいたします。
  さっそく参りましょう。いざ!

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で経済記事の翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【チリ国営銅公社の業績(4)】

◇本日の課題
"Lo que hemos hecho en esta administracion es enfocarnos muy
fuertemente en el control de costos y gestionar los factores
relevantes que esta'n subyaciendo en el escenario de costos",
senalo' Pizarro.
“El factor mas relevante es la produccion y luego la productividad
de la mano de obra y el uso de los insumos”, agrego'.

【語注】
administracion: 経営、運営、統治
enfocarnos<enfocarse:注力する、集中する
gestionar     :管理する
relevante     :重要な
subyaciendo<subyacer:隠れている、下にある
mano de obra  :労働力
insumos       :投入財、原材料

【直訳】
「この経営において我々がしてきたことは、コスト管理に非常に強く集中する
こと、およびコストの舞台に隠れている重要な諸要素を管理することである」
とピサーロは指摘した。
「最も重要な要素は生産であり、次に労働力の生産性と原材料の使用である」
と付け加えた。

◇本日の課題(再掲)
"Lo que hemos hecho en esta administracion es enfocarnos muy
fuertemente en el control de costos y gestionar los factores
relevantes que esta'n subyaciendo en el escenario de costos",
senalo' Pizarro.
“El factor mas relevante es la produccion y luego la productividad
de la mano de obra y el uso de los insumos”, agrego'.

【練り訳例1】
「現経営陣はこれまで、特にコストマネジメントに注力するだけでなく、我が
社のコスト構造に内在する重要な諸要素も管理してきました」とピサーロは指
摘し、「なかでも最も重要な要素としては生産があり、労働生産性と投入財の
使用がそれに続きます」と言い添えた。

【練り訳例2】
ピサーロCEOは次のように指摘した。「現経営体制で為したこととして、コ
スト管理への注力強化や、コスト環境の根底にある重要な諸要因の管理が挙げ
られます。特に重要なのは生産、次いで労働生産性や原材料の使用です」


◆編集後記◆
アースです。
ううう、手首がいたいです。いつもの腱鞘炎でしょう。
毎日、朝から晩までキーボードに向かっているのだから、当然では
あるのですが・・・いつもは平気なのに、なぜ突然、症状が出るのか。
いったん痛み出すと、なかなか治ってくれません。
今回は左手首。
キーボードの位置をあちこち変えてみたり、高さを変えてみたり。
最もいい治療法は、キーボードを打たないことなのですが、(有り難い
ことに?)それもなかなか難しく、手首のあたりを包帯で固定するように
ぐるぐる巻きにして、なんとか対処しています。
痛いというか、まるでむずむず脚症候群のように、むずむずする
だけの時間も長く、それはそれで悩まされています。かゆいよりも
むしろ(ちょっと)痛い方が楽なのと同じです。
ま、それでもたぶん、腰痛よりは100倍マシだろうと思います。
わたしはいままで、本格的な腰痛になったことがなく、常日頃から
腰痛に悩まされている翻訳者の皆さんからすれば、
「ぜいたくいうな!!!」
というところでしょう。
ほら、ぴーちの目がこわい・・・

|
|

« 2015年9月30日 | トップページ | 2015年10月14日 »