« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

 スペイン語翻訳者になろう vol.334

  おはようございます。ピーチです。
  今回の課題文は、短いながら相当手ごわいです!
  いかようにも訳せると思いますので、練り訳2は皆さんの手に委ねる
  ことにしました。
  これぞという訳文ができましたら是非送ってくださいね。お待ちして
  おりま〜す。
  では早速本題に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【髪は顔の額縁(5)】

◇本日の課題
"Escoge un color dentro de lo razonable. Si eres morena oscura,
no te alejes demasiado de esos tonos ricos y fuertes. Si tu
color es rubio calido, mantente en los tonos dorados que te
anadira'n profundidad.

【語注】
escoge<escoger:選ぶ、選び出す
razonable      :分別のある、道理にかなった、十分な、妥当な
moreno         :(肌が)浅黒い、(髪・目が)暗色の
te alejes<alejarse de:〜から遠ざかる
rubio          :金髪の
calido         :暖かい感じの、暖色の
mantente<mantenerse:(姿勢・態度を)取り続ける
tono           :調子、色合い
anadira'n<anadir:付け加える、足す
profundidad    :深さ、深み、深遠さ

【直訳】
「妥当なものの中で一色を選びなさい。もし君が暗色ならば、それらの豊かで
力強い色合いから過度に離れるな。もし君の色が暖かみのある金色ならば、君
に深みを加えるであろう金色の色合いを維持し続けよ」

◇本日の課題(再掲)
"Escoge un color dentro de lo razonable. Si eres morena oscura,
no te alejes demasiado de esos tonos ricos y fuertes. Si tu
color es rubio calido, mantente en los tonos dorados que te
anadira'n profundidad.

【練り訳例1】
「色は無理のない範囲で選びましょう。地毛の色がダークブラウンなら、濃さ
や力強さを感じさせるそうした色合いからあまり離れない方が良いでしょう。
暖かみのあるブロンドなら、髪に深みを与えてくれるゴールドの色合いをその
まま維持するようにしましょう。

※Si eres morena oscuraは髪の色ではなく、肌の色を指している可能性も
  あります。

【練り訳例2】
今回は敢えて空欄にしておきます。是非ご自分で「超名訳」に挑戦してみてく
ださい!

◆編集後記◆
アースです。
またまた東京におります。
ホテルへのチェックイン前にぽっかり時間が空いてしまって、我が家の周囲
70km以内には存在しないスタバでこれを書いています。
上京するのにいちいちコンピュータ持っていくの?と、ときどき聞かれる
のですが、はい、持っていきます。
メールやネット検索だけなら携帯端末でなんとかなりますが、仕事で何か
あった場合は、やはりPCがなければまずいことになります。
わたしはとくに、「午後3時に受けて翌日午前納品」とか、「11時に入稿
して17時に納品」みたいな超短期の仕事が多いので、納品した後、数時間、
あるいは1日間は、問い合わせに対応できるようにしています。
そういう短納期の仕事は、翻訳会社さんに置いておける時間も非常に短い
ので、早めの対応が肝心だからです。
納品後、「これダメダメやんけ!やり直し!!!」とか言われたことは
幸いありませんが、翻訳会社さんから質問が来ることは稀にあります。
最近はずっと問い合わせがなかったので、先日、つい気が抜けて、
黙って(?)病院に定期検診に行ったところ、その日に限ってメールで
問い合わせが。すぐに電話して、うろ覚えの原稿と訳文を思い浮かべ
ながら、なんとか解決。
田舎の病院の前で「いえ、そこは確かグローバル市場で」とか言っている、
ものすごく怪しい人になってしまいました。
フリーランスとは、文字通り自由に仕事を受けられる仕事ではあるのですが、
反面、目が覚めた瞬間から寝る直前まで、はたまた家にいるときから何百kmも
離れた旅行先まで仕事が追っかけてくる、不自由な仕事でもあります。
ま、それでも追っかけられる仕事がなくなったらオシマイなので、ヨシと
しますか・・・
それにしても、今回の上京はなんだか慌ただしくて、翻訳会社さんを回る
ほかは、ピーチにも会えるかどうか、というところ。
う〜む、ピーチをとるか、国立博物館でやっている「国宝展」をとるか、
それがもんだいだ・・・・。


|

 スペイン語翻訳者になろう vol.333

  おはようございます。ピーチです。現在お送りしているシリーズの
  タイトルは「髪は顔の額縁」ですが、わたしの「額縁」はまったく
  手入れが行きとどいておりません。まさに「いけてない」のが
  常態です。
  しかし、額縁の中の「絵」もまた「どうにもビミョー」というレベル
  なので、額縁と絵がイマイチ同士で危うい均衡を保ち(?)、どちらかの
  酷さがとくに際立たない状況にあります(あくまで主観ですが・・。
  客観的に見たら「どっちもかなりローレベルであることは明々白々」
  だったりして・・・Gya!)。
  わたしのことはともかくとして、「絵は素晴らしいのに額縁がイマイチ」
だったり、またはその逆だったりすると、結論として「残念な人」という
  評価が下されてしまうものかもしれませんね(どっちかが素晴らしいだけ
  でもすごいこったとわたしなぞは思いまするが)。
  ・・ですが、街往く人々を見る限り、「絵」のレベルが高い人は
  まず間違いなく「額縁」 もきらりんと輝いているように感じます。
  絵がいいから額縁もよく見えるのか、それとも絵が綺麗な人は
  すべてのケアに抜かりがないのか?
  多分両説とも一理あるのじゃないかと思いますが、皆さんはどう
  思われますか?
  (一方、「額縁がきらりんでも絵が今一歩」という人はかなりいる
  ように感じます・・・
  「おまえにだけは言われたかないよ」と反駁されるとは思います
  けどね(・_・;))

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【髪は顔の額縁(4)】

Quieres recuperar los anos que te ha quitado tu cabello? Apunta estos
tips!
No te alejes de tu color natural. El color de cabello con el que
naciste es el indicado para ti, pues complementa tu tono de piel y
no se ve artificial. Sin embargo, si quieres cambiar tu color es
importante que tomes en cuenta ciertos aspectos para que el tono que
elijas no se vea como “ajeno” a ti.

【語注】
cabello        :頭髪
te ha quitado<quitarse  :(自分から)取り除く
Apunta<apuntar:メモする
tips           :こつ、ヒント(英語)
te alejes<alejarse      :遠ざかる、離れる
indicado       :適当な
complementa<complementar:補う
tono           :調子、色合い
artificial     :人工的、不自然

【直訳】
きみの頭髪がきみから取り除いた年齢を回復したいか?これらのこつをメモせ
よ!
きみの自然の色から離れるな。きみがそれを持って生まれた頭髪の色は、きみ
に適切である、なぜならきみの皮膚の色調を補い、人工的に見えないから。し
かし、もしきみが色を変えたいと望むなら、きみが選ぶ色調が、きみから「遠
い」ように見えないために、ある程度の側面を考慮に入れることが重要だ。

【練り訳例1】
髪に奪われた数年分を取り戻したいのなら、以下を覚えておきましょう!
元々の髪の色に近い色でカラーリングを。生まれ持った髪の色は、皮膚の色と
マッチし、わざとらしくないという意味で、あなたに一番似合うはず。でも、
どうしても色を変えたいときは、選んだ色合いが「異質な」感じにならないよ
う、幾つかの点を考慮することが重要です。

【練り訳例2】
傷んだ髪によって奪われた若さを取り戻したいならば、次のことに気をつけよ
う!
カラーリングをするならば本来の髪の色から離れすぎないようにしよう。持っ
て生まれた髪の色があなたに一番似合うのは、肌の色を引き立て、不自然に見
せない色であるからだ。それでも色を変えたいのであれば、選んだ色調があな
たに「なじまない」ものとならないよう、いくつかの点を考慮しなければなら
ない。

◆編集後記◆
アースです。
昨日とつぜん、「公正取引委員会」と「経済産業省中小企業庁長官」の
連名で、わたし宛てに封書が届きました。
えええええ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!
な、な、なにかやったっけ・・・?
と、驚く間もなく、全国の小規模事業者を対象に、とある調査をやって
いるので、できれば協力して欲しい、という話であることが判明。
ほっ。
「全国の事業者から無作為抽出」ということらしいので、読者の皆様の
中にも受け取った方がいらっしゃるかもしれませんね。
そういうことならまあ、協力してやるか(不遜)と、調査の背景から
用語の定義から、質問表から、じっくり読んでみたのですが。
よくまあ、これだけ分かりにくい説明をわざわざできるわい、という
くらい、わかりにくい。
例えば、「買いたたき」の説明として、
「買いたたきとは、商品若しくは役務(サービス)の対価の額を当該
商品若しくは役務(サービス)と同種若しくは類似の商品若しくは
役務(サービス)に対し通常支払われる対価に比して低く定めること
により....(以下略)」
などとあります。全編この調子なんだもん。
誤解が生じてはいけない質問文なら、百歩譲って許すとして、理解を
助けるための「用語の説明」でこれですか?
ひたすら平易(稚拙)な表現を使って、国民をバカにしたような説明を
するのもどうかとは思いますけど、これはこれで相手に分かってもらおう
という前向きな気持ちがまったく感じられない。
ただ右から左へ、機械的に翻訳をすると、たぶんこうなるんだろうな。
対岸の火事・・じゃなくて他山の石にしよう。
(めずらしくまじめにまとめてしまって、落ち着かない)

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.332

  おはようございます、ピーチです。
  かちかちに硬い文章を得手とする(?)私たちが玉砕覚悟で選んだ
  今回の課題文・・・いやー、想像以上に大変です。
  すでに十分産みの苦しみを味わっている気もしますが、その
  苦しみ度は今後ますますエスカレートするようです(次号以降の
  予告編?)。
  アースとピーチが文字通り「悶絶躄地」する姿を見たいという
  エスな皆様、どうぞご期待ください。

  それでは「まだかろうじて手に負えている」今号の本題に
  入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【髪は顔の額縁(3)】

"Otra causa del deterioro del cabello es que estamos acostumbrados
a la hidratacion y la proteccion de nuestros rostros, pero no
aplicamos los mismos conceptos basicos de cuidado para el cabello,
sostiene la estilista Gretchen Monahan. Por ende, conceder un poco
de atencion adicional a tu melena, podria hacer que luzca joven y
radiante.

【語注】
deterioro   :悪化
acostumbrados a...:〜に慣れた、習慣になった
hidratacion :水分を加えること
estilista   :スタイリスト
Por ende    :したがって
conceder    :与える
melena      :髪
luzca<lucir:輝く、光る
radiante    :輝いている、光る(形容詞)

【直訳】
「髪の悪化のもう一つの原因は、私たちは顔の保湿と保護には慣れているが、
髪に対するケアという基本的な同じ概念を適用していないことだ」と、スタイ
リストのグレッチェン・モナハン氏は主張する。従って、君の髪にもう少しの
追加の気配りを与えることが、若々しく輝くように光らせることになるだろ
う。

◇本日の課題(再掲)
"Otra causa del deterioro del cabello es que estamos acostumbrados
a la hidratacion y la proteccion de nuestros rostros, pero no
aplicamos los mismos conceptos basicos de cuidado para el cabello,
sostiene la estilista Gretchen Monahan. Por ende, conceder un poco
de atencion adicional a tu melena, podria hacer que luzca joven y
radiante.

【練り訳1】
「髪質を悪化させるもう一つの原因。それは、私たちは自分の顔の保湿や保護
は日常的に行っているのに、それと同じような基本的な手入れを髪に対しては
行っていない、ということだ」と、スタイリストのグレッチェン・モナハンさ
んは言う。要するに、髪の手入れにもう一手間かけることで、若々しく輝くよ
うな髪にできるのだ。

【練り訳2】
「髪を傷めるもう一つの原因は、顔の保湿や保護は習慣化している一方で、髪
に関しては同様の基本的なケアを怠っている点にあります」と美容専門家のグ
レッチェン・モナハン氏は指摘しています。つまり、今よりもう少し髪のお手
入れをすれば、あなたの髪は若々しい輝きを取り戻せるでしょう。

◆編集後記◆
アースです。
翻訳業界も、見直し段階を除けばペーパーレス化がどんどん進む
きょうこのごろ。(見直しだけはどーーーしても紙の上じゃないと
見逃します・・なぜなんでしょ)
昔は、明らかに手書きのものや、何年前のタイプライター使ったの?
みたいな紙の原稿があり、田舎の翻訳者のわたしのところには、まず
ファクス、次いで本物の原稿が郵便で届く、なーんてこともありました。
そういう原稿は、何度もコピーされたためか、かすれてしまって文字が
ところどころ読み取れず、実力とはまた違うところで苦労したりしましたが、
最近はフルカラーで文字くっきりの、きれ〜な原稿が、メールで届く
ようになりました。
特に企業発のブローシャーやレポートなどは、デザインも洗練され、
解像度も高く、たいへんに美しいものが多いです。
しかし、それで困っていることがあります。
日本企業は、経営陣以外のスタッフの顔をそういった刊行物に載せる
ことはあまりありませんが、外国の企業は、筆者が替わるごとに、
いちいち顔写真。
きれいなおねーちゃんとかならまあいいけど、男女問わず、
ドラマの悪役みたいな人の顔を見てもあんまりうれしくないし。
とかそういうことじゃなくて。
PC上でも校正用の紙の上でも、その顔にじっと見つめられている
ような気がして、落ち着かない!!!のです。
なので、PC上に顔が出てきてしまったときは、別のウィンドウを
重ね、印刷原稿の場合は顔部分を何かで隠し・・それでやっと
落ち着きます。
ついでにいうと、ネット検索中に表示される企業CMも困りもの。
ネット辞書を使っているときに、突如マツコ・デラックスににらまれ、
「スマホのパケット代が・・」とか繰り返し言われても困るし。
最近は、人間の顔を認識できるカメラがあるのだから、画面に人の
顔が出たら、即座にモザイクをかけるソフトとか、誰か作って
くれないかしらん。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.331

  おはようございます。ピーチです。
  前号からはじまった新シリーズは、頭髪のお話。

  そこで自分の頭髪事情をちらっとお話しますと(そんなん誰も知りたく
  ないって?)、昔は毛量の異様な多さがコンプレックスでしたが、近年
  起きているモウレツな量の抜け毛により、いまや毛量のサビシサが、
  多々あるコンプレックスのうちの一つ・・となってしまいました。
  この抜け毛の多さ、ホルモンバランスの乱れによるものらしいのですが、
  洗髪するたびにごっそり抜けて排水溝へと流れていく同胞たちを
  「SAYONARA〜! ADIOOOS!」と見送るのは実にもの哀しく、
  無念なことであります・・・。
  それはそうと、今秋、二度も電車の中で妊婦と間違えられ席を
  譲られました。もちろん、わたしゃ妊婦じゃございませんので丁重に
  お断りしましたよ、「これは自腹ですのでご心配なく」と言って。
  (最後のとこは broma です)
  自分の場合、毛量の問題以上に、「ぽっこりおなかの解消策」を
  真剣に考えたほうがいいのかもしれません。

  それでは本題に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【髪は顔の額縁(2)】

◇本日の課題
Exceso de tratamientos deterioran tu pelo

"Una mujer de 40 an~os no tiene el pelo que tenia a los 20", explica,
el experto en cabello, Philip Kingsley y destaca que es importante
entender que mientras envejecemos, nuestro cuero cabelludo se ve
afectado por la sequedad y la falta de brillo, ocasionadas por los
constantes tintes, distintos productos y los recurrentes cambios de
estilo. Estos excesos podrian ser la razon de que tu cabellera te
este' sumando an~os.

【語注】
excesos     :過剰、過多
tratamientos:処理、処置
envejecemos<envejecer:年をとる
cuero       :皮
cuero cabelludo:頭皮
sequedad    :乾燥
brillo      :光沢
constante   :絶え間ない、繰り返される
tinte       :染料
productos   :製品、商品
recurrentes :繰り返しの、反復の
estilo      :スタイル
cabellera   :頭髪

【直訳】
処置の過多はきみの髪を悪化させる
「40歳の女性は、20歳のときに持っていた髪を持っていない」と、髪の専門家
フィリップ・キングスレーは説明し、私たちが老化する間に、私たちの頭皮
は、絶え間ない染料、異なる商品、繰り返しのスタイルの変更によって起こさ
れる、乾燥と光沢の欠如による影響を受けることを理解することが重要である
と強調する。これらの過多は、きみの頭髪がきみにいくつかの年齢を加える理
由となり得るかもしれない。

◇本日の課題(再掲)
Exceso de tratamientos deterioran tu pelo

"Una mujer de 40 an~os no tiene el pelo que tenia a los 20", explica,
el experto en cabello, Philip Kingsley y destaca que es importante
entender que mientras envejecemos, nuestro cuero cabelludo se ve
afectado por la sequedad y la falta de brillo, ocasionadas por los
constantes tintes, distintos productos y los recurrentes cambios de
estilo. Estos excesos podrian ser la razon de que tu cabellera te
este' sumando an~os.

【練り訳例1】
お手入れのし過ぎは髪を傷めます
髪のプロフェッショナルであるフィリップ・キングスレーさんは、「40歳の女
性の髪は、20代のころとは違う」と言います。理解すべき重要な点として彼が
強調するのは、私たちが年を取るにつれ、頭皮の乾燥が進んだり、光沢が失わ
れたりするなどの影響を受けるという事実。これらは、絶え間なくカラーリン
グしたり、次々違う商品を使ったり、髪形を何度も変えたりといったことが要
因で起きます。これが行き過ぎると、頭髪の老化が進む原因になりかねませ
ん。

【練り訳2】
髪の過保護はダメージの元
「女性の髪は40歳と20歳ではまるで違います」とは髪のプロ、フィリップ・キ
ングスレー氏の弁。同氏が力説するには、加齢に伴って私たちの頭皮には、度
重なるカラーリングやさまざまな製品の使用、頻繁な髪形の変更等を原因とす
る乾燥やツヤ不足といった兆候が現れてくるということだ。このように髪に過
保護に接することが、頭髪の加齢を引き起こす原因となりうるのである。


◆編集後記◆
アースです。
今回のシリーズ、いつも堅い文章ばかり訳しているわたしには、か〜なり
難しい。辞書を引く回数もいつもより多いようです。
ずいぶん前の話ですが、そんなわたしを象徴するような事件がありました。
アース&ピーチ、ある英語翻訳関係者の方と3人でランチしたときのこと。
たまにしか会えないその人のため、わたしは当地産のジャムのおみやげを
持参していました。
おしゃべりに夢中になっていたわたしは、別れ際になってもまったく
ジャムのことを思い出さず、それを見かねたピーチが、こっそり小声で
"mermelada!! mermelada!!"
と言ってくれたのですが・・・
聞き覚えはあったので、スペイン語だということはわかったものの、
とっさのことで意味がまったく思い出せないわたしは、普通の声で
「めるめらーだってナニ??」
と、無邪気にも聞き返してしまったのでした。
それ以来、mermelada だけはナニがあっても忘れまい、と
誓っているわたしです。

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »