« 2014年10月1日 | トップページ | 2014年10月15日 »

2014年10月7日

スペイン語翻訳者になろう(アンコールシリーズ 第8回)

  8月20日号より、本メルマガのバックナンバーから厳選した記事を
  お届けしています。既読の方も新たな気持ちで読んでくださいね。

                      アース&ピーチ

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 経済ワードをスペイン語で学ぼう【景気循環】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

きょうは「景気循環」をとりあげます。はるか昔(?)の学生時代、
「景気」とは

 好況 → 景気後退 → 不況 → 景気回復

が一定の周期で繰り返されるもの、と習ったことを覚えている人も多い
でしょう。いまの日本は不況と景気回復の真ん中か、はたまた不況に限りなく
近い位置か・・それがわかるのは何年も経ってからなのでしょうね。

さて、このサイクルの繰り返しを「景気循環」と呼び、スペイン語では
ciclo economico と言います。上記の4つの局面はそれぞれ、

 好況   auge
 景気後退 recesion
 不況   depresion
 景気回復 recuperacion

です。いずれも後ろに economico などの形容詞がつくことがありますが、
経済の文脈で自然に出てくるようなケースでは、上記の一単語だけで
十分意味が通じるようです。

この他、たとえば「(楽観論や過大評価に基づいた)好況感、好景気」の
ことを euforia と呼びます。もともと euforia とは「幸福感、ユーフォ
リア」の意味なので、なんとなくニュアンスがわかりますね。

また有名な1929年の「世界大恐慌」は、大文字で Gran Deprecion です。

「いざなぎ景気」などの固有名詞はどう言うのかと思い調べてみましたら、

 expansion de Izanagi/Boom Izanagi/periodo Izanagi

などの表現がありました。expansion は「(経済の)拡大」ということです。

さて、それでは実際の使用例を見てみましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 実例を見てみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇La economia comienza a tener signos de recuperacion.
経済に回復の兆しが表れてきている。

◇El auge de la economia se mantiene gracias al tiron del consumo
privado.
民間消費が原動力となって好況が維持されている。

◇Europa salio' en el tercer trimestre de su peor recesion en mas de
60 an~os, con un crecimiento de 0.4 por ciento del producto interno
bruto(GDP).
第3四半期に国内総生産(GDP)成長率が0.4%に達した欧州は、この60年以上
で最悪の景気後退から脱した。

◇El desempleo ha seguido aumentando, impulsado por la peor recesion
desde la Gran Depresion.
大恐慌以来最悪のリセッションにより、失業率は上昇が続いている。




|
|

« 2014年10月1日 | トップページ | 2014年10月15日 »