« 2014年7月16日 | トップページ | 2014年7月30日 »

2014年7月23日

 スペイン語翻訳者になろう vol.326

  おはようございます。ピーチです。
  多くの地方で梅雨明けして、太陽ぎらぎらの季節がやってきましたね。
  わたし自身はあまり汗をかかない体質なのですが、きょう電車の中で、
  終点に着いたのに眠りこけている見知らぬ青年の肩を軽く揺すった時に、
  彼のポロシャツが汗を吸って重く硬くなっていたことで、
   「ああ、本格的に汗ばむ季節になったんだなあ」
  と感じました。人さまの身体で季節を知る、というのも何か変(というか、
  一歩間違えれば変態・・?)であるかもしれませんが。
  ちなみに、「終点で深い眠りに入っている人を起こす」のはわたしに
  とってのプチ社会貢献(?)であり、老若男女問わず対応しております。
  決して若い男性限定ではございませんので、念のため。

  ああ、「無益な雑談的前書きを書くのはなるべくやめよう」とここのところ
  自制していたのですが、今週は元の木阿弥になってしまっているかな・・。
  来週からガンバ路!(→なんつー文字変換!)。

  ということで早急に軌道修正し、本題へ! 経済ワードをスペイン語で
  学んでまいりましょう。
  きょうのキーワードは個人的に好きな用語です。
  なぜ好きなのか考えてみたら、辞書を書いていた頃のことをありありと
  思い出させてくれるから・・みたいです。
  あの辞書では用例もそうですが、用語説明に相当の労力を注ぎました
  (少しでも分かりやすく!と)。
  ときどき辞書のユーザーさんから、
    「この辞書、用語説明もよくできてるね!」
  的な賛辞をいただくと、嬉しくて、危うく天狗になりそうになります
  (なりませんけどね。自分ひとりの功績じゃないことは身に沁みて
  わかってますから)。

  では、ピーチの思い入れが勝手に深い「インフレ期待」に早速
  (・・じゃないけど)入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 経済ワードをスペイン語で学ぼう【ちょくねり篇】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【expectativas de inflacion】

きょうのキーワードは「インフレ期待」です。アース&ピーチが
編著者として参加した『スペイン語経済ビジネス用語辞典』では
単数形の expectativa inflacionaria の形で載せていますが、
意味は同じです。上記辞書にある用語説明は以下の通り。

インフレ期待、インフレ心理
=将来に向けて抱かれる物価上昇期待。この心理が蔓延すると期待は
  実現されて、インフレ・スパイラルが発生する。

世間では「消費者や企業が予想する将来のインフレ率(=期待インフレ率)」
を指して使われることも多いのですが、厳密には異なります。

◇本日の課題(前回の続き)
"Las expectativas de inflacion a medio y a largo plazo para la zona
del euro siguen firmemente ancladas en consonancia con el objetivo
del consejo de gobierno de mantener las tasas de inflacion en un
nivel inferior, aunque proximo, al 2 %", anade el BCE.

【語注】
a medio y a largo plazo:中・長期的に
zona del euro          :ユーロ圏
firmemente             :しっかりと、きっぱりと
ancladas<anclar       :固定する
en consonancia con...  :〜と調和して、〜と一致して
consejo de gobierno    :欧州中央銀行(ECB)の「政策理事会」

【直訳】
「ユーロ圏にとっての中・長期的なインフレ期待は、2%を下回るがそれに近
いレベルにインフレ率を維持するという、政策理事会の目標と一致してしっか
り固定され続けている」とECBは付け加える。

※ un nivel inferior, aunque proximo, al 2 %:上記直訳にある通り、「2
  %は下回るが、2%に近いレベル」という、なんとも回りくどい表現です。
  しかしこれは実際にECBの発表で使われた表現ですので、そのまま正確に
  訳す必要があります。例えば日経新聞は「2%未満だが2%に近い水準」
  「2%未満だがそれに近い水準」などとしています。

◇本日の課題(再掲)
"Las expectativas de inflacion a medio y a largo plazo para la zona
del euro siguen firmemente ancladas en consonancia con el objetivo
del consejo de gobierno de mantener las tasas de inflacion en un
nivel inferior, aunque proximo, al 2 %", anade el BCE.

【練り訳例1】
さらにECBは、「ユーロ圏の中・長期のインフレ期待は、“2%未満だがそ
れに近い水準”という政策理事会のインフレ目標の数値に確実に固定され続け
ている」と述べた。

【練り訳例2】
またECBは、「ユーロ圏の中長期のインフレ期待は引き続き、“2%未満だ
が、その近辺”という政策理事会のインフレ目標にしっかり沿う形で推移して
いる」とした。

◆編集後記◆
アースです。
昨日、翻訳会社の方と納期の話をしていて、「チェッカーの方の
夏休みもあるので云々」と言われ、はたと気がつきました。自分の
夏休みについて、何も考えていなかったことを。
家族の仕事の事情もあって、わたしはもともと7〜8月に長期
の休みをとることはないのですが、世間様がお休みのときに少しでも
休んでおきませんと、世間様が働き出したときにもズルズル働いて
しまい、結局、休みナシということになりかねません。
とはいいながら、そういうときに巨大案件でも入れば、電話なし、
メールなし、訪問者なしで、案外、進行が速く、稼ぎ時である・・
という事実もあります。
ああ、どうしよう。
こまったこまった。
と、結局、休みを宣言することもできず、さりとてこれといった
大きな仕事も入らず、たばこ屋のばーちゃんのような生活をする
ことになるのだろうな・・・(店番はしているが、ほとんど
お客が来ないので、結局一日テレビを見ている)。

|
|

« 2014年7月16日 | トップページ | 2014年7月30日 »