« 2014年3月26日 | トップページ | 2014年4月9日 »

2014年4月2日

 スペイン語翻訳者になろう vol.314

  おはようございます。ピーチです。
  4月です!新学期です!
  ということで、本メルマガでも新シリーズを始めます。
  先般のアンケートで最も要望の多かった「ちょくねり」を行って
  いきます(「またか」と思われた方、申し訳ありません。前回の
  「出てきそうで出てこない」のようには長くならないと思いますので、
  しばしお付き合いくださいませ)。

  新学期を迎えるにあたって「新たに頑張る」目標を定めた方も多く
  いらっしゃるかもしれませんが、わたしには「これだけはいーかげん
  やめたい」と思うことがあります。
  それはゴミをゴミ箱に捨てるとき「どうしても投げずにはいられない」
  という悪癖です。
  コントロールが悪いせいか、「10回に一度入るか入らないか」の確率
  なので、初めから 素直に捨てに行ったほうがぜったい効率的なのに、
  どうしても投げることをやめられないのです。
  投げたゴミは決まってゴミ箱の手前や向こう側に落っこちるので、
  すごすごと拾いに行き、そこでも懲りずにまた少し後ろに下がって
  投げ入れようとするも、又しても的を外れ、 がっくり項垂れて拾う・・・
  なんてばかげたことをもう十数年(数十年?)も繰り返しています。
  この癖、治るんでしょうかねえ?年季が入り過ぎているために無理の
  ような気もしますが・・・。

  ではきょうも粛々と本題に入ってまいりましょう(この原稿が読者さん
  たちの手によってすぐさま「ゴミ箱行き」とされないことを願いつつ・・)

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【腎臓をいたわる5つの方法(1)】

◇本日の課題
"Empezar el dia con un vaso de agua simple", es una recomendacion
que da la Medica Especialista en Nefrologia, Janette Estefan, en
marco de la celebracion del Dia Mundial del Rin~on. Una accion que
pareceria facil, pero no en un pais con el mayor consumo de
refresco en America Latina.

【語注】
agua simple   :淡水、(ただの)水
recomendacion :推薦、推奨
Medica Especialista en Nefrologia:腎臓専門医
celebracion   :開催
en marco de...:〜の枠内で、〜の枠組みで
Dia Mundial del Rin~on:世界腎臓デー
refresco      :(中南米で)炭酸飲料

【直訳】
「コップ一杯の水と共に一日を始める」は、世界腎臓デーの開催の枠組みの中
で、腎臓専門医ジャネット・エステファンが与える推薦である。簡単に見える
かもしれない行動であるが、ラテンアメリカにおける炭酸飲料の最大の消費の
国においては違う。

◇本日の課題(再掲)
"Empezar el dia con un vaso de agua simple", es una recomendacion
que da la Medica Especialista en Nefrologia, Janette Estefan, en
marco de la celebracion del Dia Mundial del Rin~on. Una accion que
pareceria facil, pero no en un pais con el mayor consumo de
refresco en America Latina.

【練り訳例1】
世界腎臓デーが開催された際、腎臓専門医のジャネット・エステファンは、
「コップ一杯の水で一日を始める」ことを勧めた。簡単な行動に見えるが、ラ
テンアメリカ最大の炭酸飲料消費国にとってはそうではない。

【練り訳例2】
「毎朝コップ一杯の水を飲む」----世界腎臓デーで腎臓専門医ジャネット・エ
ステファンが推奨した行動である。いかにも簡単そうだが、ラテンアメリカで
炭酸飲料の消費量が最も多い国の人々にとっては、決してそうではない。

【練り訳例3】
「朝起きたらまずコップ一杯の水を飲みましょう」と、腎臓を専門とするジャ
ネット・エステファン医師が世界腎臓デーの中で呼びかけた。いかにも簡単そ
うな行動だが、ラ米で最大の炭酸飲料消費国においてはそう単純には話は進ま
ない。

◆編集後記◆
アースです。
朝起きたらまずやること・・・なんでしょう。
いまの時代、やはりメールチェックでしょうか。
以前、経済辞書を作っていたときは、朝一でメールチェックすると
ピーチその他のメンバーからメールてんこもり、なんてことがあり、
携帯端末ではラチがあかないので、起きたらお手洗いに行くより
顔を洗うより前に、PCのスイッチを入れるという生活をして
いました。(昔のPC、立ち上がるのにも時間がかかりました・・)
いまも朝食前にPCをつけて、メールを読んだり書いたりすることは
あります。ただ、翻訳会社の方は、仕事のメールを個人の携帯電話に
転送している方が多いので、ピーチ以外の人への業務メールは、
なるべく8時を過ぎてから送るようにしています。
メールを書いた直後にうっかり送ってしまって、翻訳会社の方に、
どんだけ早起きですか、と突っ込まれたこともあります。。
(アース&ピーチ間はいいのです。お互い早起きさんですので)
でも、5〜6時台に仕事すると、すごく効率がいいのですよね。
一日で本当の本当に集中できるのは、この仕事始めの数十分だけ
なんじゃないか、と思うこともあります。
起きたばかりで、視覚聴覚から取り込んだ情報が少ないせいで、
目の前にある原文・訳文に純粋に集中できるからじゃないかと分析
しているのですが。
これはつまり、時間が経てば立つほど、目と耳から入る情報が増えていき、
どんどん気が散っていく・・ということなのだろうなあ。

|
|

« 2014年3月26日 | トップページ | 2014年4月9日 »