« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

 スペイン語翻訳者になろう vol.303

  おはようございます。ピーチです。
  今年ももうすぐ終わり。。。
  アースとは対象的に(編集後記参照)、わたしにはいろいろなことが
  あり過ぎた一年で、 例年にもまして猛スピードで時間が過ぎ去りました。
  あまりの速さに、為す術がみつからぬまま、今も世界の片隅にひとり
  ぽつんと取り残された(周囲の人々や事象に全くついていけていない)
  感があります。
  ほとんどの時間を呆けていたので本もあまり読まなかったのですが、
  その少ない読了本のなかで敢えて「ブック・オブ・ザ・イヤー(para
  peach)」を挙げるなら、沢木耕太郎氏のノンフィクション、
  「流星ひとつ」です。
  今後の人生でも折に触れて読み返す一冊となりそうです(この波乱含みの
  一年を思い出しながら・・・)

  さて、来週の今日はもうナビダですね!
  そしてその翌週は元旦と、皆さまもメルマガなど読んでいる余裕は
  なくなる時節かと存じます。
  つきましては、来週から数回にわたり、このメルマガもお休みを
  いただくことと致しました。
  この次御目にかかるのは2014年となりますね。
  皆さま、どうかお元気でよいお年をお迎えください!

  それでは今年最後の本題に入ってまいりましょう〜〜♪

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【出てきそうで出てこない!(6)】

◇本日の課題
Los participantes podian optar entre varias respuestas si decian que
conocian la respuesta, pero no recordaban el nombre de las personas
de las fotografias o la palabra que les definian o describian. Si
acertaban, se consideraba que habian tenido la palabra en la punta
de la lengua.

【語注】
optar                :選ぶ、選択する
definian<definir    :定義する、意味を明らかにする
describian<describir:描写する、説明する
acertaban<acertar   :(言い)当てる、探し当てる

【直訳】
参加者は、その答えを知っていると言うが、写真の人物の名前または、彼らを
定義するまたは描写する言葉を思い出さない場合、幾つかの答えから選ぶこと
ができた。言い当てた場合、舌の先に言葉を持っていたと考えられた。

◇本日の課題(再掲)
Los participantes podian optar entre varias respuestas si decian que
conocian la respuesta, pero no recordaban el nombre de las personas
de las fotografias o la palabra que les definian o describian. Si
acertaban, se consideraba que habian tenido la palabra en la punta
de la lengua.

【練り訳例1】
実験の参加者は、答えを知っていると言いながら、写真の人物の名前や、彼ら
を描写したり説明したりする言葉が思い出せなかった場合、幾つかの選択肢か
ら答えを選ぶことができる。その結果、答えを言い当てた場合は、「言葉が舌
の先まで出ていた」と見なされるわけである。

【練り訳例2】
被験者は、答えが分かっていると言いつつも、写真に写っている人の名前や、
その人に関する定義または説明が言葉として出てこない場合、いくつかの答え
の中から正解を選ぶことが許されました。その結果が正解であれば、「のど元
まで言葉が出かかっていた状態」であると考えられます。


◆編集後記◆
アースです。
え。年末ですか?
ウソでしょ。
言わずにおらりょうか、使い古されたこのセリフ。
月日が経つのは早いですねえ・・・・(嘆息)。
ともあれ、2013年も無事に過ごすことができました。
ありがたいことです。
今年のハイライトは、なんだったかなあ。
う〜む、とくにない。こんな平坦な年も珍しいかも。
食って寝て仕事してメルマガ出して食って寝て仕事して
メルマガ出してたら、1年が過ぎました。
ま、たまにはこんな年もいいかな。
でも来年は、なにかエキサイティングなことが起きてほしい
ものよ、と本気で願うわたしです。
エキサイティングなことってなにかって?
そりゃもちろん、宇宙人が万能通訳機持参でうちの庭に現われるか、
わたしがいつも仕事で使っている机の引き出しが突如としてタイム
マシンになるか、どっちかでしょ。
でも、どっちかと言われれば、タイムマシンかなぁ。
それでいつの時代に行くか?
それはもちろん、まずは100年後に行ってそこで1年暮らし、
またそこから100年後に行って1年暮らし、それを10回くらい
やったら、今度は飛ぶ時間を1000年後にして10回繰り返す。
そして次は1万年にして・・
というのが、わたしの切なる希望です。

え、つきあいきれないからとっとと締めのあいさつでもしろ?
ハイ。失礼しました。
それでは皆様、今年もご愛読ありがとうございました。
来年のいずれかの水曜日に、またお会いしましょう〜!

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.302

  おはようございます。ピーチです。
  最近ショッキングだったこと!(食べ物編)
  わたしが愛飲していたのみもの「豆乳」がじつはアンヘルシーな
  食品であることがアメリカの研究者の発表でわかったそうです。
  豆乳は大豆が持つ毒(アンチニュートリエント)の塊で、タンパク質の
  消化吸収の邪魔をするという悪い作用があるほか、脳の発達に欠かせない
  亜鉛、骨の形成に必須のカルシウムやマグネシウム、血液のもとになる
  鉄の吸収も阻害するそうなのです・・・。ぐわーーん。。。。
  何号か前のメルマガにも書いたとおり、わたしは毎朝「豆乳しょうが
  紅茶」を飲むのを習慣にしていたのですが、この研究結果を知って
  しまった以上、今後はただの「しょうが紅茶」または
  せいぜい「しょうがミルクティー」にするしかないかなあ。
  ところで、「毎朝紅茶を飲んでいる」との記述を読んで、フランスの
  super rico な te para desayunoを送ってくださった、本メルマガ読者
  兼わが旧友yrponさん、お心遣いとっても嬉しかったです!
  毎日美味しくいただいています!millones de gracias!
  近々お礼のお手紙、書きますね〜。

  それではきょうはちょっと「ひっかかりそう」な内容です。
  早速(でもないですが)入ってまいりましょう〜。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【出てきそうで出てこない!(5)】

◇本日の課題
El equipo tambien intento' gatillar situaciones con palabras
atascadas "en la punta de la lengua".
Por ejemplo: los participantes tenian que recordar el nombre de
personas famosas que parecian en fotografias y responder preguntas
como "como se llama el edificio en el que se pueden proyectar
imagenes de cuerpos celestes sobre la superficie interior de un
domo?".

【語注】
atascadas<atascar:妨げる、詰まらせる
cuerpos celestes  :天体
domo              :ドーム

※ gatillar:載せていない辞書も多いようです。gatillo=「(銃の)引き
  金」から、「引き金を引く、(出来事などを)引き起こす」の意味で使わ
  れています。

【直訳】
チームはまた、「舌の先」で詰まらされた言葉とともにある状況を引き起こす
ことを試みた。
例えば、参加者は、写真に現われる有名な人の名前を思い出し、「ドームの内
側の表面の上に天体の映像が投影され得る建物はどのように呼ばれるか」のよ
うな質問に答えなければならなかった。

◇本日の課題(再掲)
El equipo tambien intento' gatillar situaciones con palabras
atascadas "en la punta de la lengua".
Por ejemplo: los participantes tenian que recordar el nombre de
personas famosas que parecian en fotografias y responder preguntas
como "como se llama el edificio en el que se pueden proyectar
imagenes de cuerpos celestes sobre la superficie interior de un
domo?".

【練り訳例1】
さらにチームは、「舌の先」に言葉がひっかかっている状態を作り出そうとし
た。
被験者に対しては、たとえば、有名人の写真を見てその人の名前を思い出し、
「ドームの内側に天体の像が投影される建物のことを何というか」といった質
問に答えることが求められていた。

【練り訳例2】
研究チームはまた、「のど元まで言葉が出かかっている」状態を作り出そうと
試みた。
実験の参加者は例えば、写真に写った有名人の名前を思い出し、「ドーム内部
の表面に天体のイメージを映し出せる建物の名前は?」などの質問に答える必
要があった。

【練り訳例3】
また、研究チームは「言葉が舌の先まで出かかっている」状況をお膳立てする
ことに着手しました。
例えば被験者は、有名人の写真を見てその人の名前を思い出すと同時に、
「ドームの内側に天体の像が投影される建物のことを何というか」といった質
問に答えなければなりません。

※このスペイン語を読むと、被験者に行う質問は、一度に一つとも受け取れま
  す。しかし同じ内容の英語の記事を読みますと、被験者は有名人の写真を見
  て名前を思い出す一方、「天体像が投影される建物の名前は?」という質問
  にも答えなければならない、ということのようです。つまり2つのことを一
  度にさせることによって、より「言葉が出にくい」状況を作り出そうとした
  のでしょう。例3ではその点がはっきり伝わるようにしてみました。


◆編集後記◆
アースです。
7月中に夏休みの宿題を終えるタイプのわたし。
2013年度分の確定申告に必要な領収書は、光熱費を除けばほぼ
出尽くしたので、とっととPCに入力しようと画策中です。
そういうと、「偉い!!」とか言われるのですが、いずれにせよ
3月中旬までにはやらなきゃならないんだから、先に済ませて
心の重荷を早めに取り除いたほうがいいじゃん?といつも思います。
宿題も、8月の終わりにはどうしたってやらなきゃならない、
という暗い気持ちを頭のすみっこに残したままで遊ぶより、
7月中にできるものはやっちゃって、ハレバレと8月を満喫
したほうが、ずっといいではありませんか。
むしろ、頭の隅っこの重さに耐えている人のほうがずっと偉い、と
思ったりします。
・・といつも主張するのですが、どうもこの考え方、超少数派の
ようで、同じ意見の人に出会ったためしがありません。
念のため言っておきますが、7月中に宿題を片づけるからといって、
別に丁寧に真剣にやっていたわけではなくて、多くの人が8月末に
だーーーっといいかげんに(?)片づけるのとまったく同じです
(でした)。
なので、単に先にやるか後にやるかってだけの違い。
だと思うんだけどなあ・・・・
同じ意見の方、いませんか?

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.301

  おはようございます。ピーチです。
  最近たまげたこと(日常くだらな編)。
  重たい長財布を持っていくのが邪魔くさかったので、お札数枚と
  小銭ひとつかみをテキトーにポケットに突っ込んで、スーパーへ
  買い物に行きました。
  買い物かごをレジに持っていって精算してもらい、ポケットの
  有り金を手のひらに並べてみたところ、な・な・な〜んとその
  有り金と精算額がぴったり合致していたんです!
  何千何百何十何円まできっちり同額!
  自分がエスパーかと本気で思いましたよ。
  こんなことってあるんですね〜(皆さんも同じ経験あります?)
  帰りのポケットは一円も入っていない軽やかさ。何とも言えない
  爽快感でした!
  しかし今回はぴったりだったからよかったものの、一円でもオーバー
  していたら買うものを何か1つは返品しないといけない、危うい状態
  だったわけですね(*_*;)(お金が足りなくて返すって、ちょっと
  恥ずかしいですよね・・)

  おっと、今回も雑談が長すぎました。。反省。
  もはや「早速」ではないですが、本題に入っていきましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【出てきそうで出てこない!(4)】

◇本日の課題
En la revista Psychological Science, Salthouse y Arielle Mandell
publican los resultados obtenidos en 718 adultos de entre 18 y 99
an~os del Proyecto de Envejecimiento Cognitivo de Virginia. A todos
se les realizaron varios tests de memoria.

【語注】
obtenidos<obtener      :獲得する、得る
Envejecimiento Cognitivo:認知(的)加齢
se (les) realizaron<realizarse:実施される、実行される

【直訳例】
雑誌“Psychological Science(心理科学)”で、ソルトハウスとアリエル・
マンデルは、バージニアの認知的加齢プロジェクトの、18〜99歳の718人の大
人で得られた結果を公表する。全員に、様々な記憶のテストが実施された。

◇本日の課題(再掲)
En la revista Psychological Science, Salthouse y Arielle Mandell
publican los resultados obtenidos en 718 adultos de entre 18 y 99
an~os del Proyecto de Envejecimiento Cognitivo de Virginia. A todos
se les realizaron varios tests de memoria.

【練り訳例1】
バージニア大学のソルトハウス教授とアリエル・マンデルは、同大学の認知加
齢プロジェクトで参加した成人718名(18〜99歳)から得られた結果を雑誌
“Psychological Science(サイコロジカル・サイエンス)”に発表した。参
加者全員に対しては、様々な記憶テストが実施された。

【練り訳例2】
バージニア大学のソルトハウス教授とアリエル・マンデル氏は、同大学の認知
加齢プロジェクトで718人の成人(18〜99歳)を対象に行った様々な記憶テス
トの結果を、認知心理学雑誌“Psychological Science(サイコロジカル・サ
イエンス)”に発表した。

※ Arielle Mandell はこの段落で初めて出てきた名前です。この人の身分に
  ついて原文には何も書かれていませんので、上記では「氏」をつけました
  が、できれば調査して補足しておきたいところです(英文記事では
  undergraduate researcher となっていました)。

  また、練り訳例1では la revista Psychological Science を単に「雑誌
  “〜”」としていますが、一般の読者にはなじみのない雑誌ですので、例2
  のように「認知心理学雑誌」という言葉を(調査のうえで)補足する手もあ
  ります。

【練り訳例3】
バージニア大学のソルトハウス教授とアリエル・マンデル研究員は、同大学の
認知加齢プロジェクトとして18歳から99歳までの成人718名に対して様々な記
憶テストを行い、そこで得られた結果を“サイコロジカル・サイエンス(心理
科学)”という雑誌上で発表しました。


◆編集後記◆
アースです。
ここのところ、脳みそがちぎれそうに難しい内容の原文と
ずっと戦ってます。まさに戦い。とおっ。
普段の仕事であれば、なんだかんだ理由をつけて机を離れる
のですが、今回は納期はそれほどきつくはないものの、あまりの
難しさに先の見通しが立たず、精神的な余裕がありません。
なので、必然的に机の前からまったく離れないことになります。
食べなきゃ頭が回りませんので、ごはんだけは作って食べますが、
他はまさに机に張り付きっぱなし。
ほんと、こんな生活なら、どんな大都会に住んでいても、
ここみたいなドドド田舎に住んでいても、まったく関係ナシ。
この3日間、家からほとんど出ていません。
ってことは、1日にいったい何歩あるいてるんだろう。
500歩くらい?? 3日で1500?
足がなくなりそう。
いや、もう3センチくらい短くなったかも。
どれだけ運動不足でも、どれだけイスに座りっぱなしでも、
なぜか肩凝りや腰痛にはならないので、それだけは幸い
なのですが。
座ってPCに向かっているだけで運動になる、「翻訳者運動
不足解消ギプス」、だれか発明してくれません?

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »