« 2013年12月4日 | トップページ | 2013年12月18日 »

2013年12月11日

 スペイン語翻訳者になろう vol.302

  おはようございます。ピーチです。
  最近ショッキングだったこと!(食べ物編)
  わたしが愛飲していたのみもの「豆乳」がじつはアンヘルシーな
  食品であることがアメリカの研究者の発表でわかったそうです。
  豆乳は大豆が持つ毒(アンチニュートリエント)の塊で、タンパク質の
  消化吸収の邪魔をするという悪い作用があるほか、脳の発達に欠かせない
  亜鉛、骨の形成に必須のカルシウムやマグネシウム、血液のもとになる
  鉄の吸収も阻害するそうなのです・・・。ぐわーーん。。。。
  何号か前のメルマガにも書いたとおり、わたしは毎朝「豆乳しょうが
  紅茶」を飲むのを習慣にしていたのですが、この研究結果を知って
  しまった以上、今後はただの「しょうが紅茶」または
  せいぜい「しょうがミルクティー」にするしかないかなあ。
  ところで、「毎朝紅茶を飲んでいる」との記述を読んで、フランスの
  super rico な te para desayunoを送ってくださった、本メルマガ読者
  兼わが旧友yrponさん、お心遣いとっても嬉しかったです!
  毎日美味しくいただいています!millones de gracias!
  近々お礼のお手紙、書きますね〜。

  それではきょうはちょっと「ひっかかりそう」な内容です。
  早速(でもないですが)入ってまいりましょう〜。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【出てきそうで出てこない!(5)】

◇本日の課題
El equipo tambien intento' gatillar situaciones con palabras
atascadas "en la punta de la lengua".
Por ejemplo: los participantes tenian que recordar el nombre de
personas famosas que parecian en fotografias y responder preguntas
como "como se llama el edificio en el que se pueden proyectar
imagenes de cuerpos celestes sobre la superficie interior de un
domo?".

【語注】
atascadas<atascar:妨げる、詰まらせる
cuerpos celestes  :天体
domo              :ドーム

※ gatillar:載せていない辞書も多いようです。gatillo=「(銃の)引き
  金」から、「引き金を引く、(出来事などを)引き起こす」の意味で使わ
  れています。

【直訳】
チームはまた、「舌の先」で詰まらされた言葉とともにある状況を引き起こす
ことを試みた。
例えば、参加者は、写真に現われる有名な人の名前を思い出し、「ドームの内
側の表面の上に天体の映像が投影され得る建物はどのように呼ばれるか」のよ
うな質問に答えなければならなかった。

◇本日の課題(再掲)
El equipo tambien intento' gatillar situaciones con palabras
atascadas "en la punta de la lengua".
Por ejemplo: los participantes tenian que recordar el nombre de
personas famosas que parecian en fotografias y responder preguntas
como "como se llama el edificio en el que se pueden proyectar
imagenes de cuerpos celestes sobre la superficie interior de un
domo?".

【練り訳例1】
さらにチームは、「舌の先」に言葉がひっかかっている状態を作り出そうとし
た。
被験者に対しては、たとえば、有名人の写真を見てその人の名前を思い出し、
「ドームの内側に天体の像が投影される建物のことを何というか」といった質
問に答えることが求められていた。

【練り訳例2】
研究チームはまた、「のど元まで言葉が出かかっている」状態を作り出そうと
試みた。
実験の参加者は例えば、写真に写った有名人の名前を思い出し、「ドーム内部
の表面に天体のイメージを映し出せる建物の名前は?」などの質問に答える必
要があった。

【練り訳例3】
また、研究チームは「言葉が舌の先まで出かかっている」状況をお膳立てする
ことに着手しました。
例えば被験者は、有名人の写真を見てその人の名前を思い出すと同時に、
「ドームの内側に天体の像が投影される建物のことを何というか」といった質
問に答えなければなりません。

※このスペイン語を読むと、被験者に行う質問は、一度に一つとも受け取れま
  す。しかし同じ内容の英語の記事を読みますと、被験者は有名人の写真を見
  て名前を思い出す一方、「天体像が投影される建物の名前は?」という質問
  にも答えなければならない、ということのようです。つまり2つのことを一
  度にさせることによって、より「言葉が出にくい」状況を作り出そうとした
  のでしょう。例3ではその点がはっきり伝わるようにしてみました。


◆編集後記◆
アースです。
7月中に夏休みの宿題を終えるタイプのわたし。
2013年度分の確定申告に必要な領収書は、光熱費を除けばほぼ
出尽くしたので、とっととPCに入力しようと画策中です。
そういうと、「偉い!!」とか言われるのですが、いずれにせよ
3月中旬までにはやらなきゃならないんだから、先に済ませて
心の重荷を早めに取り除いたほうがいいじゃん?といつも思います。
宿題も、8月の終わりにはどうしたってやらなきゃならない、
という暗い気持ちを頭のすみっこに残したままで遊ぶより、
7月中にできるものはやっちゃって、ハレバレと8月を満喫
したほうが、ずっといいではありませんか。
むしろ、頭の隅っこの重さに耐えている人のほうがずっと偉い、と
思ったりします。
・・といつも主張するのですが、どうもこの考え方、超少数派の
ようで、同じ意見の人に出会ったためしがありません。
念のため言っておきますが、7月中に宿題を片づけるからといって、
別に丁寧に真剣にやっていたわけではなくて、多くの人が8月末に
だーーーっといいかげんに(?)片づけるのとまったく同じです
(でした)。
なので、単に先にやるか後にやるかってだけの違い。
だと思うんだけどなあ・・・・
同じ意見の方、いませんか?

|
|

« 2013年12月4日 | トップページ | 2013年12月18日 »