« 2013年11月13日 | トップページ | 2013年11月27日 »

2013年11月20日

 スペイン語翻訳者になろう vol.299

  おはようございます。ピーチです。
  あっというまに11月も下旬!
  月初めに連休があると、一か月がますますはやく感じられますね。
  時間の流れに置いていかれないように、早速今週の課題に入って
  まいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【出てきそうで出てこない!(2)】

◇本日の課題
Los autores hallaron que esas situaciones eran cada vez mas comunes
con los an~os, aunque no estaban asociados con una perdida de la
memoria.

【語注】
hallaron<hallar:発見する、見つける
cada vez mas    :cada vez+比較級で「だんだん、ますます」
comunes         :普通の、ありふれた
asociados       :関連した
perdida         :喪失

※ autores=「作者、著者」。先週の課題で出てきた estudio(研究)を
  行った研究者を指しています。

【直訳】
著者は、それらの状況は、記憶の喪失に関連していないが、年齢と共にだんだ
んより普通であることを発見した。

◇本日の課題(再掲)
Los autores hallaron que esas situaciones eran cada vez mas comunes
con los an~os, aunque no estaban asociados con una perdida de la
memoria.

【練り訳例1】
年齢が進むとともに、そうした状態は起きやすくなるものの、記憶喪失とは関
係ないことを研究者らは発見した。

【練り訳例2】「のど元まで出かかった言葉が出てこない」という現象は加齢
とともに顕著になりはするものの、「記憶の喪失」とは無関係であるというこ
とを、研究者たちは明らかにしました。

◆編集後記◆
アースです。
うううう、ざぶい。ちめたい。
まだ11月じゃんよ〜。
前書きで「あっというまに11月も下旬!」なんて言ってる人も
いますけど、まだ11月じゃんよ〜。
今年はいったいいつになったらストーブを出すことになるん
だろう、なんて思ってたら、きっちり例年通り10月末。
雪も遅いかもね、なんて言ってたら、11月上旬には雪。
しかも1〜2センチながら積もり、2日後の朝まで残る
ていたらく(?)。
こんな商売ですので、車で外出することはそんなにないため、
いつも車のタイヤを交換するのは12月に入ってからなんですが、
今年はあわあわと車屋さんに行って、変えてもらいました。
もうすぐ、ハンドルも触れないくらい冷たくなるんだろうなぁ。
朝、台所の包丁も、持ったら放り出してしまうくらい冷たくなる
んだろうなぁ。
寒いのは嫌いじゃありませんが、手が冷たいのはきらい。
台所で使うゴム手袋って、裏毛がついていて暖かいものもあり
ますけど、なにしろ分厚くて、細かい作業には不向き。
火星まで行こうっていう時代なんだからさ〜。
世界一の技術力を誇る日本の製造業のみなさん。
お医者さんの使うような薄い手袋で、保温性も高いものを作って、
世の中のハウスキーパーさん(とくにわたし)を冷たさから
開放してほしい!と強く希望します。

|
|

« 2013年11月13日 | トップページ | 2013年11月27日 »