« 2013年9月25日 | トップページ | 2013年10月9日 »

2013年10月2日

 スペイン語翻訳者になろう vol.294

  おはようございます。ピーチです。
  先日大都会にやってきた「田舎の翻訳者Eさん」とスペイン料理屋で
  ランチをし、時間がなかったので間髪いれずケーキ屋さんに移動して
  お茶しました。
  わたしが以前から
    「ミルクレープって美味いっすよ〜」
  と言っていたのに感化されていたEさん、田舎のコンビニで買って
  食べたそうなのですが「ミルクレープもどき」を脱しない
  お味だったので、都会に出た際に食べるのを楽しみにしていた
  そうです。
  われらが入ったそのケーキ屋さんには僥倖にも「メープルミル
  クレープ」なるものがあったので、早速注文してみたのですが、
  外観を見た瞬間、
    「何か違う」
  といういや〜な予感が。。。
  食べてみるとその予感が的中!
  それは「ミルクレープもどき」どころか「ミルクレープとは異なる
  もの」でありました。。。
  そう、なんと大都会の中でも食のレベルの高い街Sのおしゃれな
  ビルで供されるミルクレープが、ド田舎(失礼・・)Y村の
  コンビニの陳列台に並ぶミルクレープに負けてしまった
  ・・らしいのです!
  こんなことがあっていいのでしょうか!?
  次の機会には、某有名コーヒーチェーンDのミルクレープを
  食すようにEさんに忠告することを忘れなかったピーチでした
  (Dのミルクレープはそこそこレベルが高いと思います)。

  さて、シリーズ「東京オリンピック」、第1回をお送りした
  ところで、先週はいきなり横道にそれてしまいましたが、本日は
  元に戻って第2回をお送りします。短い文章ですが、いくらでも
  訳しようがありますので、ぜひトライしてみてください。
  それでは始めましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2020年東京オリンピック(2)】

◇本日の課題
Las tres candidatas favoritas eran Tokio, Estambul y Madrid, que
quedo' eliminada en primera votacion tras caer contra Estambul por
45 votos a 49.

【語注】
candidatas:候補者、志願者
favoritas :お気に入りの、ひいきの、本命の
quedo'<quedar     :(+形容詞句・副詞句)〜の状態になる
eliminada<eliminar:除去する、排除する
votacion  :投票、採決
caer      :失脚する、負ける
votos     :票、投票

【直訳例】
3つの本命候補地は東京、イスタンブール、マドリードで、マドリードは第一
回投票で45対49でイスタンブールに負けた後、排除された状態になった。

【練り訳例1】
立候補を表明していたのは東京、イスタンブール、マドリードの3都市であっ
たが、このうちマドリードは第一回投票において45対49でイスタンブールに敗
れ、脱落していた。

【練り訳例2】
東京、イスタンブール、マドリードの3都市が開催地の座を争ったが、一回目
の投票でマドリードはイスタンブールに45対49で敗れ、落選した。

【練り訳例3】
最終的に残った候補は東京、イスタンブール、マドリードの3都市。マドリー
ドは最初の投票でイスタンブールに敗北し(45対49)、候補から外れた。


◆編集後記◆
アースです。
先日、久しぶりに大都会の大書店で3時間過ごしました。
いまわたしが住んでいるところは、棚が1列しかないような
ごく小さな本屋さんさえ、車で20分かけて行かねばならぬ
ようなド田舎。
昔と違って、いまは大熱帯雨林書店等の巨大通販がありますから、
目当ての本がある場合には問題ありませんが、店先で実際に
手にとり、ぱらぱらと流し読みして、相性の合う本をまとめ買い
する・・という贅沢はできません。
なので、都会に行ったときにまず足を向けるのは大書店です。
先日も、最上階の洋書コーナーから始めて、上から下までじっくり
回ろう、と思っていたのですが、結局、最上階だけで1時間以上
かけてしまいました。
だいたい、 最近の本屋さんはイスが置いてあるのがいかん。
いえ、大変結構なのですが、つい長居してしまう原因になります。
とくに洋書は、読みたい本かどうかを判別するまでに、どうしても
時間がかかりますが、イスがあるとなると、疲れも遠慮もなくなって
しまいます。
でも、腰を落ち着けて、気の合う仲間を探す楽しみは、なにものにも
かえがたいですよね。
結局、すごく軽そうなミステリを一冊と、"What on Earth Happened?"
という重い本を購入しました(ほんとに重い)。「地球、生命、人の
complete story、ビッグバンから現代まで」だそうです。(買った
理由の4分の1くらいは、タイトルのおもしろさ)
ミステリはともかく、この本を読み終わるのはいつか?
そもそも読み終わるのか?神のみぞ知る。

|
|

« 2013年9月25日 | トップページ | 2013年10月9日 »