« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

 スペイン語翻訳者になろう vol.288

  おはようございます。アースです。
  梅雨入りからこっち、大雨になったり猛暑になったり、忙しい
  ことですね。以前はこういうのを「陽性の梅雨」と言っていたような
  気がしますけれども、最近は陰か陽かを通り越して、とにかくひたすら
  極端な天気が多いように思います。
  わたしの住む地区一帯は、10年ほど前に浸水被害を受けたことが
  あります。
  近くを流れる川の土手も削れてしまって、一時はひどい状態でした。
  その後、以前から計画のあったささやかなダムが上流に完成し、
  川の護岸(修復)工事もちゃくちゃくと進んで、最近ではかなりの
  大雨でも浸水するようなことはなくなりました。
  税金の無駄遣いの象徴のように言われる公共工事ですが、実際、
  このように恩恵を受けると、本当に必要な防災・減災工事も
  やっぱりあるんだなあ・・としみじみ思います。
  って、当たり前のことでした。
  そのために、一生懸命、税金を払っているんです。
  だから有効に使ってくれい。

  ということで、きょうは「危機管理」の4回目です。
  それでは始めましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【危機管理(4)】

◇本日の課題
PwC, a traves de profesionales del area de Manejo de Crisis, cuenta
con la experiencia y los recursos necesarios para asistirlos desde
el diseno del plan de accion para el reestablecimiento de
operaciones, asi como en las distintas etapas del proceso para
lograr dicho objetivo.

【語注】
Manejo de Crisis:危機管理、リスク管理
cuenta con...<contar con...:〜を備えている
recursos        :(人材、資産、資金などを含めた)リソース、経営資源
re(e)stablecimiento:復興、復旧

※ PwC はコンサルティング会社 Price Waterhouse Coopers(プライスウォー
  ターハウスクーパース)の略。

【直訳例】
PwCは、危機管理分野の専門家を通じ、事業の復旧のための行動計画の設計、
及びこの目的を達成するためのプロセスの様々な段階において、それらを支援
するために必要な経験と資金を有している。

※上記直訳は、desde の後ろに en が省略されているものとして解釈していま
  す。

※ asistirlos の los が何を受けているかが問題です。まず、これまでに出
  てきた男性複数形の名詞のうち negocios、montos、profesionales、
  recursos については、文章全体の流れや文意から見て los がそれら(のい
  ずれか)を受けている可能性は低いようです。また dan~os は、「損害を支
  援」から転じて「損害額を支援」「損害からの復旧を支援」のように考えれ
  ば、意味が通らないことはありませんが、いささかこじつけ気味です。

  他方 PwC はコンサルティング会社で、asistir する対象は「顧客」である
  という大前提があり、筆者が常に「顧客(los clientes)」を念頭に文書を
  書いているため、ここでもつい代名詞だけを使ってしまった・・という可能
  性も否定できません(現に、このあとの段落に asesorando  a clientes と
  いう語句が出てきます。登場順は逆転しますが、後に出てくる clientes が
  筆者の頭の中にあったために、本段落で los を使ってしまったのかもしれ
  ません)。したがって、練り訳では asistirlos の los は「顧客」と訳し
  ました。

◇本日の課題(再掲)
PwC, a traves de profesionales del area de Manejo de Crisis, cuenta
con la experiencia y los recursos necesarios para asistirlos desde
el diseno del plan de accion para el reestablecimiento de
operaciones, asi como en las distintas etapas del proceso para
lograr dicho objetivo.

【練り訳例1】
PwC は事業復旧のための行動計画設計から、その実現に向けたプロセスの様々
な段階に至るまで、顧客をサポートするために必要な経験やリソースを、危機
管理分野の専門家という形で有しています。

【練り訳例2】
PwC は、事業復旧のための行動計画設計、またその達成のための各プロセス
で、顧客の支援にあたって必須の経験・リソースを有する危機管理のプロ
フェッショナルを擁しています。

【練り訳例3】
弊社の擁する危機管理分野のプロフェッショナルは、事業再構築を見据えた行
動計画の立案、およびその達成プロセスの各段階でクライアントを支えるため
に必要な経験とリソースを備えています。

●本課題の原文は「プライスウォーターハウスクーパース」のウェブページ
(www.pwc.com/mx/es/retos/manejo-crisis.jhtml)から拝借しました。
本メルマガは、あくまでも学習目的でこの原文を使用させていただいていま
す。本メルマガおよび本メルマガの著者は、同社とは一切関係ありませんの
で、上記内容について、同社への問い合わせは絶対にお止めいただきますよう
お願い致します。また語注、直訳、練り訳、解説のいずれも、参考程度に受け
取っていただくようお願い致します。上記内容の使用によって損害を生じた場
合も、著者はその責任を負いかねますのでご了承ください。

◆編集後記◆
ピーチです。
ちょっと前のことですが「奇跡のリンゴ」という映画を観てきました。
期待(かなり大きかった・・)をさらに大きく上回る、出色の作品でした。
11年も困窮生活の中、血のにじむような努力をして無農薬栽培を成功させた
木村さんの 努力は、へなちょこなわたしにはとても想像もつきませんが、
絶対諦めないという不屈の精神力に、月並みな表現ですが、勇気と希望を
もらいました。
2時間を超える長編だったのですが、素晴らしい演出と脚本、役者陣の
迫真の演技に、 一瞬も飽きることがありませんでした。
さわやかな感動を味わいたい人には大おススメの作品です。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.287

  おはようございます。ピーチです。
  諸事情により、本日はとっとと本題に入ることにいたしましょう。
  (史上最短の前書き?)

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【危機管理(3)】

◇本日の課題
En la medida que se actu'e de manera inmediata y profesional se
optimizara'n las recuperaciones.

【語注】
en la medida que :〜するにつれて、応じて
de manera+形容詞:〜の方式で、〜の方法で
optimizar        :最善のものにする、最も効果的にする

【直訳例】
迅速に、プロフェッショナルに行動するにつれて、回復は最善のものとなるだ
ろう。

◇本日の課題(再掲)
En la medida que se actu'e de manera inmediata y profesional se
optimizara'n las recuperaciones.

【練り訳例1】
迅速かつ専門的な取り組みがなされることで、復興の進行も最速化するだろ
う。

【練り訳例2】
迅速で専門的な対応が行われるなかで、復旧計画の効果が最大限発揮されるこ
とになるでしょう。

※先週の課題ではrecuperaciones=「被害金額の回収」の意味で使われていま
  したが、今回の課題では、ハリケーンの被害からの「復興、復旧」というこ
  とと思われます。ただ「復興が最善のものとなる」では文意が通りにくいの
  で、訳出に当たっては上記練り訳例1と2でしているように何らかの形で補
  足したほうが良いでしょう。

◆編集後記◆
アースです。
世間では、暑さ対策で作る「グリーンカーテン」といえば、だいたい
ゴーヤと相場が決まっているようですが、ひねくれ者のわが家のこと、
今年は「大ひょうたん」を植えることにしました。
せめて水筒として使えるような大きさまで育てることが目標です。
ひょうたんはプラスチックとは違いますから、表面からほんの少しずつ
水が染み出します。そのときに気化熱を奪うので、残った水が冷やされる
のだそうです。
クールビズのマストアイテムとして、ひょうたん水筒を腰に下げるって、
ちょっとかっこよく・・ないか。
それはともかく。
5月はどうにも寒くて、あまりツルの伸びもよくありませんでしたが、
ここに来てぐい〜んぐい〜んと伸びています。夕方、ツルの先を支えの
棒に触れさせておくと、朝にはくるくるくるん!と巻き付いていて、
感動。
「動物は動く」「植物は動かない」というイメージですけど、実際に
育ててみると、どうしてどうして、植物も活発に活動しているのが
よくわかります。単に動物とは異なる時間軸で生きている、ということ
なのでしょうね。
うーむ、メタセコイア(樹齢数千年)になって、今後数千年の地球の
様子を観察してみたい・・・

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.286

  おはようございます。ピーチです。
  絵本界の巨匠「かこさとし」先生の名著「からすのパン屋さん」を
  繰り返し読む日々です。
  カラスのパン屋さんの家の子どもたちの名前が秀逸ですよね(ちょこ
  ちゃん、おもちちゃん、れもんちゃん、りんごちゃん)。カラスとはいえ、
  黒ではなく、それぞれが名前通りの色である所も魅力です。
  こういう発想力ってどうやって育まれるのか、しかしかこせんせいの
  場合、そう思わされる作品が多すぎて、単に「天才」という言葉でくくる
  しかないと思えてしまいます。
  うわさによれば、「カラスのパン屋さん」の続編が今年4冊も発表された
  そうで、もう90歳近いのにいまだ新しいものを生み出そうとする意欲、
  活力、知力、体力に心底尊敬してしまいます。
  続編の4冊を読むのが今から楽しみです(0909!)

  さて、先週の「危機管理」の1回目はいかがでしたか?
  2回目も一筋縄ではいきませんが、じっくり取り組んでみてください。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【危機管理(2)】

◇本日の課題
Las administraciones ahora enfrentan la problematica para el manejo
de esta situacion de crisis y la recuperacion de los montos de dan~os
por la mayor cantidad y con la mayor oportunidad posible.

【語注】
administraciones:経営、管理、行政(機関)、官公庁
problematica    :(集合的に)問題
recuperacion    :回収、回復
montos de dan~os:被害総額、損害総額

※manejo:辞書には「取り扱い、操作」と載っていますが、英語の
  management すなわち「マネジメント」「管理」「経営」などの意味で使わ
  れることもあります。

【直訳例】
現在、行政機関は、この危機の状況の管理と、できるだけ大量かつできるだけ
多くの機会での被害総額の回収のため、問題に立ち向かっている。

◇本日の課題(再掲)
Las administraciones ahora enfrentan la problematica para el manejo
de esta situacion de crisis y la recuperacion de los montos de dan~os
por la mayor cantidad y con la mayor oportunidad posible.

【練り訳例1】
現在行政機関はこの危機的状況を制御し、可能な限りの被害金額を、機会を最
大限活用する形で回収するため、問題に取り組んでいます。

※練り訳例1は、原文通りの順序で訳しているため、後半部分がややもたつい
  た感じになっていますね。日本語では「機会を活用して、多くの額を回収」
  という「機会」の部分を「額」より先にもってくる語順のほうが自然です。
  これらを加味して、練り訳例2と3のようにする手もあります。

【練り訳例2】
現在、行政は問題への対応を行っている。目的はこうした危機的状況に対処
し、機会を最大限活用して可能な限り被害金額を回収することだ。

【練り訳例3】
目下行政機関は、危機的状況を解決し、使える限りの機会を利用して可能な限
り多額の被害総額を回収しようと、この問題に取り組んでいる。

◆編集後記◆
アースです。
先週、またもや上京してきました。
いつもの通り、おつき合いのある翻訳会社をいくつか訪問して、
「やあやあ、もっと仕事をまわしてくだされ」
とお願いし(某翻訳会社様では、爆笑トークにかまけて、この
肝心なお願いをするのを忘れました。どうぞよろしくお願い
致します〜)、他にもいろんな友人・知人と会って、いろんなお話を
して、頭を活性化=バージョンアップ。
それと、国立科学博物館の特別展「グレートジャーニー 人類の旅」
が9日までということだったので、見てきました。思っていたのとは
ちょっと切り口が違って、個人的にはう〜ん、という感じでしたが、
個々の展示内容はそれなりにおもしろかったです。
それよりも、企画展の
「江戸人展」と「日本はこうして日本住血吸虫症を克服したーー
ミヤイリガイの発見から100年」
の2つが、思いのほか、興味深い内容でした。
「住血吸虫」は、狭い展示スペース内の奥でビデオが流れており、
立ったままで視聴。
「人類の旅」と「江戸人展」を見た後だったので、足が棒のように
なっていましたが、結局、最後まで見てしまいました。
ビデオの長さはなんと、45分。しかもかなり狭苦しいところで、
イスのひとつもなし。
最初から最後まで見る人なんぞいない、という前提で流していた
のかもしれませんが、国立科学博物館の方にお願いしたい。
あのときはたぶん、わたしを含めて4人くらい、立ったままで
ほぼ全編を見たと思います。それくらい興味深いビデオなんだから、
ゴザの一枚(?)くらい、用意しといてくれ!!!

※「江戸人展」と「住血吸虫」はどちらも16日までだそうです。
科学博物館の展示ですので、「江戸〜」は江戸時代の人の
「骸骨」の展示が主です。念のため。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.285

  おはようございます。ピーチです。
  遅めのGW休暇(にしては長すぎる?)を頂いている
  間に6月になってしまいました。
  今号から始まる新企画の趣旨については、後記でアースが
  丁寧に解説してくれています。
  そちらを読んでから本文を読んで頂くのが良いかもしれません。
  では、さっそく始めて参りましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【危機管理(1)】

◇本日の課題
Los recientes dan~os causados en la zona turistica del sureste
Mexicano por el paso del huracan Wilma han causado ademas de los
dan~os fisicos, la interrupcion en la generacion de negocios de la
infraestructura turistica.

【語注】
huracan Wilma :ハリケーン「ウィルマ」
dan~os fisicos:物理的被害、物理的損害
interrupcion  :中断、遮断
generacion    :発生、生産、産出

【直訳例】
ハリケーン「ウィルマ」の通過によってメキシコ南東の観光地区に引き起こさ
れた最近の被害は、物理的被害に加えて、観光インフラのビジネスの発生にお
ける中断を引き起こした。

◇本日の課題(再掲)
Los recientes dan~os causados en la zona turistica del sureste
Mexicano por el paso del huracan Wilma han causado ademas de los
dan~os fisicos, la interrupcion en la generacion de negocios de la
infraestructura turistica.

【練り訳例1】
最近のハリケーン「ウィルマ」の猛威によりメキシコ南東部の観光地は被害を
受けたが、それは物理的被害に留まらず、観光インフラ事業の計画の中止を引
き起こした。

※ interrupcion en la generacion de negocios の直訳は「ビジネスの発生
  における中断」ですが、もちろんこのままでは不自然ですので、少々原文か
  ら離れるしかなさそうです。かみ砕いて言えば「ビジネス(事業)が新しく
  生まれなくなった」ということですので、どう表現したらいいか、練り訳1
  や2を参考に各自工夫してみてください。

※この原文の骨格は、

    Los dan~os han causado
              ademas de los dan~os fisicos, la interrupcion.
            (被害は、物理的被害に加えて、中断を引き起こした)

  つまり「被害は、被害と中断を引き起こした」という構造になっており、原
  文を過不足なく表現しようとすると、どうしても上記訳のようにするしかあ
  りません。それでも「被害が被害を引き起こした」とはできないので、後ろ
  の dan~os をせめて「損害」とするか、上記のように「猛威」等にするしか
  ないようです。あるいは、主語の Los dan~os を訳出しない手もあります
  (練り訳例2)。

【練り訳例2】
最近、メキシコ南東部の観光地帯を襲ったハリケーン「ウィルマ」によって、
物理的な損害が生じただけでなく、観光インフラ事業も中断されてしまいまし
た。

●本課題の原文は「プライスウォーターハウスクーパース」のウェブページ
(www.pwc.com/mx/es/retos/manejo-crisis.jhtml)から拝借しました。
本メルマガは、あくまでも学習目的でこの原文を使用させていただいていま
す。本メルマガおよび本メルマガの著者は、同社とは一切関係ありませんの
で、上記内容について、同社への問い合わせは絶対にお止めいただきますよう
お願い致します。また語注、直訳、練り訳、解説のいずれも、参考程度に受け
取っていただくようお願い致します。上記内容の使用によって損害を生じた場
合も、著者はその責任を負いかねますのでご了承ください。

◆編集後記◆
アースです。
「梅雨前線とともに戻ってきます」と宣言した通りになって
しまい、関係各所にはご迷惑をおかけしております(?)。
それにしても本当に今年は梅雨入りが早いですね!
と、言っていたら、いまは長い梅雨の中休みとか。

さて、5月はしっかりお休みして十分充電した本メルマガ、今号から
しばらくは「骨太企画」で参ります。
本メルマガの「ちょくねり」で普段使用している文章は、報道文や
それに類する、いわゆる「わかりやすく、比較的訳しやすい」原文
ですが、今回はコンサルティング会社のウェブページから、「理解は
容易でも、いざきちんとした日本語にしようとすると難物」な文章を
取り上げます。
正直、わたしたち実務翻訳者が報道文を訳す機会は(それ専門の人
でない限り)あまりなく、実際には特定の業界や、企業・組織の現場
に近い、あるいは現場から直に出てきた、その世界ならではの文章が
大多数を占めます。
今回から取り上げる文章も、まさにその類いです。
一読したときには「簡単そうじゃん?」と感じる方が多い
でしょうし、ざっと訳すだけなら、それほど大変ではありません。
が、ウェブ上に掲載されるなどして、「自分の訳文が何千〜何十万
という数の人の目に触れ、それによって、その企業のイメージが
左右されることになる」としたら、どうでしょうか。
特に学習段階にある方は、「翻訳者になった自分」を想像して、解説や
練り訳例を見る前に、ご自分でトライしてみることをお勧めします。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »