« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

 スペイン語翻訳者になろう vol.283

  おはようございます。ピーチです。
  今回も bancarizacion を使った実際の例文のちょくねりを行ないます。
  【bancarizacion(2)】とはありますが、前回の(1)の続きでは
  ありませず、まったく別の文章からとってきた例文です(ややこしくて
  すみません)。
  先週の課題文のことは忘れ(?)、新たな気持ちでちょくねりに
  取り組んでみてください。
  それではさっそく入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【bancarizacion(2)】

◇本日の課題
A pesar de los avances logrados en materia de bancarizacion de las
pequenas y medianas empresas (pymes) tanto en Colombia como en el
resto de America Latina, el acceso al credito y el uso de medios de
pago distintos al efectivo de este segmento de la economia sigue
siendo muy bajo.

【語注】
avances         :進歩、前進
en materia de...:〜に関して
pymes:pequenas y medianas empresas の略で「中小企業」
medios de pago  :支払い手段
distintos a...  :〜と異なる
efectivo        :現金
segmento        :部門、分野

※ acceso al credito:「信用へのアクセス」。credito は大変に奥の深い言
  葉ですけれども、ここは経済の世界で言う「信用」すなわち「(誰かと誰か
  の間で貸し借りされている)おカネ」と捉えればOK。「おカネへのアクセ
  ス」つまり「銀行におカネを借りに行くこと(融資を受けること)」を意味
  しています。

【直訳】
コロンビアにおいてと同様ラテンアメリカの残りにおいても、中小企業の銀行
利用率に関して得られた前進にも関わらず、信用へのアクセスと、経済のこの
部門の現金と異なる支払い手段の利用は、非常に低いままである。

◇本日の課題(再掲)
A pesar de los avances logrados en materia de bancarizacion de las
pequenas y medianas empresas (pymes) tanto en Colombia como en el
resto de America Latina, el acceso al credito y el uso de medios de
pago distintos al efectivo de este segmento de la economia sigue
siendo muy bajo.

【練り訳例1】
コロンビアだけでなくラテンアメリカ全体で中小企業の銀行利用率は大きく伸
びたが、これらの企業による信用へのアクセスや、現金以外の支払い手段の利
用は現在も非常に少ない。

【練り訳例2】
コロンビアを含めたラテンアメリカ全体で中小企業の銀行利用率は上昇したも
のの、資金調達や現金以外の決済手段の利用水準は依然として極めて低迷して
いる。

●アース&ピーチ著の翻訳教材『経済スペイン語翻訳講座』の課題では
  bancarizacion という単語は出てきませんが、credito について詳しく
  (楽しく)説明しています。経済翻訳にご興味のある方はぜひ
  ご購入くださいね。ついでに「基礎編」もオススメです。

  『経済スペイン語翻訳講座』『スペイン語実務翻訳講座(基礎編)』
       →http://www.pie.vc/textbook/02.html

  さらに、ボリュームたっぷりの教材がお望みの方は、『スペイン語実務
  翻訳講座(第一弾)』もオススメです。
       →http://www.pie.vc/textbook/index.html

◆編集後記◆
アースです。
いままでいろいろな実務翻訳をやってきましたが、その中でも
経済関連の翻訳は、特に「行間を読む」ことが強く求められるように
思います。
業界専門の言い回しが多数あることは、他の分野と同じなのですが、
他と大きく違うところは、「基本的に経済と関係のない人はいない」
ということ。
つまり、マクロ経済からミクロ経済に至るまで、ありとあらゆることを、
ありとあらゆる人が語り、書き、話をするので、新しい言葉がどんどん
発生し、省略化が進み、「誰もが知っていて当然」とされる知識・背景が
文章の表面から消えていきます(しかしそれらが身についていないと
理解しにくい)。
そういう変化の激しい経済界に、辞書はなかなかついて行けませんし、
何より辞書は基本的に単語単位でしか載っていません。
多くの場合、苦労するのは「言い回し」なのでして、結局「ネット上で
実際の使用例を読み、意味を類推する」しかないことが多々あります。
仮に類推できたとしても、じゃあその単語の羅列をそのまま日本語に
すればいいかというと、ほとんどの場合はうまく行きません。
で、日本語ではなんと表現するのかなぁと、また延々と調査する・・
ということの繰り返しです。
しかし翻訳の現場でそんなことをする時間は実際にはほとんど
ありませんので、日々、新聞や参考資料を読み、日本語をインプット
しようと・・してはいるのですが・・・・・
世の中、気が散ることが多くていけませんですね。
桜が咲けば気が散るし、アルゼンチンに隕石が落ちれば気が散るし、
桜餅がおいしければ、もう一つ買いに行きたくなるし、食べれば眠く
なるし、大ひょうたんを庭に植えればちゃんと根付くか心配だし、
なかなか時間がとれないんだよなあ。。。

(アルゼンチンの Santiago del Estero というところに隕石が落ちた
らしいです!)

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.282

  おはようございます。ピーチです。
  前にこの欄でも話題に取り上げた今年の「本屋大賞」ですが、大賞受賞作は
  まったく想定外(というか、自分が読んでない)の作品でした。
  でも2位と3位は、わたしの一押しとしてここでも挙げていたもの
  だったのでちょっと嬉しいです。
  ところで村上春樹氏の新刊「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」
  がバカ売れで入手困難の状態らしいですが、このメルマガの読者さんには
  すでに読まれた方、結構いらっしゃるでしょうか?(うらやまし〜)。
  わたしもそのうち adquirir して読みたいと思ってます(「少しでも早く」
  とか思わない 性分なので、今年中に読めればいいかな、と)。

  さて、過去2回のメルマガで、bancarizacion という用語にも
  大分親しみを感じるようになられたことと思います(本文を読んで
  下さった方は、ですけれどもね・・・爆)
  今度は実際の例文を訳すことに慣れて頂くために今回から数回にわたって、
  bancarizacion がでてくる短文のちょくねりを行なっていきます。
  本当に短文ですし難易度も高くありませんので、身構えずに、
  気楽に、自信を持って臨んでみてください。
  では本文に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【bancarizacion(1)】

◇本日の課題
Un alto grado de bancarizacion puede contribuir a un mayor
crecimiento economico, ya que un mayor acceso a financiamiento por
parte de los agentes economicos se convierte en un mecanismo para
aumentar sus capacidades productivas y mejorar sus ingresos.

【語注】
Un alto grado de...:高いレベルの、高い程度の
bancarizacion      :銀行利用(率)
financiamiento     :資金調達
por parte de...    :〜による
agentes economicos :経済主体
se convierte en...<convertirse en...:〜に変わる、〜になる

【直訳】
高いレベルの銀行利用率は、より大きな経済成長に貢献できる。経済主体によ
るより大きな資金調達へのアクセスが、その生産能力の拡大とその収入の改善
のためのメカニズムに変わるからだ。

◇本日の課題(再掲)
Un alto grado de bancarizacion puede contribuir a un mayor
crecimiento economico, ya que un mayor acceso a financiamiento por
parte de los agentes economicos se convierte en un mecanismo para
aumentar sus capacidades productivas y mejorar sus ingresos.

【練り訳例1】
高い銀行利用率は、経済成長の押し上げに貢献するかもしれない。経済主体に
よる資金調達が容易になれば、生産能力の強化や所得の改善につながるメカニ
ズムが構築されるからだ。

※ 『スペイン語経済ビジネス用語辞典』では、

    agente economico=経済主体。
    企業・家計・政府の3主体を指す。経済活動において、それぞれ生産
    および流通・消費・経済政策を担う。

  と載せていますが、ここでは主に企業と家計を指していると考えられます。
  家庭が借金をしたとして、それを「所得改善(mejorar sus ingresos)」
  と表現するかどうかは微妙なところですが、ここでは、企業が簡単に
  お金を借りられるようになれば、
    設備投資→生産拡大→賃金上昇→消費拡大→経済成長
  というプラスのサイクルが動くよ、ということを言いたいのだと思います。

【練り訳例2】
銀行利用率が上昇すれば、その結果経済が成長する可能性がある。というの
は、企業等の経済主体が資金調達を増やせば、結果として、生産能力の増大や
収益の改善を生みだすメカニズムが出現するためである。

◆編集後記◆
アースです。
「そういえば、例の三流食堂、今年も開店したらしいよ」
「ああ、あそこ。春になると思い出したようにやるとこね」
「そうそう。狭いうえに最低ランクのメシしか出さないの」
「去年だったか、半年前の残り物を出して、営業停止になったとか
  ならないとか」
「まあでも、ただだしねえ」
「でもさー、あそこの店主、いつもコソコソ隠れてこっちを
  見るんだよね」
「そうそう。落ち着いてメシも食えやしない」
「まあでも、ただだしねえ」
・・・な〜んて会話があったかどうかはわかりませんが、
我が家の三流スズメ食堂、今年も開店しました。いつもは
超満員になるのに一週間くらいはかかるのですが、今年は
数日でその兆しが。
春先に最初の一羽が現われてから、どうやって情報が伝わっていく
のだろう?と、毎年感心します。
(で、上記のような会話が交わされているのではないかと想像・・)
え、何の話か皆目わからん?
すみません、我が家の庭にあるバードテーブル(事実上スズメ
専用)の話でした。
当地はようやく桜が満開です。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.281

  おはようございます。ピーチです。
  すっかり散った桜の花弁をふみしめながら、
  視線を落とし気味で歩いていたら、向こうから
  やって来るコリー犬の四肢がなにやら華やかで
  あるのに気付きました。
  く、靴下をはいています。
 もっと近づいてきました。
  何の模様だろう?目を凝らしました。
  茶色の地に、ピンクの花がひとつ。
  どうやら梅か桜の花のようでした。
  もう寒い時期でもないのに靴下をはかせているという
  ことは、肉球に怪我でもしているのかな?
  それとも飼い主が、季節物(桜)のアイテムをドッグズ
 ファッションに取り入れたかっただけなのでしょうか?
 真相は分かりませんが、風雅な靴下をはいて散歩する
 コリー氏はとても可愛かったです。

 ではコリーとも桜ともまったく無関係な本題に入って行きましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  経済ワードをスペイン語で学ぼう【bancarizacion 後編】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週は bancarizacion という単語のだいたいの意味について
ご説明しましたので、きょうは、実際の用例を見てみることに
しましょう。

先週の内容なんか忘れたよ〜という方は、以下をご覧ください。
http://tinyurl.com/cyaaywl

◇Mexico debe continuar con el proceso de reformas para lograr un
  mayor grado de bancarizacion.
  メキシコは銀行利用率を上げるための改革プロセスを続けるべきだ。

※『スペイン語経済ビジネス用語辞典』の用例より。

◇En cuanto al crecimiento de la bancarizacion, entre septiembre de
  2011 y septiembre de 2012, el numero de personas con cuenta de
  ahorro en el departamento de Huila crecio' 7,6 por ciento.
  銀行利用率の伸びについて言えば、ウイラ県で貯蓄預金口座を保有している
  人の数は2011年9月から2012年9月までの期間に7.6%増加した。

◇A pesar de la continuidad de las campanas de bancarizacion, la
  costumbre de acudir a prestamistas ilegales sigue en igual grado
  que hace 10 o 15 an~os.
  銀行の利用促進のためのキャンペーンが継続されているにも関わらず、違法
  な金貸しに頼ろうとする習慣は10〜15年前と変わらないレベルで続いてい
  る。

◇El estudio ademas deja en evidencia que la tasa de bancarizacion
  aumenta de manera significativa a medida que los ingresos son
  mayores.
  研究によると、所得の増加に伴って銀行利用率が大幅に伸びていることは明
  らかである。


◆編集後記◆
アースです。
3月末、久しぶりに県外に足を伸ばす機会があり、とある路線の
とある特急に乗りました。
沿線の桜がつぼみの状態からどんどんと花開いて行くのを楽しみ
ながら、おおそうだ、電車も走っていない田舎の者にはなかなか
できない「電車で音楽」をいまこそ決行しよう。そう思って、
イヤホンを耳にさしこみ、いざスイッチオン。そうしたら・・・
「らじおたいそう、だいいち、よおぉ〜い!」
と大音響で鳴り出しました。
慌てて音量を下げましたが、イヤホンとはいえ、もしかしたら
周りの人にちょっと聞こえてしまったかも。誰もこちらも見て
いなかったので、たぶん大丈夫とは思うのですが・・
電車の中でいきなりラジオ体操の音楽が鳴り出したら、眉をひそめる
より、怪し過ぎですよね。
で、なんでラジオ体操だったかというと。
仕事中の息抜きとして、寝る、目を閉じる、ストレッチをする、
庭そうじする、歌を歌う、家事をする等々、いろいろ試してみた
ところが、やはりいちばんいいのは体操。しかも音楽付きで、
いつも同じペースで強制的に進むものが良い。ということで、
たどり着いたのがラジオ体操でした。
あの旋律に、日本人の集団行動おそるべし感を若干感じながらも
(ほとんどの日本人ができるって、ある意味怖くないですか?)、
第一と第二をできれば続けてやるようにしています。
まじめにやると、結構疲れますし、身体全体を動かしたという
快感が得られます。
ところで、「ラヂオ体操第4」があるのをご存知ですか?
わたしの次なる目標はこれです。
ネット上でそこらに転がっていますので、興味のある方は
ぜひご覧ください。(でも、これができたら、翻訳者なんぞやって
いなくてもいいかも・・・)

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.280

  おはようございます、アースです。
 なんと、いつのまにやら4月ですね。
 個人事業主は年度が変わってもな〜んにも関係ないのですが、
 春!なのは確かなのでして、確実にストーブをつける時間が短くなって
 いくのはうれしいことです。
 当地でも雪が完全に融けて、ようやく庭の地面が顔を出しました。
 桜は、まだまだぜんぜん。
 梅がなんとか咲き始めたところです。でも、いつの間にか
 田おこしが始まっていて、すぐにも水が張られるかもしれません。
 そうするとカモメがやってきて、アオサギが戻ってきて、カエルが
 ゲコゲコ鳴き出して、うちのバードテーブルがスズメで山盛りに
 なって、タヌキが毎晩クークー鳴いて、カッコウもホトトギスも
 鳴き出して、そうして夏になっていくんですねえ。
 え、人間の話はないのかって?
 ええと。ないです。

 というわけで(どういうわけで?)、きょうは久しぶりに
 経済ワードをお届けします。お時間と余力のある方は、まずは
 ご自分で意味を調べてご覧になるといいかもしれません。
 では始めましょう〜。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  経済ワードをスペイン語で学ぼう【bancarizacion 前編】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わたしたちが『スペイン語経済ビジネス用語辞典』の編纂作業を
していたとき、

 ・ネット上では多数使われている
 ・日々の翻訳でも頻繁に目にする
 ・俗語や口語ではなく、報道機関などでも使われている

そういう用語なのに、西和辞典に載っていない、英和辞典で似た単語を
見つけることもできない・・ということが何度もありました。

きょうはそうした用語の一つ、bancarizacion をご紹介します。

何となく banco(銀行)に関係があるということはお分かりと思いますが、
その正確な意味となると、なかなかに理解しづらいものがあります。
Real Academia Espanola には一応載っているのですが、

 Accion y efecto de bancarizar.
 (bancarizar という行為とその影響)

だけ。ううむ、煙に巻かれました。気を取り直して、bancarizar を
調べてみましょう。

Desarrollar las actividades sociales y economicas de manera
creciente a traves de la banca.

   ※ banca(女性形)は集合名詞で「銀行界、銀行業」。banco は
      個々の銀行を指します。

ううむ。

「銀行界を通じた社会的・経済的活動を次第に強めること」と言われても、
やっぱりよく分かりませんよね。しかし、辞書作成のときに膨大な数の
用例に目を通した経験から言いますと、この語義、なかなか正確なんです。

ただあまりに抽象的すぎるので、わたしたちの経済辞典では最初の
語義として「銀行利用」を載せています。

中南米などでは金融システム全体への信頼度が低く、金融機関の
利用率もいまだに低いので、「いままでタンス預金していたお金を
銀行に預けること」とか、「(違法業者からではなく)銀行から
お金を借りること」とか、要するに「(合法的な)金融機関を
活用する習慣・文化」がだんだん形成されてきているよ、という
ニュアンスです。

cultura de bancarizacion などという表現もあるほどです。

しかしまあ、こんな抽象的な意味で使われることは実際には
あまりなくて、最もよく目にする意味は「銀行の利用率」です。
銀行を活用する習慣が根付いた度合い、つまり「普及率」と
いってもいいでしょう。

実は最近、スペイン語と英語の翻訳で立て続けにこの単語を目にして、
少々驚きました。スペイン語では辞書に載っていないのが不思議な
くらい、よく見る言葉ですが、英語で見たのは初めてです(当然
ながらスペルは bancarization)。

ただ、英語 bancarization を Google 検索してもヒット数は
わずか2190件で、スペイン語の約50万件とは比べるべくもありません。

今回はブラジルの銀行に関する英文の中に出てきましたので、
中南米に関する英文では登場することがある、ということかも
しれません。(こういうとき、わたしたちはスペイン語で調査が
できるので、純粋な英語翻訳者さんと比べてちょこっと有利です)

次のコーナーでは実際の用例を見ましょう・・と、気が付いたら
ここまででも最近にない長さとなってしまいましたので、例文は
来週お届けすることにします。お楽しみに。

※こんなお得な単語まで載っている『スペイン語経済ビジネス用語
  辞典』は、CASIO の電子辞書「エクスワード XD-N7500」(2013年
   2月15日に最新機種発売)に搭載されていま〜す。

  と、どさくさまぎれに宣伝。書籍版はありません。ごめんなさい。

◆編集後記◆
ピーチです。
書店などで自分の目当ての棚のブロックにすでに誰かがいるとき
(しかもしばらく動きそうもない時)、皆さんならどうされますか?
まったく同じブロックに関心のある本がある場合、好むと好まざるとに
関わらず、先人に身体を密着(?)するようにして本を物色することに
なってしまうわけですが、 それをすると露骨にいやそうな態度を
示されることがあります。
というか、同じブロックに歩み寄っただけで、先にいた人から
「あっちいけオーラ」が ダダモレているケースもあるような・・・
(わたしの被害妄想が強すぎるんでしょうか)
最近書店に行くと、同じ棚のブロックの前に2人以上の人を見ることが
ない気がするのは、皆さん先に人のいる棚を避けているせいなのか、
それとも深刻な本離れにより書店を冷やかす客数自体が減っているせい
なのか?
その点、スーパーでの買い物は気楽ですね。先に人がいようと
比較的気楽に売場へ切り込んで(?)いけますから。
ひとは何をよんでいるのかは隠したい、でも何を食べているのかは
知られても構わない・・・と思うものだから、かもしれません(逆の
人もいるでしょうし、両方とも気にしない人もいるでしょうから、単なる
わたしの憶測です、ハイ)。
それはそうと、最近殆ど読書らしい読書をしていないので、そろそろ
勇猛果敢に(ネガティブオーラに負けず!)書店に突入していきたいと
思います。
この雨で桜はすっかり散ってしまいそうですが(@南関東)、皆さん、
佳い春をお過ごしください。

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »