« 2013年2月27日 | トップページ | 2013年3月13日 »

2013年3月6日

 スペイン語翻訳者になろう vol.276

  おはようございます、アースです。
  たぶんこれは、多言語の翻訳者さんならどなたでも経験のある
  ことだとは思うのですが・・・
  英語の翻訳をやっていて、apply new laws というフレーズが出て
  きました。普通なら「新法を適用する」でさらっと流すところですが、
  たまたまそのときは
  「いつも“適用”じゃつまらんなあ。他になにかないのかい」
  と思ったので、英辞郎 on the web で検索してみました。
  ところが!!! なんと、一件もヒットしない。
  んなアホな。そんなわけがありますか。
  と、もう一度、スペルミスのないように気をつけて入力して
  検索してみましたが、やはりヒットしません。
  英辞郎、気は確かか?
  しかししかし。
  自分の入力した検索ワードをよ〜く見てみたら・・・apply と ley に
  なっていました。
  というわけで、気が確かでなかったのはわたし。
  英辞郎、一瞬でも疑ってスマン。
  以前、英検の面接で How old are you? と問われ、I am veinti-two.
  と答えたという友人の話を思い出しました。
  気持ちわかるわ〜。
 (ちなみに apply と law を英辞郎で検索しますと、ちゃんと
    150件以上ヒットします。念のため)

 それでは宇宙旅行の準備をして、れっつごー。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【地球最後の生物(3)】

◇本日の課題
La vida en el planeta tiene tiempo de expedicion, la cual sera'
dentro de 2 mil 800 millones de an~os, el planeta sera' quemado por
el Sol, el cual estara' muriendo.

【語注】
expedicion     :遠征、派遣
quemado<quemar:燃やす、焼く

【直訳】
惑星上の生命は、遠征の時間を持ち、それは28憶年以内だろう。惑星は太陽に
よって焼かれ、太陽は死につつあるだろう。

◇本日の課題(再掲)
La vida en el planeta tiene tiempo de expedicion, la cual sera'
dentro de 2 mil 800 millones de an~os, el planeta sera' quemado por
el Sol, el cual estara' muriendo.

【練り訳例1】
地球上の生命に、他の星へと遠征する時間はある。それは28億年以内だ。地球
は死にゆく太陽によって焼かれてしまうだろう。

【練り訳例2】
地球の生命体が他の惑星へと避難するのに残された時間は28億年以内だ。それ
を超えれば、ひん死の太陽が地球を焼き尽くしてしまうだろうから。

◆編集後記◆
ピーチです。
スーパーの食品売り場に行くとちょくちょく遭遇するのが、
片手を頬にあてて商品を物色する女性たち(男性もたまーにいますが)。
「これにしようかしら?いや、あっちのほうが10円安いわ」
なとど心の中で自問自答しながら商品を選んでいると、つい手が
頬にいってしまうらしい・・・です(推測)。
この仕草、50代以上の女性の定番ポーズのようですが、よく見ると
若い人も結構やっています。幅広い層に支持されている(?)のです。
ときどきこれが無性に見たくなり、店に入るなり、自分の買い物そっち
のけで、「頬に手」との遭遇を求めて店内をぐるぐる回っている
自分の存在に気づき、呆れます。。
わたし自身は「頬に手」はしませんが(たぶん)、難題に突き当たったり
すると、「頭に両手」を当てて、頭まるごとぐらぐらと横に大きく揺らしたり
することはあります。
人生、悩みは尽きないですからね。わたしのからっぽの頭だってときどき
揺れても仕方ないわけです(空っぽだからこそ揺れやすい?)。
そういえば、先日読んでいた本に、
「多分、人間は重荷を背負うべきなのだ。でないと自分自身が重荷に
  変身してしまう」
という一節があり、深く首肯しました。これは仕事と老親の介護の両立に
苦心している主人公の台詞ですが、確かに自分自身が重荷になること
ほど辛いことはないと思うのです(外的要因で苦労する方がまだ楽)。
「頬に手」はしませんが、「頭に両手」をあてて悩みを振り払い、
カタツムリのような遅速できょうも歩む(前へ?後ろへ?)ピーチです。
梅は満開だし、桜のつぼみも膨らんで、もう春ですね(@南関東)。
皆さんもあまり悩むことなく、お元気で佳い春をお過ごしくださいね。

|
|

« 2013年2月27日 | トップページ | 2013年3月13日 »