« 2013年1月9日 | トップページ | 2013年2月27日 »

2013年2月20日

 スペイン語翻訳者になろう vol.274

 お久しぶりです、ピーチです。
 たしか冬季休暇に入る前に、「次回は2月6日か13日頃で〜す」
 とかなんとか書いたような気がするんですが、、、、きょうは
 2月20日ですね・・・((+_+))。
 再開を待っていて下さった方(いるのか?)、申し訳ありません!
 お休みの間、アースにもピーチにもいろいろあったのですが、
 ピーチに関して言えば、最大のニュースは、まさかのドジにより、
 ある場所から転倒して、骨折したこと(・_・;)。
 いやあ、上から下へと「落ちてゆく」時間って意外に長くて、
 ちょっとしたことなら考えられるものなのだなあと感心しました
 (主には「ばかばかばか!なにやってんじゃい!」といった自分への
 罵り、ですが)
 さて、長期休暇明けの今号から取り扱うテーマはサイエンス
 記事です。「サイエンス」と聞いただけで拒絶反応を示して、
 「今回は読まないことにしよっと」と思った方、いませんか?
 何を隠そう、普段のわたしもその手の人間です!・・・が、苦手意識を
 払拭すべく、アースの力を借りながら頑張って取り組みますので、
 皆さんも一緒に頑張りましょう〜(1回の分量が僅少ですし、そんな
 負担にはならないと思いますよ)。

 前置きが長くなりました。ここらで不思議な世界に入ってまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【地球最後の生物(1)】

◇本日の課題
Dentro de 2 mil 800 millones de an~os el calor del Sol hara'
inhabitable la Tierra, pero antes de que esto suceda, los ultimos
seres vivientes sera'n los microbios que viven en cuevas
subterraneas.

【語注】
inhabitable    :住めない、居住できない
suceda<suceder:〜が起こる
seres vivientes:生物
microbios      :微生物
cuevas         :洞窟
subterraneas   :地下の、地中の

【直訳】
28億年以内に、太陽の熱さは地球を居住不能にするであろうが、これが起きる
前に、最後の生物は、地下の洞窟に住む微生物であろう。

◇本日の課題(再掲)
Dentro de 2 mil 800 millones de an~os el calor del Sol hara'
inhabitable la Tierra, pero antes de que esto suceda, los ultimos
seres vivientes sera'n los microbios que viven en cuevas
subterraneas.

【練り訳例1】
今から28億年後に太陽の温度が上昇し、地球は居住に適さない星になると見ら
れているが、そうなる以前に、地球上に残る最後の生物は地中深くに暮らす微
生物だけということになるだろう。

【練り訳例2】
今から28億年後には、太陽の熱さによって、地球は居住不可能となる予測され
ている。それが現実となる前に最後まで生き延びることのできる生物は、地中
の洞窟に暮らす微生物となりそうだ。


◆編集後記◆
アースです。
ちょいと宇宙を旅行しておりましたが、隕石に乗って帰って
きました。隕石の映像、ごらんになりました?
なんともすごい石が落っこちてきたものですよね。
死者が出なかったことは、ほんとうに幸いでした。
これまでに2回ほど、いわゆる「火球」級の明るさの流星を
見たことがありますが、もし今回ロシアに落ちた隕石を夜中に
見たら、すごかっただろうなぁ〜。
「火球」レベルでも、夜中に見ると、そりゃもう感動モノです。
これまで見たものでいちばんすごかったのは、西の空の高いところ
から光り始めて、左の下のほう、つまり南の空の低いところを
横切って、東の地平線に消えて行きました。
時間にして、5〜7秒程度でしょうか。
今回の隕石と同じく、途中でぱっと明るくなった直後に2つに割れて、
1つは南の地平線に向かって落ちて行きました。
音がした・・ような気がしますが、たぶん気のせいでしょう。
ともかく、ふだん目にする流星は(流星はふだん目にしない?)、
せいぜい0.1〜1秒で消えてしまいますから、そのすごさが分かる
というものです。
「流れ星が消えるまでに願い事を3回言うと願いがかなう」
と言われますが、0.1〜1秒秒では「カネカネカネ」が精いっぱい
(ほかに言うことないのか)。
といって、5〜7秒の流星だって、そのあまりのすごさに
「わああ〜〜〜〜〜〜あれっあれっみて!ああああ〜〜うあああ〜」
と言ってる間に消えてしまいます。
結局、願い事は自分でかなえるしかないようです。
みなさん、がんばりましょう。(?)

|
|

« 2013年1月9日 | トップページ | 2013年2月27日 »