« 2012年9月26日 | トップページ | 2012年10月10日 »

2012年10月3日

 スペイン語翻訳者になろう vol.259

 お久しぶりです、ピーチです。
 いつのまにか秋ですね。
  「今年の夏は暑かった!」
 とおっしゃる方が多いのですが、わたしにはそうはおもえませんでした。
 というか、暑いのか暑くないのか分からないほどぼーーーっとしていた・・
 というのが正直なところ。
 もともとぼけーっとした人間なのですが、今年は年初からずっと、
 例年に3重位輪をかけてぼけーーーーーーーーーーーーっとしています。
 このままの状態で12月までいってしまうのでしょうか?
 種まきもしていないので刈り取る実もない今秋、ひとさまの収穫を横目に、
 すっからかんのわが心と体を秋風がただ通り抜けていくのを感じるだけ・・
 となりそうな予感がします。いとわびし。

 さて、今回の題材はメッセージボトルですが、それと似たものとして、
 小学生の頃に皆で埋めたタイムカプセルのことを思い出しました。
 あの頃のわたしの夢は、
  「探偵になることと、辞書を書く人になること」
 でした。
 図らずも、後者は数年前に実現してしまったわけですが、
 その時点でわたしは人生の suerte を使い果たしてしまったような気も
 します(ぞぞぞ)。
 夢って、叶う前(叶える途上)のほうが幸せなものなのですかね。
 皆さんがメッセージボトルを流すなら、誰に向けて、
 どんな mensaje を送りますか?
 それでは本文に入って行きましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メッセージボトル(1)】※全5回です。

◇本日の課題
Un mensaje depositado en una botella hace cien an~os y encontrado en
Escocia rompio' el record mundial con el tiempo que paso' en el mar,
segun anunciaron las autoridades britanicas.

【語注】
depositado<depositar:置く、収める
encontrado<encontrar:発見する
paso'<pasar         :(時を)過ごす

【直訳例】
英国当局が発表したところによると、100年前に瓶に収められ、スコットラン
ドで発見されたメッセージが、海で過ごした時間によって世界記録を破った。

◇本日の課題(再掲)
Un mensaje depositado en una botella hace cien an~os y encontrado en
Escocia rompio' el record mundial con el tiempo que paso' en el mar,
segun anunciaron las autoridades britanicas.

【練り訳例1】
100年前に書かれたメッセージを収めた瓶がスコットランドで発見されたと英
国当局が発表した。瓶が海を漂っていた時間としては世界新記録ということ
だ。

【練り訳例2】
ボトル入りのメッセージが100年間を経てスコットランドで発見された。海を
漂流していた時間としてはこれまでで最も長く、世界記録を更新したと、英国
当局は発表した。


◆編集後記◆
アースです。
おひさし〜です。
今年の夏は、仕事のある期間とない期間がきっぱりと分かれて、
否、分かれすぎて、調子が狂ってしまいました。
夏枯れの時期ということもあったのでしょうが、仕事関係の電話・
メールはおろか、知り合いやセールスの電話・訪問すらまったくない
日々が続き、ピーチじゃないですが、そのときはいつもの3倍くらい
ぼーーーーっと過ごしていたような気がします。
「無為だ・・・無為すぎる」とかつぶやきながら、某国民的ゲーム
「ドラ○ンクエ○トX」で遊んだりして、まったくもって非生産的な
時間を過ごしました(ゲームのキャラのレベルだけは無駄に上がり
ましたが)。
どうせ暑くて、働いても効率あがりそうにないし、家事やっても
汗だくになるし、ま、いいか。
てなわけで、頭も身体も半スリープ状態。
それはそれで楽しいんですけどね。
ところがある日の昼、ついに某社から依頼があったのはいいのですが、
その後数時間以内に同じ社からのも含めて別の依頼が次々やってきて、
しかも半分は「大至急」。
結局その日は、たまにお茶を入れるときと、トイレと、午後8時頃に
バナナを一本食べるために立っただけで、あとは午後1時から午前1時
まで、ず〜〜〜〜〜〜っとひたすら訳しておりました。
たまたまその日は家に一人だったのでできたことではあるのですが、
極端にもほどがあるでしょ〜〜〜〜!!!と叫ばずにはいられません
でした。
ここまで極端なことは滅多にありませんけれど、フリーランス
というのは本当に不安定な職業だなぁ・・と身にしみて感じた
この夏でした。


|
|

« 2012年9月26日 | トップページ | 2012年10月10日 »