« 2012年7月4日 | トップページ | 2012年7月24日 »

2012年7月11日

 スペイン語翻訳者になろう vol.253

 おはようございます。ピーチです。
 先日、友人Cちゃんを誘って、「図書館戦争 革命のつばさ」という
 アニメ映画を観に行きました。
 自分の観たい作品に半ば無理矢理連れて行ってしまったので、彼女の
 気に入るかちょっと 心配だったのですが、ふたを開けてみれば、
 「前の晩の寝不足のせいでときどき舟をこぐピーチの横で、笑ったり
 涙ぐんだりしながらかぶりつきになっているCちゃんの図」
 ができており、ほっとするやら、なさけないやら・・(前者はCちゃんの
 反応について、 後者は眠る自分について)。
 観終わった後、
 「面白かった〜!!あそこがこうでここがああで・・」
 と楽しそうに語るCちゃんを前に、
 (ぁあ〜、そこ見逃した部分だぜぃ。くぅ〜〜・・・)
 と臍を噛むわたし。
 でも、「友情あり、ミッションあり、バトルあり、笑いあり、
 胸キュンあり、もう何でもあり(!?)」のこの映画、スカッとした
 気分になりたい人には、大おススメです!(不覚にも見逃してしまった
 部分を取り返したい。。ロングランしてくれれば、もう一度観に行くかな)

 さて、先週募集した「未来の翻訳者アンケート」、沢山の皆様から
 ご回答をいただき、 ありがとうございます! 今週も引き続き募集して
 おりますので、「まだ」の方はよろしければご協力ください。詳細は
 今号でも説明しております。ぜひご覧くださいね。

 それではスマホの最終回、行ってみましょう〜!

==<もくじ>===========================
   1) 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
   2) 「未来の翻訳者」意識調査(再掲)
==================================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【スマートフォン(8)】

◇本日の課題
Dijo que cada vez con mas frecuencia, el sistema operativo de un
telefono celular es una parte importante en la decision de un usuario
al adquirir un equipo ya que de e'l depende la forma en la que sacara'
el mayor provecho a su dispositivo.

【語注】
dispositivos     :装置、仕掛け
equipo           :設備、機器
sistema operativo:(コンピュータの)オペレーティング・システム、OS
provecho         :利益、利潤

※ cada vez con mas frecuencia は、cada vez+比較級(だんだん、ますま
  す)と con frecuencia(頻繁に)とが合わさった形と考えられます。

【直訳】
より高い頻度で毎回、携帯電話のオペレーティング・システムは、設備を購入
するときに利用者の決断において重要な役割である、なぜならその設備から最
大の利益を取りだすだろう方法は、それに依存するからだ、と言った。

※ e'l は el sistema operativo を指しています。分かりやすいように ya
  que 以下を書き換えますと、以下になります。

   la forma en la que sacara' el mayor provecho a su dispositivo
                                                       depende de e'l
  (設備から最大の利益を取り出すであろうところの方法は、それ次第である
    →携帯電話から最大の利益を引き出す方法は、OSに依存する)

【練り訳例1】
「携帯電話のオペレーティング・システムは、ユーザーが機械を購入するとき
にますます重要な役目を果たすようになってきています。機械から最大限のメ
リットを引き出せるどうかは、OSにかかっているからです」と語った。

【練り訳例2】
「携帯端末を最大限使いこなせるかどうかはOS次第ですから、利用者が本体
を購入する際のOSの重要性は増す一方です」と語った。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│「未来の翻訳者」意識調査(再掲)
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、アース&ピーチです。
突然ですが、「未来の翻訳者」意識調査を実施致しま〜す。

「未来の」とついてはいますが、翻訳者の卵さんのみならず、
ヒヨコさん、すでに立派な翻訳鶏になっている方など、現在の状況は
問いませんので、アンケートにご協力いただければ幸いです。
(調査の理由はのちほど)

以下のアドレスにアクセスしていただき、ご記入をよろしく
お願い致します。

「未来の翻訳者」意識調査
http://form.mag2.com/nabeadeabe
(「まぐまぐ!」サイト内に入ります)

将来のこととして質問していますが、すでにプロの方は「現在の状況」
または「今後の希望」をお答えくだされば結構です。

ある程度回答が集まった時点で、結果を公表致します。

     ☆       ☆       ☆

さて、なにゆえにこのようなアンケートを行うのか。

2007年4月に本メルマガの発行を開始して以来、わたしたちはのべ
5回のスペイン語翻訳セミナーを行い(東京4回、名古屋1回)、
いずれも大好評をいただいて参りました。

最後に開催したのは、なんと3年以上前の2009年5月。アース&
ピーチがセミナーを開催していたという事実そのものをご存知ない
読者様も多いのではと思います。

これまでのセミナーは、「西和翻訳」「初心者向け」「調査」と、
いずれも翻訳スキルを磨くためのテクニカルな内容に的を絞って
いました。

これはこれでもちろん大いに意味のあるセミナーではあります。
しかし本メルマガも創刊5年を過ぎたことでもあり、タイトルの
「スペイン語翻訳者になろう」という目標にずばり立ち返って
みようと考えています。

この5年間に、実際に翻訳者となった方、モリモリ学習を続けて
いる方、学習は続けているが、展望が見えなくて悩んでいる方、
すでに諦めて前記と後記だけ読んでくださっている方など、
いろいろでしょう。

前記・後記ご愛読の方はそのまま購読を続けていただくとして(笑)、
これから翻訳者になりたいと思っている、またはなったばかりで
右も左も分からない・・という方々を対象に、翻訳業界の現状を
お伝えし、皆さんの疑問や不安にお応えするようなセミナーが
企画できれば・・と考えています。

そこで、まずは皆さんの疑問や不安、そして将来の希望を
お聞かせいただき、セミナー企画の参考とさせていただければと
考えたわけです。

ご協力いただける方は以下のアドレスにアクセスしていただき、
ご記入をよろしくお願い致します。

「未来の翻訳者」意識調査
http://form.mag2.com/nabeadeabe
(「まぐまぐ!」サイト内に入ります)

アンケートに答えたからと言って、セミナーに参加しなければ
ならないというわけではありませんので、お気軽にお答え
いただければ幸いです(匿名で結構です)。

※上記の記入欄に書きたいことが収まり切らない!という方は、
 espanol_traduccion@yahoogroups.jp
 までメールでお送りください。

◆編集後記◆
田舎の翻訳者アースです。
きょうは「ウォーキング@田舎」シリーズです(いつからシリーズもの
になったのでしょうか・・)。
最近では日も長くなりまして、夕焼け〜宵の口の星空や月を楽しみ
ながら歩いております。
しかし日の入りが遅くなったことで、5月頃までは起こらなかった
現象が起こるようになりました。それは「人とすれ違う」です。
田んぼや畑の手入れを終えたじーちゃんばーちゃん、わたしと
同じようにウォーキングをする人、部活帰りの中学生、等々。
先日などは、家を出てから帰るまでの40分間で、5組くらいの
人々とすれ違いました!!おおぉ〜新記録かも。
その少なさは都会ではあり得ないと思いますけれども、さらに
都会では絶対にあり得ないこと、それは「全員が挨拶をする」
ことです。
田舎とはいえ、わたしの知っている人はほとんどいません。
しかしあいさつは例外なし。
わたしは必ず音楽などを聞きながら歩いているので、ヘッドホンを
しているのが見えるはずと思うのですが、そんなことはおかまいなく、
みながみな、元気よくあいさつ。そんなふうにされては、わたしも
ヘッドホンをはずして、あいさつせざるを得ません。
先日などは、自転車に乗った中学生が5人、すれ違いざまに、
エアロビインストラクター並みの明るい笑顔で「さようなら〜!!」
と言ってくれました。
そのあまりの爽やかさに、ちゅ、中学生、あなたたちの反抗期は
どこっ!?と突っ込みたくなるのでした。
(じつは都会生まれの都会育ちのわたし、ひねくれ者ですみません)

|
|

« 2012年7月4日 | トップページ | 2012年7月24日 »