« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

 スペイン語翻訳者になろう vol.241

 おはようございます。ピーチです。
 先週、桐野氏のシリーズを終えられてかなりホッとしている我々です。
 あまり得意な分野ではなかった(本を読むのは好きですが、あの手の
 記事を訳すのが)ので多分突っ込みどころ満載な訳文もあっただろうと
 思います。
 しかしこのメルマガの読者さんたちは寛大で心優しい人ばかりであるのか、
 ダメ出しメールは一通も来ませんでした(感謝・・・)。
 さて、今号からは心機一転、日本の人口減少のテーマを取り上げます。
 さっそく始めてまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本の人口減少(1)】※全3回です。

◇本日の課題
La poblacion de Japon se reducira' alrededor del 30 por ciento para
2060, cuando se estima que sera' de unos 87 millones, informaron hoy
fuentes oficiales. El pronostico se fundamenta en un acelerado
envejecimiento y pocos avances en la tasa de fertilidad, de acuerdo
con el Instituto Nacional de Investigacion sobre Poblacion y
Seguridad Social.

【語注】
pronostico        :予測、予想
se fundamenta en...<fundamentarse en...:〜に基づく
envejecimiento    :老化
tasa de fertilidad:出生率
Instituto Nacional de Investigacion
          sobre Poblacion y Seguridad Social
                  :(厚生労働省の)国立社会保障・人口問題研究所

【直訳例】
日本の人口は、2060年までに約30%減少するだろう。そのときに人口は約
8700万人になると推測されると、公式筋が今日伝えた。国立社会保障・人口問
題研究所によると、その予想は、加速する老化と出生率におけるわずかな前進
に基づく。

◇本日の課題(再掲)
La poblacion de Japon se reducira' alrededor del 30 por ciento para
2060, cuando se estima que sera' de unos 87 millones, informaron hoy
fuentes oficiales. El pronostico se fundamenta en un acelerado
envejecimiento y pocos avances en la tasa de fertilidad, de acuerdo
con el Instituto Nacional de Investigacion sobre Poblacion y
Seguridad Social.

【練り訳例1】
本日の公式発表によれば、2060年までに日本の人口は約30%減少し、およそ
8700万人となるだろうということだ。この数値は、高齢化の加速と出生率の鈍
化を基に割り出されたものであると、国立社会保障・人口問題研究所は伝えて
いる。

【練り訳例2】
日本の人口は2060年までに約30%減の約8700万人となる見込みであると、公式
筋がきょう明らかにした。国立社会保障・人口問題研究所によると、この予測
の根拠は加速する高齢化と出生率の上昇が低い水準にとどまっていることにあ
る。

◆編集後記◆
アース@過疎地域です。
先日、ニュースで「サービスの多様化がますます加速しそう
です」というセリフを聞き、まるで外国の話だな。と、正直おもいました。
今年に入ってから、よく利用していた和食レストランとホームセンターが
相次いで廃業。どちらも、我が家から20キロ近く離れているものの、車で
20分くらいで行けるので、重宝していたお店です。
レストランのほうは店主の個人的な理由らしいのですが、ホーム
センターは明らかに(利用者減による)業績不振だったようです。
これから、カキフライ定食はどこで食べればいいの?
ネジや電球はどこまで買いに行けばいいの?
カキフライはともかく、いまはネジや電球も通販で買える時代ですから、
そうしたって構わないのですが、それでは地元にお金が落ちません。
少しくらい高くても、地元にお金が落ちるような生活をしている
つもりなのですが、最近ではそれすら難しくなってきました。
そしてついに先週。家から5分くらいのところにあった銀行の
支店&ATMが閉鎖されることに。
我が家から一番近い銀行支店は・・やっぱり20キロ先(嘆息)。
郵便局とスーパーは車で5分圏内にかろうじて残っていますが、もし
撤退するようなことになったら・・・
それでも若いうちは、ガソリンがいかに高くとも、接着剤のにおいで
臭くとも、車があるのでなんとかなりますけれど、車に乗れなくなったら
いったいどうなるのか・・想像するだに恐ろしいです。
(※「接着剤」のくだりで???になった方は、先週の後記を
お読みください)


|

 スペイン語翻訳者になろう vol.240

 おはようございます。ピーチです。
 長きにわたってお送りしてきた「桐野ワールド」もついに最終回です!
 ではさっそく入っていきましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【桐野夏生の文学世界(8)】※全8回です。

◇本日の課題
Muchos criticos se muestran reacios a poner las novelas de Kirino en
la franja de novela negra. Algunos dicen que lo suyo es ficcion
"noir feminista", o sea, una mezcolanza de novela de crimen, misterio
y policiaca protagonizadas por personajes femeninos con tendencias
criminales y curiosos intereses sexuales.

【語注】
criticos    :批評家、評論家
se muestran<mostrarse:〜の態度をとる
reacios a...:〜に乗り気でない
franja      :帯
novela negra:ミステリー、犯罪小説、探偵小説
noir        :(フランス語で)黒
o sea       :すなわち
mezcolanza  :寄せ集め
protagonizadas<protagonizar:〜の主役を演じる

【直訳】
多くの評論家たちは、桐野の小説を「犯罪小説」の領域に入れることに乗り気
でない態度をとっている。ある批評家たちは、彼女のものは「ブラック・フェ
ミニスト」のフィクション、すなわち犯罪的な傾向と奇妙な性的興味を持つ女
性の登場人物によって主役が演じられる、犯罪、ミステリー、警察小説の寄せ
集めであると言う。

◇本日の課題(再掲)
Muchos criticos se muestran reacios a poner las novelas de Kirino en
la franja de novela negra. Algunos dicen que lo suyo es ficcion
"noir feminista", o sea, una mezcolanza de novela de crimen, misterio
y policiaca protagonizadas por personajes femeninos con tendencias
criminales y curiosos intereses sexuales.

【練り訳例】
桐野の小説を単なる「犯罪小説」としての括りに入れることをためらう評論家
は多い。桐野の小説は「フェミニズム・ノワール」のフィクション、つまりは
犯罪者的な傾向と他人と異なる性的嗜好を持つ女性が主人公となっている犯罪
小説、ミステリー、警察小説の寄せ集めだとする者もいる。

◆編集後記◆
アースです。
2月末から車の屋根ボコボコ事件をお伝えしておりますが、まだまだ
終息しません。
先週は、「修理担当の人が足をケガしているので」修理が遅れていた
という話をしましたが、2週間以上待ったあげくに、ようやく
戻ってきました。
普段の生活とそうは変わらないとはいえ、引きこもりにも飽き飽き
してきたところだったので、さっそく車に乗って外出しようとしたら・・
く、くっさ〜〜〜〜〜〜〜!!!!
まあね。車の屋根をクギでとめるわけじゃないし、継ぎ目から見て
ネジでもないだろうとは思うんですけどね。
それにしてもすごい接着剤のにおい。
窓を閉め切って5分走っただけでラリパッパになりそうです。
今朝なんか雪が数センチ積もるくらい寒かったのに、
窓を全開にしなければとても耐えられない状態。
結局、引きこもり生活が続いています。
いったいいつあの臭いが消えるのか、わたしの隠遁生活はいつまで
続くのか、次週をお楽しみに(している人はいないでしょうけど)。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.239

 おはようございます。ピーチです。
 きょうはあれやこれやの事情から、
 配信の時間が大幅に遅れてしまいました。
 待っていて下さった読者さまには、
 心からお詫び申し上げます。
 でもその分、内容はてんこ盛り、ですYO!
 早速本題に入ってまいりましょう〜。

==<もくじ>===========================
  1) 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
  2) 『嵐が丘』の翻訳者、鴻巣友季子さんを迎えて、お話と懇談会
==================================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【桐野夏生の文学世界(7)】※全8回です。

◇本日の課題
Una noche Yayoi estrangula a su marido quien, aparte de serle infiel
y de pegarle, dilapida en el casino el saldo de la cuenta de ahorros
familiares. Obedeciendo a un impulso similar, Masako orquesta el
desmembramiento del marido de Yayoi y luego continua descuartizando
otros muertos por encargo de mafiosos de Tokio.

【語注】
estrangula<estrangular:絞殺する、扼殺する
infiel             :不貞な、不実な
pegar              :殴る
dilapida<dilapidar:濫費する、浪費する
saldo              :差引残高
cuenta de ahorros  :貯蓄口座、普通預金
impulso            :衝動
orquestar          :(組織化して)統括する
desmembramiento    :(手足の)切断、解体
descuartizando <descuartizar:解体する、バラバラにする、切り分ける
encargo            :依頼、委任
mafiosos           :マフィアの構成員

【直訳】
ある夜、弥生は自分の夫を絞殺する。夫は彼女に不実であり彼女を殴ることに
加えて、家族の普通預金の差引残高をカジノで浪費する。類似の衝動に従い、
雅子は弥生の夫の切断を統括し、その後東京のマフィア構成員たちの依頼によ
り他の死体を解体し続ける。

◇本日の課題
Una noche Yayoi estrangula a su marido quien, aparte de serle infiel
y de pegarle, dilapida en el casino el saldo de la cuenta de ahorros
familiares. Obedeciendo a un impulso similar, Masako orquesta el
desmembramiento del marido de Yayoi y luego continua descuartizando
otros muertos por encargo de mafiosos de Tokio.

【練り訳例1】
ある晩、弥生は、浮気と暴力に加え、家族の預金をギャンブルで使い果たした
夫を絞殺してしまう。それに似た衝動のもと、雅子は弥生の夫の死体の解体作
業を取り仕切ったうえに、東京の暴力団員に依頼されて別の死体まで解体し続
ける。

※この段落は、infiel などの言葉に要注意です。弥生の夫(健司)はクラブ
 の女性につきまとうのですが、その女性は健司をまったく相手にしておら
 ず、「浮気」とまでは言えない状態です。そのあたりを勘案せず、辞書の語
 義「不貞、不実」から「浮気」へと結びつけてしまいますと、誤訳になりか
 ねません。

 また orquestar も、辞書の語義のまま「組織化して統括する」などとしま
 すと、まるで雅子が犯罪組織のボスになったかのような印象を与えてしまい
 ますが、作品の中ではヨシエと邦子に死体の解体と廃棄をテキパキ指図した
 というだけのことですので、要注意です。上記の練り訳例1では、そのあた
 りをあまり考えずに訳したもの、例2は小説を読んだうえで訳したもので
 す。比べてみてください。

【練り訳例2】
ある夜、弥生は自分の夫を絞め殺す。夫はクラブの女性に手を出そうとした
り、弥生を殴ったりしたうえ、家の貯金を博打で使ってしまったのだ。弥生と
同種の衝動に突き動かされ、雅子はその夫の死体の解体を率先して行ない、さ
らには東京のヤクザの依頼で別の死体の解体まで引き受けてしまう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 『嵐が丘』の翻訳者、鴻巣友季子さんを迎えて、お話と懇談会
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アースとピーチが制作に加わった『スペイン語経済ビジネス用語辞典』の
編集母体であり、スペイン語教育を多角的に行なっている(有)イスパニカ
の代表者・井戸光子さんから、2003年に『嵐が丘』を新訳された翻訳家の
鴻巣友季子さんを囲む懇談会のお知らせです。

鴻巣さんは文学翻訳者さんではありますが、本メルマガの読者さんの
大部分を占めるであろう実務翻訳関係者・学習者さんにとっても、ために
なるお話がきっと聞けることと思います。ぜひ参加してみてはいかが
でしょうか。

==================================================================

『嵐が丘』の翻訳者、鴻巣友季子さんを迎えて、お話と懇談会

◆なぜ翻訳は苦しく愉しいのか◆

日時:2012年3月17日(土)  14:00-16:45
場所:新橋駅前ビル1号館4階(フィルポート)
   JR新橋駅汐留口1分
   ゆりかもめ乗り場のすぐ向こうが新橋駅前ビル1号館です。

参加費:3,500円(一般)
    3,000円(イスパニカ在校生・元受講生)
定員  :80名
主催  :イスパニカ
お申し込みはイスパニカへ:hola@hispanica.org
tel. 03-3630-9711
fax. 03-3630-9717

【鴻巣友季子さんプロフィール】
翻訳家・文芸評論家・エッセイスト。英文学の翻訳をメインに活躍。2003年
『嵐が丘』新訳で注目され、またヴァージニア・ウルフ『灯台へ』でも評判と
なる。最新刊は『遅い男』(早川書房)。次の新訳は『風と共に去りぬ』。
エッセイ集『全身翻訳家』(筑摩書房)等、随筆、対談でも人気。

※『嵐が丘』を新訳された翻訳家の鴻巣友季子さんをお迎えし、訳書を世に生
 み出すまでの苦しみとよろこびをたっぷり語っていただきます。よその国、
 自分ではない他者の体験をなぞり、最終的には自分の言葉で語るのが翻訳だ
 と、鴻巣さんはいいます。だから翻訳も時代と共に変化すると。現在取り組
 んでいるのは『風と共に去りぬ』。スカーレット・オハラの言葉が現代にど
 う甦るのでしょうか?それを生みだす翻訳者の日々は? お話のあとは生ハ
 ムとワインで乾杯しながら、ゆっくりと歓談する時間をご用意しています。
 どうぞお運びください。

イスパニカ 井戸光子

大勢の方々の参加をお待ちしています!

=======================================

◆編集後記◆
アースです。
先々週の編集後記で、家の屋根から雪が落ちて車の屋根がボコになり、
修理に出したというお話をしました。
あれから2週間。車はまだ入院中です。
何の連絡もないので、部品がなかなか届かないのではとか、保険の話が
うまく通っていないのではとか、善意の解釈をしつつ、こちらから
車屋さんに電話したら、
「担当の人が足をケガしとってねぇ〜〜〜〜」
はぁ。そ、そうですか。
「代車、ほしかったら遠慮せんと言ってねぇ〜〜〜〜」
っていうか、2週間もかかるんだったら有料・無料はともかく、代車を
出してくれるのが普通なのでは・・(^^;)。
と、ここで文句を言ってものれんに腕押しなのが田舎のすごいとこ。
そもそも、あちらから一切連絡がないのがすごくない?
とまぁ腹の中ではいろいろ毒づき/感心しつつ、なんとかしますわ、と
愛想良く電話を切りました。どうせ代車もタバコ臭いだろうし。
で、このさい、どこまで車なしの生活ができるかと挑戦中です。
週一回の生協の配達があるので、食料品はなんとか。
しかし二週間を超えますと、家でずっと一人でいてもまったく
問題ないわたしでも、さすがにちょっときつくなってきました。
「出られるけど出ない」のと、「出たいけど出られない」のとは
ぜんぜん違うのだなあと、いまさらながら思い知らされる日々です。
(実際にはもう一台あるのですが、「一人一台」が必須の地域
ですので・・・)


|

 スペイン語翻訳者になろう vol.238

 おはようございます。アースです。
 日本は3月決算企業が多いですが、海外は12月決算企業が多数。
 なので、2月に入ると、経済関係の翻訳をしているわたしのような
 翻訳者には、年次報告書等の仕事が舞い込みます。
 財務諸表などは、同じ会社であればだいたい毎年同じ内容なので、
 細かくて目がつぶれそ〜なことを除けば、結構コピペで済んだりする
 のですが、問題は企業幹部の美辞麗句。
 わたしのように日頃から丁寧な言葉を使いつけない人には
 これが大問題です。日本ならばさしずめ
  「株主の皆様には平素から格別のご支援を賜り、
   厚く御礼申し上げます」
 とでも始まるところ、スペイン語や英語ではそういう「マクラ」が
 まったくなかったり、原文通り訳すとやたら失礼な感じになったりして、
 途方に暮れることがあります。締めの挨拶や、業績低下で平謝りな(?)
 文章なども非常に厄介です。
 「さらばじゃ」「すまんね〜」じゃダメですし。(当たり前だ!!)
 そんなこんなで、さんざん時間をかけて書いた数行も、報告書の内容
 とはほとんど関係なかったりするわけでして、自分が株主だったら
 すっとばして「今期配当金」をまず見るのだろうなあと思うと、
 一抹の寂しさを感じるのでした。くすん。

 さて、今週はめくるめく桐野ワールドが帰って参りました。
 第234号に続く第6回です。
 その後に『嵐が丘』の翻訳者、鴻巣友季子さんのお話と懇談会の
 お知らせも載せておりますので、どうぞご覧くださいね。
 では始めましょう。

==<もくじ>===========================
  1) 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
  2) 『嵐が丘』の翻訳者、鴻巣友季子さんを迎えて、お話と懇談会
==================================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【桐野夏生の文学世界(6)】※全8回です。

◇本日の課題
En Out la violencia fisica es pura, casi sublime: los asesinatos y
violaciones no obedecen a un calculo economico o politico sino a los
dictados del deseo. Yayoi Yamamoto, madre de dos pequenos, trabaja el
turno nocturno en una planta de produccion de almuerzos con Masako,
Yoshie y Kuniko. Todas estas mujeres viven con la billetera apretada
y cuidan de hijos fantasmales y hombres a los que nunca ven.

【語注】
fisica   :物理的な、身体の
sublime  :崇高な、気高い
violacion:強姦
obedecen a...<obedecer a...:〜に従う、服従する
dictados :(良心などの)導き
turno nocturno:夜勤、夜間シフト
billetera:札入れ、財布
apretada::貧困な、きつい、金に窮した
fantasmal:幽霊の(ような)、非現実的な

【直訳】
『アウト』では物理的暴力は純粋であり、ほとんど崇高である。すなわち、殺
人や強姦は経済的または政治的な計算ではなく、欲望の導きに従う。小さな二
児の母である山本弥生は雅子、ヨシエ、邦子とともに昼食製造工場で夜勤で働
く。これらの女性たちは全員、貧しい財布とともに生きており、幽霊のような
子どもたちと男たちの世話をするが、彼らに決して目を向けない。

◇本日の課題(再掲)
En Out la violencia fisica es pura, casi sublime: los asesinatos y
violaciones no obedecen a un calculo economico o politico sino a los
dictados del deseo. Yayoi Yamamoto, madre de dos pequenos, trabaja el
turno nocturno en una planta de produccion de almuerzos con Masako,
Yoshie y Kuniko. Todas estas mujeres viven con la billetera apretada
y cuidan de hijos fantasmales y hombres a los que nunca ven.

【練り訳例1】
『アウト』では、物理的暴力は純粋なものとして描かれ、崇高ですらある。殺
人も強姦も、金銭や政治がらみの打算とは無縁で、欲望に導かれるがままに行
われる。2人の子どもの母親である山本弥生は、雅子、ヨシエ、邦子とともに
弁当工場で夜勤の仕事をしている。この女性たちは困窮した生活を送りなが
ら、手応えの感じられない子どもたちと夫の面倒を見ているが、彼らを直視す
ることはない。

【練り訳例2】
『アウト』で描かれる暴力は、「気高い」と形容できそうなほどピュアなもの
である。殺人も暴行もただ欲望の赴くままに行なわれ、そこには損得勘定も策
略めいた打算もない。2児の母である山本弥生は、雅子、ヨシエ、邦子ととも
に弁当工場で深夜のパートをしている。彼女らは厳しい台所事情のなかで、つ
かみどころのない子どもたちとまるで関心の持てない夫の世話をしている。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 『嵐が丘』の翻訳者、鴻巣友季子さんを迎えて、お話と懇談会
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アースとピーチが制作に加わった『スペイン語経済ビジネス用語辞典』の
編集母体であり、スペイン語教育を多角的に行なっている(有)イスパニカ
の代表者・井戸光子さんから、2003年に『嵐が丘』を新訳された翻訳家の
鴻巣友季子さんを囲む懇談会のお知らせです。

鴻巣さんは文学翻訳者さんではありますが、本メルマガの読者さんの
大部分を占めるであろう実務翻訳関係者・学習者さんにとっても、ために
なるお話がきっと聞けることと思います。ぜひ参加してみてはいかが
でしょうか。

==================================================================

『嵐が丘』の翻訳者、鴻巣友季子さんを迎えて、お話と懇談会

◆なぜ翻訳は苦しく愉しいのか◆

日時:2012年3月17日(土)  14:00-16:45
場所:新橋駅前ビル1号館4階(フィルポート)
   JR新橋駅汐留口1分
   ゆりかもめ乗り場のすぐ向こうが新橋駅前ビル1号館です。

参加費:3,500円(一般)
    3,000円(イスパニカ在校生・元受講生)
定員  :80名
主催  :イスパニカ
お申し込みはイスパニカへ:hola@hispanica.org
tel. 03-3630-9711
fax. 03-3630-9717

【鴻巣友季子さんプロフィール】
翻訳家・文芸評論家・エッセイスト。英文学の翻訳をメインに活躍。2003年
『嵐が丘』新訳で注目され、またヴァージニア・ウルフ『灯台へ』でも評判と
なる。最新刊は『遅い男』(早川書房)。次の新訳は『風と共に去りぬ』。
エッセイ集『全身翻訳家』(筑摩書房)等、随筆、対談でも人気。

※『嵐が丘』を新訳された翻訳家の鴻巣友季子さんをお迎えし、訳書を世に生
 み出すまでの苦しみとよろこびをたっぷり語っていただきます。よその国、
 自分ではない他者の体験をなぞり、最終的には自分の言葉で語るのが翻訳だ
 と、鴻巣さんはいいます。だから翻訳も時代と共に変化すると。現在取り組
 んでいるのは『風と共に去りぬ』。スカーレット・オハラの言葉が現代にど
 う甦るのでしょうか?それを生みだす翻訳者の日々は? お話のあとは生ハ
 ムとワインで乾杯しながら、ゆっくりと歓談する時間をご用意しています。
 どうぞお運びください。

イスパニカ 井戸光子

大勢の方々の参加をお待ちしています!

=======================================

◆編集後記◆
ピーチです。
上記の鴻巣さんのお話し&懇談会、現在第一線で活躍中の翻訳家さんの、
翻訳こぼれ話や仕事に対する姿勢等をナマで聴くことのできる貴重な機会だと
思います(ワインと生ハムが振舞われる懇談会までついてこの価格というのも
なかなかないことではないでしょうか!?)
翻訳者を目指す方々はもちろん、すでになっている方々にも、是非お薦め
したいと思います。
三寒四温な日々ですね。まだ寒い日もちらほらありますが、皆さんお元気で
お過ごしください。 ではまた来週(@^^)/~~~

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »