« 2012年3月14日 | トップページ | 2012年3月28日 »

2012年3月21日

 スペイン語翻訳者になろう vol.240

 おはようございます。ピーチです。
 長きにわたってお送りしてきた「桐野ワールド」もついに最終回です!
 ではさっそく入っていきましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【桐野夏生の文学世界(8)】※全8回です。

◇本日の課題
Muchos criticos se muestran reacios a poner las novelas de Kirino en
la franja de novela negra. Algunos dicen que lo suyo es ficcion
"noir feminista", o sea, una mezcolanza de novela de crimen, misterio
y policiaca protagonizadas por personajes femeninos con tendencias
criminales y curiosos intereses sexuales.

【語注】
criticos    :批評家、評論家
se muestran<mostrarse:〜の態度をとる
reacios a...:〜に乗り気でない
franja      :帯
novela negra:ミステリー、犯罪小説、探偵小説
noir        :(フランス語で)黒
o sea       :すなわち
mezcolanza  :寄せ集め
protagonizadas<protagonizar:〜の主役を演じる

【直訳】
多くの評論家たちは、桐野の小説を「犯罪小説」の領域に入れることに乗り気
でない態度をとっている。ある批評家たちは、彼女のものは「ブラック・フェ
ミニスト」のフィクション、すなわち犯罪的な傾向と奇妙な性的興味を持つ女
性の登場人物によって主役が演じられる、犯罪、ミステリー、警察小説の寄せ
集めであると言う。

◇本日の課題(再掲)
Muchos criticos se muestran reacios a poner las novelas de Kirino en
la franja de novela negra. Algunos dicen que lo suyo es ficcion
"noir feminista", o sea, una mezcolanza de novela de crimen, misterio
y policiaca protagonizadas por personajes femeninos con tendencias
criminales y curiosos intereses sexuales.

【練り訳例】
桐野の小説を単なる「犯罪小説」としての括りに入れることをためらう評論家
は多い。桐野の小説は「フェミニズム・ノワール」のフィクション、つまりは
犯罪者的な傾向と他人と異なる性的嗜好を持つ女性が主人公となっている犯罪
小説、ミステリー、警察小説の寄せ集めだとする者もいる。

◆編集後記◆
アースです。
2月末から車の屋根ボコボコ事件をお伝えしておりますが、まだまだ
終息しません。
先週は、「修理担当の人が足をケガしているので」修理が遅れていた
という話をしましたが、2週間以上待ったあげくに、ようやく
戻ってきました。
普段の生活とそうは変わらないとはいえ、引きこもりにも飽き飽き
してきたところだったので、さっそく車に乗って外出しようとしたら・・
く、くっさ〜〜〜〜〜〜〜!!!!
まあね。車の屋根をクギでとめるわけじゃないし、継ぎ目から見て
ネジでもないだろうとは思うんですけどね。
それにしてもすごい接着剤のにおい。
窓を閉め切って5分走っただけでラリパッパになりそうです。
今朝なんか雪が数センチ積もるくらい寒かったのに、
窓を全開にしなければとても耐えられない状態。
結局、引きこもり生活が続いています。
いったいいつあの臭いが消えるのか、わたしの隠遁生活はいつまで
続くのか、次週をお楽しみに(している人はいないでしょうけど)。

|
|

« 2012年3月14日 | トップページ | 2012年3月28日 »