« 2012年2月22日 | トップページ | 2012年3月7日 »

2012年2月29日

 スペイン語翻訳者になろう vol.237

 おはようございます。ピーチです。
 このメルマガの前書きと後記の読者さまはすでにお見通しかと
 思いますが、わたしは人間観察が好きです。最近やたらと
 目につくのが、ダッフィーのぬいぐるみをカバンや携帯につけている
 ひと(子供だと、ダッフィーの顔のポシェットなども)。
 目下、首都圏では大増殖中です!気をつけてみてみてください、
 遭遇率はかなり高いはずですよ!(DEAN&DELUCAのトートバッグを
 持っている人に張り合えるくらいに・・)
 世間の流行に疎いわたしは、何をきっかけにダッフィーがこれほど
 人気者になったのか、全然知りません。どなたかご存知でしたら
 教えてください。

 それではディズニーな世界から一転、基礎的財政収支のおはなしに
 入ってまいりましょう(最終回です)。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本の基礎的財政収支(3)】
El anuncio gubernamental resulta muy distinto al superavit prometido
para 2020, y significa que el Gobierno tendra' que acudir a prestamos.
Los analistas de la situacion consideran que si el Gobierno trata de
equilibrar el deficit apelando solo al impuesto al consumo, tendra'
que subirlo hasta alrededor del 16%.

【語注】
acudir a...:〜に頼る、訴える
prestamos  :貸付、融資、借入、借金
equilibrar :均衡させる、釣り合わせる
apelando<apelar a...:(手段などに)訴える

【直訳】
政府の発表は、2020年までに約束した黒字とは非常に異なる結果になり、政府
が借金に頼らなければならないであろうことを意味している。その状況のアナ
リストたちは、もし政府が消費税だけに訴えて赤字を均衡させようとするなら
ば、約16%までそれを上昇させる必要があるだろうと見なしている。

※ analistas de la situacion:スペイン語の経済記事では、今回のように
  los analistas とだけ出てくることが多いようです。日本の一般紙ではここ
  まで漠然とした使われ方をすることがあまりないので、それはいったいどこ
  の誰??と突っ込みたくなりますね。これは、担当の公官庁をざっくりと指
  して「autoridades(当局)」と表現するのと同じで、「経済(や金融の)
  状況を分析するいろいろな会社や機関のアナリストさんたち」くらいに受け
  取っておきましょう。つまり今回の場合は、「日本の財政状況について分析
  を行っているアナリストたち」ということです。

◇本日の課題(再掲)
El anuncio gubernamental resulta muy distinto al superavit prometido
para 2020, y significa que el Gobierno tendra' que acudir a prestamos.
Los analistas de la situacion consideran que si el Gobierno trata de
equilibrar el deficit apelando solo al impuesto al consumo, tendra'
que subirlo hasta alrededor del 16%.

【練り訳例1】
この政府発表は、2020年までに財政を黒字化するという約束とは大きな隔たり
があり、政府が今後も借金に依存せざるを得ないことは明らかである。もしも
政府が消費税のみにより赤字解消を図るのであれば、消費税率を16%近くまで
引き上げなければならないであろうとアナリストたちは予測している。

【練り訳例】
この発表は2020年までに財政赤字を解消するという政府の目標とはかけ離れた
内容で、今後も借り入れに頼らざるを得ないことを示唆している。アナリスト
の推計では、仮に消費税のみで財政均衡を目指すとすれば、税率を16%前後に
まで引き上げる必要がある。

※ prometido をうっかり「公約」としてしまいそうですが、政府民主党は
  「公約」まではしていませんので、要注意です。今回の場合は、先々週お送
  りした「日本の基礎的財政収支(1)」の原文で、「2020年度までの財政赤
  字解消という“目標”」と明記されています。

◆編集後記◆
アースです。
最近の暖かさで(ここ数日はまためちゃ寒いですが)、すんごい勢いで
雪が融けております。それはありがたいのですが、我が家ではこの期に
及んで雪の被害が出ました。ぐすん。
雪国の家では、人が出入りする通路の上の屋根には「雪止め」がつけて
あるので、めったなことでは雪が落ちないようになっているのですが、
先週の暖かさのせいで大量の雪がなだれ落ち、すぐ下に停めてあった
車の屋根を直撃。
かなりの量のざらめ状の雪(推定500キロ以上)がどっと落ちたので、
下に人がいなかったことは本当に幸運でしたが、我が家の車の屋根は
完全にへこんでしまいました。
え〜〜〜〜〜ん。
走行に支障はないものの、ある人が言うのに「金魚が飼えるくらいの
へこみ」(いやそこまでじゃないだろ)で、車屋さんに聞いたら
「たたき出すとしても10万以上はかかるねぇ〜」と言われました。
びえ〜〜〜〜ん。
で、少し落ち着いてから思い出しました。
車両保険に入っていたことを!!!
わ〜〜〜〜〜い。
おかげで、一銭も払わずに、新品の部品交換で対処できることに
なりました。保険を考え出した昔の人、ありがとう!!!
これで何年も保険料を払い続けてきた甲斐があったというものです。
一週間くらいは車が使えないのに、なにやら得をした気分になって
いるわたしでした。


|
|

« 2012年2月22日 | トップページ | 2012年3月7日 »