« 2011年11月9日 | トップページ | 2011年11月23日 »

2011年11月16日

 スペイン語翻訳者になろう vol.225

 おはようございます。ピーチです。
 公園で本を読んでいたら、すぐ近くで見知らぬおじさんが大声で歌を
 歌いだしました。曲目は「里の秋」と「ふるさと」のみで、それらを
 交互に、エンドレスで歌い続けるおじさん(直立不動で・・)。
 おかげでミステリ小説のクライマックス部分に差し掛かっていたのに、
 筋に集中できやしません。
 その場を立ち去ろうにも立ち去れない事情があったので、仕方なく
 読書を続けるわたし(読むのを一旦やめればいいものを・・どうも意地に
 なっていたようです)
 しかしおじさんの歌う「童謡効果」で、せっかくの手に汗握るスリリングな
 クライマックス部が、「栗の実」やら「囲炉裏」やら「小鮒」やらに
 彩られた、妙にのどかで叙情的なものとなってしまいました。
 う〜ん、なんだかとっても損した気分です。
 この手のおじさんって、ある程度大きな公園に行くとかなりの確率で
 遭遇する気がするのですが、気のせいでしょうか。

 では、先週1回お休みしていた「ごみポイ捨て撲滅」の記事の続きを
 ちょくねりしていくことと致しましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ニカラグア・ごみポイ捨て撲滅(3)】※全6回です。

◇本日の課題
Para convencer al publico, se utilizara'n 500 carteles, mil
calcomanias, decenas de camisetas y 101 basureros, los que seran
instalados en la parte delantera de cada bus, para que los
pasajeros depositen ahi la basura antes de abandonar el bus.

【語注】
cartel              :貼り紙、ポスター
calcomania        :ステッカー
camiseta            :シャツ、Tシャツ
basureros           :ゴミ箱、ゴミ容器
instalados<instalar:据え付ける、設置する
depositen<depositar:預ける、託す、置く
abandonar           :離れる、去る

【直訳例】
人々を説得するために、500部のポスター、1000枚のステッカー、数十枚のT
シャツ、101のごみ箱が使われるだろう。それらのごみ箱は、乗客がバスを去
る前にごみをそこに置くように各バスの前方部に設置されるだろう。

※ los que...は直前の 101 basureros を受けています。

◇本日の課題(再掲)
Para convencer al publico, se utilizara'n 500 carteles, mil
calcomanias, decenas de camisetas y 101 basureros, los que seran
instalados en la parte delantera de cada bus, para que los
pasajeros depositen ahi la basura antes de abandonar el bus.

【練り訳例1】
人々をその気にさせるため、ポスター500部、ステッカー1000枚、Tシャツ数
十枚が使用され、乗客が降車前にごみを捨てられるようにと、バス前方には
ごみ箱が合計で101設置される。

【練り訳例2】
500部のポスター、1000枚のステッカー、数十枚のTシャツを投入して乗客の意
識向上を図り、各バスの前方部にはごみ箱を設置して(全部で101個)、降車
前のごみ捨てを促進する。

【練り訳例3】
ゴミ捨て禁止を人々にアピールするのに使われるのは、500枚のポスターと
1000枚のステッカー、Tシャツ数十枚。またバスの前の方にゴミ箱を設置し
て、乗客がバスを降りる前にゴミを捨ててもらう。ゴミ箱を設置するバスは
101台。


◆編集後記◆
アースです。
本棚を整理していたら、カントの『純粋理性批判』が出てきました。
う〜ん、大学のころに読んだような読まなかったような。
読んだとしても読了したかどうか、記憶ナシ。
岩波文庫の篠田英雄さん訳(1961年発行)で、信じられないほど
字が小さいです!!!
なんてことはどうでもいいのでして、やはり現役翻訳者の目で
見ますと、ドイツ語のように論理的と言われる言語で、しかも
『純粋理性批判』みたいな内容(ぜんぜん覚えてませんが)を、
いったいどんな頭ならうまく日本語に訳せるのだろうかと
考えてしまいます。
スペイン語翻訳者はだいたい自由闊達(?)な表現に振り回される
ことが多いのですが、ドイツ語ならドイツ語、中国語なら中国語
などと、言語によって翻訳者にもいろいろ悩みがあるんだろうなぁ〜
と思ったのでした。



|
|

« 2011年11月9日 | トップページ | 2011年11月23日 »