« 2011年10月4日 | トップページ | 2011年10月19日 »

2011年10月12日

 スペイン語翻訳者になろう vol.220

 おはようございます、ピーチです。
 ここ最近の自分を四文字熟語(?)で表すと、
 「 運 動 不 足 」
 これに尽きます。
 3連休もほとんどPCの前で過ごす破目となってしまいました。
 「運動」といえば、連休中に放映されたNHKスペシャル「日野原重明
 100歳 いのちのメッセージ」をご覧になった方は御存知と思いますが、
 100歳の現役医師日野原先生は99歳からストレッチを始められた
 そうです(それも、「110歳まで働ける体を作るために」との目的で!)。
 う〜む・・こんな若輩が「運動は疲れるからいやだ」などとたわけたことを
 言っている場合ではありませんね。せめて意識的に歩く、くらいのことは
 しなくては。。。
 (日野原先生は駅のエスカレーターなども使用されないらしいです。
 ではエレベータ?・・・じゃありませんよ、もちろん階段です!)

それでは地底河川の最終回、行ってみましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【地底河川(4)】※全4回です。

◇本日の課題
Los investigadores decidieron bautizar el rio subterraneo como Hamza,
en homenaje al cientifico de origen indio Valiya Mannathal Hamza, que
estudia la region desde hace ma's de cuatro decadas.

【語注】
investigadores :調査者、研究者
bautizar    :命名する
subterraneo   :地下の
en homenaje a...:〜に敬意を表して
de origen indio :先住民の

【直訳】
研究者たちは、先住民の科学者 Valiya Mannathal Hamza に敬意を表して、地
底河川を「ハムザ」と命名することを決めた。Valiya Mannathal Hamza は40
年以上前からその地域を研究している。

※ Valiya Mannathal Hamza については、簡単な調査では読み方がわかりませ
 んでした。仮に仕事の場面でこれにぶつかったら・・という想定のもと、調
 査してみてはいかがでしょうか。

◇本日の課題(再掲)
Los investigadores decidieron bautizar el rio subterraneo como Hamza,
en homenaje al cientifico de origen indio Valiya Mannathal Hamza, que
estudia la region desde hace ma's de cuatro decadas.

【練り訳例1】
研究者らは、40年以上にわたってこの地域の研究を行っている先住民科学者
Valiya Mannathal Hamza に敬意を表し、地底河川に「ハムザ川」と命名する
ことを決めた。

【練り訳例2】
調査員らは、この地底河川の名称を「ハムザ川」とすることに決めた。40年以
上にわたりこの地域で研究を続けてきた先住民の Valiya Mannathal Hamza 博
士への敬意の印としての命名である。

◆編集後記◆
アースです。
この連休、ずっとパワポ(PowerPoint)のプレゼン資料の翻訳に
かかりきりでした。(ピーチとは、メールを介して「眠気」と
「食い気」を押し付け合っていました)
パワポの場合、内容と同じくらい大変なのがレイアウト。
こんなもん、大型スクリーンに映したって絶対見えないでしょ!!!
というようなゴマ粒大の原文にも、ゴマ粒大のテキストボックスを
かぶせて訳文を入れねばなりません。
そんなこんなで、虫眼鏡を片手に?集中して作り上げたファイル。
保存もちゃんとしたはず。
なのに、夕食後もうちょっとやりますか、と開いたら・・
なぜか!!!!
昼食前の状態に戻っていました。。。。しくしくしく。
そんなことのないように二重三重にフェイルセーフを設けている
つもりなのですが、このときは見事にその裏をかかれました(誰に?)。
2,3分の放心状態を経て、「訳語を忘れないうちに復帰すべき」
という結論にたどり着き、その後の数時間、息を止めてたのでは
なかろうかというくらい集中して復帰にこぎ着けました。
つかれました・・・・
10年前にはよくあった出来事ですが、最近はPCも安定して、めったに
フリーズもしないので、ちょっと油断していたかもしれません。
改めて、ほぞん!!!!という文字をおでこに刻みつけました。

|
|

« 2011年10月4日 | トップページ | 2011年10月19日 »