« 2011年9月21日 | トップページ | 2011年10月4日 »

2011年9月26日

 スペイン語翻訳者になろう vol.218

 おはようございます。ピーチです。
 先週号のメルマガを読み返し、「前書き+後記」が本文以上に長いことに
 愕然としました。そんなことは本メルマガではよくあることなので
 何をいまさら、と言われそうですね。とはいえ、本文部分が
 まるで4枚切り食パンの間に挟まれた薄いハムのように頼りなく感じられ
 ちょっと不憫になってしまいました。
 ということで、今回はさくっと本題に入ります(すでに前置きが十分
 長い気もしますが・・・)。きょうは地底河川の二回目です。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【地底河川(2)】※全4回です。

◇本日の課題
El descubrimiento fue posible gracias a investigaciones hechas en 241
pozos que la empresa petrolera Petrobras perforo' en la region
amazonica entre los anos 1970 y 1980 en busqueda de hidrocarburos,
indica el estudio publicado por el periodico, que fue realizado por
el departamento de Geofisica del Observatorio Nacional.

【語注】
investigaciones   :調査
pozos        :井戸
perforo'<perforar :掘削する
en busqueda de...  :〜を求めて
hidrocarburos    :炭化水素(ここでは石油・天然ガスを指す)
realizado<realizar:作成する、制作する
departamento de Geofisica del Observatorio Nacional
          :国立天文台地球物理局

【直訳】
その発見は、石油企業ペトロブラスが炭化水素を求めて1970〜1980年代の間に
アマゾン地域で掘削した241の井戸において行われた調査のおかげで可能だっ
たと、その日刊紙によって発表された報告書は示す。その報告書は、国立天文
台地球物理局によって制作された。

◇本日の課題(再掲)
El descubrimiento fue posible gracias a investigaciones hechas en 241
pozos que la empresa petrolera Petrobras perforo' en la region
amazonica entre los anos 1970 y 1980 en busqueda de hidrocarburos,
indica el estudio publicado por el periodico, que fue realizado por
el departamento de Geofisica del Observatorio Nacional.

【練り訳例1】
同紙で発表された報告書によると、今回の発見が可能となったのは石油企業の
ペトロブラスがアマゾン地域で掘削した241本の井戸において行われた調査の
結果だという。この井戸は、同社が1970〜1980年代に石油・天然ガス探査のた
め掘削したものである。なお、この報告はブラジル国立天文台地球物理局が行
なった。

【練り訳例2】
同紙に掲載された、ブラジル国立天文台地球物理局の調査報告によると、
1970〜1980年代にかけて石油公社のペトロブラスはアマゾン地域で石油・天然
ガス探査のために井戸を掘削したが、そのうち241本で調査が行われ、今回の
発見に結びついた。

◆編集後記◆
アースです。
地底河川の話、考えただけでワクワクします。
ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』や、地底の話では
ありませんが、コナン・ドイルの『失われた世界』をまたもや
読みたくなります。(いったい何度目か?)
ついでに海の底の『海底二万里』(これまたヴェルヌ)もいいなあ。
ヴェルヌといえば、ピーチもわたしも『十五少年漂流記』が
大好き。ジュブナイル、完訳版それぞれ新旧あわせて、
2人で6冊くらい持っているのではないかと思います。
わたしは波多野完治さんの訳がとくに大好きで、あまりに
繰り返し読むものですから、もうボロボロ。つい最近、
買い直しました。
・・そんなことばっかしているものだから、縦横斜め(?)に
押し込んだ本棚はもう隙間なし。でもアマゾンのカートには
次なる書籍たちが山積み。
だれか、四次元ポケット出してくれません?

|
|

« 2011年9月21日 | トップページ | 2011年10月4日 »