« 2011年8月24日 | トップページ | 2011年9月7日 »

2011年8月31日

 スペイン語翻訳者になろう vol.214

 おはようございます。ピーチです。本メルマガも節電対策で(?)
 長めの夏休みをいただきましたが、今号からまた通常運行に戻りますので、
 宜しくお願い致します。

 今年の夏は暑かったのか実はそうでもなかったのかよく分からない・・
 というのが南関東に住むわたしの感想なのですが、皆さんのお住まいの
 地域ではいかがでしたか?・・・と過去形で書いていますが、まだまだ
 蒸し暑い日が続いていますので、夏バテしないよう気をつけて
 参りましょう。
 夏バテといえば食欲不振とワンセットにされがちですが、アースも
 わたしも食欲不振とは無縁で、始終
 「おなかへりすぎ〜」
 「食べたばっかりなのにもうおなかすいた〜!どうしてくれよう?」
 などと言い(書き)合っています。食欲旺盛でも夏バテはするもの
 なのだと、声を大にして言いたいです!(とはいえ、今年はまだ夏バテは
 していないのですけれどね。これはやはり食欲大魔神のお蔭か?)

 さて、今号は株式市場の記事をちょくねりしてみます。「休み明け早々
 なぜにそんなヘビーな内容?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、
 ごく短文ですので頑張ってお付き合いくださいね。

==<もくじ>===========================
   1) 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
   2) アース&ピーチ共著 スペイン語翻訳解説書シリーズ
 ==================================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
La bolsa espanola cerro' este jueves con una caida cercana al 5 por
ciento, la segunda mayor del an~o, tras unos datos macroeconomicos en
Estados Unidos que reavivaron el temor a una recesion y que se
sumaron a la incertidumbre por la crisis de deuda de la zona euro.

【語注】
bolsa     :株式市場
macroeconomicos:マクロ経済の
reavivaron<reavivir:再び活気づける(re+avivar)
recesion    :景気後退、リセッション
se sumaron a...<sumarse a...:〜に加わる
incertidumbre :不安定、不確実

【直訳】
スペインの株式市場はこの木曜日、米国におけるマクロ経済の諸データの後
で、1年間で2番目に大きい約5%の下落で閉じた。諸データは景気後退への
懸念を再び活気づけ、ユーロ圏の債務危機による不安定に加わった。

※実際には「スペイン株式市場」という市場は存在せず、「マドリード証券取
 引所」が正式名称になります。ただロンドン市場のことを「英国株式市場」
 と呼ぶように、「スペイン(株式)市場」の名称を使う場合もあります。

◇本日の課題(再掲)
La bolsa espanola cerro' este jueves con una caida cercana al 5 por
ciento, la segunda mayor del an~o, tras unos datos macroeconomicos en
Estados Unidos que reavivaron el temor a una recesion y que se
sumaron a la incertidumbre por la crisis de deuda de la zona euro.

【練り訳例1】
木曜日のスペイン市場は、米国のマクロ経済指標が発表されたことで、1年で
2番目に大きな下げ幅で引けた。米指標は景気後退への懸念を再燃させ、ユー
ロ圏の債務危機による不安定感をさらに増した。

※ unos datos macroeconomicos が「懸念を再燃させた」わけですから、その
 内容は「悪い」という含みがあります。練り訳例2ではそのあたりを補足し
 て訳してみました。なお「マクロ経済指標」とは、国内総生産(GDP)成長
 率やインフレ率、国際収支など一国全体の(マクロの)経済状態を示す指標
 を言います。

【練り訳例2】
木曜日のマドリード市場は米国のマクロ経済指標の悪化を嫌気して今年2番目
の下げ幅(5%)を記録して引けた。指標悪化により米国でリセッション(景
気後退)入りへの懸念が再燃したほか、ユーロ圏諸国では債務危機に伴う先行
き不透明感が増大した。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ アース&ピーチ共著 スペイン語翻訳解説書シリーズ
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年6月1日、アース&ピーチ共著によるスペイン語翻訳解説書シリーズの
第2弾と第3弾を同時発売致しました。おかげさまで当方の予想をかな〜り
上回る反響をいただいております。

ご購入の傾向として特徴的なのが、「基礎編」と「経済編」の両方を
お求めになる方が圧倒的多数であること。これは皆さんの向学心の高さと
関心分野の広さの顕れだろうと思います(・・が、くれぐれも「積ん読」に
ならないようにご注意くださいね。活用してこその教材・・ですので)。

また、今回の新教材発売をきっかけに、既刊の第1弾教材も併せてご購入
下さった方も何人もいらっしゃるのですが、その中のお1人が教材(及び
メルマガ)に関する感想を寄せて下さいましたので、御本人の許可を得た
うえで紹介させていただきます。購入を迷っている方々のご参考になれば
幸いです。
(購入方法等の詳細は最後に掲載しました)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【T・K様からのご感想】

3冊分を少しずつ読ませてもらっていますが、これだけの独自のノウハウや、
初心者向けではない内容を考えても、相当の時間と労力を費やされたと思いま
す。

英語でも多くのメルマガを読んだり、教材のようなものを買ったことがありま
すが、残念ながら薄っぺらい内容で高いものは多々出回ってますし、これほど
の内容で、良心的な価格で提供している語学関連のものは、まず他にないと思
います。営利目的は一切なかったのでしょうか?と思えるくらいです。(笑)

自分は何年も前にスペインの語学学校で1年学んだ程度のレベルなので、中級
ともいえるレベルではないかもしれませんが、ある程度学んだあとは、ほとん
どの日本の市販の参考書では事足りず、かといってそれ以上のレベルのものを
探すとなると、現地版や英語圏版の本になったりすると思うので、僕と同じよ
うに感じてる購入者の方は、他にもいらっしゃると思います。

メルマガをいつから読ませてもらっているかや、きっかけは忘れてしまいまし
たが、おそらく数年くらいは経っている気がします。普段あまり使わない過去
に学んだ語学を忘れないきっかけを毎週いただいて、個人的に大変助かってい
ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Tさん、貴重な御意見・御感想をまことにありがとうございました!!
以下に既刊3冊の教材の基本情報を掲載しておきます。関心をもたれた方は
是非チェックしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ☆★ アース&ピーチ共著による
              スペイン語翻訳解説書シリーズ ★☆

   「スペイン語実務翻訳講座(基礎編)
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 2,000円/PDF版/A4・96ページ

   「経済スペイン語翻訳講座
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 2,000円/PDF版/A4・60ページ

            上記2冊のご購入はこちらから
            →http://www.pie.vc/textbook/02.html

   「スペイン語実務翻訳講座
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 4,000円/PDF版/A4・133ページ

            ご購入はこちらから
            →http://www.pie.vc/textbook/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆編集後記◆
アースです。
そうなんです。食欲魔神なんです。ピーチもわたしも。
ちょうどお盆のころに甥と姪が子どもたちだけで遊びに来たのですが、
まずお腹がすくのは育ち盛りの彼らではなく、なぜかわたし。
「ねえ〜早く食べようよ〜」としじゅう言っていたのはわたし。
彼らも決して不健康ではないと思うのですが、なんなんだろうなあ。
ついでに言うと、わたしは夏バテとも無縁。
でもまあ、当地は太平洋側と比べればずいぶん涼しいので、そのおかげかも
しれません。最近は夕方になると急に気温が下がるので、窓を開けて
寝ることはできなくなりました。
ふと気がつくと、家の周辺ではもう稲刈りが始まっていますし、
9月に入ればすぐにも秋本番になりそうです。

|
|

« 2011年8月24日 | トップページ | 2011年9月7日 »