« 2011年8月17日 | トップページ | 2011年8月31日 »

2011年8月24日

   スペイン語翻訳者になろう〜プロが教える実践翻訳術(アンコールシリーズ 第6回)

  7月20日から8月24日まで、本メルマガのバックナンバーから
  「きょうのキーワード」シリーズを厳選してお届けします。既読の方も
  新たな気持ちで読んでくださいね。
                      アース&ピーチ

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ きょうのキーワード 【problematico】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、形容詞 problematico を取り上げます。

西和辞典をひくと「問題のある、問題の多い、疑わしい、厄介な」等の
訳語が上がっています。いずれも、おなじみの名詞形 problema から
労せずして想像がつく訳語ですので「楽勝!」と思われた方も多いのでは
ないでしょうか?

しかし、例えば

El problematico futuro de las librerias independientes sera el tema
del debate.

という例文を挙げられたらいかがですか?

「独立系書店の問題ある未来が・・」と訳しかけて、「問題とは何だ?」と
分からなくなり、口元まで出かかった「らくしょ〜」のセリフを、慌てて
ごくりと飲み込んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

problematico が訳しづらくなるのは、動詞の補語となっている場合よりも、
上記例文のように名詞に直接かかる形容詞として用いられているケース。
それは、後者の場合には、名詞にまつわるさまざまな背景情報(ともいうべき
もの)がたった1語の形容詞 problematico に背負わされているためでは
ないか、と思われます。

一言に「問題のある」と言っても、「どんな種類の問題」であるのかは千差
万別ですよね。そのあたりの「problematico 加減(?)」を日本語に
反映させる必要があるならば・・結構手ごわいと思いませんか?

上記の例文

El problematico futuro de las librerias independientes sera el tema
del debate.

に即して解説すれば、「独立系書店の問題ある将来が討議のテーマとなる
だろう」でも通じないことはありません。しかし、独立系書店にどういう
問題があると言っているのか、前後の文章などから読み取ってそれを
何らかの形で訳文に反映させることができれば、読み手にとっては
ぐっと理解しやすい文章になるのではないでしょうか。

たとえば、独立系書店の経営基盤が脆弱であることを問題視した記事である
ならば、「独立系書店の今後の経営不安が討論のテーマだ」や「フラン
チャイズ傘下にない独立系の書店の脆弱な将来像について議論がなされる
だろう」などの訳が適当な場合もあるでしょう。

ただし言うまでもないことですが、文章によっては、辞書の語義そのままに
「問題ある」などと訳してもまるで支障がないケースもあり、毎回上記の
ように「問題」の中身を反映させなければならないわけではありません
(逆から言えば、反映させた方がいいのは、そうしないと訳文が不明瞭になる
場合です)。そのあたりはよく見極めるようにしてください。

では、次のコーナーで、実際の用例を見ていきましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│実例を見てみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇Se explico' la problematica clausula del articulo 45 de la
 Constitucion.
 問題の憲法45条について説明がなされた。

◇El profesor hizo incapie en el problematico tema del consumo de
 energia.
 教授はエネルギー消費という厄介なテーマを強調した。

◇Christian Brando, el problematico e hijo mayor del famoso actor
 Marlon Brando, ha muerto a los 49 anos.
 マーロン・ブランドの長男でトラブルメーカーだったクリスチャン・ブラン
 ドが49歳で亡くなった。

※ここでは problematico の前か後に hombre や hijo などの名詞が省略され
 ていると考えられます。それにしてもこの problematico の訳し方には困り
 ますね。実際この人は、妹の恋人を射殺したり、DVで有罪判決を受けた
 り、アルコール及び麻薬の矯正施設への入所を命じられたりと、相当波乱に
 富んだ人生を歩まれたようです。そのあたりを斟酌して、ぴったり来そうな
 表現を考えてみてください。そして自信作を思いついたら、ぜひお知らせく
 ださい!

◆編集後記◆
アースです。
今回でアンコールシリーズは終わり。来週から通常モードで
お届けします。
これまでのアンコールシリーズでは、前書きや後記をつけた
ことはなかったのですが、今年はなぜだか、アース&ピーチが
交替で後記のみお届けすることと相成りました。
「アンコールか。じゃまあいいや」と、一行も読まずに即ゴミ箱
行きにしているそこのあなた!!!6回分の貴重な(?)後記を
読み損なっていますよ!!
なーんて、わざわざゴミ箱の中から探して読むほどの内容では
まったくありませんので、そのぶん来週からのメルマガを
ちゃ〜んと読んでくださいね。
ではまたらいしゅう〜
(ほんとうにくだらない後記なので、探さないでください・・)


-[▽PR]-----------------------------------------------------------

    ☆★ アース&ピーチ共著による
              スペイン語翻訳解説書シリーズ ★☆

   「スペイン語実務翻訳講座(基礎編)
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 2,000円/PDF版/A4・96ページ

   「経済スペイン語翻訳講座
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 2,000円/PDF版/A4・60ページ

            上記2冊のご購入はこちらから
            →http://www.pie.vc/textbook/02.html

   「スペイン語実務翻訳講座
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 4,000円/PDF版/A4・133ページ

            ご購入はこちらから
            →http://www.pie.vc/textbook/index.html

-------------------------------------------------------------[▽PR]---

|
|

« 2011年8月17日 | トップページ | 2011年8月31日 »