« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

 スペイン語翻訳者になろう vol.210

 おはようございます。アースです。
 うーむ、書くことがありません。
 最近の暑さを話題にするか?
 仕事でやったヘマを告白するか?
 はたまた社会問題について重厚に語るか?
 書いては消し。書いては消し。
 ああ、もったいない。
 これまでに日の目を見ずに消えていった文章は数知れず。
 いつか、「前書き・編集後記ボツ特集!」を出しましょか。
 と言っているあいだに、ちょうど良い量になりました。わーい。
 (これって前書きなの??)

 さあさあ、気を取り直して本日のテーマに入っていきましょ〜。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【震災から3カ月(3)】

◇本日の課題
El primer ministro japones Naoto Kan, de 64 an~os, acusado de haber
administrado mal la catastrofe y cuyos dias en su cargo estan
contados, viajo' al puerto de Kamaishi (noreste) para conversar sobre
la reconstruccion.

【構造図】
El primer ministro japones Naoto Kan, de 64 an~os,
     (1)acusado de haber administrado mal la catastrofe y
     (2)cuyos dias en su cargo estan contados,
   viajo' al puerto de Kamaishi (noreste)
          para conversar sobre la reconstruccion.

・(1)は El primer ministro japones Naoto Kan に係っています
・(2)の cuyos の先行詞は El primer ministro japones Naoto Kan です。

【語注】
acusado de<acusar de... :〜として非難する
administrado<administrar:管理する、運営する
catastrofe        :大惨事、大災害
reconstruccion      :再建、復興

【直訳】
大災害を悪く管理したとして非難され、その職務における日々が数えられてい
る64歳の日本の菅直人首相は、復興に関して話しあうために釜石港(北東)に
旅行した。

※ Kan... cuyos dias en su cargo estan contados がわかりにくいですね。
 dias en su cargo は上記直訳のとおり、「その職務における日々」すなわ
 ち「菅氏がその職務=首相の地位にある日々」ということです。またestan
 contados=「数えられている」は、要するに「数えられるほどに少ない」
 「カウントダウンされている」というニュアンスでしょうか。ここは様々な
 訳が可能だと思いますので、皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

◇本日の課題(再掲)
El primer ministro japones Naoto Kan, de 64 an~os, acusado de haber
administrado mal la catastrofe y cuyos dias en su cargo estan
contados, viajo' al puerto de Kamaishi (noreste) para conversar sobre
la reconstruccion.

【練り訳例1】
震災対応が拙劣であるとして非難され、退陣が近いとされる日本の菅直人首相
(64)は、復興に関して意見交換を行うため、東北地方の釜石港を訪れた。

【練り訳例2】
日本の首相、菅直人氏(64歳)が、震災復興に向けた意見交換会に出席するた
め、東北地方の釜石市を訪問した。同首相は、震災への対応の拙さを批判され
ており、まもなく退陣に追い込まれるものと見られている。

※para conversar sobre la reconstruccionの部分は、日本での実際の報道を
 参考にしました(例3も同様)。

【練り訳例3】
日本の菅首相(64)はお粗末な震災対応を批判されるなど辞任が近いとみられ
ているが、この日は東北地方の釜石港に赴き、復興に関する意見交換会に出席
した。

※「この日は」は原文にありませんが、日本語での収まりを良くするため、あ
 えて入れてみました。



-[▽PR]-----------------------------------------------------------

    ☆★ アース&ピーチ共著による
              スペイン語翻訳解説書シリーズ ★☆

   「スペイン語実務翻訳講座(基礎編)
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 2,000円/PDF版/A4・96ページ

   「経済スペイン語翻訳講座
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 2,000円/PDF版/A4・60ページ

            上記2冊のご購入はこちらから
            →http://www.pie.vc/textbook/02.html

   「スペイン語実務翻訳講座
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 4,000円/PDF版/A4・133ページ

            ご購入はこちらから
            →http://www.pie.vc/textbook/index.html

-------------------------------------------------------------[▽PR]---

◆編集後記◆
ピーチです。
先日、地域のストリートダンサーの公演を見てきました。
ダンサーといっても、顔ぶれは、4歳から中学3年生までの女子という、
ninas y adolescentes 限定。
年齢層ごとにグループを作って、計7グループほどがダンスパフォーマンスを
披露したのですが、そのダンス以上に興味深かったのが、隣の席で鑑賞して
いた夫婦の会話。
自分たちの子どもが出演していたらしいのですが、子どもの演技は
そっちのけで(?)、 幼児たちが妙にセクシーだよね!という話を延々と
していたのです(児童福祉法に抵触しそうなほどではなかったですが、
そこそこ過激な内容だったので会話の詳細は割愛・・)
その話を聴きながら舞台を眺めてみると、確かに、肩を出したルーズな
シャツにミニスカートといった衣裳をまとった幼児は、小中学生よりも
はるかに色っぽく見えました。
あの手足の短さと体の独特な丸みが一種の妖艶さを醸し出すのでしょうか。
だからといって赤ん坊にその恰好をさせたところでゆめゆめ色っぽくは
見えないでしょうし。
人間のもつ根源的な色気は幼児期にピークを迎えるのかもしれないなあと、
賑やかな夫妻の隣でひそやかに考えたのでした。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.209

 おはようございます。ピーチです。
 先週土曜日、数号前のメルマガで紹介した
 「スペインエモーション2〜スペインの音楽と舞踊〜」
 に行ってまいりました。
 百聞は一見に如かず、とはよくいったもので、前評判を遥かに超えた
 ナマの舞台のド迫力に、体内で魂が大きく揺れたり凪いだりするのを
 体感できました。
 大好きな人たちに左右からはさまれて鑑賞できたことも、大きな喜び
 でした(誰と一緒に観るか、という点もなかなかに重要な要素ですよね)。
 欧州音楽とフラメンコのお祭(?)が来年早々にもまたあるそうなので、
 関心がある方は、「横浜みなとみらい音楽祭2012」で検索してみて
 くださいね。
 それでは今週も本題に入っていきましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【震災から3カ月(2)】

◇本日の課題
El tsunami tambien dan~o' gravemente la central nuclear Fukushima
Daiichi (N°1), cuyos reactores siguen diseminando particulas
radioactivas. Varios miles de manifestantes desfilaron el sabado en
Tokio y en otras ciudades del archipielago para reclamar el cierre de
las centrales nucleares.
※単純な構造なので構造図は省略します。

【語注】
dano'<dan~ar:〜に損害を与える
gravemente  :ひどく
reactores  :反応炉、原子炉
diseminando<diseminar:まき散らす、散布する
particulas radioactivas:放射性の微粒子
manifestantes:デモ参加者
desfilaron<desfilar:行進する
archipielago :列島

【直訳】
津波はまた、福島第一原子力発電所にひどく損害を与え、その原子炉は放射性
の微粒子をまき散らし続けている。数千人のデモ参加者が土曜日、原子力発電
所の閉鎖を要求するために東京と列島の他の諸都市において行進した。

◇本日の課題(再掲)
El tsunami tambien dan~o' gravemente la central nuclear Fukushima
Daiichi (N°1), cuyos reactores siguen diseminando particulas
radioactivas. Varios miles de manifestantes desfilaron el sabado en
Tokio y en otras ciudades del archipielago para reclamar el cierre de
las centrales nucleares.

【練り訳例1】
津波はまた福島第一原子力発電所に甚大な被害をもたらした。同原発の原子炉
からは依然として放射性物質が放出されている。土曜日、東京など日本列島各
地では数千人が原発の停止を求めてデモ行進を行った。

【練り訳例2】
福島第一原子力発電所もまた津波により深刻な損害を被り、その原子炉はいま
なお放射性物質を拡散し続けている。そのような中、土曜日には、東京をはじ
めとする国内の諸都市で脱原発を訴えるデモが行われ、数千人が参加した。

-[▽PR]-----------------------------------------------------------

    ☆★ アース&ピーチ共著による
              スペイン語翻訳解説書シリーズ ★☆

   「スペイン語実務翻訳講座(基礎編)
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 2,000円/PDF版/A4・96ページ

   「経済スペイン語翻訳講座
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 2,000円/PDF版/A4・60ページ

            上記2冊のご購入はこちらから
            →http://www.pie.vc/textbook/02.html

   「スペイン語実務翻訳講座
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 4,000円/PDF版/A4・133ページ

            ご購入はこちらから
            →http://www.pie.vc/textbook/index.html

-------------------------------------------------------------[▽PR]---

◆編集後記◆
アースです。
どうも最近、家の中にアリが入ってきます。団体でもなく列をなして
いるわけでもなく、あっちに一匹、こっちに一匹、という程度。
どこから入ってるのかなぁ〜と思いつつも、大した数ではないので
気にしない日々が続いていました。
ところが。
昨日、久しぶりに観葉植物の鉢を持ち上げたら・・・アナログテレビの
裏のほこり以来の衝撃映像!!!
鉢の皿にタマゴがぎっしり並んで、その周りで大量のアリがうぞうぞ。
「うきゃっ!わーーーっ!わーーーっ!わーーーっ!」
と言いながら皿を外に放りだしてしまいました。
我が家のようなド田舎の家では、アリがそこらを散歩してるとか、
クモがレスキューみたいに天井からぷわ〜んと降りてくるとか、
ついでに言うとヘビが庭で日向ぼっこしてるとか、そんなことを
いちいち気にしていては生活できません。
よって、実害がない虫さんの場合は、一匹二匹くらいならそのまま
家の中で生活してもらうのが通例。でもこのときのアリ御一行様
ばかりは箒で掃き出し、出ていっていただきました。
あーーー。びっくりした。
それにしても、細かいものがうぞうぞしている様子というのは、
なんでゾワゾワ感じちゃうのでしょうね?

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.208

 おはようございます。アースです。
 先日は後記で「黒山のスズメ」がやってくる我が家のバードテーブルの
 話をしましたが、わたしが住んでいるのはド田舎といっていいところ
 なので、他にも様々な鳥さんの声が聞こえます。
 今年はウグイスの声が少ないな、と思っていたら、「ホトトギス」が
 うるさいほど。ホトトギスとは「テッペンカケタカ」と鳴くので
 有名な鳥ですね。本当にそのように聞こえるんですよ。
 他にもカッコウやフクロウなどの声が聞こえると、うっそうとした森の
 奥にいるような気がしてきます。(実際には中山間農地)
 そういうときは、やかましいBGMを切って、しばし、なちゅらる
 さうんどによるヒーリング。って、癒されている場合じゃないんです。
 仕事しなくちゃ!!!

 では本メルマガもきょうの話題に入っていきましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【震災から3カ月(1)】

◇本日の課題
Japon conmemoro' el sabado los tres meses de la catastrofe del 11 de
marzo con un minuto de silencio en memoria de los 23.500 muertos que
causaron el sismo y el tsunami en el noreste del pais y con
manifestaciones antinucleares.

【構造図】
Japon conmemoro' el sabado
  los tres meses de la catastrofe del 11 de marzo
     (1)con un minuto de silencio en memoria de los 23.500 muertos
          que causaron
             (3)el sismo y     en el noreste del pais
             (4)el tsunami y
     (2)con manifestaciones antinucleares.

※(1)と(2)、(3)と(4)が並列です。

【語注】
conmemoro'<conmemorar:記念する、追悼する
catastrofe:大惨事、大災害
silencio en memoria de...:〜をしのんで(記念して)の黙とう
sismo   :地震
manifestaciones:デモ
antinucleares :反原子力の、反原発の

【直訳例】
日本は土曜日、同国の東北部で地震と津波が引き起こした23,500人の死者をし
のんでの1分間の黙とうと反原発のデモにより、3月11日の大災害から3カ月
を記念した。

◇本日の課題(再掲)
Japon conmemoro' el sabado los tres meses de la catastrofe del 11 de
marzo con un minuto de silencio en memoria de los 23.500 muertos que
causaron el sismo y el tsunami en el noreste del pais y con
manifestaciones antinucleares.

【練り訳例1】
3月11日の東日本大震災から3カ月が経過した土曜日、日本の各地では、地震
と津波による死者23500名の冥福を祈って1分間の黙とうが捧げられたほか、
反原発のデモ行進が行われた。

【練り訳例2】
この土曜日に3月11日の大災害から3カ月を迎えた日本では、地震と津波で亡
くなった2万3,500名の人々をしのんで1分間の黙とうがささげられた一方
で、原子力発電に反対するデモも行われた。

-[▽PR]-----------------------------------------------------------

    ☆★ アース&ピーチ共著による
              スペイン語翻訳解説書シリーズ ★☆

   「スペイン語実務翻訳講座(基礎編)
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 2,000円/PDF版/A4・96ページ

   「経済スペイン語翻訳講座
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 2,000円/PDF版/A4・60ページ

            上記2冊のご購入はこちらから
            →http://www.pie.vc/textbook/02.html

   「スペイン語実務翻訳講座
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」
     定価 4,000円/PDF版/A4・133ページ

            ご購入はこちらから
            →http://www.pie.vc/textbook/index.html

-------------------------------------------------------------[▽PR]---

◆編集後記◆
ピーチです。
年若いころは生意気だとか頑固だとかしょっちゅう指摘されたものですが、
最近は「素直な人ですね」と言われることが増え、気恥ずかしいような、
焼きが回ったようで悔しいような、微妙に複雑なお年頃です。
そんな「他称(ちょっと)素直」なわたしにも、「なんじゃい?そりゃ」と
頭をひねり、 「なにゆーとるだ」と心までひねてしまいそうな瞬間が
ままありまして。

たとえば、自分の血液型をいうとき、
「限りなく△型に近い▲型です」
のような紹介の仕方をするケース(ブログの自己紹介欄などにわりと
よくありません?)。
「限りなく近い、ってなによ?そしていったい、何を根拠に・・?」
とひねたわたしの心はつぶやくのです。
こういう言い方をする人は、
「▲型よりも△型の方が性格良さそう〜、ほんとは△型に
 うまれたかったな〜」
という感情を内に秘めているように思えてなりません。
それはそれでその人の勝手なのですが、そういう感情の発露がいわゆる
「ケツハラ」と つながっているようで、心の奥底がなんとなくもぞもぞ
するのです。

あ、「ケツハラ」、ご存じないですか?
先週の日経新聞にも載っていましたが、「血液型ハラスメント」の略で、
「だから何型は」とか「何型の人は嫌い」とか、血液型だけで頭ごなしに
差別され、精神的苦痛を味わうことを言うそうです。
まったく根拠がないのに大きな顔をして進化を遂げた「血液型性格診断」
には、わたしももともと閉口組だったのですが、ついに「ケツハラ」なんて
いう言葉まで誕生してしまったんですね。
そのうち「ケツハラ」で訴えられる人も出てくるのでしょうか?(それとも、
もういる?)

・・・と、実はぜんぜん関心のない血液型ネタでこんなに長々と後記を
書いてしまったわたし(しかも、スペイン語のメルマガで・・)、やはり
相当ひねくれているのかもしれません。
(ちなみに「ケツハラ」は「ブラハラ」とも言うそうです。どっちも
どっち・・・という感じもしますが、皆さんはどちらが好みですか?)

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.207

 おはようございます。ピーチです。
 先週号のメルマガでお知らせさせていただいた「翻訳ボランティア
 大募集」の件、相当数の方々から登録のお申し出をいただいたそうで、
 その皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。
 ありがとうございました!
 なお、ポルトガル語の方はまだ足りないようですので、もしお身近に
 ポルトガル語の使い手がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせして
 いただければと思います。

 では早速今週のメインコーナーに入っていきましょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  そろそろ翻訳者になりませんか? 〜翻訳者疑似体験編 その11
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年初めに3回ほどお送りした後、すっかり忘却の彼方に行ってしまった
感のある「そろそろ翻訳者になりませんか?」シリーズですが、ようやく
再開いたします。(「その10」は2月16日付第193号)

ようやく本工程に入りました「翻訳者疑似体験編」では、学習者さんの
様々な疑問にお答えする形で翻訳者の真の姿をお見せしております。

先回は「辞書なんかなくても訳せるんでしょ?」というきつい質問に
お答えしました。きょうは新たな疑問・・というか不安です。

2)「もしどうしても意味がわからなかったらどうするんですか?」

結論から言いますと、「なにがなんでもどうにかする」、これが基本です。

ずっと以前のことですが、わからない部分だけ原文そのままにして納品
する、翻訳文の中に疑問符を入れてくる、「わかりませんでした」という
コメントをつけてその部分を空白にしてくる・・そういう人がいるという
信じられない話を聞いたことがあります。

口にするのも恥ずかしいくらいですが、報酬をいただくプロとして
あるまじき行為であり、そんな人を「翻訳者」と言うことはできません。

先回までにお話したように、まずは辞書を引きまくる、ネットや図書館で
調査をする、専門書を読みあさる、詳しそうな人に聞いてみる等々、ありと
あらゆる手だてを講じて、なんとか訳文を絞り出すように努力します。

スペイン語そのものの問題の場合、ネイティブの知り合いがいないと
厳しいこともありますけれど、いまはネット調査でかなりの部分が解決
(またはある程度の確信が持てるところまで到達)できます。

とにかく、どんな解決方法を用いてもいいので、それなりの訳文に
仕上げる。これができなければ、どんなに少ない金額だろうと、翻訳料を
いただく資格はありません。

ただし、原文のほうに問題があって、調査したり、熟考したりするだけ
では絶対に解決できないこともあります。

そういうときは、自分なりの訳文を作ったうえで、これこれの理由で
確信が持てないが、これこれの理由でこのように訳すべきであると考える、
などのコメントをつけて納品する場合もあります。

また、内容によっては最初から翻訳会社に相談してくださいと言われる
場合もあります。でもそういう場合でも、やたらめったら相談する前に、
まずは自分だけでなんとかできないか、最大限の努力をします。

しかししかし。

せっかく相談してくれと言ってくれているのに、自分だけで無茶な訳文を
作り上げて、かえって迷惑をかけてしまう・・なんてことのないようにも
せねばなりません。翻訳会社の向こうにはクライアント(発注者)がおり、
クライアントに問い合わせれば一発解決などということもありますので。

※注意! 発注者がわかっている場合でも、翻訳者から発注者に直接質問を
 ぶつけることは、通常は絶対に許されない行為です。

要するに、ケースバイケースで様々な対処が考えられるけれども、基本的
には「翻訳」は「翻訳者」の仕事であるという当たり前のところを忘れず
(つまり、ハテナマークを入れて納品するなんて、仕事を放棄したのと
同じことなわけです)、しかし使えるものは最大限使って最高の質の
訳文を上げる、これに尽きます。

なんだか普通の結論になってしまいましたが、その当たり前を守るのも
なかなか大変ですよね。

次回はもう少し柔らかい疑問にお答えします。お楽しみに。

◆編集後記◆
アースです。
翻訳者として年数を経れば減るほど、文法的に読み取れないケースは
減っていくのですが、特に専門性の高い案件の場合は「そんなこと、
わたしゃ知らんよ!!」と泣きたくなるほど理解不能・・なんてことは
実際あります。
ま、それでも同じ分野の翻訳を長年続け、自分なりに勉強もしていく
うち、10年前にはまるで理解できなかった文章がわかるようになるという
思わぬ余禄もあります。
金銭的に大いに恵まれているとは言い難い翻訳業ですが、それでも
多くの人が続けている理由のひとつが、そんなとこにあるのかな
なんて思います。

|

 スペイン語翻訳者になろう vol.206

 おはようございます、ピーチです。
 新教材も予約期間を終え、本日、ついに発売となりました(ほ・・)。
 最近のメルマガは教材一色(いったい、何色だろう?)でしたので、
 今回はがらりと趣向を変えて、スペイン文化に関するイベントのご紹介
 及び翻訳ボランティア募集の告知をさせていただきたいと思います。

 どちらも価値あるお知らせですので、是非とも最後までお付き合い
 ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ お知らせその1:スペインの音楽とフラメンコを間近で・・
┃                【スペインエモーション2】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スペインの音楽とフラメンコ、2つを一度に楽しめる舞台が横浜で
開催されます。

 スペインエモーション2 〜スペインの音楽と舞踊〜
   →http://tinyurl.com/3d2jb8m

全体が前半と後半に分かれていて、前半ではヒーリングオペラ歌手の
竹林加寿子さんがスペイン語で歌うほか、ヴァイオリン、フルート、
ギター、ピアノのみなさんがスペイン音楽を奏でます。

後半は、舞台設定をがらりと変更し、本場スペインのフラメンコを、
身体に伝わる振動とともにお楽しみいただけます。

踊りの渡部純子さんは、スペインで20年を過ごし、日本の報道でも
多数取り上げられているプロフェッショナル。また、カンテ(歌)の
人の声も、「どこからそんな声が出る?」というほどのすばらしさ
だとか。

この「スペインづくし」の舞台、スペイン語とスペイン文化に関心のある
読者の皆様なら垂涎ものではないでしょうか?

鑑賞をご希望の方は、こちらからどうぞ。
http://tinyurl.com/3hrdrym

また、ピーチの友人である特許翻訳者の水野麻子さんを通じて申し込めば
割引料金でご鑑賞いただけます。その方法はこちら↓です。
http://ameblo.jp/saglasie/entry-10895911758.html

水野さんやその仲間の翻訳者さんたちに会って刺激を受けたい!という
方にはこちらの方法、おススメです。

大勢の皆様のご参加をお待ちしております!(といっても、わたしは
主催者でも何でもない、ただの宣伝協力者ですが(^_^;))

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ お知らせその2:【翻訳ボランティア大募集】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上の欄で登場した水野麻子さんから「翻訳ボランティア大募集」の
お知らせです。

被災地支援に協力しながら、翻訳の実績作りにもなるこの機会、
是非ご参加ください。

=====================

ー外国語の運用スキルを、被災地支援に活用しませんかー

震災から2か月半が過ぎましたが、現地ではいまだ多くの方々が支援を
必要としていらっしゃいます。そんな中、現地の声を直に拾って必要な
ものを次々と提供しつづけている、『ふんばろう東日本プロジェクト』
という活動があります。

http://fumbaro.org/

この『ふんばろう東日本プロジェクト』で、支援のひとつとして
翻訳ボランティアを募集しています。内容的には日常語や一般翻訳に
近いものが中心です。

対面ではなく、主にフェイスブックの一般非公開の掲示板などを利用して
同じ言語の翻訳者がチームを組んで活動しますので、お住まいの地域とは
関係なく参加できます。

ボランティアとして登録してもよいという方は、下記をご参照の上、
必要事項をサグラーシェ水野までお送りください。
http://www.saglasie.com/volunteers.htm

「できることを、できる範囲で」構いませんので、一人でも多くの
方のご協力をお願い申し上げます。

みなさまとのご縁に、心からの感謝をこめて。

=====================

◆編集後記◆
アースです。
教材騒ぎですっかり報告が遅れていましたが、我が家の「スズメ
食堂」は今年もすでに開店。例年通り、三流のお食事を提供して
おります。
新しい読者の方のために説明しますと(しなくていい?)、我が家の
庭にはバードテーブルが設置してあるのでして、毎年5月頃から
鳥たちがやってくるのです。
当初は色も鮮やかな様々な種類の小鳥たちが来る予定だったのですが、
現実には「黒山のスズメたち」。それでもまあ近くで見れば
かわいいです。
この時期になりますと親子連れが増えてきます。鳥のヒナというと、
元気一杯声を出し、大きな口を開けてエサをねだる・・という
イメージかと思いますが、スズメのヒナは、どうも違う。
見るからにボ〜っ。つついても平気そう。
親スズメは、半径約3メートル以内に人間が近づこうものなら、
一目散に逃げていくのですが(恩知らず!)、ヒナは近づいても
ボ〜っと座ったまま。
あんなことで弱肉強食の世界を生き抜けるのだろうかといつも
心配になるのですが、次の年になるとちゃんとまたやってくるから、
たくましく生き延びているのでしょうねえ。

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »