« 2011年4月20日 | トップページ | 2011年5月18日 »

2011年5月11日

 スペイン語翻訳者になろう vol.203

 おはようございます、アース&ピーチです。
 ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
 アース&ピーチは、例によって「完全に休む」ということをせず、
 こそこそと仕事をしておりました。
 その仕事の内容については最後に明らかにするとして、
 きょうはまず、皆さんに本メルマガの新しい仲間4人を紹介したいと
 思います。
 というのは、この4人、「スペイン語翻訳勉強会」を定期開催している
 らしいのです。はてさて、どんな人たちなんでしょう?

アーチ :この道、十数年の実務翻訳者。翻訳勉強会の講師役を務める。

かんきち:生徒その1。「感情的」な性格で、翻訳にもついつい「感動」を
     求めるあまり、訳文が仰々しくなりがち。

ふつみ :生徒その2。「ごく普通」であることを最善と考える性格で、
     翻訳にもそれが反映されており、当たり障りのない訳文作りが
     ポリシーである。

りろこ :生徒その3。「理論的」、悪く言えば「理屈っぽい」性格。
     翻訳においても理論武装のための調査を怠らない。

う〜ん、ひとくせもふたくせもありそうでなさそうな(?)面々ですね。
でも悪いひとたちではないらしく、きょうは特別に勉強会の様子を
見学させてくれるそうです。太っ腹〜!

では、彼らの気が変わらないうちに早速覗いてみることと致しましょう。

           ☆           ☆

アーチ :はい、みんな席について〜。今日の課題はこれです。

  El Fondo Monetario Internacional y el Banco Mundial alertaron de
  sobrecalentamiento en economias emergentes y anticiparon la
  adopcion de politicas restrictivas de bancos centrales.

かんきち:うわー。こりゃどこからどう見ても経済だ。まいったなあ。

りろこ :かんきち君。たった1文なんですけど。

ふつみ :でもその気持ち、わかる。経済っていうだけで、なんとなく「苦
     手〜」と思い込んじゃうのよね。

アーチ :まあまあ。とにかく始めましょう。まずはざっと読んで、調査が必
     要なところはないか、確認してみてください。

りろこ :特にないのではないでしょうか。専門用語ということで言えば

     Fondo Monetario Internacional=「国際通貨基金」
     Banco Mundial=「世界銀行」

     ですよね。

ふつみ :もっとマイナーな機関なら調査が必要だけれど、これくらいなら私
     たちにもわかります。

アーチ :はい、結構です。ただし少しでも不安があったら、ちゃんと調べる
     ようにしてくださいね。

かんきち:あと、専門用語とは言えないかもしれないけれど、

     sobrecalentamiento
     economias emergentes
     politicas restrictivas

     この3つはどうですか? sobrecalentamiento は西和辞典にはない
     し。

りろこ :でも類推はできますよね。sobre+calentamiento でしょう?

かんきち:でもそれって、どういう意味? 「暑すぎること」?

ふつみ :かんきち君、字が違うんじゃ・・「熱すぎること」じゃないかし
     ら。といっても何のことかわかんないけれど。

アーチ :はい、きょうは時間がないので答えを言ってしまいますが、経済の
     文脈で sobrecalentamiento は「景気の過熱」の意味で使われてい
     ます。日本の80年代後半のバブルの頃を思い浮かべてもらえば、わ
     かりやすいと思います。

かんきち:いまとは真逆で、とんでもない値段でモノが飛ぶように売れてた時
     ですよね。確かに熱かったなあ。

ふつみ :そうそう! 私もあの頃は高い台に上がって扇子・・いえ、なんで
     もありません。

アーチ :・・その話はまたあとでゆっくり聞かせてください。さて、その他
     の2つも、何となく分かるのではありませんか?

りろこ :economias emergentes は「新興経済」でしょうか。ブラジル、イ
     ンド、中国といった国々のことですよね。となれば「新興国経済」
     や「新興諸国経済」などでもOKですか?

アーチ :そうですね、「新興経済」よりは「新興国経済」「新興市場経済」
     のほうがよく使われるかもしれません。

ふつみ :politicas restrictivas は直訳すると「制限する政策」だけ
     ど・・それってなんでしょう。

かんきち:原文を読むと、これは中央銀行の政策ですよね。例えば日本の中央
     銀行は日本銀行だから・・「なんたら引き締め策」とか「なんたら
     緩和策」とか言っている、あれのことでしょうか。僕って物知りだ
     なぁ・・。

りろこ :物知りさんは「なんたら」とか「あれ」とか言わないと思うけど。
     かんきち君、ひょっとして「金融引き締め策」と言いたいんじゃな
     い?

かんきち:それだ〜。さすがりろこさん。

りろこ :持ち上げても何も出ません!

アーチ :はい、よくできました。まさに politicas restrictivas は、過熱
     しすぎた景気を抑制するために行われる「金融引き締め策」のこと
     です。

     市中に出回るマネーの量を減らす政策で、日銀の場合ですと、政策
     金利である無担保コール翌日物金利の引き上げなどを通じて行われ
     ます。中国などでは預金準備率の引き上げも行われています。

3人  :・・・・。

アーチ :ま、まあ、きょうのところは「金融引き締め策」=「金利(利率)
     の引き上げ」くらいに捉えておけばいいでしょう。

りろこ :確かにバブル後半のころってとんでもない金利でしたよね。6%と
     か7%とか。

かんきち:あああ〜っ。あのころに100万円預けていれば!!

ふつみ :ほんとよね〜。ってそうじゃなくて、つまりはバブルを抑えるため
     に日本銀行が金利を引き上げたということなんですね。

アーチ :はい。だいたいそのような理解で結構です。

     さて原文に戻りまして、 politicas restrictivas の訳語としては
     単に「引き締め策」でも結構ですし、「金融引き締め策」としても
     OKです。

りろこ :あ。いまの3つの用語、どれも単数形で「スペイン語経済ビジネス
     用語辞典」に載ってますね。さすがだなあ。

           ☆           ☆

アーチ :さて、それでは直訳をしてみてください。かんきち君?

かんきち:そうですね、あんまり引っかかるところもなさそうだなあ。

  El Fondo Monetario Internacional y el Banco Mundial alertaron de
  sobrecalentamiento en economias emergentes y anticiparon la
  adopcion de politicas restrictivas de bancos centrales.
  国際通貨基金と世界銀行は、新興国経済における景気過熱について警告
  し、諸中央銀行の金融引き締め策の採用を予想した。

アーチ :はい、それで結構です。確かに、引っかかるところはないようです
     ね。さて次は練り訳ですが・・我こそはという人?

りろこ :はいっ。

  国際通貨基金と世界銀行は、新興国経済における景気過熱について警告
  し、中央銀行による金融引き締め策の採用を予想した。

アーチ :では、この練り訳について自由に意見を言ってみてください。

りろこ :自分でやっておいてなんですが・・「引き締め策の採用を予想し
     た」のところがちょっと引っかかります。

かんきち:そうだね。「採用を予想した」がいまいちかな? 例えば「中央銀
     行が金融引き締め策を採用するだろうと予想した」にしたらどうだ
     ろう。

ふつみ :それなら「中央銀行が金融引き締め策を採用すると予想した」でい
     いんじゃない? つまり、

  国際通貨基金と世界銀行は、新興国経済における景気過熱について警告
  し、中央銀行が金融引き締め策を採用すると予想した。

           ☆           ☆

  El Fondo Monetario Internacional y el Banco Mundial alertaron de
  sobrecalentamiento en economias emergentes y anticiparon la
  adopcion de politicas restrictivas de bancos centrales.

りろこ :もうひとつ気になるのが、「中央銀行が〜を採用する」の部分で
     す。まるで特定の国の中銀を指しているように読める気がして。

ふつみ :確かに、ここで言っている bancos centrales は、定冠詞はないけ
     れど複数形だし、流れから言って明らかに「新興国経済(新興諸
     国)のそれぞれの中銀」のことですよね。

アーチ :そうです。「新興国経済で景気過熱が警戒され、(それを受けて)
     新興国のそれぞれの中銀は金融引き締め策を採ると思われる」とい
     う感じで文章が続いていますので、そのあたりのつながりがもう少
     し出せるといいですね。

かんきち:複数だからって、直訳と同じように「諸中央銀行」とするのはいま
     ひとつだしなあ。「各国中央銀行」などとするのはどうかな? あ
     るいは economias emergentes を「新興諸国」に変えて、後ろで
     「同諸国の中央銀行は〜」と続けるとか。

  国際通貨基金と世界銀行は、新興諸国における景気過熱について警告し、
  同諸国の中央銀行が金融引き締め策を採用すると予想した。

アーチ :だいぶ良くなりましたね。もう一歩踏み込んで、前半を例えば「新
     興諸国において景気が過熱する恐れがあると警告し」などとするの
     はどうでしょうか。後半部分も少しいじって、

  国際通貨基金と世界銀行は、新興諸国において景気が過熱する恐れがある
  と警告し、同諸国の中央銀行が金融引き締め策を採用する可能性があると
  した。

かんきち:わあ、ずいぶん自然な感じになったなあ。でも「恐れ」なんて原文
     にはありませんけど・・。

ふつみ :といって原文通り「景気過熱について警告」というのもやや舌足ら
     ずではあるわよね。

アーチ :はい。この場合は「景気過熱が起こる可能性があると警告した」と
     いうことであり、しかも景気過熱は「悪い可能性」であるわけです
     から、それを「恐れ」と表現したとしても、原文から逸脱すること
     にはならないと思います。

りろこ :「景気が過熱する懸念があると警告し」などはどうですか?

アーチ :それもいいと思いますよ。他には・・・・

           ☆           ☆

再び登場のアース&ピーチです。

「生徒3人+講師1人」の勉強会、かなり白熱した展開でしたね。
ちょっと見学・・のつもりが、思わず引き込まれて長居してしまいました。
あの4人はまだ議論を続けているようですが、覗くほうも疲れてきたので、
きょうのところは、この辺で引き揚げると致しましょう。

さて、数号前から時折ほのめかしていた「本メルマガ200号記念の特別企画」
は、この4人の初登場・・・ではありません。実はこのたび、この4人が
大活躍する翻訳教材が発売されることとなりました!

    ☆★スペイン語翻訳解説書 第2弾 2冊同時発売★☆    

                                 

  「スペイン語実務翻訳講座(基礎編)              
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」   

  「経済スペイン語翻訳講座                   
       〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう」   

                                 

     ◎ 定価 各2,000円(税込)                
     ◎ PDFファイルでのダウンロード販売           
     ◎ A4サイズ                      
     ◎「基礎編」約100ページ/「経済」約60ページ      
     ◎ 2011年6月1日販売開始                

                                 

     ■予約特典■                      
     5月18〜31日の期間に予約していただいた方に限り、    
     定価2,000円(税込)のところ1,500円にて         
     ご提供致します。                    

次号(5月18日配信)ではこの新教材の概要や特色について、4人に

とくと語ってもらうことにします。また、この日が同時に【予約開始日】と
なります。どうぞお楽しみに!!

※本メルマガに登場した4名はすべて架空の人物であり、実在の人物とは
 一切関係がありません。

|
|

« 2011年4月20日 | トップページ | 2011年5月18日 »