« 2011年3月30日 | トップページ | 2011年4月13日 »

2011年4月6日

 スペイン語翻訳者になろう vol.200

 おはようございます。ピーチです。
 このメルマガも今回でついに200回を迎えました!う〜む、目出鯛。
 開始したときは、まさかこんなに長く続けられるとは思わなかった、
 というのが本音です。
 200号までたどり着けたのは、毎回?(ときどき?ごくたまに?前書きと
 後記だけ?)読んでいて下さる皆様、そして、怠け者のわたしの首に縄を
 つけて毎週ずるずると引きずってくれるアース氏の存在のおかげ、と
 感謝しております。
 今回は200号記念特別号をお送りしたかったのですが、時節柄自粛・・
 というわけではなく、単に準備が間に合わなかったため、通常通りの
 内容をお届けします。
 祝い延ばしは縁起がいい、とも言いますし、特別企画はまたの機会に必ず!

 それでは逞しい perro「バン」くんの記事を読んでまいりましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  最新のテーマを急いで読もう【東日本大震災】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇Luego del terremoto, seguido por un tsunami, que azoto' a Japon el
 11 de marzo pasado, los equipos de rescate continuan en busca de
 sobrevivientes. En medio de esas operaciones, ayer, un perro fue
 encontrado flotando sobre el techo de una casa, a 1.8 kilometros
 de la costa de Kesennuma, en el norte de Japon.
・去る3月11日に日本を襲った地震とそれに続く津波の後、救助隊は生存者の
 捜索を続けている。その活動のさ中の昨日、同国北部地方の気仙沼市の沖合
 1.8キロの海上で、一匹の犬が家の屋根に乗って漂流しているところを発見
 された。
・3月11日に地震と津波が相次いで日本を襲ったが、救助部隊は依然として生
 存者の捜索を続けている。この作戦で昨日、家の屋根の上に乗った一匹の
 犬が漂っているのが日本北部の気仙沼沖合1.8キロで発見された。

◇Segun consigno' The Telegraph, en un principio el animal, que fue
 encontrado navegando a la deriva durante 21 dias, evadio' su
 captura por varias horas asustado por el ruido de las helices.
・テレグラフ紙の報道によれば、21日間にわたる漂流の末に発見されたその犬
 は、当初ヘリコプターのプロペラ音に怯えて逃げ回り、捕獲には数時間を要
 したとのことだ。
・「テレグラフ」紙によると、21日間海の上を漂っていたところを発見された
 犬は初めヘリコプターの音に驚き、救助隊員の手から逃れようと何時間も逃
 げ回った。

◇Una vez rescatado, la tripulacion no pudo determinar a quien
 pertenecia el animal porque no tenia un collar con la
 correspondiente identificacion. Segun informo' la television
 japonesa, los guardacostas esperan que el perro los guie a su
 dueno.
・救出はしたものの、犬は身元の分かる首輪をつけていなかったため、救助隊
 は飼い主を特定することができなかった。「海上保安庁では、犬が自ら飼い
 主のところに連れていってくれるのを期待している」と日本のテレビ局は報
 じている。
・救助はしたが、首輪に鑑札がついていなかったため、救助部隊は犬の飼い主
 を特定できなかった。日本のテレビ局が報じたところによると、海上保安庁
 は犬が元の飼い主のところへ案内してくれることを期待しているという。

◆編集後記◆
アースです。
なんともう200号なんですね。しかも、この4月23日には本メルマガ
創刊から丸4年を迎えます。我ながらよくやるなあ。
ピーチが前書きで何やら言ってますけど、当然ながら我々は車の
両輪なのであって、どちらが欠けても、ここまで続けることは
できなかっただろうと思います。
その意味ではわたしもピーチに感謝!です。
最近はわたしたちも本業その他が忙しく、セミナー等メルマガ以外の
企画にまで手が出せておりませんが、200号記念を兼ねて何やらあるかも
しれないという噂も流れてきております。はてさて、どうなりますやら。

|
|

« 2011年3月30日 | トップページ | 2011年4月13日 »