« 2011年2月2日 | トップページ | 2011年2月16日 »

2011年2月9日

 スペイン語翻訳者になろう vol.192

 おはようございます。アースです。
 先週は「最新のテーマを急いで読もう!」で、あわてて「国債の
 格付け引き下げ」を取り上げましたが、いまの最新のテーマは(悲しい
 意味で)相撲、すもう、sumo になってしまっていますね。
 これについての意見は差し控えるとして、そういうわけで記憶の
 彼方に行ってしまった感のある rebaja de calificacion ですが、
 せっかくですので、ひとつだけきっちり読んでおくことにしましょう。
 先週、「あれ、格付の話なら、あの件は取り上げないの??」と
 思った方もいらっしゃるであろう、アノ話題を取り上げます。
 「そろそろ翻訳者になりませんか?」シリーズの続編が中途半端な
 ままになっており申し訳ありませんが、来週こそはお送りするつもり
 でおります。(でもまた事件があったら、新しい方に目が向いちゃう
 かもしれないアース&ピーチです)

 では始めましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
Kan tambien salio' al paso de las criticas suscitadas ayer cuando,
preguntado por su reaccion a la rebaja de S&P, dijo no estar al tanto
de la situacion, lo que muchos interpretaron como desconocimiento de
la economia.

【構造図】
Kan tambien salio' al paso de las criticas suscitadas ayer
   cuando, (preguntado por su reaccion a la rebaja de S&P,)
     dijo no estar al tanto de la situacion,
           lo que muchos interpretaron
                como desconocimiento de la economia.
※4列目の lo que は3列目の内容を受けています。

【語注】
salio' al paso de...<salir al paso de...:〜に反論する
suscitadas<suscitar:生じさせる、引き起こす
rebaja       :引き下げ
estar al tanto de...:〜をよく知っている
interpretaron<interpretar:解釈した
desconocimiento   :無知、無学(des+conocimiento と考えましょう)

【直訳例】
また菅は、S&Pの引き下げへの彼の反応について質問されてその状況をよく
知らないと語ったとき、昨日引き起こされた批判に反論した。そのことを、多
くの人は経済の無知として解釈した。

◇本日の課題(再掲)
Kan tambien salio' al paso de las criticas suscitadas ayer cuando,
preguntado por su reaccion a la rebaja de S&P, dijo no estar al tanto
de la situacion, lo que muchos interpretaron como desconocimiento de
la economia.

【練り訳案1】
菅首相は昨日巻き起こった批判についても反論した。首相はS&Pの格付け引
き下げについての感想を尋ねられて「そういうことに疎い」と語り、これが多
くの人には首相の経済知識のなさと映ったのである。

※実際に菅首相は「そういうことに疎い」と言い、その後で(真意はどうあ
 れ)「『疎い』というのは情報が入っていないということを申し上げた」と
 釈明していましたが、スペイン語を素直に訳すと、「その状況をよく知らな
 い」すなわち「単に情報が入っていなかった」という意味にも取れます。す
 るとなぜそれほど激しい criticas が起きたのか、いまひとつわからな
 い・・ということにもなりかねません。

 今回は日本国内で報道されていた話だったので「疎い」という発言だとピン
 と来た人も多かったことと思いますが、おかしいな、話が通じないな、と感
 じたら、ちょっと調査してみるなどの一手間を惜しまないようにしましょ
 う。

【練り訳案2】
菅直人首相は昨日、米スタンダード・アンド・プアーズによる日本国債の格付
け引き下げを受けて「そういうことに疎い」と発言して批判を浴びたが、これ
に対しても釈明を行なった。首相のその発言は多くの人から経済認識の甘さゆ
えと受け止められた。

◆編集後記◆
ピーチです。
「人を見かけで判断するな」とも、「人は見かけが9割」とも言いますが、
前者については、その罠に陥らないように気をつけたいと思いながらも
ついつい陥ってしまいがちな、まだまだ未熟なわたしです。
先日も電車の中で、向かいに座っていた女性が手鏡片手に入念にマスカラを
塗っているのを目にし、「ここは化粧室じゃないのだよ〜」と心中ため息を
ついておりました。
でも他人の顔がどんどん出来上がっていく過程を見学する(!?)のは結構
面白いのでこっそり盗み見ていると、そのひとは無事マスカラを塗り終え、
化粧ポーチをバッグにしまいました。そして電車が次の駅に到着しドアが
開きかけたとたん、バネ人形のように勢いよく立ち上がったのです。
降りるのかな、と思ったら、乗ってきたおばあさんに「どうぞ」ときれいな
笑顔で席を譲ったのでした。
通常、相手が自分の席に近づいてきてから立ち上がって席を譲るケースが
ほとんどかと思うのですが、そのひとは、ドアが開いておばあさんの姿が
見えた途端、ぴょこんと立ち上がったようです。
そのような機敏な対応、日ごろからしていないと、なかなかできるものでは
ないだろうなと思い、マスカラを塗っていた行為だけで相手を半ば評定(?)
してしてしまっていた自分に、「まだまだ修業が足らんな・・」と呟いた
のでした(だからといって車中を「マイ・メーキャップルーム」とする行為を
是とするわけではないですが)。
電車の中での感じのいい対応って、簡単なようで難しいですよね。
例えば、わたし、優先席近くに立っていると、妊婦と間違えられて席を
譲られることがたま〜〜にあるんですが、そんなときどうしたら
いいんでしょう?
「これ、自腹なんです」とにっこりして答えればいいんでしょうか?
悩みどころです・・・・。

|
|

« 2011年2月2日 | トップページ | 2011年2月16日 »