« 2010年1月13日 | トップページ | 2010年1月27日 »

2010年1月20日

 スペイン語翻訳者になろう vol.149

 おはようございます。アースです。
 先週末の荒天で、我が家の庭は大量の雪に埋め尽くされてしまいました。
 自然の積雪はたぶん1メートルくらいですが、除雪車が道路の脇に
 積み上げた雪の高さは3〜4メートルといったところでしょうか。
 その雪山は体の良いすべり台になっており、子どもたちがきゃっきゃ
 言って遊んでおります。(いいなあ)

 さて、先週応募を締め切りました「(愛)読者数1000人突破記念・
 教材プレゼント」。
 アース&ピーチによる、これ以上ないだろというくらい厳正なる
 抽選の結果、当選者が決定いたしました〜!!!
 某読者様、おめでとうございます!!!
 ご本人にはすでに通知いたしましたので、この時点でアース&ピーチ
 からのメールを受け取っていないたくさんの皆様、今回は残念ですが
 「落選」とお受け止めください。ごめんなさい!
 またいつかいいことがあるさ、ウン。
 なんて偉そうなことを言っていないで、今後も内容の濃い学習ができる
 メルマガとするよう、私たちも兜の緒を締めて参ります。(兜なんて
 持ってないけど)

 さて、きょうもまた税金です。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、先週学んだ impuesto(税金)に関する短文を訳してみましょう。

◇本日の課題
El impuesto sobre la renta o ISR es un impuesto que grava los
ingresos de las personas, empresas, u otras entidades legales.
Normalmente se calcula como un porcentaje variable de los ingresos de
la persona fisica o juridica sujeta a impuestos.
※単純な構造ですので、いつもの構造図は省略します。

【語注】
grava<gravar :課税する
entidades   :団体
variable   :変化する、可変の
persona fisica:個人、(法律上の)自然人
(persona) juridica:法人
sujeta a...  :〜に拘束された、縛りつけられた

【直訳】
所得税つまり ISR は、人、企業、その他の法的団体の所得に課税する税金で
ある。通常、税金に拘束された自然人あるいは法人の所得の変化する割合とし
て計算される。

【練り訳案1】
所得税(ISR)は、人、企業その他の法的団体の所得に課税される税金のこと
である。通常は、納税義務のある自然人または法人の所得に応じ変動する税率
を用いて計算される。

※ persona fisica o juridica sujeta a impuestos は「税金に拘束された人
 や法人」→「税金(税制)に従うべき人や法人」→「納税義務のある人や法
 人」ととりました。

※ se calcula como un porcentaje variable de los ingresos も訳しにくい
 ですね。こういう場合、スペイン語をいくらにらんでいても自然な日本語は
 なかなか出てきませんので、常識から推測してみる、または日本語で所得税
 を説明する場合はどのような表現が使われているのかを調査してみるといい
 でしょう。

 所得税という概念そのものが、たとえばスペインと日本でそれほど違うとも
 思えませんので、調査すればうまい表現が見つかるかもしれません。ただ
 し、最後にもう一度原文に戻って、その日本語とスペイン語の言わんとする
 ところがきちんと重なっているかどうかを検討する必要があります。

【練り訳案2】
所得税(ISR)とは、人や企業、その他の法人格のある団体が得た所得に対し
て課される税金を指す。大抵の場合、納税義務のある自然人または法人の所得
金額(の多寡)に応じて算出される。

-[▽PR]---------------------------------------------------------------

   日本初の本格的なスペイン語経済辞典!
     『スペイン語経済ビジネス用語辞典』 大修館書店
      (カシオ電子辞書 XD-A7500 搭載、書籍版はありません)
    詳細はこちら→http://casio.jp/exword/products/XD-A7500/

-------------------------------------------------------------[PR△]---

◆編集後記◆
ピーチです。
アースとピーチも執筆メンバーとなって製作された
  「スペイン語経済ビジネス用語辞典」(上記)
このメルマガでも時おり言及させていただいておりますが、お使いの皆様、
どのような御感想をお持ちでしょうか?
当然ながら私も、これまでも愛用してきたのですが、たまたま年末から
いろんなジャンルの翻訳の仕事(西日、日西双方向)が集中的に入ったため、
久々に「ベリーヘビーユース」(そんな英語アリ?)してみたところ、
改めてこの辞書の威力(載ってる!使える!判り易い!)を痛感しました。
「この辞書を持たずして実務翻訳の仕事をするなんてこた、もはや
考えられないぜよ」と独り言ちたほどです。
自分たちで作っておきながらこんなことを書くのは面映ゆい気もする
のですが、本音なのでシカタナイわ(?)。
・・な〜んてことをおもっていましたら、昨日、ユーザーのお1人から、
「経済辞書、本当に役にたっていますよ。私のレベルでさえ、重宝している
くらいですから、 翻訳や通訳を糧としている方々は涙が出るぐらい
重宝していることと思いました」
とのメールをいただきました。なんだか自分の思い(こみ?)を
正当化していただいたようでとても嬉しかったです(T様、ありがとう
ございました)。
新しい年に、スペイン語に関する新たな決意(翻訳者になるぞ!各種試験に
受かるぞ!読解力をつけるぞ!等々)をされた皆さま、ぜひこの辞書を
つかってみられてはいかがでしょうか?

|
|

« 2010年1月13日 | トップページ | 2010年1月27日 »