« 2009年10月28日 | トップページ | 2009年11月11日 »

2009年11月4日

 スペイン語翻訳者になろう vol.139

 おはようございます。アースです。
 先週の編集後記でキノコ栽培をしていると書きましたが、第一回収穫、
 実現しました! まずは15センチほどの高さに立派に育ったエリンギから。
 シンプルにオリーブオイルで炒めてみました。見た目は売っているものと
 大差ないのですが、口に入れた瞬間のぷ〜りぷり!な食感が感動的。
 次はシメジです。先週はまだ白いミニサンゴのような感じだったのですが、
 一昨日あたりから頭の茶色い部分が出てきてすごくかわいいです。
 どうやって食べようかなぁ〜やっぱり最初はシンプルに炒めるかな。
 なんにせよ、楽しみです。
 (ところで、先週の冒頭強制挿入広告は「ピザ」でしたね。今週は
 なんだろう・・?)

 さて、きょうは久しぶりに経済ワードをお送りします。
 それではれっつらごー。

 ==<もくじ>===========================
   1) 経済ワードをスペイン語で学ぼう【金利(利率)】
   2) 実例を見てみよう
 ==================================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 経済ワードをスペイン語で学ぼう【金利(利率)】
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本では預金金利がスズメの涙ほどになってから何年も経ち、
お金を借りるとき以外は金利のことなど見向きもしない今日この頃
ですね(かつては8%なんて時代もありました・・)。きょうは
その「金利(利率)」を取り上げます。

まず、誰が貸すか借りるかに関わらず、「利子率」という意味で
広く使われているのは

 tasa de interes / tipo de interes

です。「inflacion(インフレ率)」と同様に、tasa de や tipo de なしで
interes だけでも「金利、利率」の意味になります。

ところで、ひとくちに「金利、利率」といっても様々なものがあります。
代表的なものを挙げてみますと(以下 tasa や tipo は省略)、

 貸出金利 interes activo / interes de colocacion
 預金金利 interes pasivo/ interes de captacion
 ゼロ金利 interes cero
 変動金利 interes ajustable
 実質金利 interes real
 政策金利 interes politico

など。上記はあくまでも一例で、他にも国や地方、業界によって様々に
異なった言い方がありますので、興味のある方は調査してみてくださいね。

さて、次のコーナーでは実際の使用例を見てみましょう。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 実例を見てみよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇En los 1970, habia muy pocos creditos automotrices.
 1970年代には自動車ローンがほとんど存在しなかった。

◇Las tasas de interes de captacion y colocacion han descendido
 persistentemente.
 預金金利、貸出金利ともに低下が続いている。

◇El banco aumento' un punto a la tasa de interes de los creditos
 para vivienda.
 銀行は住宅ローン金利を1ポイント引き上げた。

※ un punto は「1ポイント」、たとえば「3%を4%にした」ということで
 す。

◇Las tasas de interes de las tarjetas de credito llegan
 practicamente al 50 por ciento.
 クレジットカード金利は実質50%に達している。

◇El Banco Central Europeo decidio' mantener los tipos de interes de
 la zona euro en el 1%, el nivel mas bajo en la historia de la
 institucion.
 欧州中央銀行は、ユーロ圏の金利を同行発足以来最低の1%に据え置くこと
 を決定した。

◆編集後記◆
ピーチです。
最近は、いろいろな事情で病院通いばかりしている・・ような気がする
日々です。
場所も専門もさまざまな病院を訪れるなかで、
医師の雰囲気とその患者の雰囲気は実によく似ている、という法則
(らしきもの)に気づきました。
一見親切を装っているようでも内心はイライラしている医師のもとには、
ちょっとしたハプニングで「爆!」となりそうな患者が不思議と集って
しまうもののようです。
医師が先か、患者が先か?(やはり医師かな)
なにはともあれ、技術はもちろん、雰囲気のいい病院にかかりたいものです。

|
|

« 2009年10月28日 | トップページ | 2009年11月11日 »