« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

 スペイン語翻訳者になろう vol.114

 おはようございます。アースです。
 現在、アース&ピーチは地下にこもってサマザマなことを
 企画立案しております。4月以降に発表して行きますので、
 皆様楽しみにしていてくださいね。

 きょうはひとつだけ、先行発表しちゃいます!
 わたしたちは昨年5月、日本初?の本格的なスペイン語翻訳解説書
  『スペイン語実務翻訳講座
      〜ちょくねりメソッドで確かな翻訳力をつけよう』
 をPDFファイルでのダウンロード方式で発売いたしました。
 PDF方式も好評をいただいてはいるのですが、「製本版は
 ないのでしょうか。紙のほうが勉強しやすいのですが・・」という
 お声もちらほら。
 そこで、今回そうした声にお応えすべく、一回限定で簡易製本版を
 作ることにいたしました。

 現在、本教材のご購入をお考えの方で、PDFより紙版が
 いいかも?と思われる方は、お急ぎでなければ少々お待ち下さい。
 4月下旬より1ヶ月のあいだ申込みを受け付け、6月初旬に
 発送の予定です。詳しくは4月半ばの本メルマガにて!

 さて、きょうは「おくりびと」第4回です。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┃   〜翻訳初心者さんのためのちょくねり練習講座〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の課題文は、前の3号(第111〜113号)に続く文章です。前の3号を
ざっと見直してから、今号に取り組むことをお勧めします。

【「おくりびと」(4)】

◇本日の課題
En el filme, el personaje de Motoki vende su caro violonchelo y se
traslada con su mujer a la fria localidad del norte donde crecio'
en un intento por empezar una nueva vida.

【構造図】
En el filme,
el personaje de Motoki
       (1) vende su caro violonchelo y
       (2) se traslada con su mujer a (3)la fria localidad del norte
                                                    (4)donde crecio'
                         (5)en un intento por empezar una nueva vida.
※ (1)と(2)が並列(文法的にまったく同等の内容が並んでいること)です。
※ (4)の donde の先行詞は(3)です((3)〜(4)の部分の意味は「彼が育った北
 の寒い土地」となります)。
※ crecio' の主語は el personaje de Motoki です。
※ 文脈から、(5)は(1)〜(4)全体にかかっていると考えられます。なぜなら、
 チェロを売ったことも、生まれ故郷に帰ったことも、「新しい人生をはじめ
 るための行動」と解釈するのが文脈上自然だからです。

【語注】
personaje:登場人物
se traslada<trasladarse:+aで「〜へ移動する、引っ越す」
localidad:土地、地域

※ en un intento por empezar...について。既存の西和辞典には「al
 intento de=〜する目的で」などしか載っていませんが、「en un intento
 por+不定詞」でも同じように「〜するつもりで、〜する目的で」という意
 味です。

◇本日の課題(再録)
En el filme, el personaje de Motoki vende su caro violonchelo y se
traslada con su mujer a la fria localidad del norte donde crecio'
en un intento por empezar una nueva vida.

【直訳】
その映画で本木の登場人物は、新しい生活を始める目的で、彼の高価なチェロ
を売り、彼が育った北の寒い土地に彼の妻とともに引っ越す。

【練り訳案1】
映画の中で本木が演じている人物は、新たな生活を始めるために、チェロを売
り、故郷の寒い北の地に妻とともに移り住む。

※練り訳にあたってのポイント※
1) el personaje de Motoki を直訳では「本木の登場人物」としています
 が、日本語としてはいかにもおかしいですね。実際の意味を考慮に入れれ
 ば、「本木が演じる人物」、「本木が扮する主人公」ということですので、
 それが分かるように訳せばOKです。

2) con su mujer と a la fria localidad del norte donde crecio' と
 en un intento por empezar una nueva vida の3つは、日本語ではどんな
 順序にもできます。練り訳案として挙げた4つ以外にも可能だと思いますの
 で、いろいろ工夫してみてくださいね。

3)この文章に出てくる動詞(vende と se traslada)は現在形が使われてい
 ますが、実際はチェロの売却も引っ越しも、映画の途中で「すでに行われた
 こと(過去のこと)」となりますので、訳文も過去形にして構いません(練
 り訳案2参照)。

【練り訳案2】
「おくりびと」で本木が扮する人物は、新たな暮らしを始めようと、持ってい
た高価なチェロを売り払い、自分が育った寒い北の地に妻とともに移り住ん
だ。

【練り訳案3】
映画の中で本木扮する主人公は、新生活を始めるため、所持していた高額な
チェロを売り払い、妻とともに寒冷な北の地にある故郷へと居を移す。

【練り訳案4】
作品の中で本木が演じている人物は、高価なチェロを売り、北日本にある寒冷
な生まれ故郷へと妻とともに戻っていく。心機一転、新しい人生を始めるため
だ。

◆編集後記◆
ピーチです。ラ・プリマベーラ・ハズ・カム!
WBCが終わりました。
最初はこっぱずかしく感じていた(わたしだけ?)「サムライジャパン」の
呼称も、これだけ連日、聴覚と視覚に千本ノックのごとく打ち込まれて
いると、最後には慣れてしまうものですね。
しかしいくら耳目にしてもどうしても慣れる(受け入れる)ことの
できない言葉もあるもので・・・わたしにとってそれは
「リスペクトする」
です。最初耳にしたときは
「ひゃ〜!なにそれ?!いまなんて言った?聞き間違いだと言って!」
と脳内黒板に「字消し線」をひきまくっていましたが、聞き間違いどころか
この表現、どんどん市民権を得てきてしまっているようで・・・
「まずは相手をリスペクトすることです」
(「敬意をもつ」でいいだろ!)
「この曲は彼女がリスペクトしている△△氏とのコラボ作です」
(「尊敬」といえ!)
などと、「リスペクト災禍」とひそかな対戦を繰り広げる日々であります
(ひそかすぎる)。
その点、決勝戦前に「韓国代表チームに敬意を表する」と発言した原監督、
さすがですなぁ。
「韓国代表チームをリスペクトする」
などといわれていた日には、サムライジャパン(あ、言えた)に対して
不信感を持ってしまうところでした(そこまで・・)。


|

 スペイン語翻訳者になろう vol.113

 おはようございます。ピーチです。
 世間はWBCで盛り上がっている↑↑ようですが、わたしは
 「軽度の満身創痍(・・って何?)」で盛り下がってます↓↓。
 元気に投げたり走ったりしている選手たちを眺めながら
 傷口に薬を塗ったり、体のあちこちに貼られた湿布やばんそうこうを
 交換したりしております。かなり空しいです。

 さて、「編集後記」の前のあたりでお知らせしています通り、
 大好評の無料レポートを最近更新致しました。
 勉強の一助に、是非ご利用くださいね。
 それでは「翻訳初心者さんのためのちょくねり練習講座」の第三回、
 早速始めましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┃   〜翻訳初心者さんのためのちょくねり練習講座〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の課題文は、前の2号(第111号と第112号)に続く文章です。
前の2号をざっと見直してから、今号に取り組むことをお勧めします。

【「おくりびと」(3)】

◇本日の課題
Su victoria desconcerto', ya que el documental animado israeli
"Waltz with Bashir" era el gran favorito. Una segunda pelicula
japonesa se llevo' el Oscar al mejor corto animado.

※単純な構造ですので、いつもの構造図は省略します。

【語注】
ya que...:〜なので、〜であるから
favorito :本命、優勝候補
se llevo'<llevarse:獲得する
Oscar  :オスカー、アカデミー賞
mejor corto animado:最優秀短編アニメ(賞)

※ desconcerto'<desconcertar:「(〜を)困惑させる」の意の他動詞なの
 で、本来は目的語が必要です。ここでは a la gente(人々を)などが省略
 されていると考えられます。

※ documental animado の訳語としては「ドキュメンタリー・アニメ」と
 「アニメ・ドキュメンタリー」の両方の使用例があるようです。このように
 訳語の候補が複数ありそうな場合は、「自分の常識が世間の常識」という考
 えに陥ることなく、ネット検索などで一般的な使われ方を調べるようにしま
 しょう。

 ただし、ネット上には公的機関のページから企業や個人のページ、果ては犯
 罪に使われているであろうものまで、ありとあらゆる文章があふれていま
 す。それらの中から、「最も使用される頻度が高い言葉」を探すだけでな
 く、「訳文が掲載される媒体にふさわしい言い方かどうか(今回の場合は報
 道文としてふさわしいか)」などを見極める必要があります。

◇本日の課題(再録)
Su victoria desconcerto', ya que el documental animado israeli
"Waltz with Bashir" era el gran favorito. Una segunda pelicula
japonesa se llevo' el Oscar al mejor corto animado.

【直訳】
その勝利は、イスラエルのドキュメンタリー・アニメ「戦場でワルツを」が大
本命だったため、困惑させた。日本の2つめの映画はアカデミー賞の最優秀短
編アニメ賞を獲得した。

※ el Oscar al mejor corto animado については、el Oscar al mejor...で
 「アカデミー賞の最優秀〜賞」という定型表現となっているようですので、
 このまま覚えてしまうのがよいでしょう。

【練り訳案1】
外国語映画賞の大本命はイスラエルのドキュメンタリー・アニメ「戦場でワル
ツを」であったため、「おくりびと」の受賞は驚きを呼んだ。また、もう一本
の日本映画は短編アニメ賞を受賞した。

※練り訳にあたってのポイント※
1)直訳・練り訳案1ともに ya que...の節を先に訳していますが、うまくま
 とまるのであれば後ろにもってきてもOKです(案2参照)。

2)Una segunda pelicula japonesa の segunda をそのまま「2番目の」と
 すると、「何の2番目?」という疑問が出てきてしまいますので、案1のよ
 うに「もう一本の」などとするのがよいでしょう。なお、言うまでもなくこ
 の segunda は「ノミネートされていた2本の日本映画のうちの2本目」
 (1本目はいうまでもなく「おくりびと」)のことですので、案2・案3の
 ように若干の補足を加えて訳す方法もあると思います。

3)原文では2つの文章のあいだに接続詞がありませんが、2文目では話が
 「つみきのいえ」のことに移っていますので、そのままでは少々つながりが
 悪い感じがします。したがって「また」「一方」などの接続詞を入れるのも
 一案です。この程度の(読みやすくするための)追加や補足は「翻訳」にお
 いてはよくあることで、誤訳扱いされることはまずありません(「西文和
 訳」ならばNGかもしれませんが)。

 同じように、原文の2文目(Una segunda pelicula japonesa...)には
 tambien に相当する語が入っていませんが、日本語としては「〜も」とした
 方が自然ですので、案2と案3では「も」をいれて訳してみました。どちら
 の場合も音読してみると「つながりの良さ」が感じられると思います。

【練り訳案2】
「おくりびと」の快挙は驚きをもって迎えられた。イスラエルのアニメ・ド
キュメンタリー「戦場でワルツを」の受賞が最有力視されていたからだ。一
方、ノミネートされていたもう一本の日本作品も最優秀短編アニメ賞を獲得し
た。

【練り訳案3】
外国語映画賞の最有力候補はイスラエルのドキュメンタリー・アニメ「戦場で
ワルツを」であったため、「おくりびと」の栄冠はまさにサプライズだった。
また、候補となっていたもう一本の日本映画も短編アニメ賞に輝いた。

【練り訳案4】
外国語映画賞にいちばん近いと見られていたのはイスラエルのドキュメンタ
リー・アニメ「戦場でワルツを」だったため、「おくりびと」の受賞に人々は
驚いた。もうひとつの日本映画は短編アニメ賞を勝ち取った。

-----------------------------------------------------------

★メルマガ「スペイン語翻訳者になろう」無料レポート!★

  ○つい最近読者になったので最初のほうを読みたいが、
   バックナンバーはめんどくさい
  ○前に載っていた話題をもう一度読みたいけど、どうしても
   見つからない

 というあなたに、本メールマガジンの内容をテーマごとに
 まとめてお読みいただける「無料レポートサービス」です!

 お申し込みはこちら
 → http://www.pie.vc/
  (ページの真ん中あたりにある「大好評メルマガの
   無料レポート進呈」欄からどうぞ)

-----------------------------------------------------------

◆編集後記◆
アースです。
先日買ったホームベーカリー、たいへん重宝しています。
ふつうの食パンを焼くのはもちろん、いままでにレーズンパンと
全粒粉入りのパンも焼いてみました。やっぱり焼き立てはおいしいです。
うどんもできるというので、まずはマニュアル通りにやってみたら、
「まあこれが何かと言われたら“うどん”と答えるしかないだろうなぁ」
という程度のシロモノができあがりました。
でもカレーうどんにして食べたら・・これまさに給食のカレー麺!!
(「ソフト麺」といっていた地域もあるようですね)
まったくコシのないべたべたしたゆる〜い麺。
妙になつかしい気分になってしまいました。
でも、こんどはちょっと手でコネを加えてみようと思います・・。


|

 スペイン語翻訳者になろう vol.112

 おはようございます。アースです。
 先日、早くも今年最初のウグイスの声を聞きました(まだヨレヨレ声)。
 雪もほとんどなくなってしまったし、今年はほんとうに
 春が早そうです。

 さて、今回も先週に引き続いて、翻訳初心者さんのための
 超!基礎的ちょくねり講座です。文章自体は簡単とはいえ、
 練り練りしていると本当に「翻訳は奥深い・・」と感じます。
 皆さんも、練り訳案を見る前に、ぜひご自分で訳してみて
 くださいね。

 さてそれでは始めましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┃   〜翻訳初心者さんのためのちょくねり練習講座〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の課題文は、 先週(第111号)の「おくりびと(1)」に
続く文章です。(1)をざっと見直してから、今号に取り組むことを
お勧めします。

【「おくりびと」(2)】

◇本日の課題
El film, "Okuribito", fue dirigido por Yojiro Takita y protagonizado
por Masahiro Motoki como un violonchelista desempleado.

【構造図】
《主部》
El film, "Okuribito",

《述部》
fue (1) dirigido por Yojiro Takita y
    (2) protagonizado por Masahiro Motoki como un violonchelista desempleado.

※ (1)と(2)が並列です。並列とは「文法的にまったく同等の内容が並んでい
 ること」で、上の場合ですと(1)も(2)も同じように「補語」の役割を果た
 しています。

※「並列」と似たものとして、ある名詞を他の名詞表現で言い直したり補足し
 たりする「同格」という用法があります。この文章でも El film と
 "Okuribito"が同格になっています。

【語注】
dirigido<dirigir:演出する、監督する
protagonizado<protagonizar:〜の主役を演じる
violonchelista  :チェロ奏者

※ desempleado は「失業した、解雇された」。desemplear という動詞は既存
 の西和辞典には掲載されていませんが、des+emplear で emplear(雇用す
 る)の逆の「解雇する」の意味で使われているようです。

◇本日の課題(再録)
El film, "Okuribito", fue dirigido por Yojiro Takita y protagonizado
por Masahiro Motoki como un violonchelista desempleado.

【直訳】
その映画「おくりびと」は、滝田洋二郎によって監督され、解雇されたチェロ
奏者としての本木雅弘によって主役を演じられた。

【練り訳案1】
「おくりびと」は滝田洋二郎監督の作品で、主演の本木雅弘が失業した元チェ
ロ奏者役を演じた。

※練り訳にあたってのポイント※
 今回は原文が非常に平易なこともあり、訳し方のテクニックの面でお伝えし
 たいことはとくにありません。ただ、以下の練り訳案2〜4をご覧いただく
 とお分かり頂けるように、語順や訳語を微妙に変えて色々な表現を作り出す
 ことが可能です。ここに挙げたもの以外にもいくらでも代替案があり得ると
 思いますので、日本語表現の練習の場にしてみてください。

 また、単純な文章だからと言って軽く見ることなく、前後の文脈や文体にも
 気を配り、前後と無理なく自然につながる訳文作りを心がけることも大切で
 す。

【練り訳案2】
映画「おくりびと」は、滝田洋二郎監督がメガフォンを取り、主人公の、失業
した元チェロ奏者を本木雅弘が演じた作品だ。

【練り訳案3】
「おくりびと」は滝田洋二郎監督作品で、主人公である失業したチェロ奏者役
を本木雅弘が演じている。

【練り訳案4】
映画「おくりびと」は滝田洋二郎が監督をつとめ、本木雅弘が解雇された
チェロ奏者役を主演している。


◆編集後記◆
前号から始まった「翻訳初心者さん向けシリーズ」、いかがでしょうか?
今回のシリーズのネタである「おくりびと」の受賞報道では、
当事者たちの謙虚な佇まいがとても印象的でした。
傲慢な人には、沢山のひとに認められる輝かしい成果を出し続けることなど
できないのだろうと思います(一回位なら出せたとしても長続きはしない
でしょう)。
ところで、こんな風に翻訳術指南のメルマガを出している我々ですが、
もちろん翻訳者としてつねに完璧な仕事ができているわけではありません。
ちょこちょこ誤訳することも、結果として稚拙な成果品を出してしまう
こともあり、そんなときは「翻訳者の看板を下ろすべきだろうか?」と
考えたりもします(反省が長続きしないタイプなのでほんの一瞬ですが)。
そのような「発展途上」の私たちですから、皆さんに対して
上から目線でモノ申す気はさらさらなく、メルマガ(&読者諸氏)の
おかげで勉強の機会を与えてもらっている、といつも有難く
思っております。
・・すみません!嘘です。というか、一部、事実詐称です。
白状してしまえば、多くの場合は「ありがたさ」など忘却の彼方で、
「ひぇ〜〜!あっというまに水曜日が近付いてきたぁ〜」
と両腕両足をじたばたさせながら原稿を書いているのが実態です。
しかし、偉業を成し遂げてさらに謙虚さと感謝魂を強化しているかに
みえる受賞者たちを見て、超小物である自分こそそれらの資質を
育成しなければならないなあ・・と改めて 思わされたのでした。


|

 スペイン語翻訳者になろう vol.111

 おはようございます。ピーチです。
 これまで何度か予告して参りましたとおり、今号から来月にかけての
 数回にわたって
  「翻訳初心者さんのためのちょくねり練習講座」
 をお送りいたします。

 これまで当メルマガでは、上級者(プロの一歩手前にいる人)向けの
 内容をお届けすることが多く、初心者の方々向けに翻訳技術を
 指南したことはほとんどありませんでした。
 しかし、わたしたちが開発した翻訳学習法である「ちょくねりメソッド」は
 翻訳初心者の実力アップにも相当な威力を発揮する方法であると考えて
 おります。
 そこで、初心者の皆さんにもこの機会に「ちょくねり」に親しんで
 いただき、翻訳力構築の礎としていただければ・・と思い、今回の講座を
 企画しました。
 楽しく学んでいただければ幸いです。

 なお、「ちょくねりって、一体なに?」という方や、「何となくは分かる
 けれど、詳しくはどういうものだったっけ?」という方のために、
 「ちょくねりメソッドとは」という説明コーナーを冒頭に設けましたので、
 本文に入る前にぜひご一読ください。

 そして、今回の課題文は、いま日本中で一番ホットで、唯一の明るい
 話題(?)である「あのこと」についてです。馴染みがあって入りやすい
 テーマだと思いますし、文章もたった一文と「とにかく短い!」ですので、
 気軽な気持ちで挑戦してみてくださいね(「読んでくださいね」ではなく
 「挑戦してみてくださいね」と書いていることに注目!受け身の姿勢で
 「読む」にとどまらず、「自分で手を動かして訳文を作ってみる」ことを
 お勧めします。自力で訳してみない限り上達はあり得ませんので)。

 それではバモノス!

 ==<もくじ>===========================
   1) 「ちょくねりメソッド」とは
   2) 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
        〜翻訳初心者さんのためのちょくねり練習講座〜
 ==================================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 「ちょくねりメソッド」とは
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ちょくねりメソッド」とは、わたしたちアース&ピーチが開発した
翻訳学習法です。

第一段階として「多少ぎこちないところはあっても文の構造や意味を
正確に汲み取った訳文(直訳)」を作成し、第二段階においてその訳文を
「日本語として自然で読みやすい文章(練り訳)」へと進化させるという
二段階を経ることで、商品価値のある成果品の完成を目指します。

直訳と練り訳についてより詳しく定義すると、およそ以下のようになります。

◎直訳とは

スペイン語の文章を、日本語に正しく「置き換えた」もの。商品としては
不十分ながら、原文の意味は忠実に伝えていると判断できるレベルです。

したがって直訳にあたってはまず、日本語の巧拙よりも、単語の意味の
取り方や文法解釈に間違いがないかという点(一言でいえば「正確さ」)に
細心の注意を払うようにします。

また、うまい意訳がぱっと思い浮かんだとしても、それはいったん脇に
おき、あくまで「直訳」に徹することが肝心です。あえて「直訳」に徹する
ことで原文が伝えようとしている根本的な意味合いを感じ取れるはずです
(「スペイン語をスペイン語のまま理解するというイメージ」とでもいえば
わかりやすいでしょうか)。

◎練り訳とは

直訳を練りあげて作った、正確で読みやすく、体裁の整った訳文(商品
価値のある訳文)のことです。翻訳者として仕事をするためには常に
このレベルの訳文を作れるようにならなければなりません。

◎ちょくねりの例

Crece expectativa por la posible aparicion de Fidel en los actos por
el Dia del Trabajador.

【直訳】メーデーのための式典での、フィデルのありうる登場への期待が増大
している。

【練り訳】メーデーの式典にフィデルが登場するのではないかとの期待が高
まっている。

※本メルマガの第11号(2007年6月8日付)でも「ちょくねり」について
 説明していますので、よろしければそちらもご覧くださいね。
 バックナンバーはこちらです。
http://espanol-traduccion.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/08/index.html

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┃ │  〜翻訳初心者さんのためのちょくねり練習講座〜
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「おくりびと」(1)】

◇本日の課題
La pelicula japonesa "Departures", sobre un hombre que trabaja como
agente funerario, fue la sorpresiva ganadora del Oscar como mejor
pelicula extranjera.

【構造図】
《主部》
La pelicula japonesa "Departures", sobre un hombre que trabaja como
agente funerario,
《述部》
fue la sorpresiva ganadora del Oscar como mejor pelicula extranjera.

※修飾部分をすべて削除すると La pelicula fue la ganadora.だけになりま
 す。これがこの文章の「骨格」(もっとも基礎となる部分)です。どんなに
 長い文章でも、このような修飾部分(形容詞句や副詞句など)を削除する
 と、文章の構造がクリアになります。複雑な構造の文章を読み解きたいとき
 などに試してみてくださいね。

【語注】
agente    :代理人、仲介業者、代行業者
funerario  :葬式の
sorpresivo(a):思いがけない
ganador(a)  :勝者
Oscar    :オスカー。ここではもちろん「アカデミー賞」のこと。
mejor pelicula extranjera:最優秀外国語映画(賞)

※ agente funerario: 語注に従って訳せば「葬式の代理人、葬祭業者」など
 になりますね。しかし恐らく多くの皆さんがご存知の通り、映画「おくりび
 と」の場合の agente funerario は「納棺師」のことですので、直訳段階か
 らそう訳してしまうのがいいでしょう。

 一方、この映画の予備知識をお持ちでない方は、直訳の段階では「葬式の代
 理人」「葬祭業者」などとしても構いません。練り訳に入るときに、事実関
 係を調べて的確な訳語(この場合は「納棺師」)を当てられるようにしま
 しょう。

 なお、今回はなじみのあるテーマでしたので、「agente funerario が『納
 棺師』を指すのでは」という推測も比較的簡単だったと思いますが、通常の
 翻訳業務では「予備知識を基にした推測」が不可能なことが多いので、調査
 能力を高めることが大変重要です。

 翻訳初心者の皆さんは、今は「訳す」だけで手一杯かもしれませんが、すこ
 しずつ調査の習慣を身につけていかれることをお勧めします。

※ mejor pelicula extranjera:「最」優秀ですから、定冠詞をつけた
 la mejor〜が正確な言い方なのでしょうが、ネットで検索したところでは
 la をつけない例も多く見受けられました。

◇本日の課題(再録)
La pelicula japonesa "Departures", sobre un hombre que trabaja como
agente funerario, fue la sorpresiva ganadora del Oscar como mejor
pelicula extranjera.

【直訳】
納棺師として働く一人の男性に関する日本の映画「おくりびと」は、最優秀外
国語映画賞としてのアカデミー賞の思いがけない勝者だった。

【練り訳案1】
納棺師の男性を描いた日本映画「おくりびと」が意外にもアカデミー賞の最優
秀外国語映画賞を受賞した。

※練り訳にあたってのポイント※

1) sobre un hombre que〜の部分は、直訳では「納棺師として働く一人の男
 性に関する映画」ですが、これも「納棺師の男性を描いた映画」としたほう
 が日本語表現として自然に響きますね。他にも、「〜をテーマとした映画」
 や「〜を扱った映画」などさまざまな表現方法がありそうです。

 ただ、sobre が出てきたら常にこのように訳し直さなければならないわけで
 はなく、「歴史に関する映画」や「冤罪に関する映画」のように「関する」
 を使うのが自然な場合もあります。

 要はその文脈に合う表現や読みやすい言い回しを吟味することが肝心です。
 日頃から読書などを通じて日本語表現の引出しを増やしておくと、このよう
 な場で大いに役に立つと思います。

2) sorpresiva ganadora は直訳では「思いがけない勝者」ですが、日本語
 としては少々不自然ですね。ここでは sorpresiva を副詞的に、ganadora
 を動詞的に訳して「思いがけず勝利した」などとするのが良さそうです。

 このように、スペイン語が名詞だから日本語も名詞に、形容詞だから形容詞
 になどと品詞にこだわっているとなかなか自然な表現にはなりませんので、
 いろいろと工夫してみましょう。ただし日本語を練ることに熱中するあま
 り、訳文が原文から外れていかないように注意してください。

3) mejor pelicula extranjera について。原文には mejor と入っています
 ので、正確に訳すならば「最優秀外国語映画賞」ですが、実際の日本語の記
 事では「最優秀」という言葉を入れず、単に「外国語映画賞(部門)」とし
 ているケースも多いようです。従って下の「練り訳案2」ではそのようにし
 てみました。

☆最後に、さらに練り度の高い(高すぎる?)例もいくつか挙げておきます
 (あくまで参考訳ですので、難しいと感じる方は無視してくださって構いま
 せん)。これら以外にもいろいろと工夫ができると思いますので、皆さんも
 ぜひ挑戦してみてくださいね。

【練り訳案2】
納棺師の男性が主人公の日本映画「おくりびと」が、アカデミー賞の外国語映
画賞部門で驚きの勝利を収めた。

【練り訳案3】
納棺師として働く男性を描いた日本映画「おくりびと」が、アカデミー賞の最
優秀外国語映画賞受賞という番狂わせを演じた。

【練り訳案4】
日本映画「おくりびと」のアカデミー賞外国語映画賞の受賞は驚きをもって迎
えられた。この映画は、納棺師の男を主人公にした物語である。

◆編集後記◆
アースです。
わたしがいつも行くジムは4つの壁のうち2面がガラス張りで、外には
芝生が広がっています。鳥はもちろんのこと、ごくまれにウサギさんが
ぴょんぴょんと横切っていくこともあって、なかなか楽しいところです。
先日は、初めてキツネさんが登場しました。日が柔らかく差して春の
ような陽気の午後でしたから、浮かれ出てきたのでしょうか。
何をするでもなく、ただ座り込んで毛繕いをしたり、キョロキョロ
周りを見回したり。夜でもめったにお目にかかれないのに、じつに
珍しい光景でした。
外からジムの中をじっとのぞいて、「同じところで歩いたり走ったり、
なにやってんだろうなぁ〜人間てやつは・・」とでも考えていた
のでしょうか。意味もなく恥ずかしくなったわたしでした。

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »