« 2009年1月28日 | トップページ | 2009年2月11日 »

2009年2月4日

 スペイン語翻訳者になろう vol.107

 おはようございます、ピーチです。
 このたび、私の尊敬する友人にして偉大なる特許翻訳者の水野麻子さんが
 「85,000人の心に灯を 〜Happy Freelancers〜」というプロジェクト
 サイトを立ち上げました。
 http://www.happyfreelancers.jp/
 ここに行ってみればお分かり頂けるものと思いますが、
 翻訳者(志望者)にとってもまさに「宝の山!」です。
 これだけの貴重な情報を惜しげなく分け与えてくださることに、
 紋切り型の表現で恐縮ですが、驚愕と感謝を禁じえません。
 (しかも、「まだ出そうとおもっているコンテンツの10分の1くらい」
  だそうで・・ これからいったいどういうプロジェクトに進化していく
  のか、ひじょうに楽しみです)

 水野さんからのメッセージは以下のとおりです。
 読者の皆さまも、ぜひ応援を宜しくお願い致します。

 85,000人の心に灯を 〜Happy Freelancers〜
 -----------------------------------------
 昨年末、「3月までに職を失う非正規従業員は85,000人」と
 報道されました。この状況を少しでも改善できればと願い、
 プロジェクトを立ち上げています。
 このプロジェクトを機能させるには、たくさんの人々の
 「参加」が必要です。
 みなさま、応援よろしくお願いいたします。
 -----------------------------------------

 さて、世間ではインフルエンザが大流行中のようですが、皆さんの
 周囲ではいかがですか?
 今週から数回にわたり、インフルエンザ関連の記事を「ちょくねり」して
 いきます。マフラーをしっかり巻きマスクを装着したら、さあ第一回目を
 始めましょう。

 ==<もくじ>===========================
   1) 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
   2) セミナー開催時期に関するアンケート
 ==================================

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1│ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【インフルエンザ(1)】

◇本日の課題
La posibilidad de una pandemia de gripe aviar acapara los titulares
y pone nerviosos a los funcionarios de salud publica. Ya han
ocurrido pandemias parecidas, con graves consecuencias. Esta vez
el temor lo inspira una cepa del virus de la gripe aviar, el H5N1,
que existe en Asia desde hace mas de ocho anos y ha resultado letal
en los pocos casos en que se ha transmitido al ser humano.

【構造図】
La posibilidad de una pandemia de gripe aviar
        (1) acapara los titulares y
        (2) pone nerviosos a los funcionarios de salud publica.

Ya han ocurrido pandemias parecidas, con graves consecuencias.

Esta vez el temor lo inspira
        (3) una cepa del virus de la gripe aviar,
        (4) el H5N1, que
              (5) existe en Asia desde hace mas de ocho an~os y
              (6) ha resultado letal en los pocos casos
               en que se ha transmitido al ser humano.

※(1)と(2)、(5)と(6)がそれぞれ並列。(3)と(4)は同格です。

【語注】
gripe aviar:鳥インフルエンザ
acapara titulares:(メディアの)見出しを独占する
salud publica:公共医療、公衆衛生
cepa:株
letal:致死の
se ha transmitido<transmitirse:伝染する

※pandemia は辞書には「(世界的な)流行病、汎流行病」と載っています
 が、実際には「(世界的な)大流行、パンデミック」の意味で定着している
 ようです。

【直訳】
鳥インフルエンザのパンデミックの可能性が見出しを独占し、公共医療の役人
たちを神経質にする。すでに、重大な結果を伴う類似の世界的な大流行が起き
た。今回は、8年以上前からアジアに存在し、人間へと感染したごくわずかな
ケースにおいて致死の結果となったH5N1鳥インフルエンザ・ウイルス株が
恐怖を抱かせている。

※原文を読むとH5N1型のウイルスは8年ほど前に突然現れたように読めま
 すが、実際には昔から存在していたもので、1997年に初めて人に感染した
 (感染するように変異した株が出現した)ということのようです。つまり原
 文と事実が微妙にずれているわけですが、今回は直訳も練り訳も原文のまま
 としました。

※ el temor lo inspira una cepa の主語は una cepa で目的語は el temor
 です。このように目的語が文頭に来る場合、もう一度 lo や la でそれを受
 けることがあります。

【練り訳案1】
鳥インフルエンザのパンデミック(大流行)の発生の可能性が大々的に報道さ
れ、公共医療に携わる役人は神経を尖らせている。これまでにも類似のパンデ
ミックは発生しており、深刻な被害をもたらした。現在、恐怖を引き起こして
いるのは、8年以上前からアジアに存在し、ごくわずかだが人間への感染・死
亡例もある鳥インフルエンザ・ウイルスH5N1型である。

【練り訳案2】
「鳥インフルエンザの大流行(パンデミック)があるのでは」とマスコミが
大々的に報じ、保健省はピリピリしている。過去にも似たようなパンデミック
の例は一度ならずあり、深刻な事態に至った。今回恐れられているのは、鳥イ
ンフルエンザ・ウイルスH5N1型だ。これはアジアでは8年以上前から存在
が確認されているもので、人間に感染した若干数の症例では死者が出ている。

※ los funcionarios de salud publicaについて。「公共医療の役人たち」と
 は言うまでもなく、その国の公共医療関連の省庁(今回の記事はメキシコ発
 のようですので「保健省」)で働く役人たちのことですが、この場合役人の
 集合体である省自体を指していると考えても不自然ではありませんので、練
 り訳案2では、この部分の訳を「保健省」としました。

┏━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2│ セミナー開催時期に関するアンケート
┗━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、アース&ピーチです。

わたしたちはこれまで、のべ5回のスペイン語翻訳セミナーを行い、
いずれも大好評をいただいて参りました。昨年秋頃から「次回の
セミナーはまだですか?」という声がちらほら聞かれるようになり
ましたので、場所や内容に関するアンケートを行ったところ、多くの
皆さんからご回答をいただきました(ありがとうございました)。

その結果を検討したところ、次回の開催場所はやはり希望者の多い
東京・・ということになりました(関東以外の皆様、ごめんなさい!)。

あとは開催時期なのですが、これまた皆さんのご要望を探るべく、
アンケートさせていただきます。

ご協力いただける方は以下のアドレスにアクセスしていただき、ご記入を
よろしくお願い致します(「まぐまぐ!」サイト内に入ります)。

http://form.mag2.com/uaphoujaiv

なおアンケートには、「都合がつけば参加したい」という意思を少しでも
お持ちの方のみお答えください(「全く参加する気はない」「参加は
完全に不可能」という方はご遠慮ください)。

回答したからと言って、セミナーに参加しなければならないということは
一切ございませんので、気軽にお答えいただければ幸いです(匿名可、
メールアドレスの入力は任意です)。

◆編集後記◆
アースです。
きょうは立春ですね。でも当地ではいちばん雪が降りやすい頃
でもあります。先日降った大雪では、我が家の庭に設置してある
バードテーブル(ヒャッキンで買ったプラスチックのお皿)に
30センチ以上も雪が積み上がり、ついに割れてしまいました。
あ〜あ。
でも二十四節気では、立春の次は雪が雨に変わる頃とされる
雨水。そして次は虫さんたちが這い出してくるはずの啓蟄。
春は着実に近づいています(と思い込もう)。

|
|

« 2009年1月28日 | トップページ | 2009年2月11日 »