« 2008年12月24日 | トップページ | 2009年1月21日 »

2009年1月14日

 スペイン語翻訳者になろう vol.104

 あけましておめでとうございます。
 少し遅くなってしまいましたが、本メルマガも本日から始動です。
 なんとこのメルマガ、ことしで3年目に突入します!
 いちばん信じられないのは発行者である私たち2人かも・・?
 それもこれも、読者の皆様が暖かく支えてくださったおかげです。
 これからもますます充実した内容となるよう、アース&ピーチ
 ともに努力して参ります。

 さて、新年第一号は、久しぶりに調査力に関する記事をお送りします。
 調査は調査でも、単なる訳語探しではなく、多くの人にとって
 鬼門となる「スペイン語の言い換え癖」のからんだ厄介なケースを
 取り上げました。手前みそですが、こういった微妙な点をここまで
 説明してくれる講座はなかなかな〜い。と思います。3週連続で
 お送りしますので、しっかり読んでくださいね。

 では始めましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ Web時代の翻訳術 〜調査力を磨こう〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【「調査対象」を認識する(1)】

これまでこのコーナーでは、翻訳に必要なさまざまな調査の方法や
注意点についてお話ししてきました。たとえば人名や機関名などの
固有名詞、企業の役職名、工業製品名。parasistema など辞書に載って
いない単語などを取り上げたこともありましたね。

こういった言葉を正確・迅速に調査する能力は、現代の実務翻訳者に
とっては必須といえます。それはこのメルマガを丁寧に読んでくださって
いる皆さんにはすでにおわかりのことと思います。日々調査力を磨く
ための努力をしている人もいらっしゃることでしょう。

ただ、どんなに素晴らしい調査能力があっても、ある重要なことを
クリアしていなければ宝の持ち腐れになりかねません。それが、本日の
テーマ「調査対象を調査対象として認識する」ことです。

「またあたりまえのことを」と言われそうですが、これが案外と難しい。

もちろん、以下のような文章ばかりなら(調査はたいへんですが)
話は簡単です。

Los compuestos nitro aromaticos son sintetizados por la accion de
una mezcla de acidos sulfurico y nitrico sobre la molecula organica
correspondiente. Algunos ejemplos de este tipo de compuestos son
el 2,4,6-trinitrofenol (acido picrico), el 2,4,6-trinitrotolueno
(TNT) y el 2,4,6-trinitroresorcinol (acido estifnico).

はい、ほとんどの人にとっては辞書や持ち前の知識だけでは到底訳せそうに
なく、調査することだらけでクラクラしてしまいますよね。でもこれは
「何を調べればいいか」がはっきりしているので、実はけっこうありがたい
文章なのです。

固有名詞や、上記のような見るからに理解不能!な言葉たちは、しぶしぶ
ながらも調査しなければ一歩も先へは進めません。

でも翻訳の現場では、見るからに「調べてぇ〜」オーラを発していない
言葉たちにもしばしば出会います。むしろそちらのほうが多いかもしれません。

実のところ、調査に関していちばん気をつけなければならないのは、
こういった「本来ならば調査しなければならないのに、辞書の語義だけで
それらしい訳をつけて安心してしまう」ことなのです。

たとえば本メルマガの70・71号で調査した林業関係の用語 regeneracion
asistida。regeneracion も asistida も単語としてはさほど変わったもの
ではありませんが、調査をしなければ(著者の意図していた)本来の意味に
たどり着かなかったという点で、まさに「調査必須オーラは発していないが、
実際には調査が必要であった」ものの好例でした。

ただ regeneracion asistida の場合は、辞書の語義を使って「助けられた
再生」としてみても、まったく意味をなしません。それだけに、「実は
自分の知らない専門的な意味があるのではないか」と気がつきやすい
言葉でもありました。

しかし。世の中そんなに甘くはありません。とくにスペイン語の場合は、
「いかにもふつう」の仮面をかぶっていながら、実はあっと驚くような
意味を包含している言い回しがそこかしこに隠れています。

たとえば、以下のEFE通信社の文章を読んで訳してみてください。

Las reservas probadas de petroleo y gas de Petrobras en Brasil
cerraron 2006 en 10.573 millones de barriles equivalentes.
De ese total, 9.000 millones de barriles eran de crudo, segun
criterios de evaluacion aceptados por los organismos fiscalizadores
del mercado de capitales de Brasil y Estados Unidos.
Petrobras es controlada por el estado brasileno, pero sus acciones
son cotizadas en las bolsas de Brasil, Nueva York, Madrid y
Buenos Aires.

この中だけでも、調査しないで済ませてしまいそうなものがいくつか
目に付きます。

きょうは長くなってしまいましたので、ここまでとしますが、来週までに
できれば調査が必要な部分をピックアップして、調査まで行なってみて
ください。さらに余力のある方は、全文を翻訳して、「商品」として
翻訳会社に納品できる形にまで仕上げてみてくださいね。

◆編集後記◆
ピーチです。
新年いかがお過ごしですか?
先日、凧あげ大会に参加してきました。
冷気で冴え渡った青空に高くのんびり凧を泳がせる・・想像しただけで
気持ちの良い光景じゃありませんか。
これで日頃のストレスも解消だ!・・と意気揚々と会場に行ってみたら、
なんとまあ、「通常ありえね・・」と思うほどの強風。
凧は回転しまくり、他人の凧とぶつかりまくり、ひもは絶望的なほど
からまり、それをほどく時間のほうがあげている時間より
はるかに長く・・・挙句の果てには、とびきりの強風で地面に
叩きつけられみごとに破損。
思い切りストレスのたまる凧揚げ大会でありました。
(これが今年一年のわたしの行く末を暗示するものでは
ありませんように!)

|
|

« 2008年12月24日 | トップページ | 2009年1月21日 »