« 2008年11月5日 | トップページ | 2008年11月19日 »

2008年11月12日

 スペイン語翻訳者になろう vol.097

 おはようございます。ピーチです。
 前号まで3回にわたり、「開催するかもしれないセミナーに
 関するアンケート」を実施しました。御回答いただいた方、
 どうもありがとうございました!
 皆さんのご要望が相当ばらけているので、たとえ実施するに
 しましても、万人に御満足いただけるような企画は大変困難な
 模様です(・・・(゜_゜i)・・・)。
 が、今後の参考にさせて頂きます。
 ところで前にも報告した、今年6月末に東大にて開催の南米文学に
 関するシンポジウムの様子が「すばる」という雑誌の最新号に
 全録されているようです。(タイトルは 「『百年の孤独』を超えて」。
 う〜ん、かっこいい…)。
 →http://tinyurl.com/59ukwj
 わたしもまだチェックしていないのですが、関心がおありの方は
 ぜひ書店でパラリラしてみてくださいね(なんといっても、桜庭一樹+
 野谷文昭+柴田元幸+沼野充義 という、あり得ないほど豪華な面子
 ですから。。。凄すぎですよねえ)

 では今週も始めて参りましょう。

  ※スペイン語の表記:このマガジンは比較的上級者を対象としている
   ことから、基本的にアクセントおよびティルデを入れていません。
   ただし動詞など重要な部分については入れることがあります。
   例)bajo → bajo'(動詞、三人称点過去の場合)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 「ちょくねりメソッド」で翻訳に挑戦しよう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇本日の課題
La crisis que comenzo' en el sistema bancario estadounidense y se
extendio' al europeo hizo estragos en los distintos mercados mundiales,
y los paises latinoamericanos no pudieron mantenerse inmunes a un
fenomeno considerado como el mas grave desde 1929, el an~o en que
comenzo' la Gran Depresion.

【構造図】
La crisis que
     (1) comenzo' en el sistema bancario estadounidense y
     (2) se extendio' al europeo
   hizo estragos en los distintos mercados mundiales,
y
los paises latinoamericanos no pudieron mantenerse inmunes
                a un fenomeno considerado como el mas grave desde
                      (3) 1929,
                      (4) el an~o en que comenzo' la Gran Depresion.
※(1)と(2)、(3)と(4)がそれぞれ並列。

【語注】
se extendio'<extenderse:〜にまで及ぶ、広がる
hizo estragos: hacer estragosで「害を与える」
inmunes:〜に対して免疫がある
Gran Depresion:(1929年の)世界恐慌、大恐慌

【直訳】
米国の銀行システムで始まり、欧州の銀行システムまで広がった危機は世界の
様々な市場に害を与え、ラテンアメリカ諸国は、世界恐慌が始まった年である
1929年以来で最も深刻な危機として考えられている現象に対して免疫がある状
態を維持できなかった。

※al europeo は al sistema bancario europeo が省略されたものです。

【練り訳】
米国の銀行システムで発生し欧州にまで拡散した危機は世界各国の市場に悪影
響を及ぼし、ラテンアメリカ諸国も世界恐慌の始まった1929年以降最悪とされ
るこの危機を前に無傷のままではいられなかった。

※un fenomeno と不定冠詞がついていますので「ある現象」とか「とある現
 象」などと訳したくなりますけれども、ここは明らかに「今回の金融危機」
 のことを指していますので、「この(現象)」などとした方がいいかと思い
 ます。なお fenomeno をそのまま「現象」と訳してもよいですが、いま述べ
 た通り「今回の危機」を指していることが明白ですので、「この危機」「今
 回の危機」としても良いでしょう。

◆編集後記◆
アースです。
先日、小学校2年生のときに生まれて初めて読んだ思い出ぶかい
SF(?)作品『ハンス月へ行く』が、エドガー・アラン・ポーの
"The Adventures of Hans Pfaall"だったことがわかり、ちょっとした
感動を覚えました。
その他にも小学校のときにむさぼるようによんだ探偵・推理ものや
SFものの作者は、いずれも世界的巨匠といえるクイーン、ドイル、
クリスティ、ポー、カー、アシモフ、ハインライン、ヴェルヌ、
日本人では光瀬龍や福島正美など。あれほど惹きつけられたのも
当然といった感じですが、作品自体のおもしろさもさることながら、
あれらの海外作品を日本の少年少女向けに見事な筆致で書き上げた
(そう、あれはもう「翻訳」や「抄訳」とはいえない!!)福島さん
や光瀬さんには心の底から尊敬の念を覚えます。
文芸作品の翻訳者は、文芸作家でもなければならないのだなあ。
実務翻訳でも同じ。経済記事を訳すたび、同じようなことを感じて
穴に入りたくなるアースでした・・。

|
|

« 2008年11月5日 | トップページ | 2008年11月19日 »